トップ

製品の詳細

パラメータ

詳細を表示できません。製品の データシートを参照してください。

特長

  • High-Performance, Low-Power, Fixed-Point TMS320C55x™ Digital Signal Processor (DSP)
    • 5-ns Instruction Cycle Time
    • 200-MHz Clock Rate
    • One/Two Instructions Executed per Cycle
    • Dual Multipliers [Up to 400 Million Multiply-Accumulates Per Second (MMACS)]
    • Two Arithmetic/Logic Units
    • One Internal Program Bus
    • Three Internal Data/Operand Read Buses
    • Two Internal Data/Operand Write Buses
  • Instruction Cache (24K Bytes)
  • 160K x 16-Bit On-Chip RAM Composed of:
    • Eight Blocks of 4K × 16-Bit Dual-Access RAM (DARAM) (64K Bytes)
    • 32 Blocks of 4K × 16-Bit Single-Access RAM (SARAM) (256K Bytes)
  • 16K × 16-Bit On-Chip ROM (32K Bytes)
  • 8M × 16-Bit Maximum Addressable External Memory Space
  • 32-Bit External Memory Interface (EMIF) With Glueless Interface to:
    • Asynchronous Static RAM (SRAM)
    • Asynchronous EPROM
    • Synchronous DRAM (SDRAM)
  • Programmable Low-Power Control of Six Device Functional Domains
  • On-Chip Peripherals
    • Two 20-Bit Timers
    • Six-Channel Direct Memory Access (DMA) Controller
    • Three Multichannel Buffered Serial Ports (McBSPs)
    • 16-Bit Parallel Enhanced Host-Port Interface (EHPI)
    • Programmable Digital Phase-Locked Loop (DPLL) Clock Generator
    • Eight General-Purpose I/O (GPIO) Pins and Dedicated General-Purpose Output (XF)
  • On-Chip Scan-Based Emulation Logic
  • IEEE Std 1149.1 (JTAG) Boundary Scan Logic
  • 205-Terminal MicroStar BGA™ (Ball Grid Array) (ZPH Suffix)
  • 2.7-V - 3.6-V I/O Supply Voltage
  • 1.6-V Core Supply Voltage

TMS320C55x and MicroStar BGA are trademarks of Texas Instruments.
Other trademarks are the property of their respective owners.
IEEE Standard 1149.1-1990 Standard-Test-Access Port and Boundary Scan Architecture.
C55x, eXpressDSP, Code Composer Studio, DSP/BIOS, TMS320, RTDX, and XDS510 are trademarks of Texas Instruments.

open-in-new その他の C5000 低消費電力 DSP

概要

The SM320VC5510AZPH fixed-point digital signal processor (DSP) is based on the TMS320C55x DSP generation CPU processor core. The C55x™ DSP architecture achieves high performance and low power through increased parallelism and total focus on reduction in power dissipation. The CPU supports an internal bus structure composed of one program bus, three data read buses, two data write buses, and additional buses dedicated to peripheral and DMA activity. These buses provide the ability to perform up to three data reads and two data writes in a single cycle. In parallel, the DMA controller can perform up to two data transfers per cycle independent of the CPU activity.

The C55x CPU provides two multiply-accumulate (MAC) units, each capable of 17-bit × 17-bit multiplication in a single cycle. A central 40-bit arithmetic/logic unit (ALU) is supported by an additional 16-bit ALU. Use of the ALUs is under instruction set control, providing the ability to optimize parallel activity and power consumption. These resources are managed in the address unit (AU) and data unit (DU) of the C55x CPU.

The C55x™ DSP generation supports a variable byte width instruction set for improved code density. The instruction unit (IU) performs 32-bit program fetches from internal or external memory and queues instructions for the program unit (PU). The program unit decodes the instructions, directs tasks to AU and DU resources, and manages the fully protected pipeline. Predictive branching capability avoids pipeline flushes on execution of conditional instructions. The 5510ZPH also includes a 24K-byte instruction cache to minimize external memory accesses, improving data throughput and conserving system power.

The 5510ZPH peripheral set includes an external memory interface (EMIF) that provides glueless access to asynchronous memories like EPROM and SRAM, as well as to high-speed, high-density memories such as synchronous DRAM. Three full-duplex multichannel buffered serial ports (McBSPs) provide glueless interface to a variety of industry-standard serial devices, and multichannel communication with up to 128 separately enabled channels. The enhanced host-port interface (EHPI) is a 16-bit parallel interface used to provide host processor access to internal memory on the 5510ZPH. The EHPI will operate in multiplex mode only. The DMA controller provides data movement for six independent channel contexts without CPU intervention, providing DMA throughput of up to two 16-bit words per cycle. Two general-purpose timers, eight general-purpose I/O (GPIO) pins, and digital phase-locked loop (DPLL) clock generation are also included.

The 5510ZPH is supported by the industry’s leading eXpressDSP™ software environment including the Code Composer Studio™ integrated development environment, DSP/BIOS™ software kernel foundation, the TMS320™ DSP Algorithm Standard, and the industry’s largest third-party network. Code Composer Studio features code generation tools including a C-Compiler, Visual Linker, simulator, Real-Time Data Exchange (RTDX™), XDS510™ emulation device drivers, and Chip Support Libraries (CSL). DSP/BIOS is a scalable real-time software foundation available for no cost to users of Texas Instruments’ DSP products providing a pre-emptive task scheduler and real-time analysis capabilities with very low memory and megahertz overhead. The TMS320 DSP Algorithm Standard is a specification of coding conventions allowing fast integration of algorithms from different teams, sites, or third parties into the application framework. Texas Instruments’ extensive DSP third-party network of over 400 providers brings focused competencies and complete solutions to customers.

Texas Instruments (TI) has also developed foundation software available for the 5510ZPH. The C55x DSP Library (DSPLIB) features over 50 C-callable software kernels (FIR/IIR filters, Fast Fourier Transforms (FFTs), and various computational functions). The DSP Image/Video Processing Library (IMGLIB) contains over 20 software kernels highly optimized for C55x DSPs and is compiled with the latest revision of the C55x DSP code generation tools. These imaging functions support a wide range of applications that include compression, video processing, machine vision, and medical imaging.

The TMS320C55x DSP core was created with an open architecture that allows the addition of application-specific hardware to boost performance on specific algorithms. The hardware extensions on the 5510ZPH strike the perfect balance of fixed function performance with programmable flexibility, while achieving low-power consumption, and cost that traditionally has been difficult to find in the video-processor market. The extensions allow the 5510ZPH to deliver exceptional video codec performance with more than half its bandwidth available for performing additional functions such as color space conversion, user-interface operations, security, TCP/IP, voice recognition, and text-to-speech conversion. As a result, a single 5510ZPH DSP can power most portable digital video applications with processing headroom to spare. For more information, see the TMS320C55x Hardware Extensions for Image/Video Applications Programmer’s Reference (literature number SPRU098). For more information on using the the DSP Image Processing Library, see the TMS320C55x Image/Video Processing Library Programmer’s Reference (literature number SPRU037).

open-in-new その他の C5000 低消費電力 DSP
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 1
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート SM320VC5510A-HiRel Fixed-Point Digital Signal Processor データシート 2010年 4月 27日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ソフトウェア開発

デバッグ・プローブ ダウンロード
XDS100v2 USB JTAG エミュレータ(14 ピン TI コネクタ)
TMDSEMU100V2U-14T Spectrum Digital XDS100v2 は、TI のプロセッサを対象とする XDS100 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの第 2 世代です。XDS100 ファミリには、すべての XDS デバッグ・プローブ・ファミリの中でコストが最小で、従来型の JTAG 規格(IEEE1149.1)もサポートしています。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

注:cJTAG(IEEE1149.7)互換のデバッグ・プローブには XDS100v3 というラベルが付いており、選択したサード・パーティーから入手できます。CC26xx、CC2538、CC13xx いずれかのデバイスをデバッグする場合は、cJTAG が必須です。

Spectrum Digital XDS100v2 は、TI 14 ピン・コネクタとホスト側の USB 2.0 (...)

特長

XDS100v2 は、TI のプロセッサを対象とする低コストの JTAG 搭載 XDS100 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの第 2 世代です。フル機能の JTAG コネクティビティ機能を低コストで提供する XDS100 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスをデバッグするエントリレベルの製品ファミリです。

XDS100v2 は、JTAG デバッグ・ポートを搭載し、TI のすべてのデバイスをサポートする初の XDS100 ファミリで、従来の XDS100v1 技術を代替します。また、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP デバイスで、コア・トレースとシステム・トレースのいずれもサポートしています。

各種 JTAG ヘッダーが市販されるようになっていることから、XDS100 ファミリは TI 14 ピン、TI 20 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンの各コネクタを実装したモデルを採用しました。一部のモデルでは、フレキシビリティを高めるために、デュアル・コネクタを実装しています。

XDS100 ファミリは、従来型の IEEE1149.1(JTAG)と IEEE1149.7(cJTAG)をサポートしており、+1.8V と 3.3V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでも利用可能です。cJTAG をサポートしているのは、低コストの JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの 3 番目の派生製品である XDS100v3 のみです。XDS100v3 デバッグ・プローブは、TI サード・パーティーから入手できます。

すべての (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS200 USB エミュレータ
TMDSEMU200-U Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 (...)

295
特長

XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリです。高い性能と一般的な機能を搭載した低コスト XDS100 と高性能 XDS560v2 の中間に位置する XDS200 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスのデバッグのためのバランス重視のソリューションを提供します。

XDS200 は、販売開始から長い年月が経過している「XDS510」JTAG デバッガ・ファミリに比べ、データ・スループットが高いほか、ARM シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しており、コスト低減を可能にします。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、すべての XDS200 派生製品は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。この製品に加えて、すべての派生製品は、TI と ARM の標準的な JTAG ヘッダーに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタも採用しています(付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS200 は、従来型の IEEE1149.1(JTAG)、IEEE1149.7(cJTAG)、ARM のシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)をサポートしており、+1.5V ~ 4.1V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とは、同じく 2 本のピンを使用して、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

すべての XDS200 モデルは、ホストへの接続のために、USB2.0 ハイスピード(480Mbps)をサポートしており、一部のモデルではイーサネット 10/100Mbps もサポートしています。また、一部のモデルではターゲット・ボードでの消費電力監視をサポートしています。

XDS200 ファミリには、TI の (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Blackhawk XDS560v2 システム・トレース USB エミュレータ
TMDSEMU560V2STM-U The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

995
特長

XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS560v2 システム・トレース USB およびイーサネット
TMDSEMU560V2STM-UE The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

1495
特長
  • XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

ドライバとライブラリ ダウンロード
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
Code Composer Studio IDE
CCSTUDIO

Code Composer Studio™ - 統合開発環境(IDE)

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

特長

プラットフォームごとの特長- 個別のプロセッサ・ファミリで利用できる機能の詳細をご確認ください。

 

Code Composer Studio は TI の幅広い組込みプロセッサ・ポートフォリオを包括的にサポートします。お探しのファミリに対応するリンクが上に表示されていない場合は、そのファミリのプロセッサ・コアが最も類似した製品のリンクを選択してください。


ダウンロード

  • Code Composer Studio の最新バージョンをダウンロード
  • 追加のダウンロード - 以前のバージョンを含む包括的なダウンロード・リストを利用するには、Code Composer Studio download site(英語)にアクセスしてください。
  • クラウド・ツール - TI のクラウド・ツールにアクセスするには、dev.ti.com をご利用ください。特定のデバイスに関連するリソース全般の参照や、デモ・アプリケーションの実行、さらに Code Composer Studio Cloud を使用した開発が可能です。

追加情報

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
BGA MICROSTAR (ZPH) 205 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ