2 チャネル、超低消費電力、レール・ツー・レール出力、ネガティブ・レール入力、VFB オペアンプ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Architecture Voltage FB Number of channels (#) 2 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 2.5 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 5.5 GBW (Typ) (MHz) 120 BW @ Acl (MHz) 205 Acl, min spec gain (V/V) 1 Slew rate (Typ) (V/us) 560 Vn at flatband (Typ) (nV/rtHz) 4.6 Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) 4.6 Iq per channel (Typ) (mA) 1 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 0.4 Rail-to-rail In to V-, Out Features Shutdown Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 CMRR (Typ) (dB) 116 Input bias current (Max) (pA) 1000000 Offset drift (Typ) (uV/C) 1.1 Output current (Typ) (mA) 50 2nd harmonic (dBc) 85 3rd harmonic (dBc) 79 @ MHz 1 open-in-new その他の 高速オペアンプ (GBW>=50MHz)

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 UQFN (RMC) 10 4 mm² 2 x 2 VSSOP (DGS) 10 9 mm² 3 x 3 WQFN (RUN) 10 4 mm² 2 x 2 open-in-new その他の 高速オペアンプ (GBW>=50MHz)

特長

  • Low Power:
    • Supply Voltage: 2.5 V to 5.5 V
    • Quiescent Current: 1 mA (Typical)
    • Power Down Mode: 0.5 µA (Typical)
  • Bandwidth: 205 MHz
  • Slew Rate: 560 V/µs
  • Rise Time: 3 ns (2 VSTEP)
  • Settling Time (0.1%): 22 ns (2 VSTEP)
  • Overdrive Recovery Time: 60 ns
  • SNR: 0.00013% (–117.6 dBc) at 1 kHz (1 VRMS)
  • THD: 0.00003% (–130 dBc) at 1 kHz (1 VRMS)
  • HD2/HD3: –85 dBc/–105 dBc at 1 MHz (2 VPP)
  • Input Voltage Noise: 4.6 nV/√Hz (f = 100 kHz)
  • Input Offset Voltage: 65 µV (±400-µV Maximum)
  • CMRR: 116 dB
  • Output Current Drive: 50 mA
  • RRO: Rail-to-Rail Output
  • Input Voltage Range: –0.2 V to +3.9 V (5-V Supply)
  • Operating Temperature Range: –40°C to +125°C
open-in-new その他の 高速オペアンプ (GBW>=50MHz)

概要

The OPA836 and OPA2836 devices (OPAx836) are single- and dual-channel, ultra-low power, rail-to-rail output, negative-rail input, voltage-feedback (VFB) operational amplifiers designed to operate over a power-supply range of 2.5 V to 5.5 V with a single supply, or ±1.25 V to ±2.75 V with a dual supply. Consuming only 1 mA per channel and a unity-gain bandwidth of 205 MHz, these amplifiers set an industry-leading power-to-performance ratio for rail-to-rail amplifiers.

For battery-powered, portable applications where power is of key importance, the low-power consumption and high-frequency performance of the OPA836 and OPA2836 devices offer performance-versus-power capability that is not attainable in other devices. Coupled with a power-savings mode to reduce current to < 1.5 µA, these devices offer an attractive solution for high-frequency amplifiers in battery-powered applications.

The OPA836 RUN package option includes integrated gain-setting resistors for the smallest possible footprint on a printed-circuit board (approximately 2.00 mm × 2.00 mm). By adding circuit traces on the PCB, gains of +1, –1, –1.33, +2, +2.33, –3, +4, –4, +5, –5.33, +6.33, –7, +8 and inverting attenuations of –0.1429, –0.1875, –0.25, –0.33, –0.75 can be achieved. See and for details.

The OPA836 and OPA2836 devices are characterized for operation over the extended industrial temperature range of –40°C to +125°C.

open-in-new その他の 高速オペアンプ (GBW>=50MHz)
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 11
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート OPAx836 Very-Low-Power, Rail-to-Rail Out, Negative Rail In, Voltage-Feedback Operational Amplifiers データシート 2016年 10月 31日
アプリケーション・ノート Increasing Measurment Accuracy Using a Low-Noise High-Speed Amplifer 2019年 2月 5日
技術記事 How to reduce distortion in high-voltage, high-frequency signal generation for AWGs 2018年 10月 30日
技術記事 What are the advantages of using JFET-input amplifiers in high-speed applications? 2018年 6月 18日
技術記事 Unique active mux capability combines buffer and switch into one solution 2017年 10月 10日
技術記事 How to minimize filter loss when you drive an ADC 2016年 10月 20日
アプリケーション・ノート OPA836 Low-Power Op Amp Applications 2011年 9月 8日
ユーザー・ガイド OPA2835DGS, OPA2836DGS EVM 2011年 9月 7日
アプリケーション・ノート 高速データ変換 英語版をダウンロード 2009年 12月 11日
アプリケーション・ノート Designing for low distortion with high-speed op amps 2005年 3月 2日
アプリケーション・ノート Voltage Feedback vs. Current Feedback Op Amps 1998年 11月 30日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

ADS794xEVM-PDK は ADS7945 と ADS7946 A/D コンバータを評価するためのツールです。これらのコンバータは 14 ビット・デュアル・チャネル差動型 SAR(逐次比較型)コンバータで、最大スループット・レートは 2MSPS です。ADS7945 は完全差動入力電圧に対応します。ADS7946 の疑似差動入力はシングルエンドの入力電圧に対応し、同相ノイズ・キャンセリング機能を搭載しています。この EVM は複数の入力ドライバを搭載していることから、バイポーラとユニポーラのいずれかの入力電圧の選択が可能です。低ノイズ・リファレンスをオンボード実装しているほか、オプションとして外部リファレンスの使用も可能です。この EVM により、コンバータのすべてのピンへのアクセスが可能になり、任意のホスト・マイクロプロセッサや TI の DSP ベース・システムに簡単に接続できます。

 

特長
  • 16 ビット 40MHz SPI インターフェイスと互換性のある 5V、3.3V、1.8V ロジック・レベル
  • 16 ビットの単一ワード・コマンドによるシンプルなチャネル選択
  • シリアル・インターフェイス・ヘッダにより、TI の DSP ベース通信システムへの接続が容易
  • TI のモジュール型 EVM システムと互換
  • リファレンス電圧のオプション:オンボードの REF5040(4.096V)リファレンス、外部リファレンス
  • OPA350 を使用するリファレンス電圧バッファリング
  • オンボード OPA836(帯域幅:200MHz / 静止電流:1mA)ADC 入力ドライバ
  • 5V 電源仕様で、バイポーラ(-Vref/2 ~ +Vref/2)またはユニポーラ(0V ~ Vref)入力範囲をジャンパで選択可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$149.00
概要

The OPA2835IDGSEVM is an evaluation module for the dual, OPA2835 in the DGS (10-lead VSSOP (MSOP)) package.

The OPA2835IDGSEVM is designed to quickly demonstrate the functionality and versatility of the amplifier(s). The EVM is ready to connect to power, signal source, and test instruments through (...)

特長
  • Configured for split supply operation and modified for single supply
  • Default non-inverting gain of 2 configuration can be reconfigured for other gains
  • Designed for connection to standard 50-Ω input/output impedance test equipment
  • Inputs and Outputs include SMA connectors
  • 評価基板 ダウンロード
    document-generic ユーザー・ガイド
    $149.00
    概要

    The OPA2836IDGSEVM is an evaluation module for the dual, OPA2836 in the DGS (10-lead VSSOP (MSOP)) package.

    The OPA2836IDGSEVM is designed to quickly demonstrate the functionality and versatility of the amplifier(s). The EVM is ready to connect to power, signal source, and test instruments through (...)

    特長
  • Configured for split supply operation and modified for single supply
  • Default non-inverting gain of 2 configuration can be reconfigured for other gains
  • Designed for connection to standard 50-Ω input/output impedance test equipment
  • Inputs and Outputs include SMA connectors
  • 設計ツールとシミュレーション

    シミュレーション・モデル ダウンロード
    SLOM240.ZIP (8 KB) - TINA-TI Spice Model
    シミュレーション・モデル ダウンロード
    SLOM242.ZIP (61 KB) - PSpice Model
    シミュレーション・ツール ダウンロード 計算ツール ダウンロード
    アナログ技術者向けカリキュレータ
    ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
    特長
    • A/D コンバータ(ADC)と D/A コンバータ(DAC)の回路設計を迅速化
      • ノイズの計算
      • 一般的な単位変換
    • アンプ回路設計の一般的な問題を解決
      • 標準的な抵抗を使用してゲインを選択
      • フィルタの構成
      • 一般的なアンプ構成の総ノイズ
    • PCB 寄生成分の計算(R、L、C など)
    • 一般的なセンサのセンサ出力値の算定(RTD、熱電対など)
    • 受動回路の一般的な問題を解決(受動部品を使用する電圧デバイダなど)
    計算ツール ダウンロード
    ボルテージ・デバイダは、電圧分割の為の抵抗のセットで決まります。
    VOLT-DIVIDER-CALC VOLT-DIVIDER-CALC quickly determines a set of resistors for a voltage divider. This KnowledgeBase Javascript utility can be used to find a set of resistors for a voltage divider to achieve the desired output voltage. This calculator can also be used to design non-inverting attentuation circuits.

    (...)

    リファレンス・デザイン

    リファレンス・デザイン ダウンロード
    高ダイナミックレンジ・ヘッドフォン・ドライバ、リファレンス・デザイン、電圧出力、差動オーディオ DAC 用
    TIDA-00715 A low THD+N amplifier signal chain for driving headphones is presented. The design walks through various factors to consider in order to optimize performance based on customer needs.
    document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

    CAD/CAE シンボル

    パッケージ ピン数 ダウンロード
    QFN (RUN) 10 オプションの表示
    SOIC (D) 8 オプションの表示
    UQFN (RMC) 10 オプションの表示
    VSSOP (DGS) 10 オプションの表示

    購入と品質

    サポートとトレーニング

    TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

    コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

    TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

    トレーニング・シリーズ

    TI のトレーニングとビデオをすべて表示

    ビデオ

    関連ビデオ