製品の詳細

Non-volatile memory (kB) 8 RAM (KB) 0.5 ADC 10-bit SAR GPIO pins (#) 24 Features Spy-bi-wire, Watchdog timer, Real-time clock UART 1 USB No Number of I2Cs 1 SPI 1 Comparator channels (#) 8
Non-volatile memory (kB) 8 RAM (KB) 0.5 ADC 10-bit SAR GPIO pins (#) 24 Features Spy-bi-wire, Watchdog timer, Real-time clock UART 1 USB No Number of I2Cs 1 SPI 1 Comparator channels (#) 8
TSSOP (PW) 20 42 mm² 6.5 x 6.4 TSSOP (PW) 28 62 mm² 9.7 x 6.4
  • Qualified for Automotive Applications
  • Low Supply-Voltage Range: 1.8 V to 3.6 V
  • Ultra-Low-Power Consumption
    • Active Mode: 230 µA at 1 MHz, 2.2 V
    • Standby Mode: 0.5 µA
    • Off Mode (RAM Retention): 0.1 µA
  • Five Power-Saving Modes
  • Ultra-Fast Wakeup From Standby Mode in Less Than 1 µs
  • 16-Bit RISC Architecture, 62.5-ns Instruction Cycle Time
  • Basic Clock Module Configurations
    • Internal Frequencies up to 16 MHz With Four Calibrated Frequency
    • Internal Very-Low-Power Low-Frequency (LF) Oscillator
    • 32-kHz Crystal
    • External Digital Clock Source
  • Two 16-Bit Timer_A With Three Capture/Compare Registers
  • Up to 24 Capacitive-Touch Enabled I/O Pins
  • Universal Serial Communication Interface (USCI)
    • Enhanced UART Supports Automatic Baud-Rate Detection (LIN)
    • IrDA Encoder and Decoder
    • Synchronous SPI
    • I2C
  • On-Chip Comparator for Analog Signal Compare Function or Slope Analog-to-Digital (A/D) Conversion
  • 10-Bit 200-ksps Analog-to-Digital Converter (ADC) With Internal Reference, Sample-and-Hold, and Autoscan
  • Brownout Detector
  • Serial Onboard Programming, No External Programming Voltage Needed, Programmable Code Protection by Security Fuse
  • On-Chip Emulation Logic With Spy-Bi-Wire Interface
  • Package Options
    • TSSOP: 20 Pin or 28 Pin
  • Qualified for Automotive Applications
  • Low Supply-Voltage Range: 1.8 V to 3.6 V
  • Ultra-Low-Power Consumption
    • Active Mode: 230 µA at 1 MHz, 2.2 V
    • Standby Mode: 0.5 µA
    • Off Mode (RAM Retention): 0.1 µA
  • Five Power-Saving Modes
  • Ultra-Fast Wakeup From Standby Mode in Less Than 1 µs
  • 16-Bit RISC Architecture, 62.5-ns Instruction Cycle Time
  • Basic Clock Module Configurations
    • Internal Frequencies up to 16 MHz With Four Calibrated Frequency
    • Internal Very-Low-Power Low-Frequency (LF) Oscillator
    • 32-kHz Crystal
    • External Digital Clock Source
  • Two 16-Bit Timer_A With Three Capture/Compare Registers
  • Up to 24 Capacitive-Touch Enabled I/O Pins
  • Universal Serial Communication Interface (USCI)
    • Enhanced UART Supports Automatic Baud-Rate Detection (LIN)
    • IrDA Encoder and Decoder
    • Synchronous SPI
    • I2C
  • On-Chip Comparator for Analog Signal Compare Function or Slope Analog-to-Digital (A/D) Conversion
  • 10-Bit 200-ksps Analog-to-Digital Converter (ADC) With Internal Reference, Sample-and-Hold, and Autoscan
  • Brownout Detector
  • Serial Onboard Programming, No External Programming Voltage Needed, Programmable Code Protection by Security Fuse
  • On-Chip Emulation Logic With Spy-Bi-Wire Interface
  • Package Options
    • TSSOP: 20 Pin or 28 Pin

The Texas Instruments MSP430 family of ultra-low-power microcontrollers consists of several devices featuring different sets of peripherals targeted for various applications. The architecture, combined with five low-power modes, is optimized to achieve extended battery life in portable measurement applications. The device features a powerful 16-bit RISC CPU, 16-bit registers, and constant generators that contribute to maximum code efficiency. The digitally controlled oscillator (DCO) allows the device to wake up from low-power modes to active mode in less than 1 µs.

The MSP430G2x53 series are ultra-low-power mixed signal microcontrollers with built-in 16-bit timers, up to 24 I/O capacitive-touch enabled pins, a versatile analog comparator, a 10-bit analog-to-digital (A/D) converter, and built-in communication capability using the universal serial communication interface.

Typical applications include low-cost sensor systems that capture analog signals, convert them to digital values, and then process the data for display or for transmission to a host system.

The Texas Instruments MSP430 family of ultra-low-power microcontrollers consists of several devices featuring different sets of peripherals targeted for various applications. The architecture, combined with five low-power modes, is optimized to achieve extended battery life in portable measurement applications. The device features a powerful 16-bit RISC CPU, 16-bit registers, and constant generators that contribute to maximum code efficiency. The digitally controlled oscillator (DCO) allows the device to wake up from low-power modes to active mode in less than 1 µs.

The MSP430G2x53 series are ultra-low-power mixed signal microcontrollers with built-in 16-bit timers, up to 24 I/O capacitive-touch enabled pins, a versatile analog comparator, a 10-bit analog-to-digital (A/D) converter, and built-in communication capability using the universal serial communication interface.

Typical applications include low-cost sensor systems that capture analog signals, convert them to digital values, and then process the data for display or for transmission to a host system.

ダウンロード

おすすめの類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと類似の機能。
MSP430G2553-Q1 アクティブ 車載、16KB フラッシュ、512 バイト SRAM、10 ビット ADC、コンパレータ、UART/SPI/I2C、タイマ搭載、16MHz マイコン (MCU) 本製品は、メモリ容量の大きい 16kbyte のフラッシュを搭載しています。

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート MSP430G2x53-Q1 Mixed Signal Microcontroller データシート 2014年 3月 3日
* エラッタ MSP430G2453 Device Erratasheet (Rev. K) 2021年 6月 28日
ユーザー・ガイド MSP430 MCUs Development Guide Book (Rev. A) 2021年 5月 13日
技術記事 A world of possibilities: 5 ways to use MSP430™︎ MCUs in your design 2021年 4月 29日
アプリケーション・ノート MSP430 System ESD Troubleshooting Guide 2019年 12月 13日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア・プログラミング・ツール

MSP-FET — MSP430 フラッシュ・エミュレーション・ツール

**第 2 世代の MSP-FET はCode Composer Studio™ v7.0、IAR EW430 v7.1、IAR EWAR v8.10 以降の IDE でサポートされています。それ以前のリリースの IDE と組み合わせて使用する際はこちらの E2E 記事をご覧ください。第 2 世代の MSP-FET を第 1 世代の MSP-FET と見分けるため方法はMSP Debugger’s Guide (section 5.6.1 – general features)** に掲載されています。

MSP-FET はパワフルなエミュレーション開発ツールで、デバッグ・プローブとしばしば呼ばれます。このツールを使用して、MSP 低消費電力マイコン(MCU)上でアプリケーション開発を迅速に開始できます。

(...)

在庫あり
制限: 999999999
ハードウェア・プログラミング・ツール

MSP-GANG — MSP-GANG 量産プログラマ

MSP ギャング・プログラマ (複数デバイスへの書き込み機能) (MSP-GANG) は、MSP430™/MSP432™ デバイス向けのプログラマであり、最大 8 個の同一 MSP430/MSP432 フラッシュ・デバイスまたは FRAM デバイスに同時にプログラムする (...)

ソフトウェア開発キット (SDK)

MSPWARE — MSPWare

MSPWare は、すべての MSP デバイスを対象にしたユーザーズ・ガイド、サンプル・コード、トレーニング、その他の設計リソースを便利なパッケージとして提供します。MSP430 と MSP432 の開発に必要なすべての要素が揃っています。 MSPWare は MSP430 と MSP432 に関する既存の設計リソース全体の提供に加え、高度に抽象化されたソフトウェア・ライブラリの幅広い選択肢も提供します。その中には、MSP ドライバ・ライブラリや USB のようにデバイス固有およびペリフェラル固有のソフトウェアから、グラフィック・ライブラリや静電容量式タッチパッド・ライブラリのようにアプリケーション固有のソフトウェアが含まれています。MSP ドライバ・ライブラリは重要なライブラリであり、ソフトウェア・デベロッパーが上位レベルの API を活用して下位レベルの複雑なハードウェア・ペリフェラルを制御するのに役立ちます。現時点で、MSP ドライバ・ライブラリは MSP430F5x / 6x シリーズ、および MSP432P4x シリーズのデバイスをサポートしています。

MSPWare の入手方法MSPWare は、Code Composer Studio(CCS)のコンポーネントとして、またはスタンドアロン・パッケージとして入手できます。Code Composer Studio のコンポーネントとして供給された場合は、CCS の TI Resource Explorer ウインドウ内で洗練された GUI を使用して MSPWare パッケージを操作できます。

  • MSPWare と GUI ベースのフロント・エンドを入手するには、Code Composer Studio の最新バージョンを単純にインストールします。CCS の最新バージョンの入手(推奨)
  • 代わりに、MSPWare をスタンドアロン・パッケージとして入手することもできます。ただし、この方式では MSPWare パッケージのフォルダ構造が供給されるのみであり、GUI ベースのフロント・エンドは供給されません。上記の「Get Software」リンクをクリックすると、MSP430Ware をスタンドアロン・パッケージとして入手できます。
    • * 注:ダウンロードの際、お客様は、輸出法令順守フォームへの記入を求められます。
  • MSPWare は、新しい「TI (...)
ドライバまたはライブラリ

MSP-DSPLIB — Digital Signal Processing (DSP) Library for MSP430 Microcontrollers

TI の Digital Signal Processing(デジタル信号処理)ライブラリは、MSP430™ と MSP432&trade (...)
ドライバまたはライブラリ

MSP-GRLIB — MSP グラフィック・ライブラリ

MSP グラフィック・ライブラリは、グラフィック表示機能を備えた MSP430 および MSP432 マイコン・ベースのボードで、グラフィカル・ユーザー・インターフェイスを作成するためのグラフィックス・プリミティブで構成される、ロイヤリティ・フリーのセットです。このグラフィック・ライブラリは 2 つの機能構築レイヤーで形成されています。ディスプレイ・ドライバ・レイヤーは、使用するディスプレイに固有のものです。グラフィックス・プリミティブ・レイヤーは、点、線、長方形、円、テキスト、ビットマップ・画像を描画します。
ドライバまたはライブラリ

MSP-IQMATHLIB — 固定小数点 Math ライブラリ、MSP 用

TI の MSP IQmath および Qmath ライブラリは、C プログラマ向けの高度に最適化された高精度の数学関数ライブラリで、MSP430 と MSP432 の各デバイスで、浮動小数点アルゴリズムを固定小数点コードにシームレスに変換できます。これらのルーチンは通常、最適な実行速度、高精度、超低消費電力が重視される、演算集中型のリアルタイム・アプリケーションで使用するものです。IQmath ライブラリと Qmath ライブラリを使用すると、浮動小数点演算を使用して記述した同等のコードに比べて、実行速度を大幅に高速化するとともに、消費電力の大幅な削減が可能です。

以下の MSP デバイスは、MSP-IQmathlib によってサポートされています。
  • MSP430F1xx
  • MSP430F2xx
  • MSP430G2xx
  • MSP430F4xx
  • MSP430F5xx
  • MSP430F6xx
  • MSP430FRxx
  • MSP432P4xx
MSP-IQmathlib は、設計に簡単に統合できます。このライブラリは無料であり、Code Composer Studio 内で使用すること、またはスタンドアロン・パッケージとしてダウンロードすることができます。ベンチマークの詳細とファンクションの説明については、付属のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
ドライバまたはライブラリ

MSP430-SMBUS — MSP430 SMBUS ライブラリ

SMBus(System Management Bus)は、簡易型通信を目的とする。シングルエンドの簡潔な 2 線式バスです。最も一般的な使用例では、オン/オフの指令を電源に送信する目的でコンピュータのマザーボードに実装されています。

MSP430 SMBUS ライブラリは、バッテリ・チャージャやセンサなど SMBus をサポートする外付けデバイスとの通信を有効にすることを目的とした、ロイヤルティフリーの一連のプリミティブで構成されています。このライブラリは、マスタ・モードとスレーブ・モードの両方で実装されており、MSP430 バリュー・ライン・デバイスと FRAM デバイスの両方を含むさまざまな MSP430 デバイスでサポートされています。
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

CCSTUDIO-MSP — Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

クラウド環境で開発を開始 - dev.ti.com にアクセスし、このデバイスで使用できるさまざまなサンプルの参照、デモ・アプリケーションの実行、さらにクラウド・ベースの統合開発環境 (IDE) である CCS Cloud を使用するコード開発を実施できます。

追加情報

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

ENERGIA — Energia

Energia は、オープン・ソースでコミュニティ指向の統合開発環境(IDE)およびソフトウェア・フレームワークです。配線フレームワークをベースとする Energia は、マイコンのプログラミングを対象にして、直感的なコーディング環境と、使いやすい機能 API やライブラリからなる堅牢なフレームワークを実現します。Energia は多くの TI 製プロセッサをサポートしており、主に ローンチパッド 開発エコシステムで使用可能なプロセッサが対象です。Energia はオープン・ソースであり、ソース・コードは github www.github.com/energia/energia で入手できます。

Energia のサポートについては、43oh.com フォーラムをご確認ください

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

ENERGYTRACE — MSP マイコン向け EnergyTrace™ テクノロジー

EnergyTrace™ ソフトウェアは、MSP430™ マイコン (MCU)、MSP432™ マイコン、CC13xx ワイヤレス・マイコン、CC26xx ワイヤレス・マイコンに対応した、エネルギー・ベースのコード分析ツールであり、アプリケーションのエネルギー・プロファイルを測定して表示します。また、超低消費電力化を目的としたコードの最適化に役立ちます。

デベロッパーの皆様がご存じのように、システムの状態を理解していない場合、システムのチューニングは困難になります。 EnergyTrace ソフトウェアを使用すると、最小消費電力の設計を実現するのに必要な情報を入手できます。このフィードバックにより、MSP アーキテクチャが提供している各種技術の実装や、ULP Advisor (...)

ソフトウェア・プログラミング・ツール

MSP430-FLASHER — MSP430 Flasher - コマンド・ライン・プログラマ

MSP430 Flasher は、FET プログラマまたは eZ430 から、JTAG または Spy Bi-Wire(SBW)を介して MSP430 デバイスのプログラミングが可能なオープン・ソースのシェルベース・インターフェイスです。MSP430 Flasher を使用すると、バイナリ・ファイル(.txt/.hex)を直接 MSP430 メモリーにダウンロードできるため、CCS や IAR などの IDE は不要です。また、デバイスから直接ファームウェアを抽出したり、JTAG ヒューズを切断したり、ハードウェア・ブレークポイントを設定したりするために使用できます。
設計ツール

MSP-3P-SEARCH — MSP Third party search tool

TI は複数の企業と協力し、TI の MSP デバイスに対応する多様なソリューションとサービスを提供しています。これらの企業は、各種 MSP デバイスを使用する量産に至るお客様の開発工程の迅速化に役立ちます。この検索ツールをダウンロードすると、サード・パーティー各社の概要を手早く参照し、お客様のニーズに適したサード・パーティーを見つけることができます。

パートナーはさまざまな地域に拠点を置いています。モジュール、フラッシュ・プログラミング、ターンキー・ソリューションなど、さまざまなアプリケーションにソリューションを提供します。現地の地域、製品、技術的なニーズに応じて適切なサード・パーティーを選択できます。

このツールは、Applications (アプリケーション) および Flash programming (フラッシュ書き込み) という、ソリューションやサービスに関する 2 種類の大分類を使用しています。

  • アプリケーションには、モジュール、ターンキー・ソリューション、ソフトウェア・サービスなど、さまざまな種類のハードウェア・ソリューションやソフトウェア・ソリューションが含まれます。
  • フラッシュ・プログラミング・ソリューションには、さまざまな国 / 地域のプログラミング・サービス・プロバイダが含まれます。
パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 20 オプションの表示
TSSOP (PW) 28 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ