トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 1 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 36 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 8 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 0.15 GBW (Typ) (MHz) 22 Slew rate (Typ) (V/us) 28 Rail-to-rail No Offset drift (Typ) (uV/C) 0.1 Iq per channel (Typ) (mA) 4.8 Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) 4 CMRR (Typ) (dB) 114 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 Input bias current (Max) (pA) 10 Output current (Typ) (mA) 30 Features Burr-Brown™ Audio Architecture FET open-in-new その他の 高精度オペアンプ (Vos<1mV)

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 8 19 mm² 3.91 x 4.9 VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9 open-in-new その他の 高精度オペアンプ (Vos<1mV)

特長

  • 入力電圧ノイズ密度: 1kHzにおいて
    4nV/√Hz
  • 入力電圧ノイズ:
    0.1Hz~10Hz: 250nVPP
  • 入力バイアス電流: 10pA (最大値)
  • 入力オフセット電圧: 150µV (最大値)
  • 入力オフセット・ドリフト: 2µV/℃ (最大値)
  • ゲイン帯域幅: 22MHz
  • スルーレート: 28V/µs
  • 静止電流: 4.8mA/Ch
  • 広い電源電圧範囲: ±4V~±18V
  • パッケージ: 8ピンSOICおよび8ピンVSSOP

アプリケーション

  • ADCドライバ
  • DAC出力バッファ
  • 試験用機器
  • 医療用機器
  • PLLフィルタ
  • 地震関連の応用
  • トランスインピーダンス・アンプ
  • 積分器
  • アクティブ・フィルタ

All trademarks are the property of their respective owners. All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 高精度オペアンプ (Vos<1mV)

概要

OPA827シリーズのJFETオペアンプは、優れたDC精度とAC性能を持ち合わせています。これらのアンプは、オフセット電圧が低く(最大値150µV)、温度によるドリフト係数が非常に低く(標準値0.5µV/℃)、バイアス電流が低く(標準値3pA)、0.1Hz~10Hzのノイズが非常に低い(標準値250nVPP)製品です。このデバイスは±4V~±18Vの広い電源電圧範囲、低い消費電流(標準値4.8mA/Ch)で動作します。

ゲイン帯域幅積(GBW)が22MHz、スルー・レートが28V/µsという優れたAC特性や、高精度のDC特性から、OPA827シリーズは16~18ビットのミクスト・シグナル・システム、トランスインピーダンス(I/V変換)アンプ、フィルタ、高精度の±10Vフロントエンド、プロ用オーディオなど広範なアプリケーションに適しています。

OPA827は、8ピンSOICおよび8ピンVSSOPの表面実装パッケージで供給され、-40℃~125℃で仕様が規定されています。

open-in-new その他の 高精度オペアンプ (Vos<1mV)
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能およびピン配置は同じだが、同等ではない比較製品
OPA828 アクティブ 36 V、高精度、低ノイズ、低バイアス電流、JFET 入力オペアンプ 本製品はより高い帯域幅(45MHz)、とスルーレート(150V/μs)、より低い消費電力(5.5mA)と電圧ノイズ(4nV/√Hz)を提供します。

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 17
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート OPA827 低ノイズ、高精度、JFET入力 オペアンプ データシート (Rev. I 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.I) 2016年 8月 29日
アプリケーション・ノート MUX 対応高精度オペアンプ (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2019年 12月 17日
アプリケーション・ノート オフセット補正手法:レーザー・トリミング、 e-Trim、チョッパ (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2019年 12月 17日
アプリケーション・ノート バッファ付き計装アンプを使用した高電圧 SAR ADC 駆動回路 英語版をダウンロード 2019年 4月 25日
アプリケーション・ノート 高ゲインの計装アンプを使用した ADC 駆動回路 英語版をダウンロード 2019年 4月 25日
アプリケーション・ノート 高速セトリング・ローパス・フィルタ回路 英語版をダウンロード 2019年 2月 13日
ソリューション・ガイド The Signal - オペアンプ設計ブログ集 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日
技術記事 How to lay out a PCB for high-performance, low-side current-sensing designs 2018年 2月 6日
技術記事 Low-side current sensing for high-performance cost-sensitive applications 2018年 1月 22日
技術記事 How to make precision measurements on a nanopower budget, part 1: DC gain in nanopower op amps 2017年 12月 6日
技術記事 “Trust, but verify” SPICE model accuracy, part 6: voltage noise and current noise 2017年 12月 4日
セレクション・ガイド Precision Audio Amplifiers and Linear 2016年 11月 8日
アプリケーション・ノート Analog Applications Journal 4Q 2014 2014年 10月 24日
アプリケーション・ノート Distortion and source impedance in JFET-input op amps 2014年 10月 24日
その他の技術資料 Industry's First –36-V LDO [WMV] 2010年 8月 12日
アプリケーション・ノート 高速データ変換 英語版をダウンロード 2009年 12月 11日
アプリケーション・ノート 高速オペアンプのノイズ解析 (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2007年 12月 5日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

DIP-Adapter-EVM は、オペアンプの迅速なプロトタイプ製作とテストを可能にする評価モジュールです。小型の表面実装 IC とのインターフェイスを迅速、容易、低コストで実現します。付属の Samtec 端子ストリップか、回路への直接配線により、サポートされているオペアンプを接続できます。

DIP-Adapter-EVM キットは、業界標準の最も一般的なパッケージをサポートしています:

  • D と U(SOIC-8)
  • PW(TSSOP-8)
  • DGK(MSOP-8、VSSOP-8)
  • DBV(SOT23-6、SOT23-5、SOT23-3)
  • DCK(SC70-6、SC70-5)
  • DRL(SOT563-6)
特長
  • SMT IC のプロトタイプ製作を簡素化
  • 6 種類の一般的なパッケージ・タイプをサポート
  • 低コスト
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要
DIYAMP-EVM は、エンジニアと DIY ユーザーにアンプ回路を提供し、迅速な設計コンセプトの評価とシミュレーションの検証を可能にするユニークな評価モジュール(EVM)ファミリです。この評価モジュールは、3 つの業界標準パッケージ(SC70、SOT23、SOIC)で提供されており、シングル / デュアル電源向けに、アンプ、フィルタ、安定性補償、コンパレータの各構成など、12 の一般的なアンプ構成が可能です。

DIYAMP-EVM ファミリは、迅速・簡単なプロトタイプ製作を可能にします。また、一般的な 0805 または 0603 表面実装部品を使用しています。さまざまな組み合わせの構成により、シンプルなアンプ回路から複雑なシグナル・チェーンに至るまで、多様な評価回路の作成が可能です。すべての評価モジュールはブレッドボード、SMA(SubMiniature version A)、ヘッダーおよび有線インターフェイス接続と互換で、ほとんどの A/D コンバータ(ADC)および D/A コンバータ(DAC)評価モジュールと相互互換性を確保しています。また、DIYAMP-EVM の最適化されたレイアウトは、ブレッドボード・プロトタイピングによる寄生容量を低減します。

DIYAMP-EVM ファミリは、データシートから、シミュレーションやシミュレーションの検証に至るまで、迅速な設計を可能にします。

注:ボードには部品は実装されていません。オペアンプ・デバイスのサンプルもあわせてご注文ください。

特長
  • 3 種類のパッケージから選択可能:SC70-5、SOT23-5、SOIC-8
  • 12 種類の回路構成から選択可能:非反転型、反転型、アクティブ・フィルタ、差動アンプ、コンパレータなど
  • シングル / デュアル電源構成
  • 高性能 PCB:各機能用に最適化
  • 複数のインターフェイス・オプション:SMA、ヘッダー、ブレッドボード、有線
  • 0805 サイズ部品用に設計、0603 サイズにも対応
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

The Universal OPAMPEVM is a series of general purpose blank circuit boards that simplify prototyping circuits for a variety of IC package types. The evaluation module board design allows many different circuits to be constructed easily and quickly. Five models are offered with each targeted for (...)

ソフトウェア開発

サポート・ソフトウェア ダウンロード
SBAC216.ZIP (48 KB)
サポート・ソフトウェア ダウンロード
SBAC217.ZIP (54 KB)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOC277B.ZIP (14 KB) - Spice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOC278D.TSC (303 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOM312C.ZIP (10 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOMAX7.ZIP (14 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード 計算ツール ダウンロード
アナログ技術者向けカリキュレータ
ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
特長
  • A/D コンバータ(ADC)と D/A コンバータ(DAC)の回路設計を迅速化
    • ノイズの計算
    • 一般的な単位変換
  • アンプ回路設計の一般的な問題を解決
    • 標準的な抵抗を使用してゲインを選択
    • フィルタの構成
    • 一般的なアンプ構成の総ノイズ
  • PCB 寄生成分の計算(R、L、C など)
  • 一般的なセンサのセンサ出力値の算定(RTD、熱電対など)
  • 受動回路の一般的な問題を解決(受動部品を使用する電圧デバイダなど)
計算ツール ダウンロード
ノイズ・カルキュレータ、ジェネレータ 及び、例
OPAMP-NOISECALC This folder contains three tools to help in understandning and managing noise in cicuits. The included tools are:
  • A noise generator tool - This is a Lab View 4-Run Time executable that generates Gaussian white noise, uniform white noise, 1/f noise, short noise, and 60Hz line noise. Temporal data (...)
設計ツール ダウンロード
単一電源、ローサイド、単方向の電流センシング回路
CIRCUIT060001 — この単一電源、ローサイド、電流センシング・ソリューションは最大 1A の負荷電流を正確に検出し、50mV ~ 4.9V の電圧に変換します。入力電流範囲と出力電圧範囲は必要に応じてスケーリングでき、大きなスイングに対応するため、より高電圧の電源も使用できます。
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • 25°C ~ 50°C の温度を検出
  • 出力:0.05V ~ 3.25V
  • 半分の基準電圧付きの 3.3V 単一電源
設計ツール ダウンロード
Temperature sensing with NTC thermistor circuit(英語)(NTC サーミスタ回路搭載、温度センシング)
CIRCUIT060002 — この温度センシング回路は NTC (Negative Temperature Coefficient:負の温度係数) サーミスタに直列に接続した抵抗を使用して分圧器を形成します。これには、温度に比例した出力電圧が得られる効果があります。この回路では、非反転構成 (反転入力に基準電圧を接続) でオペアンプを使用し、信号のオフセットと増幅を行います。これにより、ADC の分解能を最大限に活用し、測定精度を高めることができます。
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • 25°C ~ 50°C の温度を検出
  • 出力:0.05V ~ 3.25V
  • 半分の基準電圧付きの 3.3V 単一電源
設計ツール ダウンロード
Temperature sensing with PTC thermistor circuit(英語)(PTC サーミスタ回路搭載、温度センシング)
CIRCUIT060003 — この温度センシング回路は PTC (Positive Temperature Coefficient:正の温度係数) サーミスタに直列に接続した抵抗を使用して分圧器を形成します。これには、温度に比例した出力電圧が得られる効果があります。この回路では、非反転構成 (反転入力に基準電圧を接続) でオペアンプを使用し、信号のオフセットと増幅を行います。これにより、ADC の分解能を最大限に活用し、測定精度を高めることができます。
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • 0°C ~ 50°C の温度を検出
  • 出力:0.05V ~ 3.25V
  • 半分の基準電圧付きの 3.3V 単一電源
設計ツール ダウンロード
Low-noise and long-range PIR sensor conditioner circuit(英語)(低ノイズの長距離 PIR センサ向けコンディショナ回路)
CIRCUIT060004 — この 2 段式アンプの設計は、受動赤外線 (PIR) センサからの信号を増幅し、フィルタ処理します。回路には、回路の出力におけるノイズを低減するため複数のローパスおよびハイパス・フィルタが含まれており、長距離での動作を検出でき、誤認トリガを減らすことができます。この回路の後にウィンドウ・コンパレータを追加してデジタル出力を生成するか、A/D コンバータ (ADC) 入力へ直接接続できます。
特長
  • 5V 単一電源
  • 0.7Hz ~ 10Hz の周波数を提供
  • AC ゲイン:90dB
設計ツール ダウンロード
ディスクリート差動アンプ回路搭載ハイサイド電流センシング
CIRCUIT060005 — この単一電源、ハイサイド、低コストの電流センシング・ソリューションは、50mA ~ 1A の負荷電流を検出し、0.25V ~ 5V の出力電圧に変換します。ハイサイドのセンシングにより、システムはグランドへの短絡を識別でき、負荷のグランドを動揺させません。
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • 36V 単一電源
  • 入力:50mA ~ 1A
  • 出力:0.25V ~ 5V
設計ツール ダウンロード
ブリッジ・アンプ回路
CIRCUIT060006 — ひずみゲージは、加えられた力に応じて抵抗値が変化するセンサです。抵抗値の変化を測定するため、ひずみゲージはブリッジ構成で配置されます。この設計では、2 オペアンプ構成の計測回路を使用して、ひずみゲージの抵抗値の変化により発生する差動信号を増幅します。R10 の変化によりホイートストーン・ブリッジの出力に発生した小さな差動電圧が 2 オペアンプ構成の計測アンプに入力されます。
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • 半分の基準電圧付きの 5V 単一電源
  • 入力:-2.22mV ~ 2.27mV 差動
  • 出力:225mV ~ 4.72V
  • ひずみゲージ抵抗値の変化:115 ~ 125Ω
  • ゲイン:1001V/V
設計ツール ダウンロード
ローサイド双方向電流センシング回路
CIRCUIT060007 — この単一電源、ローサイド、双方向電流センシング・ソリューションは、-1A ~ 1A の負荷電流を正確に検出できます。出力のリニアな動作範囲は 110mV ~ 3.19V です。ローサイド電流センシングにより、同相電圧がグランド近くに維持されるため、バス電圧の高いアプリケーションで最も有用です。
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • 半分の基準電圧付きの 5V 単一電源
  • 入力:-2.22mV ~ 2.27mV 差動
  • 出力:225mV ~ 4.72V
  • ひずみゲージ抵抗値の変化:115 ~ 125Ω
  • ゲイン: 1001V/V
設計ツール ダウンロード
全波整流回路
CIRCUIT060008 — この絶対値回路は、交流 (AC) 信号を単極性の信号に変換できます。この回路は、最高 50kHz の周波数で ±10V の入力信号、および最高 1kHz の周波数で最低 ±25mV の信号に対して、限定された歪みで動作します。
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • グランド基準電圧付きの 30V 分割電源
  • 入力:±25mV ~ ±10V
  • 出力:25mV ~ 10V
設計ツール ダウンロード
半波整流回路
CIRCUIT060009 — この高精度の半波整流器は、変動する入力信号 (正弦波が望ましい) の負側の半分だけを反転して出力します。帰還抵抗の値を適切に選択することで、各種のゲインを実現できます。高精度の半波整流器は一般に、DC 出力電圧を生成するため、ピーク検出器や帯域幅の制限された非反転アンプなど、他のオペアンプ回路とともに使用されます。この構成は、最高 50kHz の周波数で、0.2mVpp ~ 4Vpp の範囲の正弦波入力信号に対して動作するよう設計されています。
特長
  • 5V 分割電源
  • 入力:±0.2mVpp ~ ±4Vpp
  • 出力:0.1V ~ 2V
設計ツール ダウンロード
PWM ジェネレータ回路
CIRCUIT060010 — この回路では、三角波ジェネレータとコンパレータを利用して、デューティ・サイクルが入力電圧に反比例する 500kHz パルス幅変調 (PWM) 波形を生成できます。オペアンプとコンパレータが三角波を生成し、2 番目のコンパレータの反転入力に印加されます。入力電圧は、この 2 番目のコンパレータの非反転入力に印加されます。入力波形を三角波と比較して、PWM 波形が生成されます。出力波形の精度と線形性を向上するため、2 番目のコンパレータはエラー・アンプの帰還ループ内に配置されます。
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • 半分の基準電圧付きの 5V 単一電源
  • 入力:-2V ~ 2V
  • 出力:0V ~ 5V

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
大電流アプリケーション向けバッテリ・テスタのリファレンス・デザイン
TIDA-01040 — リチウムイオン・バッテリの構成と電気的テストには高精度の電圧 / 電流制御が必要で、通常は規定された温度範囲にわたって ±0.05% 以内の精度が求められます。  このリファレンス・デザインは 8V ~ 16V の入力(バス)電圧と 0V ~ 5V の出力負荷(バッテリ)電圧に対応した大電流(最大 50A)バッテリ・テスタ・アプリケーションを実現します。内蔵のマルチフェーズ双方向コントローラ LM5170 と高精度データ・コンバータ、計測アンプを組み合わせ、0.01% フルスケールの充放電精度を実現します。バッテリ容量の最大化とバッテリ構成時間の最小化のため、高精度定電流(CC)/ 定電圧(CV)較正ループと簡素化したインターフェイスを使用しています。主要な設計理論をすべて取り上げており、部品の選択プロセスや最適化について解説しています。また、回路図、基板レイアウト、ハードウェア・テスト、結果も公開しています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.B)
リファレンス・デザイン ダウンロード
マルチフェーズ、高精度、0.5 ~ 100A のバッテリ構成に対応するバッテリ・テスタのリファレンス・デザイン
TIDA-01041 — This reference design provides a multi-phase solution for a wide range of current battery test applications. Leveraging the dual phase buck/boost controller LM5170's daisy chain configuration gives the design the ability to achieve 100A charging/discharging rates. Utilizing high accuracy constant (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
50A、100A、200A アプリケーション向け、モジュール型バッテリ・テスタのリファレンス・デザイン
TIDA-01042 — このリファレンス・デザインはモジュール形式のバッテリ・テスト・ソリューションであり、1 つのデザインを使用するだけで、さまざまな電流レベルでバッテリをテストできるフレキシビリティを実現します。このデザインは TIDA-01041 リファレンス・デザインを活用しており、2 個の 100A バッテリ・テスタを独立形式で動作させること、または並列接続して最大電流出力を 100A から 200A に増やすことができます。このデザインは、設計理論、パーツの選定、このソリューションの最適化方法を提示します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
高性能 DAQ システムの EMI 効果排除向けマルチレール電源のリファレンス・デザイン
TIDA-01054 — TIDA-01054 リファレンス・デザインは LM53635 降圧コンバータを使用し、16 ビット超のデータ・アクイジション(DAQ)システムに EMI がもたらす性能低下の影響を排除します。降圧コンバータにより、基板面積を節減するとともに EMI によるノイズ劣化を招かずに、電源ソリューションをシグナルパスに近接配置できます。このリファレンス・デザインにより、20 ビットの1MSPS 逐次比較型(SAR)ADC を使用する場合に、100.13dB のシステム SNR 性能を実現できます。これは、外部電源を使用する場合の 100.14dB という SNR 性能に匹敵する値です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
高性能 DAQ システム向け ADC リファレンス電圧バッファ最適化のリファレンス・デザイン
TIDA-01055 — TIDA-01055 は高性能 DAQ システムのリファレンス・デザインで、TI の高速オペアンプ OPA837 の使用により ADC リファレンス・バッファを最適化し、SNR 特性の改善と消費電力の低減を実現します。複合バッファ構成で使用され、従来のオペアンプに比べ消費電力を 22% 改善します。バッファ内蔵リファレンス電圧源は多くの場合、チャネル数の多いシステムでの最適性能の実現に必要な駆動能力が不足しています。  このリファレンス・デザインは複数の ADC を駆動可能なほか、18 ビット 2MSPS 逐次比較型(SAR)ADC を使用して、15.77 ビットのシステム ENOB(実効ビット数)を実現します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
10Vpp の真の差動入力に対応し、信号ダイナミック・レンジを最大化する最大 20 ビットの ADC のリファレンス・デザイン
TIDA-01057 — This reference design is designed for high performance data acquisition(DAQ) systems to improve the dynamic range of 20 bit differential input ADCs. Many DAQ systems require the measurement capability at a wide FSR (Full Scale Range) in order to obtain sufficient signal dynamic range. Many earlier (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
電源効率の最適化と EMI の最小化を実現する 20 ビット、1MSPS DAQ(データ・アクイジション)のリファレンス・デザイン
TIDA-01056 — This reference design for high performance data acquisition (DAQ) systems optimizes power stage in order to reduce power consumption and minimize the effect of EMI from switching regulator by using LMS3635-Q1 buck converter.  This reference designs yields 7.2% efficiency improvement at most (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
自動試験装置向け、FPGA 使用とデータ・スループットを最適化するリファレンス・デザイン
TIDA-01051 — TIDA-01051 リファレンス・デザインは、自動試験機器(ATE)などの非常にチャネル数の多いデータ・アクイジション(DAQ)システムのチャネル密度、統合、消費電力、クロック・ディストリビューション、シグナル・チェーン性能を最適化します。TI の DS90C383B などのシリアライザを使用して、多くの同時サンプリング ADC の出力を複数の LVDS ラインに組み合わせることにより、ホスト FPGA が処理する必要のあるピン数を大幅に低減できます。  その結果、単一 FPGA による非常に多くの DAQ チャネル処理が可能になり、ボード配線の複雑さを大幅に軽減できます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
18 ビット SAR(逐次比較型)データ・コンバータ向けに最適化されたアナログ・フロント・エンド DAQ(データ・アクイジション)システムのリファレンス・デザイン
TIDA-01050 — TIDA-01050 リファレンス・デザインは自動試験機器に付随する、統合、消費電力、性能、クロッキングの課題を改善します。いかなる ATE(自動試験機器)にも使用できますが、多数の入力チャネルを必要とするシステムに特に最適です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
負電源を使用してフルスケール THD を改善する ADC ドライバのリファレンス・デザイン
TIDA-01052 — TIDA-01052 リファレンス・デザインは、アナログ・フロント・エンド・ドライバ・アンプでグランドの代わりに負の電圧レールを使用する際に見られるシステム性能の向上を実現します。このコンセプトはすべてのアナログ・フロント・エンドに該当しますが、ここでは特に自動試験機器を対象としています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
レベル変換: デュアル電源からシングル電源アンプへ、±15V から 5V
TIPD148 ADC で使用できるように、±15V の信号をシングル電源の 5V の信号に変換できることは一般的な回路要件です。このデュアル電源/シングル電源アンプ回路設計では、±15V の信号を 0V ~ 5V の信号へと変換できます。この設計の出力は、電源シーケンシング状態や他の過渡状態であるかどうかに関係なく、0 ~ 5V の範囲外となることはありません。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
設計ファイル
リファレンス・デザイン ダウンロード
0.1~10Hz アンプ・ノイズ測定フィルタ
TIPD122 この回路は、低周波ノイズをオシロスコープで簡単に測定できるレベルまで増幅(0.1Hz ~ 10Hz)するように設計されています。この機能は、0.1Hz の 2 次ハイパス・フィルタと 10Hz の 4 次ローパス・フィルタを使用して実現されています。0.1Hz ~ 10Hz のノイズ測定値は、アンプ・データシートで示される一般的な性能指数です。この設計は、一般的に使用されるさまざまなパッケージ様式で 0.1Hz ~ 10Hz のノイズ測定を容易にすることを目的としています。

その他の TI Precision Designs を表示

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
オペ・アンプ、1回路、ディスクリート・バイポーラ・トランジスタ出力ドライブ付き
TIPD146 多くのシステムにおいて、高精度アンプを使用して低抵抗ロードを駆動できることが重要な要件となっています。この機能はパワー・オペアンプを使用して実現できますが、かなり高価である場合があります。この TI Precision Design では、高精度アンプとシンプルで低コストのディスクリート・バイポーラ・トランジスタを使用して高出力駆動能力を実現する方法について示しています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
設計ファイル

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

Boost Your Analog Expertise with TI Precision Labs

Get the backstory on why we created TI Precision Labs, the industry's first online classroom for analog design, from op amp expert Art Kay.

投稿日: 27-Jan-2015
時間: 01:48

Tour the TI Precision Labs online classroom

関連ビデオ