PCA9306-Q1

アクティブ

オートモーティブ、デュアル双方向 I2C バスおよび SMBus の電圧レベル・シフタ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Features Enable Pin Frequency (Max) (kHz) 400 VCCA (Min) (V) 1.2 VCCA (Max) (V) 5.5 VCCB (Min) (V) 1.8 VCCB (Max) (V) 5.5 Supply restrictions VCCA <= VCCB Approx. price (US$) 0.21 | 1ku Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 105 open-in-new その他の I2C レベル・シフタ、バッファ、ハブ

パッケージ|ピン|サイズ

VSSOP (DCU) 8 6 mm² 2 x 3.1 open-in-new その他の I2C レベル・シフタ、バッファ、ハブ

特長

  • Qualified for Automotive Applications
  • AEC-Q100 Qualified With the Following Results:
    • Device Temperature Grade 2: –40°C to 105°C
    • Device HBM ESD Classification Level H2
    • Device CDM ESD Classification Level C4B
  • 2-Bit Bidirectional Translator for SDA and SCL
    Lines in Mixed-Mode I2C Applications
  • Compatible With I2C and SMBus
  • Less Than 1.5-ns Maximum Propagation Delay to
    Accommodate Standard-Mode and Fast-Mode I2C
    Devices and Multiple Masters
  • Allows Voltage-Level Translation Between
    • 1.2-V VREF1 and 1.8-V, 2.5-V, 3.3-V, or 5-V
      VREF2
    • 1.8-V VREF1 and 2.5-V, 3.3-V, or 5-V VREF2
    • 2.5-V VREF1 and 3.3-V, or 5-V VREF2
    • 3.3-V VREF1 and 5-V VREF2
  • Provides Bidirectional Voltage Translation With No
    Direction Pin
  • Low 3.5-Ω ON-State Connection Between Input and
    Output Ports Provides Less Signal Distortion
  • Open-Drain I2C I/O Ports (SCL1, SDA1, SCL2,
    and SDA2)
  • 5-V Tolerant I2C I/O Ports to Support Mixed-Mode
    Signal Operation
  • High-Impedance SCL1, SDA1, SCL2, and SDA2
    Pins for EN = Low
  • Lock-Up-Free Operation for Isolation When
    EN = Low
  • Flow-Through Pinout for Ease of Printed-Circuit
    Board Trace Routing
  • Latch-Up Performance Exceeds 100 mA Per
    JESD 78, Class II
  • ESD Protection Exceeds JESD 22
    • 2000-V Human-Body Model (A114-A)
    • 200-V Machine Model (A115-A)
    • 1000-V Charged-Device Model (C101)
open-in-new その他の I2C レベル・シフタ、バッファ、ハブ

概要

This dual bidirectional I2C and SMBus voltage-level translator, with an enable (EN) input, is operational from 1.2-V to 3.3-V VREF1 and 1.8-V to 5.5-V VREF2.

The PCA9306-Q1 allows bidirectional voltage translations between 1.2 V and 5 V, without the use of a direction pin. The low ON-state resistance (ron) of the switch allows connections to be made with minimal propagation delay. When EN is high, the translator switch is ON, and the SCL1 and SDA1 I/O are connected to the SCL2 and SDA2 I/O, respectively, allowing bidirectional data flow between ports. When EN is low, the translator switch is off, and a high-impedance state exists between ports.

In I2C applications, the bus capacitance limit of 400 pF restricts the number of devices and bus length. Using the PCA9306-Q1 enables the system designer to isolate two halves of a bus; thus, more I2C devices or longer trace length can be accommodated.

The PCA9306-Q1 also can be used to run two buses, one at 400-kHz operating frequency and the other at 100-kHz operating frequency. If the two buses are operating at different frequencies, the 100-kHz bus must be isolated when the 400-kHz operation of the other bus is required. If the master is running at 400 kHz, the maximum system operating frequency may be less than 400 kHz because of the delays added by the repeater.

All channels have the same electrical characteristics, and there is minimal deviation from one output to another in voltage or propagation delay. This is a benefit over discrete transistor voltage translation solutions, because the fabrication of the switch is symmetrical. The translator provides excellent ESD protection to lower-voltage devices and at the same time protects less ESD-resistant devices.

open-in-new その他の I2C レベル・シフタ、バッファ、ハブ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 9
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート PCA9306-Q1 Dual Bidirectional I2C Bus and SMBus Voltage-Level Translator データシート 2016年 2月 8日
アプリケーション・ノート AR without a name 2016年 9月 7日
アプリケーション・ノート Understanding and Interpreting Standard-Logic Data Sheets 2015年 12月 2日
アプリケーション・ノート Understanding the I2C Bus 2015年 6月 30日
アプリケーション・ノート Maximum Allowed Frequency on I2C Bus Using Repeaters 2015年 5月 15日
アプリケーション・ノート I2C Bus Pull-Up Resistor Calculation 2015年 2月 13日
セレクション・ガイド ロジック・ガイド (Rev. AA 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.AB) 2014年 11月 6日
アプリケーション・ノート Programming Fun Lights With TI's TCA6507 2007年 11月 30日
アプリケーション・ノート Semiconductor Packing Material Electrostatic Discharge (ESD) Protection 2004年 7月 8日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要
This EVM can be used to evaluate the PCA9306 product in the DCU package. The I2C buses are easily accessed via SDA_1, SCL_1, SDA_2, and SCL_2 test points, and symmetrically laid out for optimal performance. All IC signals are available through test point connections.
特長
  • Access to VDPU1, VDPU2, EN, SDA1, SCL1, SDA2, and SCL2 pins
  • Footprint for a socket for evaluating multiple PCA9306 devices
  • Footprints to test different capacitive loads
  • Footprints to test different pullup resistor values
  • Different load options allow for the testing of different translator configurations (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SCEJ212A.ZIP (81 KB) - HSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SCPM002A.ZIP (54 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード 設計ツール ダウンロード
I2C designer tool
I2C-DESIGNER — I2C Designer ツールを使用すると、I2C ベースの設計で、アドレッシング、電圧レベル、周波数に関する競合を迅速に解決できます。マスター入力とスレーブ入力に関する指定を行い、I2C ツリーを自動的に生成すること、またはカスタム・ソリューションを構築することができます。設計者の皆様はこのツールを使用すると、時間を節約できます。また、Ack (確認応答) の欠落に対するデバッグ、プルアップ抵抗の選定、I2C バス上での最大静電容量負荷の準拠に関するガイドラインを参照し、I2C 規格に準拠することもできます。
特長
  • GUI ベースの Web アプリケーション
  • エクスポート可能な設計
  • JSON ファイル・アップローダー
  • 部品表 (BOM) 生成機能

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
TIDEP-01017
TIDEP-01017 このカスケード開発キットには、以下のような 2 つの主な使用事例があります。
  1. MMWCAS-DSP-EVM をキャプチャ・カードとして使用し、mmWave studio ツールと組み合わせて AWR2243 の 4 チップ・カスケード性能を包括的に評価するには、『TIDEP-01012 design guide』 (英語) をお読みください。
  2. MMWCAS-DSP-EVM を使用してレーダーのリアルタイム SW アプリケーションを開発するには、『TIDEP-01017 design guide』 (英語) をお読みください。

このリファレンス・デザインは、カスケード接続した画像処理レーダー・システムに関する処理の基礎を示します。カスケード接続した複数のレーダー・デバイスは、前方の長距離(LRR)ビーム成形アプリケーションに加えて、コーナーおよび側面のカスケード接続したレーダーやセンサ・フュージョン・システムにも対応できます。このリファレンス・デザインは、ADAS アプリケーションの開発とテストに適した、機能するソフトウェア評価プラットフォームを製作するための材料を、認定を受けたデベロッパーに提供します。このデザインは、複数の車載レーダー・フロント・エンド・サブシステムとアンテナ・サブシステムをサポートする基本プラットフォームの開発期間短縮に貢献します。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
ADAS センサ・インターコネクト、リファレンス・デザイン・ボード、リモート・カメラ、及び、レーダ・モジュール用
TIDA-00271 The ADAS Sensor Interconnect Board is intended for applications where remote sensors like cameras, LIDAR or radar modules need to be connected to a central processing ECU. The board supports up to 3 coaxial and 1 LVDS twisted pair data inputs as well as 3 FMC cable and 1 board to board connector as (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VSSOP (DCU) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

TI Precision Labs - I2C: Buffers Overview

This section of the TI Precision Labs - I2C series will introduce the theory of operation of I2C buffer devices and how they can be used to re-drive signals.

投稿日: 18-Jan-2019
時間: 05:13

関連ビデオ