トップ

製品の詳細

パラメータ

Frequency 134.2 kHz, Sub 1GHz Device type Wireless MCU Operating temperature range (C) -40 to 85 Standard Proprietary (Sub 1GHz and Low Frequency) Rating Catalog Transmission principle HDX-FSK, 2-FSK, 2-GFSK, MSK, OOK, ASK Approx. price (US$) 5.06 | 1ku open-in-new その他の その他のワイヤレス技術

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RGC) 64 81 mm² 9 x 9 open-in-new その他の その他のワイヤレス技術

特長

  • True System-In-Package Based On MSP430 Microcontroller With Sub-1-GHz Transceiver System-On-Chip (SoC) and Additional 3D LF Wake-up and Transponder Interface
  • Wide Supply Voltage Range: 3.6 V Down To 1.8 V
  • Ultra-Low Power Consumption
    • CPU Active Mode (AM): 160 µA/MHz
    • Standby Mode (LPM3 Real-Time Clock [RTC] Mode): 2.0 µA
    • Off Mode (LPM4 RAM Retention): 1.0 µA
    • Radio in Receive: 15 mA, 250 kbps, 915 MHz
  • MSP430 System and Peripherals
    • 16-Bit RISC Architecture, Extended Memory, up to 20-MHz System Clock
    • Wake up From Standby Mode in Less Than 6 µs
    • Flexible Power-Management System With SVS and Brownout
    • Unified Clock System With FLL
    • 16-Bit Timer TA0, Timer_A With Five Capture/Compare Registers
    • 16-Bit Timer TA1, Timer_A With Three Capture/Compare Registers
    • Hardware RTC
    • Two Universal Serial Communication Interfaces (USCIs)
      • USCI_A0 Supports UART, IrDA, SPI
      • USCI_B0 Supports I2C, SPI
    • 12-Bit Analog-to-Digital Converter (ADC) With Internal Reference, Sample-and-Hold, and Autoscan Features
    • Comparator
    • 128-Bit AES Security Encryption and Decryption Coprocessor
    • 32-Bit Hardware Multiplier
    • 3-Channel Internal DMA
    • Serial Onboard Programming, No External Programming Voltage Needed
    • Embedded Emulation Module (EEM)
  • High-Performance Sub-1-GHz Radio Frequency (RF) Transceiver Core
    • Same as in CC1101
    • Wide Supply Voltage Range: 2 V to 3.6 V
    • Frequency Bands: 300 MHz to 348 MHz, 389 MHz to 464 MHz, and 779 MHz to 928 MHz
    • Programmable Data Rate From 0.6 kBaud to 500 kBaud
    • High Sensitivity (–117 dBm at 0.6 kBaud, –111 dBm at 1.2 kBaud, 315 MHz, 1% Packet Error Rate)
    • Excellent Receiver Selectivity and Blocking Performance
    • Programmable Output Power up to +12 dBm for All Supported Frequencies
    • 2-FSK, 2-GFSK, and MSK Supported as Well as OOK and Flexible ASK Shaping
    • Flexible Support for Packet-Oriented Systems: On-Chip Support for Sync Word Detection, Address Check, Flexible Packet Length, and Automatic CRC Handling
    • Support for Automatic Clear Channel Assessment (CCA) Before Transmitting (for Listen-Before-Talk Systems)
    • Digital RSSI Output
    • Suited for Systems Targeting Compliance With EN 300 220 (Europe) and FCC CFR Part 15 (US)
    • Suited for Systems Targeting Compliance With Wireless M-Bus Standard EN 13757-4:2005
    • Support for Asynchronous and Synchronous Serial Receive and Transmit Mode for Backward Compatibility With Existing Radio Communication Protocols
  • High-Performance Low-Frequency (LF) Interface
    • 3D Wake-up Receiver
      • Low Standby Current Consumption: 4.4 µA
      • Regular Sensitivity Mode: 3.7 mVpp → Approximate 3-m Wake Range
      • High Sensitivity Mode: 0.5 mVpp → Approximate 6-m Wake Range
      • Low Sensitivity Variation
      • Digital RSSI, 72 dB, 8-Bit Logarithmic
      • Two Independent Wake Patterns, 0-Bit to 24-Bit Length
      • Dedicated Sensitivity Levels for Both Wake Patterns
      • Integrated LF Bit Stream Data Decoding and Digital Data Output
    • AES-128 Hardware Encryption Coprocessor
    • Resonant Frequency: 134.2 kHz
      • Embedded Resonant Trimming for All Three Resonant Circuits
    • 3D Transponder Interface
      • Transponder Read Range up to 4 in (10 cm), Power Received From LF RF Field
      • Half-Duplex (HDX) Communication Protocol
      • Selectable Challenge/Response Length: 32/32, 64/64, or 96/64 Bit
      • Mutual Authentication For All Commands With 32-Bit Reader Signature
      • Burst Read Mode
      • Anticollision Encryption
    • EEPROM Memory Size of 2048 Bytes
      • Available User EEPROM is 1776 Bytes
      • Encryption Keys 4 × 128 Bits
      • Configurable Page Types for Selective Access Grant
      • All Pages Lockable (No Reprogramming Possible)
    • Switch Interface With up to Eight Inputs
open-in-new その他の その他のワイヤレス技術

概要

The TI RF430F5978 system-in-package adds a 3D low-frequency (LF) wake-up and transponder interface to the CC430 ultra-low-power microcontroller system-on-chip (SoC) with integrated sub-1-GHz RF transceiver. This architecture allows activation and deactivation of the device in a dedicated and well-defined area "on-demand" to achieve extended battery life for the whole system. The embedded LF transponder interface is always functional even without battery supply and offers the highest level of security through its 128-bit AES encryption for challenge/response and mutual authentication. The embedded LF transponder interface also adds 2KB of programmable EEPROM memory to the system.

The CC430 ultra-low-power microcontroller system-on-chip (SoC) combines the CC1101 sub-1-GHz RF transceiver with the powerful MSP430 16-bit RISC CPU. Sixteen-bit registers and constant generators contribute to maximum code efficiency. The RF430F5978 device features the MSP430 CPUXV2, 32KB of in-system programmable flash memory, 4KB of RAM, two 16-bit timers, a high-performance 12-bit ADC with six external inputs plus internal temperature and battery sensors, a comparator, two USCIs, a 128-bit AES security accelerator, a hardware multiplier, DMA, and an RTC module with alarm capabilities.

The RF430F5978 provides a tight integration between the microcontroller core, its peripherals, software, and the integrated sub-1-GHz RF transceiver and 3D LF transceiver for wake-up and transponder interface, making these solutions easy to use while improving performance.

For complete module descriptions, see the (SLAU378).

open-in-new その他の その他のワイヤレス技術
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート RF430F5978 MSP430™ System-in-Package With Sub-1-GHz Transceiver and 3D LF Wake-up and Transponder Interface データシート 2015年 10月 28日
* ユーザー・ガイド RF430F59xx Family User's Guide 2012年 8月 6日
技術記事 Bluetooth® Low Energy shifts gears for car access 2019年 7月 15日
技術記事 Top 3 design challenges that the new generation of SimpleLink™ Wi-Fi® devices will help you overcome 2019年 2月 21日
技術記事 Exploring the impact of IoT on innovation 2018年 7月 17日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
その他の技術資料 無線通信ソリューション 2015年 11月 4日
ホワイト・ペーパー Navigating your way through the RFID jungle 2014年 2月 20日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$290.00
概要

The RF430F5978EVM, including the user software SLRC001, is a complete evaluation platform to evaluate the key features of the RF430F5978 transponder:

  • Sub 1-GHz Transceiver
  • 3D LF long range trigger/wake up function
  • Passive, batteryless transponder communication
  • Contactless LF 3D Antenna Resonant trimming (...)

特長
  • USB interface
  • Low-power operation (2.1V to 3.0V)
  • Supports programming and tuning of transponders
  • LF wake up communication
  • UHF transceiver communication
  • Supports CC430F6137 ultra-low-power microcontroller
評価モジュール(EVM)用 GUI ダウンロード
SLRC001.ZIP (20572 KB)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
MSPWare
MSPWARE MSPWare は、すべての MSP デバイスを対象にしたユーザーズ・ガイド、サンプル・コード、トレーニング、その他の設計リソースを便利なパッケージとして提供します。MSP430 と MSP432 の開発に必要なすべての要素が揃っています。 MSPWare は MSP430 と MSP432 に関する既存の設計リソース全体の提供に加え、高度に抽象化されたソフトウェア・ライブラリの幅広い選択肢も提供します。その中には、MSP ドライバ・ライブラリや USB のようにデバイス固有およびペリフェラル固有のソフトウェアから、グラフィック・ライブラリや静電容量式タッチパッド・ライブラリのようにアプリケーション固有のソフトウェアが含まれています。MSP ドライバ・ライブラリは重要なライブラリであり、ソフトウェア・デベロッパーが上位レベルの API を活用して下位レベルの複雑なハードウェア・ペリフェラルを制御するのに役立ちます。現時点で、MSP ドライバ・ライブラリは MSP430F5x / 6x シリーズ、および MSP432P4x シリーズのデバイスをサポートしています。

MSPWare の入手方法MSPWare は、Code Composer Studio(CCS)のコンポーネントとして、またはスタンドアロン・パッケージとして入手できます。Code Composer Studio のコンポーネントとして供給された場合は、CCS の TI Resource Explorer ウインドウ内で洗練された GUI を使用して MSPWare パッケージを操作できます。

  • MSPWare と GUI ベースのフロント・エンドを入手するには、Code Composer Studio の最新バージョンを単純にインストールします。CCS の最新バージョンの入手(推奨)
  • 代わりに、MSPWare をスタンドアロン・パッケージとして入手することもできます。ただし、この方式では MSPWare パッケージのフォルダ構造が供給されるのみであり、GUI ベースのフロント・エンドは供給されません。上記の「Get Software」リンクをクリックすると、MSP430Ware をスタンドアロン・パッケージとして入手できます。
    • * 注:ダウンロードの際、お客様は、輸出法令順守フォームへの記入を求められます。
  • MSPWare は、新しい「TI (...)
特長
  • MSP 設計リソースのコレクション
  • コンテンツを参照するための洗練された直感的な GUI
  • 独自の 2 ペイン・ビューを使用した、コンテンツの自動的なフィルタリング
  • Web 経由の自動更新
  • 新しい MSP ドライバ・ライブラリの特長
  • CCS 用のプラグインかスタンドアロンの実行ファイルとして入手可能、または新しい TI Cloud Resource Explorer 内で利用可能
ドライバとライブラリ ダウンロード
MSP グラフィック・ライブラリ
MSP-GRLIB MSP グラフィック・ライブラリは、グラフィック表示機能を備えた MSP430 および MSP432 マイコン・ベースのボードで、グラフィカル・ユーザー・インターフェイスを作成するためのグラフィックス・プリミティブで構成される、ロイヤリティ・フリーのセットです。このグラフィック・ライブラリは 2 つの機能構築レイヤーで形成されています。ディスプレイ・ドライバ・レイヤーは、使用するディスプレイに固有のものです。グラフィックス・プリミティブ・レイヤーは、点、線、長方形、円、テキスト、ビットマップ・画像を描画します。
特長
  • 無償ライセンス、ロイヤリティ・フリーで使用可能
  • アプリケーションの開発の簡素化と開発期間の短縮
  • メンテナンスの簡単なコード
ドライバとライブラリ ダウンロード
固定小数点 Math ライブラリ、MSP 用
MSP-IQMATHLIB TI の MSP IQmath および Qmath ライブラリは、C プログラマ向けの高度に最適化された高精度の数学関数ライブラリで、MSP430 と MSP432 の各デバイスで、浮動小数点アルゴリズムを固定小数点コードにシームレスに変換できます。これらのルーチンは通常、最適な実行速度、高精度、超低消費電力が重視される、演算集中型のリアルタイム・アプリケーションで使用するものです。IQmath ライブラリと Qmath ライブラリを使用すると、浮動小数点演算を使用して記述した同等のコードに比べて、実行速度を大幅に高速化するとともに、消費電力の大幅な削減が可能です。

以下の MSP デバイスは、MSP-IQmathlib によってサポートされています。
  • MSP430F1xx
  • MSP430F2xx
  • MSP430G2xx
  • MSP430F4xx
  • MSP430F5xx
  • MSP430F6xx
  • MSP430FRxx
  • MSP432P4xx
MSP-IQmathlib は、設計に簡単に統合できます。このライブラリは無料であり、Code Composer Studio 内で使用すること、またはスタンドアロン・パッケージとしてダウンロードすることができます。ベンチマークの詳細とファンクションの説明については、付属のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
特長
  • 最適化された固定小数点関数により、開発期間を短縮し、アプリケーション・コードの最適化に集中することが可能
  • CCS で共通の固定小数点スカラーの演算機能を実行すると、最大で 100 倍の性能を発揮。つまり、MSP マイコンを長時間にわたって低消費電力モードにとどめることが可能
  • 無料 – Code Composer Studio を単純に使用するか、ライブラリをダウンロード
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用
CCSTUDIO-MSP

Code Composer Studio の最新バージョンをダウンロード

Code Composer Studio™ - 統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用

 

  • 最新バージョン - 以下をクリックして、指定したホスト・プラットフォームに対応した Code Composer Studio をダウンロードしてください。
  • 追加のダウンロード - ダウンロードの包括的なリストについては、CCS ダウンロード・サイトをご覧ください。
  • 無料の CCS の使用 - MSP430 では 16KB、MSP432 では 32KB のコード・サイズ制限付きで TI の最適化コンパイラをサポートする無料ライセンスが生成されます。フル機能の 90 日間評価ライセンスも利用できます。CCS 内にある App Center から MSP430 用と MSP432 用の GCC リリースも利用でき、無料ライセンスと組み合わせて使用することができます。
  • クラウド・ツール - Code Composer Studio は、初期の評価と開発の目的で、クラウドベースの環境で利用することもできます。クラウド・ツールは、LaunchPad で迅速に開発を開始しようとするユーザーにとって優れた選択肢です。

 

Windows         Linux     

Code Composer Studio は、すべての MSP マイコン・デバイスをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

CCS を MSP マイコンとともに使用する場合、MSP マイコンを最大限に活用するための独自の強力な一連のプラグインやツールを入手できます。

追加情報

IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
GCC - オープン・ソース・コンパイラ、MSP430 マイコン用
MSP430-GCC-OPENSOURCE MSP430™ and MSP432™ GCC open source packages are complete debugger and open source C/C++ compiler toolchains for building and debugging embedded applications based on MSP430 and MSP432 microcontrollers. These free GCC compilers support all MSP430 and MSP432 devices without code size limitations. In (...)
特長
  • Available standalone or integrated within Code Composer Studio™
  • No Code Size Limitation
  • Free and Open-source
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
ULP(超低消費電力)アドバイザ
ULPADVISOR — ULP Advisor は、Ultra-Low Power(超低消費電力)アプリケーションの実現を支援するMSP430マイコン向けソフトウェア・コード解析ツールで、MSP430 マイコン独自の超低消費電力の特長を最大限に活用できるように支援するツールです。ULP Advisor は、経験豊かなマイコン開発者も新人のマイコン開発者もどちらも対象としており、詳細な ULP チェックリストと照らし合わせながらコードのチェックを行い、アプリケーションの極小のアンプまで一つ残らず絞り出して確認します。ビルド時には、通知と注釈を提供し、低消費電力用にさらに最適化できるコード領域を強調表示します。これらの通知には、ULP ルールの違反についての記載や、詳細を確認できるこの ULP Advisor wiki へのリンク、関連資料、サンプル・コード、フォーラムの投稿メッセージへのリンクなどが含まれています。

ULP Advisor についての詳細は、オンライン wiki ページ(英語)をご覧ください。
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
IAR Embedded Workbench Kickstart - 無償 4 KB IDE
IAR Systems からの提供 IAR-Kickstart (zip, slac050)

IAR Embedded Workbench Kickstart for MSP430 is an Integrated Development Environment (IDE) for building and debugging embedded applications for MSP430 microcontrollers. The IDE includes a code size limited C-Compiler/Unlimited Assembler/FET Debugger/Simulator. The code (...)

プログラミング・ツール ダウンロード
MSP430 フラッシュ・エミュレーション・ツール
MSP-FET ステップ 1:MSP-FET を購入
ステップ 2: Debuggers User’s Guide と Hardware User’s Guide をダウンロード
ステップ 3:デバッグ・ビデオを参照

**第 2 世代の MSP-FET はCode Composer Studio™ v7.0、IAR EW430 v7.1、IAR EWAR v8.10 以降の IDE でサポートされています。それ以前のリリースの IDE と組み合わせて使用する際はこちらの E2E 記事をご覧ください。第 2 世代の MSP-FET を第 1 世代の MSP-FET と見分けるため方法はMSP Debugger’s Guide (section 5.6.1 &ndash (...)

$115.00
特長
  • USB デバッグ・インターフェイスは MSP430 マイコンをコンピュータに接続し、リアルタイムでインシステムのプログラミングとデバッグを実行
  • EnergyTrace™ テクノロジーにより、Code Composer Studio と IAR Embedded Workbench 開発環境ですべての MSP430 / MSP432 デバイスのエネルギー測定とデバッグが可能
  • 3 ステート・モードをサポートし、EnergyTrace による電力消費量を高精度に表示
  • MSP430 と PC 間の双方向通信のためにバックチャネル UART を搭載
    • これにより、アプリケーション実行中にセンサからの入力のシミュレーションやデバッグ・データのロギングが可能
    • MSP ブートストラップ・ローダ(BSL)インターフェイス
  • FET プログラマの以前のバージョンである MSP-FET430UIF に比べ最大 4 倍の読み書き速度
プログラミング・ツール ダウンロード
MSP-GANG Production Programmer
MSP-GANG  

MSP Gang プログラマとは、MSP430 デバイス用のプログラマであり、一度に最大 8 個の同一 MSP430 フラッシュ・デバイスまたは FRAM デバイスに対するプログラムを実行できます。MSP ギャング・プログラマは、標準の RS-232 または USB 接続を使用してホスト PC に接続できるほか、フレキシブルなプログラミング・オプションを利用すれば、ユーザーによるプロセスのフル・カスタマイズが可能です。

MSP Gang プログラマには、Gang Splitter(ギャング・スプリッタ、複数書き込みの分割機能) と呼ばれる拡張ボードが付属しており、MSP Gang プログラマと複数のターゲット・デバイス間の相互接続機能を提供します。拡張ボードと 8 個のターゲット・デバイスを接続する 8 本のケーブルが付属しています(JTAG または Spy-Bi-Wire コネクタ経由)。プログラミングは、PC を使用しても、スタンドアロン・デバイスとしても行うことができます。DLL ベースのPC 側グラフィカル・ユーザー・インターフェイスも使用可能です。

特長
  • 以前のバージョンの GANG プログラマである MSP-GANG430 に比べて 3 倍の速度
  • RS-232 または USB インターフェイスを経由して、フラッシュ・ベースまたは FRAM ベースの MSP デバイスに迅速かつ信頼性の高い方法でプログラム
  • 数種類のプログラミング・モード:
    • 対話モード - PC に接続した状態で、MSP GANG プログラマの GUI を使用してプログラミング
    • イメージからのプログラミング - 構成オプションとコード・ファイルを収録しているイメージを保存することが可能。この場合は、ユーザーは PC を使用しないスタンドアロンで MSP デバイスにプログラミングすることが可能
    • スクリプトからのプログラミング - より複雑なプログラミング手順の自動化が可能。
  • 設定、プログラミングおよび量産テストのための直観的にわかりやすい GUI
  • イメージ保存用の SD カード・スロット
  • PC なしでも簡単にプログラミングできる LCD 画面
  • 同時に 8 個のターゲットに対応
  • 現在および将来の MSP430 デバイスをすべてサポート

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGC) 64 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示