トップ

製品の詳細

パラメータ

DSP 1 C674x Operating systems Linux, TI-RTOS On-chip L2 cache/RAM 256 KB (DSP) Other on-chip memory 128 KB Total on-chip memory (KB) 448 DRAM SDRAM Ethernet MAC 10/100 PCI/PCIe Serial I/O McASP, SPI, I2C, UART SPI 2 I2C 2 USB 2 Arm MHz (Max.) 456 Arm CPU 1 Arm9 Display type 1 Video port (configurable) 1 UART (SCI) 3 Operating temperature range (C) -40 to 105, -40 to 90, -40 to 125, 0 to 90 Rating Catalog open-in-new その他の C6000 DSP + Arm プロセッサ

パッケージ|ピン|サイズ

BGA (ZKB) 256 289 mm² 17 x 17 open-in-new その他の C6000 DSP + Arm プロセッサ

特長

  • Software Support
    • TI DSP/BIOS
    • Chip Support Library and DSP Library
  • Dual Core SoC
    • 375- and 456-MHz ARM926EJ-S RISC MPU
    • 375- and 456-MHz C674x VLIW DSP
  • ARM926EJ-S Core
    • 32-Bit and 16-Bit (Thumb®) Instructions
    • DSP Instruction Extensions
    • Single Cycle MAC
    • ARM® Jazelle® Technology
    • Embedded ICE-RT™ for Real-Time Debug
  • ARM9™ Memory Architecture
    • 16KB of Instruction Cache
    • 16KB of Data Cache
    • 8KB of RAM (Vector Table)
    • 64KB of ROM
  • C674x Instruction Set Features
    • Superset of the C67x+ and C64x+ ISAs
    • Up to 3648 MIPS and 2736 MFLOPS C674x
    • Byte-Addressable (8-, 16-, 32-, and 64-Bit Data)
    • 8-Bit Overflow Protection
    • Bit-Field Extract, Set, Clear
    • Normalization, Saturation, Bit-Counting
    • Compact 16-Bit Instructions
  • C674x Two-Level Cache Memory Architecture
    • 32KB of L1P Program RAM/Cache
    • 32KB of L1D Data RAM/Cache
    • 256KB of L2 Unified Mapped RAM/Cache
    • Flexible RAM/Cache Partition (L1 and L2)
  • Enhanced Direct Memory Access Controller 3 (EDMA3):
    • 2 Transfer Controllers
    • 32 Independent DMA Channels
    • 8 Quick DMA Channels
    • Programmable Transfer Burst Size
  • TMS320C674x Fixed- and Floating-Point VLIW DSP Core
    • Load-Store Architecture with Nonaligned Support
    • 64 General-Purpose Registers (32-Bit)
    • Six ALU (32- and 40-Bit) Functional Units
      • Supports 32-Bit Integer, SP (IEEE Single Precision/32-Bit) and DP (IEEE Double Precision/64-Bit) Floating Point
      • Supports up to Four SP Additions Per Clock, Four DP Additions Every 2 Clocks
      • Supports up to Two Floating-Point (SP or DP) Reciprocal Approximation (RCPxP) and Square-Root Reciprocal Approximation (RSQRxP) Operations Per Cycle
    • Two Multiply Functional Units
      • Mixed-Precision IEEE Floating Point Multiply Supported up to:
        • 2 SP x SP -> SP Per Clock
        • 2 SP x SP -> DP Every Two Clocks
        • 2 SP x DP -> DP Every Three Clocks
        • 2 DP x DP -> DP Every Four Clocks
      • Fixed-Point Multiply Supports Two 32 x 32-Bit Multiplies, Four 16 x 16-Bit Multiplies, or Eight 8 x 8-Bit Multiplies per Clock Cycle, and Complex Multiples
    • Instruction Packing Reduces Code Size
    • All Instructions Conditional
    • Hardware Support for Modulo Loop
      Operation
    • Protected Mode Operation
    • Exceptions Support for Error Detection and Program Redirection
  • 128KB of RAM Shared Memory
  • 3.3-V LVCMOS I/Os (Except for USB Interfaces)
  • Two External Memory Interfaces:
    • EMIFA
      • NOR (8- or 16-Bit-Wide Data)
      • NAND (8- or 16-Bit-Wide Data)
      • 16-Bit SDRAM with 128-MB Address Space
    • EMIFB
      • 32-Bit or 16-Bit SDRAM with 256-MB Address Space
  • Three Configurable 16550-Type UART Modules:
    • UART0 with Modem Control Signals
    • Autoflow Control Signals (CTS, RTS) on UART0 Only
    • 16-Byte FIFO
    • 16x or 13x Oversampling Option
  • LCD Controller
  • Two Serial Peripheral Interfaces (SPIs) Each with One Chip Select
  • Multimedia Card (MMC)/Secure Digital (SD) Card Interface with Secure Data I/O (SDIO)
  • Two Master and Slave Inter-Integrated Circuit (I2C Bus™)
  • One Host-Port Interface (HPI) with 16-Bit-Wide Muxed Address/Data Bus for High Bandwidth
  • Programmable Real-Time Unit Subsystem (PRUSS)
    • Two Independent Programmable Realtime Unit (PRU) Cores
      • 32-Bit Load and Store RISC Architecture
      • 4KB of Instruction RAM per Core
      • 512 Bytes of Data RAM per Core
      • PRUSS can be Disabled via Software to Save Power
    • Standard Power-Management Mechanism
      • Clock Gating
      • Entire Subsystem Under a Single PSC Clock Gating Domain
    • Dedicated Interrupt Controller
    • Dedicated Switched Central Resource
  • USB 1.1 OHCI (Host) with Integrated PHY (USB1)
  • USB 2.0 OTG Port with Integrated PHY (USB0)
    • USB 2.0 High- and Full-Speed Client
    • USB 2.0 High-, Full-, and Low-Speed Host
    • End Point 0 (Control)
    • End Points 1,2,3,4 (Control, Bulk, Interrupt or ISOC) RX and TX
  • Three Multichannel Audio Serial Ports (McASPs):
    • Six Clock Zones and 28 Serial Data Pins
    • Supports TDM, I2S, and Similar Formats
    • DIT-Capable (McASP2)
    • FIFO Buffers for Transmit and Receive
  • 10/100 Mbps Ethernet MAC (EMAC):
    • IEEE 802.3 Compliant (3.3-V I/O Only)
    • RMII Media-Independent Interface
    • Management Data I/O (MDIO) Module
  • Real-Time Clock with 32-kHz Oscillator and Separate Power Rail
  • One 64-Bit General-Purpose Timer (Configurable as Two 32-Bit Timers)
  • One 64-Bit General-Purpose Watchdog Timer (Configurable as Two 32-Bit General-Purpose Timers)
  • Three Enhanced Pulse Width Modulators (eHRPWMs):
    • Dedicated 16-Bit Time-Base Counter with Period and Frequency Control
    • 6 Single Edge, 6 Dual Edge Symmetric, or 3 Dual Edge Asymmetric Outputs
    • Dead-Band Generation
    • PWM Chopping by High-Frequency Carrier
    • Trip Zone Input
  • Three 32-Bit Enhanced Capture (eCAP) Modules:
    • Configurable as 3 Capture Inputs or 3 Auxiliary Pulse Width Modulator (APWM) Outputs
    • Single-Shot Capture of up to Four Event Time-Stamps
  • Two 32-Bit Enhanced Quadrature Encoder Pulse (eQEP) Modules
  • 256-Ball Pb-Free Plastic Ball Grid Array (PBGA) [ZKB Suffix], 1.0-mm Ball Pitch
  • Commercial, Industrial, Extended, or Automotive Temperature
open-in-new その他の C6000 DSP + Arm プロセッサ

概要

The OMAP-L137 device is a low-power applications processor based on an ARM926EJ-S and a TMS320C674x DSP core. It consumes significantly lower power than other members of the TMS320C6000 platform of DSPs.

The OMAP-L137 device enables original-equipment manufacturers (OEMs) and original-design manufacturers (ODMs) to quickly bring to market devices featuring robust operating systems support, rich user interfaces, and high processing performance life through the maximum flexibility of a fully integrated mixed processor solution.

The dual-core architecture of the OMAP-L137 device provides benefits of both DSP and Reduced Instruction Set Computer (RISC) technologies, incorporating a high-performance TMS320C674x DSP core and an ARM926EJ-S core.

The ARM926EJ-S is a 32-bit RISC processor core that performs 32-bit or 16-bit instructions and processes 32-bit, 16-bit, or 8-bit data. The core uses pipelining so that all parts of the processor and memory system can operate continuously.

The ARM core has a coprocessor 15 (CP15), protection module, and data and program Memory Management Units (MMUs) with table look-aside buffers. The ARM core has separate 16-KB instruction and 16KB of data caches. Both memory blocks are four-way associative with virtual index virtual tag (VIVT). The ARM core also has 8KB of RAM (Vector Table) and 64KB of ROM.

The OMAP-L137 DSP core uses a two-level cache-based architecture. The Level 1 program cache (L1P) is a 32-KB direct mapped cache and the Level 1 data cache (L1D) is a 32-KB 2-way set-associative cache. The Level 2 program cache (L2P) consists of a 256-KB memory space that is shared between program and data space. L2 memory can be configured as mapped memory, cache, or combinations of the two. Although the DSP L2 is accessible by ARM and other hosts in the system, an additional 128KB of RAM shared memory is available for use by other hosts without affecting DSP performance.

The peripheral set includes: a 10/100 Mbps Ethernet MAC (EMAC) with a management data input/output (MDIO) module; two I2C Bus interfaces; 3 multichannel audio serial ports (McASPs) with 16/12/4 serializers and FIFO buffers; two 64-bit general-purpose timers each configurable (one configurable as watchdog); a configurable 16-bit host-port interface (HPI); up to 8 banks of 16 pins of general-purpose input/output (GPIO) with programmable interrupt/event generation modes, multiplexed with other peripherals; 3 UART interfaces (one with both RTS and CTS); three enhanced high-resolution pulse width modulator (eHRPWM) peripherals; three 32-bit enhanced capture (eCAP) module peripherals which can be configured as 3 capture inputs or 3 auxiliary pulse width modulator (APWM) outputs; two 32-bit enhanced quadrature encoded pulse (eQEP) peripherals; and 2 external memory interfaces: an asynchronous and SDRAM external memory interface (EMIFA) for slower memories or peripherals, and a higher speed memory interface (EMIFB) for SDRAM.

The Ethernet Media Access Controller (EMAC) provides an efficient interface between the OMAP-L137 device and the network. The EMAC supports both 10Base-T and 100Base-TX, or 10 Mbps and 100 Mbps in either half- or full-duplex mode. Additionally, an MDIO interface is available for PHY configuration.

The HPI, I2C, SPI, USB1.1, and USB2.0 ports allow the OMAP-L137 device to easily control peripheral devices and/or communicate with host processors.

The rich peripheral set provides the ability to control external peripheral devices and communicate with external processors. For details on each of the peripherals, see the related sections later in this document and the associated peripheral reference guides.

The OMAP-L137 device has a complete set of development tools for both the ARM and DSP. These include C compilers, a DSP assembly optimizer to simplify programming and scheduling, and a Windows® debugger interface for visibility into source code execution.

open-in-new その他の C6000 DSP + Arm プロセッサ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 58
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート OMAP-L137 Low-Power Applications Processor データシート 2014年 6月 17日
* エラッタ OMAP-L137 C6000 DSP+ARM Processor Errata (Silicon Revs 3.0, 2.1, 2.0, 1.1 & 1.0) 2014年 6月 17日
* ユーザー・ガイド OMAP-L137 C6000 DSP+ARM Processor Technical Reference Manual 2016年 9月 21日
ユーザー・ガイド ARM Assembly Language Tools v19.6.0.STS User's Guide 2020年 2月 4日
ユーザー・ガイド ARM Optimizing C/C++ Compiler v19.6.0.STS User's Guide 2020年 2月 4日
ユーザー・ガイド ARM Assembly Language Tools v18.12.0.LTS User's Guide 2019年 6月 3日
ユーザー・ガイド ARM Optimizing C/C++ Compiler v18.12.0.LTS User's Guide 2019年 6月 3日
アプリケーション・ノート General Hardware Design/BGA PCB Design/BGA Decoupling 2019年 2月 22日
アプリケーション・ノート OMAP-L13x / C674x / AM1x Schematic Review Checklist 2019年 2月 14日
アプリケーション・ノート Digital Audio With McASP 2019年 1月 10日
ユーザー・ガイド ARM Assembly Language Tools v18.9.0.STS User's Guide 2018年 11月 19日
ユーザー・ガイド ARM Optimizing C/C++ Compiler v18.9.0.STS User's Guide 2018年 11月 19日
アプリケーション・ノート High-Speed Interface Layout Guidelines 2018年 10月 11日
ホワイト・ペーパー Designing professional audio mixers for every scenario 2018年 6月 28日
ユーザー・ガイド SYS/BIOS (TI-RTOS Kernel) User's Guide 2018年 2月 7日
ユーザー・ガイド ARM Assembly Language Tools v17.9.0.STS User's Guide 2018年 1月 16日
ユーザー・ガイド ARM Optimizing C/C++ Compiler v17.9.0.STS User's Guide 2018年 1月 16日
ユーザー・ガイド SYS/BIOS (TI-RTOS Kernel) v6.50 User's Guide 2017年 10月 1日
ユーザー・ガイド ARM Assembly Language Tools v17.6.0.STS User's Guide 2017年 9月 30日
ユーザー・ガイド ARM Optimizing C/C++ Compiler v17.6.0.STS User's Guide 2017年 9月 30日
ユーザー・ガイド ARM Assembly Language Tools v17.3.0.STS User's Guide 2017年 6月 21日
ユーザー・ガイド ARM Optimizing C/C++ Compiler v17.3.0.STS User's Guide 2017年 6月 21日
ユーザー・ガイド ARM Assembly Language Tools v15.12.0.LTS User's Guide 2016年 4月 30日
ユーザー・ガイド ARM Optimizing C/C++ Compiler v15.12.0.LTS User's Guide 2016年 4月 30日
ユーザー・ガイド ARM Assembly Language Tools v5.1 User's Guide 2014年 11月 5日
ユーザー・ガイド ARM Optimizing C/C++ Compiler v5.1 User's Guide 2014年 11月 5日
ユーザー・ガイド TMS320C6000 Assembly Language Tools v 7.3 User's Guide 2012年 8月 21日
ユーザー・ガイド TMS320C6000 Optimizing Compiler v 7.3 User's Guide 2012年 8月 21日
アプリケーション・ノート Using the OMAP-L1x7 Bootloader 2012年 6月 1日
アプリケーション・ノート Power Sequencing for OMAP-L132, L137, and L138 using the TPS650061 2012年 4月 13日
ホワイト・ペーパー MityDSP®-L138F Software Defined Radio Using uPP Data Transfer 2012年 2月 2日
アプリケーション・ノート Power Consumption Guide for the C66x 2011年 10月 6日
ユーザー・ガイド TMS320C674x/OMAP-L1x Processor Peripherals Overview Reference Guide 2011年 9月 14日
ホワイト・ペーパー OpenCV on TI’s DSP+ARM® 2011年 7月 27日
ホワイト・ペーパー Middleware/Firmware design challenges due to dynamic raw NAND market 2011年 5月 19日
アプリケーション・ノート Power Solution Using Discrete DC/DC Converters and LDOs 2010年 8月 26日
ユーザー・ガイド TMS320C674x DSP Megamodule Reference Guide 2010年 8月 3日
ユーザー・ガイド TMS320C674x DSP CPU and Instruction Set User's Guide 2010年 7月 30日
アプリケーション・ノート OMAP-L137 Power Consumption Summary 2010年 6月 30日
アプリケーション・ノート Power Solution using LDO's 2010年 3月 25日
アプリケーション・ノート Power Solution using a Dual DCDC Converter and a LDO 2010年 3月 25日
ユーザー・ガイド TMS320C6000 Assembly Language Tools v 7.0 User's Guide 2010年 3月 18日
ユーザー・ガイド TMS320C6000 Optimizing Compiler v 7.0 User's Guide 2010年 3月 18日
その他の技術資料 OMAP-L1x Software Solutions Diagram 2009年 12月 7日
アプリケーション・ノート TMS320C6472 Power-On Self Test 2009年 11月 25日
アプリケーション・ノート OMAP-L137 TMS320C6747/C6745/C6743 Pin Multiplexing Utility 2009年 9月 26日
アプリケーション・ノート OMAP-L137 Complementary Products 2009年 9月 23日
ホワイト・ペーパー Efficient fixed- and floating-point code execution on the TMS320C674x core 2009年 6月 24日
アプリケーション・ノート TMS320DM674x/OMAP-L1x Universal Bus Downstream Compliance Testing 2009年 3月 12日
アプリケーション・ノート TMS320DM674x/OMAP-L1x Universal Serial Bus Upstream Device Compliance Testing 2009年 3月 12日
アプリケーション・ノート TMS320DM67x/OMAP-L1x USB Compliance Checklist 2009年 3月 12日
アプリケーション・ノート OMAP-L137 Technical Brief 2009年 2月 18日
ユーザー・ガイド TMS320C674x DSP Cache User's Guide 2009年 2月 11日
その他の技術資料 TIのローパワー・プロセッサ 2008年 11月 7日
ユーザー・ガイド TMS320C6000 Assembly Language Tools v 6.1 User's Guide 2008年 5月 15日
ユーザー・ガイド TMS320C6000 Optimizing Compiler v 6.1 User's Guide 2008年 5月 15日
ユーザー・ガイド TMS320C6000 Assembly Language Tools v 6.0 Beta User's Guide 2006年 10月 31日
ユーザー・ガイド TMS320C6000 Optimizing Compiler v 6.0 Beta User's Guide 2005年 7月 29日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
525
概要

The OMAP-L137/TMS320C6747 Floating-Point Starter Kit, developed jointly with Spectrum Digital Inc., is a low-cost development platform designed to speed the development of high-precision applications based on TI's OMAP-L13x applications processors and TMS320C674x fixed/floating-point DSPs (...)

特長
Hardware - The Starter Kit (SK) features the OMAP-L137 applications processor that includes both a 300 MHz fixed/floating-point C674x DSP core and a 300 MHz ARM9 processor. This C674x DSP generation is designed for applications that require floating-point precision and fixed-point performance for (...)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
TI-RTOS サポート付き OMAPL137 プロセッサ向けプロセッサ SDK
PROCESSOR-SDK-OMAPL137 プロセッサ SDK(ソフトウェア開発キット)は、TI の組込みプロセッサを対象にした統合ソフトウェア・プラットフォームであり、セットアップが簡単で、ベンチマークとデモにすぐにアクセスできます。  リリースしたすべてのプロセッサ SDK は TI の広範なプラットフォームを網羅した一貫性を持っており、複数のデバイス間でソフトウェアのシームレスな再利用や移行を可能にします。  プロセッサ SDK と TI の組込みプロセッサ・ソリューションにより、スケーラブル・プラットフォーム・ソリューションの開発が容易になります。

OMAP-L137 向けのプロセッサ SDK は、TI-RTOS オペレーティング・システムをサポートしています。

RTOS の構成要素:

  • TI-RTOS カーネル:TI のデバイス向け組込み軽量リアルタイム・オペレーティング・システム
  • チップ・サポート・ライブラリ、ドライバ、基本的なボード・サポート・ユーティリティ
  • C674x の最適化済みアルゴリズム・ライブラリ
特長

RTOS の特長:

  • フル・ドライバが利用可能
  • デバッグと計測用のユーティリティ
  • ボード・サポート・パッケージ
  • デモとサンプル
  • RTOS 開発用の Code Composer Studio™ IDE
  • 技術資料

プロセッサ SDK は無料で、TI へのランタイム・ロイヤリティも不要です。

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS200 USB エミュレータ
TMDSEMU200-U Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 (...)

295
特長

XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリです。高い性能と一般的な機能を搭載した低コスト XDS100 と高性能 XDS560v2 の中間に位置する XDS200 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスのデバッグのためのバランス重視のソリューションを提供します。

XDS200 は、販売開始から長い年月が経過している「XDS510」JTAG デバッガ・ファミリに比べ、データ・スループットが高いほか、ARM シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しており、コスト低減を可能にします。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、すべての XDS200 派生製品は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。この製品に加えて、すべての派生製品は、TI と ARM の標準的な JTAG ヘッダーに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタも採用しています(付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS200 は、従来型の IEEE1149.1(JTAG)、IEEE1149.7(cJTAG)、ARM のシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)をサポートしており、+1.5V ~ 4.1V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とは、同じく 2 本のピンを使用して、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

すべての XDS200 モデルは、ホストへの接続のために、USB2.0 ハイスピード(480Mbps)をサポートしており、一部のモデルではイーサネット 10/100Mbps もサポートしています。また、一部のモデルではターゲット・ボードでの消費電力監視をサポートしています。

XDS200 ファミリには、TI の (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Blackhawk XDS560v2 システム・トレース USB エミュレータ
TMDSEMU560V2STM-U The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

995
特長

XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS560v2 システム・トレース USB およびイーサネット
TMDSEMU560V2STM-UE The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

1495
特長
  • XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

ドライバとライブラリ ダウンロード
DSP 演算ライブラリ、浮動小数点デバイス用
MATHLIB — The Texas Instruments math library is an optimized floating-point math function library for C programmers using TI floating point devices. These routines are typically used in computationally intensive real-time applications where optimal execution speed is critical. By using these routines instead (...)
特長
  • Types of functions included:
    • Trigonometric and hyperbolic: Sin, Cos, Tan, Arctan, etc.
    • Power, exponential, and logarithmic
    • Reciprocal
    • Square root
    • Division
  • Natural C Source Code
  • Optimized C code with Intrinsics
  • Hand-coded assembly-optimized routines
  • C-callable routines, which can be inlined and are fully (...)
ドライバとライブラリ ダウンロード
TMS320C67x DSP ライブラリ
SPRC121 TI C67x DSPLIB は、最適化済みの浮動小数点 DSP 関数ライブラリであり、TMS320C67x デバイスを使用する C プログラマ向けです。C プログラムから呼び出し可能で、アセンブリ言語レベルで最適化済みの汎用信号処理ルーチンを収録しています。これらのルーチンは通常、最適な実行速度を重視する演算集中型のリアルタイム・アプリケーションで使用します。これらのルーチンを使用すると、標準 ANSI C 言語で作成した同等のコードに比べて処理速度を大幅に高速化できます。さらに、すぐに使用できる各種 DSP 関数を収録している TI DSPLIB は、DSP アプリケーションの開発期間の大幅短縮に貢献します。

特長

アダプティブ・フィルタリング 相関 FFT フィルタリングと畳み込み 算術 行列 その他
DSPF_sp_lms DSPF_sp_autocor DSPF_sp_bitrev_cplx DSPF_sp_fir_cplx DSPF_sp_dotp_sqr DSPF_sp_mat_mul DSPF_sp_blk_move
DSPF_dp_lms DSPF_dp_autocor DSPF_sp_cfftr4_dif DSPF_sp_fir_gen DSPF_sp_dotprod DSPF_sp_mat_trans DSPF_sp_blk_eswap16
    (...)
ドライバとライブラリ ダウンロード
C64x+IMGLIB
SPRC264 C5000/6000 Image Processing Library (IMGLIB) is an optimized image/video processing function library for C programmers. It includes C-callable general-purpose image/video processing routines that are typically used in computationally intensive real-time applications. With these routines, higher (...)
特長

Image Analysis

  • Image boundry and perimeter
  • Morphological operation
  • Edge detection
  • Image Histogram
  • Image thresholding

Image filtering and format conversion

  • Color space conversion
  • Image convolution
  • Image correlation
  • Error diffusion
  • Median filtering
  • Pixel expansion

Image compression and decompression

  • Forward and (...)
ドライバとライブラリ ダウンロード
C64x+DSPLIB
SPRC265 TMS320C6000 Digital Signal Processor Library (DSPLIB) is a platform-optimized DSP function library for C programmers. It includes C-callable, general-purpose signal-processing routines that are typically used in computationally intensive real-time applications. With these routines, higher (...)
特長

Optimized DSP routines including functions for:

  • Adaptive filtering
  • Correlation
  • FFT
  • Filtering and convolution: FIR, biquad, IIR, convolution
  • Math: Dot products, max value, min value, etc.
  • Matrix operations
ドライバとライブラリ ダウンロード
ドライバとライブラリ ダウンロード
Wind River 社 Processors VxWorks / Linux オペレーティング・システム
Wind River Systems からの提供 Wind River is a global leader in delivering software for the Internet of Things (IoT). The company’s technology has been powering the safest, most secure devices in the world since 1981 and today is found in more than 2 billion products. Wind River offers a comprehensive edge-to-cloud product (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
Code Composer Studio IDE
CCSTUDIO

Code Composer Studio™ - 統合開発環境(IDE)

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

特長

プラットフォームごとの特長- 個別のプロセッサ・ファミリで利用できる機能の詳細をご確認ください。

 

Code Composer Studio は TI の幅広い組込みプロセッサ・ポートフォリオを包括的にサポートします。お探しのファミリに対応するリンクが上に表示されていない場合は、そのファミリのプロセッサ・コアが最も類似した製品のリンクを選択してください。


ダウンロード

  • Code Composer Studio の最新バージョンをダウンロード
  • 追加のダウンロード - 以前のバージョンを含む包括的なダウンロード・リストを利用するには、Code Composer Studio download site(英語)にアクセスしてください。
  • クラウド・ツール - TI のクラウド・ツールにアクセスするには、dev.ti.com をご利用ください。特定のデバイスに関連するリソース全般の参照や、デモ・アプリケーションの実行、さらに Code Composer Studio Cloud を使用した開発が可能です。

追加情報

オペレーティング・システム(OS) ダウンロード
Mentor Graphics Nucleus RTOS
Mentor Graphics Corporation からの提供 — ソフトウェア主導のパワー・マネージメントは、バッテリ動作または電力枠の少ない組込みシステムにとって不可欠です。Nucleus RTOS の一部としてパワー・マネージメント・フレームワークを搭載した、人気のある TI デバイスを採用すると、最新の省電力機能を組み込み分野の開発で活用できます。デベロッパーの皆様が、ハードウェアに依存しない抽象化 API を使用してアプリケーションの要件を指定すると、電力モードを意識する必要のある部品を Nucleus が自動的に検出し、設計プロセスの簡素化、コード再利用の促進、開発期間の短縮を支援します。
ソフトウェア・コーデック ダウンロード
Adaptive Digital Technologies 社の DSP VOIP、スピーチ / オーディオ・コーデック
Adaptive Digital Technologies, Inc. からの提供 — Adaptive Digital is a developer of voice quality enhancement algorithms, and best-in-class acoustic echo cancellation software that work with TI DSPs. Adaptive Digital has extensive experience in the algorithm development, implementation, optimization and configuration tuning. They provide solutions (...)
ソフトウェア・コーデック ダウンロード
Auro Technologies, Auro-3D Engine with Auro-Codec Decoder and Auro-Matic up-mixing
Auro Technologies N.V. からの提供 — Auro Technologies 社の Auro-Engine は、リアルタイムのオーディオ・ストリーム・エンコードとアップ・ミキシングを実施する目的で自社の Auro-Codec と Auro-Matic 素子を搭載しており、3D オーディオのユーザー環境を実現できます。Auro-Codec と Auro-Matic アルゴリズムは、選択された TI C6x DSP 向けの移植が完了しています。
ソフトウェア・コーデック ダウンロード
Vocal Technologies の DSP VoIP コーデック
VOCAL Technologies, Ltd. からの提供 — 25 年を超えるアセンブリおよび C コード開発の実績がある Vocal のモジュール式ソフトウェア・スイートは、さまざまな TI DSP で利用できます。対象とする製品には、ATA、VoIP サーバーおよびゲートウェイ、HPNA ベースの IPBX、ビデオ監視、音声およびビデオ会議、音声およびデータ RF デバイス、RoIP ゲートウェイ、政府機関向けセキュア・デバイス、合法的傍受ソフトウェア、医療用デバイス、組み込みモデム、T.38 ファックス、FoIP などがあります。

Vocal Technologies の詳細については https://www.vocal.com をご覧ください。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM328B.ZIP (19 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM333A.ZIP (176 KB) - IBIS Model

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
TPS650061 による OMAP-L132/OMAP-L137/OMAP-L138 への電源供給
PR2084 — This reference design presents a complete power solution and low-cost, discrete sequencing circuit for the OMAP-L132, OMAP-L137, and OMAP-L138 processors.
設計ファイル

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
BGA (ZKB) 256 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ