トップ

製品の詳細

パラメータ

Features Advanced sensing, Real-Time Clock Non-volatile memory (kB) 8 RAM (KB) 2 ADC 12-bit SAR ADC: channels (#) 8 GPIO pins (#) 27 I2C 2 SPI 4 UART 2 Comparator channels (#) 4 Timers - 16-bit 5 Bootloader (BSL) I2C, UART Special I/O CapTIvate Touch I/O Operating temperature range (C) -40 to 105 Rating Catalog open-in-new その他の MSP430 超低消費電力マイコン

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RHB) 32 25 mm² 5 x 5 open-in-new その他の MSP430 超低消費電力マイコン

特長

  • CapTIvate™ technology – capacitive touch
    • Performance
      • Fast electrode scanning with four simultaneous scans
      • Support for high-resolution sliders with up to 1024 points
      • Proximity sensing
    • Reliability
      • Increased immunity to power line, RF, and other environmental noise
      • Built-in spread spectrum, automatic tuning, noise filtering, and debouncing algorithms
      • Enable reliable touch solutions with 10-V RMS common-mode noise, 4-kV electrical fast transients, and 15-kV electrostatic discharge, allowing for IEC‑61000-4-6, IEC-61000-4-4, and IEC‑61000-4-2 compliance
      • Reduced RF emissions to simplify electrical designs
      • Support for metal touch and water rejection designs
    • Flexibility
    • Low power
      • <0.9 µA/button in wake-on-touch mode, where capacitive measurement and touch detection is done by hardware state machine while CPU is asleep
      • Wake-on-touch state machine allows electrode scanning while CPU sleeps
      • Hardware acceleration for environmental compensation, filtering, and threshold detection
    • Ease of use
      • CapTIvate Design Center PC GUI lets engineers design and tune capacitive buttons in real time without having to write code
      • CapTIvate software library in ROM provides ample FRAM for customer application
  • Embedded microcontroller
    • 16-bit RISC architecture
    • Clock supports frequencies up to 16 MHz
    • Wide supply voltage range from 3.6 V down to 1.8 V (minimum supply voltage is restricted by SVS levels, see the SVS Specifications)
  • Optimized ultra-low-power modes
    • Active mode: 135 µA/MHz (Typical)
    • Standby: <5 µA wake-on-touch with four sensors
    • Shutdown (LPM4.5): 37 nA without SVS
  • Low-power ferroelectric RAM (FRAM)
    • Up to 64KB of nonvolatile memory
    • Built-in error correction code (ECC)
    • Configurable write protection
    • Unified memory of program, constants, and storage
    • 1015 write cycle endurance
    • Radiation resistant and nonmagnetic
  • Intelligent digital peripherals
    • Four 16-bit timers with three capture/compare registers each (Timer_A3)
    • One 16-bit timer with seven capture/compare registers (Timer_B7)
    • One 16-bit timer associated with CapTIvate technology
    • One 16-bit counter-only RTC
    • 16-bit cyclic redundancy check (CRC)
  • Enhanced serial communications with support for pin remap feature
    • Two eUSCI_A supports UART, IrDA, and SPI
    • Two eUSCI_B supports SPI and I2C
  • High-performance analog
    • One 12-bit analog-to-digital converter (ADC) with up to 12 channels
      • Internal shared reference (1.5, 2.0, or 2.5 V)
      • Sample-and-hold 200 ksps
    • One enhanced comparator (eCOMP)
      • Integrated 6-bit DAC as reference voltage
      • Programmable hysteresis
      • Configurable high-power and low-power modes
  • Clock system (CS)
    • On-chip 32-kHz RC oscillator (REFO) with 1 µA support
    • On-chip 16-MHz digitally controlled oscillator (DCO) with frequency-locked loop (FLL)
      • ±1% accuracy with on-chip reference at room temperature
    • On-chip very low-frequency 10-kHz oscillator (VLO)
    • On-chip high-frequency modulation oscillator (MODOSC)
    • External 32-kHz crystal oscillator (LFXT)
    • Programmable MCLK prescalar of 1 to 128
    • SMCLK derived from MCLK with programmable prescalar of 1, 2, 4, or 8
  • General input/output and pin functionality
    • 43 I/Os on LQFP-48 package
    • 43 interrupt pins on all GPIOs can wake MCU from low-power modes
  • Development tools and software
  • 16KB ROM library includes CapTIvate touch libraries and driver libraries
  • Family members (also see Device Comparison)
    • MSP430FR2676: 64KB of program FRAM, 512B of information FRAM, 8KB of RAM
      supports up to 16 self-capacitive and 64 mutual-capacitive sensors
    • MSP430FR2675: 32KB of program FRAM, 512B of information FRAM, 6KB of RAM
      supports up to 16 self-capacitive and 64 mutual-capacitive sensors
    • MSP430FR2673: 16KB of program FRAM, 512B of information FRAM, 4KB of RAM
      supports up to 16 self-capacitive and 64 mutual-capacitive sensors
    • MSP430FR2672: 8KB of program FRAM, 512B of information FRAM, 2KB of RAM
      supports up to 16 self-capacitive and 24 mutual-capacitive sensors
  • Package options
    • 48-pin: LQFP (PT)
    • 40-pin: VQFN (RHA)
    • 32-pin: VQFN (RHB)

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の MSP430 超低消費電力マイコン

概要

The MSP430FR267x is an ultra-low-power MSP430™ microcontroller for capacitive touch sensing that feature CapTIvate touch technology for buttons, slides, wheel and proximity applications. MSP430 MCUs with CapTIvate technology provide the most integrated and autonomous capacitive-touch solution in the market with high reliability and noise immunity at the lowest power. TI’s capacitive touch technology supports concurrent self-capacitance and mutual-capacitance electrodes on the same design for maximum flexibility. MSP430 MCUs with CapTIvate technology operate through thick glass, plastic enclosures, metal, and wood with operation in harsh environments including wet, greasy, and dirty environments.

TI capacitive touch sensing MSP430 MCUs are supported by an extensive hardware and software ecosystem with reference designs and code examples to get your design started quickly. Development kits include the MSP-CAPT-FR2633 CapTIvate Technology Development Kit. TI also provides free software including the CapTIvate Design Center, where engineers can quickly develop applications with an easy-to-use GUI and MSP430Ware™ software, and comprehensive documentation with the CapTIvate Technology Guide.

The TI MSP430 family of low-power microcontrollers consists of devices with different sets of peripherals targeted for various applications. The architecture, combined with extensive low-power modes, is optimized to achieve extended battery life in portable measurement applications. The MCU features a powerful 16-bit RISC CPU, 16-bit registers, and constant generators that contribute to maximum code efficiency. The digitally controlled oscillator (DCO) allows the MCU to wake up from low-power modes to active mode in less than 10 µs (typical).

For complete module descriptions, see the MSP430FR4xx and MSP430FR2xx Family User’s Guide.

open-in-new その他の MSP430 超低消費電力マイコン
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 15
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート MSP430FR267x Capacitive Touch Sensing Mixed-Signal Microcontrollers データシート 2019年 12月 12日
* エラッタ MSP430FR2672 Device Errata Sheet 2020年 2月 20日
* ユーザー・ガイド MSP430FR4xx and MSP430FR2xx Family User's Guide 2019年 3月 13日
ホワイト・ペーパー Capacitive Sensing Technology, Products, and Applications 2020年 5月 19日
技術記事 The capacitive touch trend is rising rapidly. Can you keep up? 2020年 5月 15日
アプリケーション・ノート Automating Capacitive Touch Slider and Wheel PCB Design Using OpenSCAD Scripts 2020年 2月 26日
アプリケーション・ノート MSP430 System-Level ESD Considerations 2020年 1月 13日
アプリケーション・ノート Designing with the MP430FR4xx and MP430FR2xx ADC 2019年 12月 30日
アプリケーション・ノート MSP430 System ESD Troubleshooting Guide 2019年 12月 13日
アプリケーション・ノート Capacitive Touch Design Flow for MSP430™ MCUs With CapTIvate™ Technology 2019年 8月 14日
アプリケーション・ノート Migrating From MSP430 F2xx and G2xx Families to MSP430 FR4xx and FR2xx Family 2019年 3月 26日
アプリケーション・ノート Migration From MSP430 FR58xx, FR59xx, and FR6xx to FR4xx and FR2xx 2019年 3月 26日
技術記事 “Touching” the smart grid infrastructure space with capacitive sensing technology 2016年 3月 31日
技術記事 Don’t miss out on the top training videos of 2015 2015年 12月 16日
技術記事 How fast is your 32-bit MCU? 2015年 7月 15日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
概要
CapTIvate™ ボタン / スライダ / ホイール / 近接デモ・ボード(CAPTIVATE-BSWP)は、さまざまな構成を採用した自己容量型静電容量性タッチ・センサ向けのためのシンプルな評価プラットフォームです。  (...)
特長
  • CAPTIVATE-FR2633 などの MSP430 CapTIvate エコシステム・マイコン・ボードとのインターフェイス
  • 静電容量性タッチ方式の 16 素子は 8 個のボタン、1 個の 3 素子ホイール、1 個の 4 素子スライダ、1 個の近接センサで構成
  • 近接性ウェークオン機能は 5μA の平均電流で動作
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

MSP430FR2676 CapTIvate™ タッチ・マイコン・ボード(CAPTIVATE-FR2676)は、プラグイン・センサ・ボード(別売り)を使用して静電容量性タッチ / 近接性センサを評価するためのシンプルな評価ボードです。 

このマイコン・ボードはオンボードの MSP430FR2676 CapTIvate タッチ・マイコンをデバッグするための (...)

特長
  • CAPTIVATE-BSWP などの CapTIvate エコシステム・センサ・パネル・ボードにインターフェイス
  • センサ・パネル・コネクタで利用可能な 16 個の静電容量性タッチ対応 I/O
  • 一部の BoosterPack モジュールをサポート
  • 外部電力を PCB に供給するために使用可能な外部電源ヘッダ
  • 3 個のオンボード LED と 1 個のオンボード・プッシュ・ボタン
評価基板 ダウンロード
概要
The MSP430™ CapTIvate™ isolation board (CAPTIVATE-ISO) provides a way to maintain Spy-by-Wire, I2C, and UART communication between the CAPTIVATE-PGMR and the CapTIvate MCU Board (such as the CAPTIVATE-FR2633) when the MCU Board is powered from an external power source such as a battery (...)
特長
  • Provides digital isolation for Spy-by-Wire, I2C, and UART
  • No shared power or ground
評価基板 ダウンロード
19.99
概要
MSP430 CapTIvate マイコン・プログラマは静電容量性タッチ技術を採用した MSP430FR2633 マイコンの評価のために、スタンドアロンとして、あるいは包括的で使いやすいプラットフォームである MSP CapTIvate&trade (...)
特長
  • CapTIvate マイコン・ボードと互換性があるプログラマ・ボード
  • EnergyTrace 技術は Code Composer Studio により消費電力を測定
  • CapTIvate マイコン・ボードとのインターフェイスのための CapTIvate プログラミング・ヘッダー
  • USB HID-Bridge 通信インターフェイスは UART または I2C 経由でのターゲットと PC 間のデバッグ・データ伝送を容易に
開発キット ダウンロード
概要

This MSP430™ CapTIvate™ demonstration board (CAPTIVATE-PHONE) is a simple evaluation platform for mutual capacitance capacitive touch sensors using a variety of configurations in a real-world application.  The sensor panel demonstrates how to matrix mutual capacitance touch sensors (...)

特長
  • Interfaces to CapTIvate ecosystem MCU boards
  • Implements 29 capactive touch elements using just 12 CapTIvate IOs
  • Contains 17 buttons, two 4-element sliders, one 3-element wheel, and one guard channel
  • Implements a guard channel for palm rejection
  • Provides haptic feedback using the TI DRV2605L haptic (...)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
MSPWare
MSPWARE MSPWare は、すべての MSP デバイスを対象にしたユーザーズ・ガイド、サンプル・コード、トレーニング、その他の設計リソースを便利なパッケージとして提供します。MSP430 と MSP432 の開発に必要なすべての要素が揃っています。 MSPWare は MSP430 と MSP432 に関する既存の設計リソース全体の提供に加え、高度に抽象化されたソフトウェア・ライブラリの幅広い選択肢も提供します。その中には、MSP ドライバ・ライブラリや USB のようにデバイス固有およびペリフェラル固有のソフトウェアから、グラフィック・ライブラリや静電容量式タッチパッド・ライブラリのようにアプリケーション固有のソフトウェアが含まれています。MSP ドライバ・ライブラリは重要なライブラリであり、ソフトウェア・デベロッパーが上位レベルの API を活用して下位レベルの複雑なハードウェア・ペリフェラルを制御するのに役立ちます。現時点で、MSP ドライバ・ライブラリは MSP430F5x / 6x シリーズ、および MSP432P4x シリーズのデバイスをサポートしています。

MSPWare の入手方法MSPWare は、Code Composer Studio(CCS)のコンポーネントとして、またはスタンドアロン・パッケージとして入手できます。Code Composer Studio のコンポーネントとして供給された場合は、CCS の TI Resource Explorer ウインドウ内で洗練された GUI を使用して MSPWare パッケージを操作できます。

  • MSPWare と GUI ベースのフロント・エンドを入手するには、Code Composer Studio の最新バージョンを単純にインストールします。CCS の最新バージョンの入手(推奨)
  • 代わりに、MSPWare をスタンドアロン・パッケージとして入手することもできます。ただし、この方式では MSPWare パッケージのフォルダ構造が供給されるのみであり、GUI ベースのフロント・エンドは供給されません。上記の「Get Software」リンクをクリックすると、MSP430Ware をスタンドアロン・パッケージとして入手できます。
    • * 注:ダウンロードの際、お客様は、輸出法令順守フォームへの記入を求められます。
  • MSPWare は、新しい「TI (...)
特長
  • MSP 設計リソースのコレクション
  • コンテンツを参照するための洗練された直感的な GUI
  • 独自の 2 ペイン・ビューを使用した、コンテンツの自動的なフィルタリング
  • Web 経由の自動更新
  • 新しい MSP ドライバ・ライブラリの特長
  • CCS 用のプラグインかスタンドアロンの実行ファイルとして入手可能、または新しい TI Cloud Resource Explorer 内で利用可能
ドライバとライブラリ ダウンロード
固定小数点 Math ライブラリ、MSP 用
MSP-IQMATHLIB TI の MSP IQmath および Qmath ライブラリは、C プログラマ向けの高度に最適化された高精度の数学関数ライブラリで、MSP430 と MSP432 の各デバイスで、浮動小数点アルゴリズムを固定小数点コードにシームレスに変換できます。これらのルーチンは通常、最適な実行速度、高精度、超低消費電力が重視される、演算集中型のリアルタイム・アプリケーションで使用するものです。IQmath ライブラリと Qmath ライブラリを使用すると、浮動小数点演算を使用して記述した同等のコードに比べて、実行速度を大幅に高速化するとともに、消費電力の大幅な削減が可能です。

以下の MSP デバイスは、MSP-IQmathlib によってサポートされています。
  • MSP430F1xx
  • MSP430F2xx
  • MSP430G2xx
  • MSP430F4xx
  • MSP430F5xx
  • MSP430F6xx
  • MSP430FRxx
  • MSP432P4xx
MSP-IQmathlib は、設計に簡単に統合できます。このライブラリは無料であり、Code Composer Studio 内で使用すること、またはスタンドアロン・パッケージとしてダウンロードすることができます。ベンチマークの詳細とファンクションの説明については、付属のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
特長
  • 最適化された固定小数点関数により、開発期間を短縮し、アプリケーション・コードの最適化に集中することが可能
  • CCS で共通の固定小数点スカラーの演算機能を実行すると、最大で 100 倍の性能を発揮。つまり、MSP マイコンを長時間にわたって低消費電力モードにとどめることが可能
  • 無料 – Code Composer Studio を単純に使用するか、ライブラリをダウンロード
ドライバとライブラリ ダウンロード
ブートストラップ・ローダ(BSL)、MSP 低消費電力マイコン用
MSPBSL Below are the steps needed in order to both understand and use the MSPBSL effectively across the MSP portfolio. For the most up to date information on what features the BSL on your device supports or which interface methods are needed to communicate with the BSL, please see “TABLE 1. Overview (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用
CCSTUDIO-MSP

Code Composer Studio の最新バージョンをダウンロード

Code Composer Studio™ - 統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用

 

  • 最新バージョン - 以下をクリックして、指定したホスト・プラットフォームに対応した Code Composer Studio をダウンロードしてください。
  • 追加のダウンロード - ダウンロードの包括的なリストについては、CCS ダウンロード・サイトをご覧ください。
  • 無料の CCS の使用 - MSP430 では 16KB、MSP432 では 32KB のコード・サイズ制限付きで TI の最適化コンパイラをサポートする無料ライセンスが生成されます。フル機能の 90 日間評価ライセンスも利用できます。CCS 内にある App Center から MSP430 用と MSP432 用の GCC リリースも利用でき、無料ライセンスと組み合わせて使用することができます。
  • クラウド・ツール - Code Composer Studio は、初期の評価と開発の目的で、クラウドベースの環境で利用することもできます。クラウド・ツールは、LaunchPad で迅速に開発を開始しようとするユーザーにとって優れた選択肢です。

 

Windows         Linux     

Code Composer Studio は、すべての MSP マイコン・デバイスをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

CCS を MSP マイコンとともに使用する場合、MSP マイコンを最大限に活用するための独自の強力な一連のプラグインやツールを入手できます。

追加情報

プログラミング・ツール ダウンロード
MSP430 フラッシュ・エミュレーション・ツール
MSP-FET ステップ 1:MSP-FET を購入
ステップ 2: Debuggers User’s Guide と Hardware User’s Guide をダウンロード
ステップ 3:デバッグ・ビデオを参照

**第 2 世代の MSP-FET はCode Composer Studio™ v7.0、IAR EW430 v7.1、IAR EWAR v8.10 以降の IDE でサポートされています。それ以前のリリースの IDE と組み合わせて使用する際はこちらの E2E 記事をご覧ください。第 2 世代の MSP-FET を第 1 世代の MSP-FET と見分けるため方法はMSP Debugger’s Guide (section 5.6.1 &ndash (...)

115
特長
  • USB デバッグ・インターフェイスは MSP430 マイコンをコンピュータに接続し、リアルタイムでインシステムのプログラミングとデバッグを実行
  • EnergyTrace™ テクノロジーにより、Code Composer Studio と IAR Embedded Workbench 開発環境ですべての MSP430 / MSP432 デバイスのエネルギー測定とデバッグが可能
  • 3 ステート・モードをサポートし、EnergyTrace による電力消費量を高精度に表示
  • MSP430 と PC 間の双方向通信のためにバックチャネル UART を搭載
    • これにより、アプリケーション実行中にセンサからの入力のシミュレーションやデバッグ・データのロギングが可能
    • MSP ブートストラップ・ローダ(BSL)インターフェイス
  • FET プログラマの以前のバージョンである MSP-FET430UIF に比べ最大 4 倍の読み書き速度
プログラミング・ツール ダウンロード
UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family
UNIFLASH サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。Uniflash には、GUI、コマンド・ライン、スクリプト・インターフェイスがあります。CCS Uniflash は無料で利用できます。

サポート・ソフトウェア ダウンロード
SLAC781B.ZIP (412 KB)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RHB) 32 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ