トップ

製品の詳細

パラメータ

Supply voltage(s) (Nom) (V) 3.3 Number of TX 1 Number of RX 1 Duplex Full Signaling rate (Max) (Mbps) 50 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 12 HBM ESD (kV) 30 Fault protection (V) -13 to 16.5 Number of nodes 96 Common mode range -7 to 12 ICC (Max) (mA) 1.1 Features IEC ESD protection Isolated No Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 Approx. price (US$) 1.14 | 1ku open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9 open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

特長

  • 1/8 単位負荷のオプションを提供
    • バス上に最大 256 個のノード
  • バス I/O 保護
    • ±30kV を超える HBM 保護
    • ±12kV を超える IEC 61000-4-2 接触放電
    • ±4kV を超える IEC 61000-4-4 高速過渡バースト
  • 拡張産業用温度範囲:
    -40°C ~ 125°C
  • レシーバの大きなヒステリシス (70mV) によるノイズ除去
  • 低消費電力
    • 動作中の静止電流 1.1mA 未満
    • 低いスタンバイ時消費電流:標準値 10nA、
      最大値 5µA 未満
  • 電源オンおよび電源オフ時のグリッチ・フリー保護によりホットプラグ・アプリケーションに対応
  • 5V 許容のロジック入力、3.3V または 5V のコントローラと互換
  • 信号速度オプション:
    400kbps (70、71)、20Mbps (73、74)、50Mbps (76、77) に対して最適化

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

概要

これらのデバイスは、堅牢な 3.3V ドライバおよびレシーバと高レベルの ESD 保護を備えた全二重トランシーバ・ファミリとして、RS-485 ポートフォリオを拡張します。ESD 保護機能には、±30kV を超える HBM、±12kV を超える IEC61000-4-2 接触放電が含まれます。SN65HVD7x デバイスの大きなレシーバ・ヒステリシスは伝導差動ノイズに対する耐性を実現し、その広い温度範囲は過酷な動作環境での高い信頼性を可能にします。SN65HVD7x デバイスは、標準の SOIC パッケージに加えて、占有面積の小さい MSOP パッケージでも提供しています。

これらのデバイスはそれぞれ差動ドライバと差動レシーバを組み合わせたものであり、3.3V 単一電源で動作します。各ドライバおよびレシーバは、全二重バス通信設計用に、独立した入力および出力ピンを備えています。これらのデバイスはいずれも同相電圧範囲が広いため、長いケーブルを使用するマルチポイント・アプリケーションに適しています。

SN65HVD71、SN65HVD74、SN65HVD77 デバイスは、外部イネーブル・ピンなしで完全にイネーブルになります。

SN65HVD70、SN65HVD73、SN65HVD76 デバイスは、アクティブ HIGH のドライバ・イネーブルと、アクティブ LOW のレシーバ・イネーブルを備えています。ドライバとレシーバの両方をディセーブルにすると、5µA 未満の低いスタンバイ電流が得られます。

これらのデバイスは、–40°C~125°Cで動作が規定されています。

open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能およびピン配置は同じだが、同等ではない比較製品
THVD1451 アクティブ ±18kV IEC ESD 保護搭載 3.3V ~ 5V RS-485 トランシーバ Pin-to-pin device that offers integrated IEC ESD protection (18-kV contact discharge), IEC EFT (4-kV noise immunity), and extended common voltage range

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート SN65HVD7x 3.3V 電源、全二重 RS-485 トランシーバ、±12kV IEC ESD 保護付き データシート (Rev. G 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.G) 2019年 11月 14日
技術記事 Small doesn’t mean you compromise performance when implementing signal isolation 2017年 5月 25日
技術記事 Can you do two things at once? Full-duplex RS-485 transceivers can. 2014年 10月 10日
技術記事 Upgrading the standard: a better way to drive peripherals 2014年 6月 20日
ユーザー・ガイド RS-485 Full-Duplex EVM User’s Guide 2014年 6月 4日
技術記事 How Thunderbolt™ 2 enables 4k video resolution 2014年 4月 3日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要

The RS-485 full-duplex evaluation module (EVM) helps designers evaluate device performance, supporting fast development and analysis of data transmission systems using any of the SN65HVD147x, SN65HVD179x, SN65HVD3x, SN65HVD5x and SN65HVD7x full-duplex transceivers in a 14-pin D package.  The EVM (...)

特長
  • Enables evaluation of RS-485 full-duplex transceivers in standard 14-pin SOIC (D) package
  • Allows evaluation of performance over common-mode voltage
  • Flexible design for convenient evaluation of all standard RS-485 test circuits
  • 50-Ω termination on I/O pins for use with standard 50-Ω test equipment
  • Connect (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLLM245.ZIP (37 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
5V BiSS 位置エンコーダのインターフェイス
TIDA-00175 この TI Design は、位置エンコーダとロータリー・エンコーダ向けの BISS 標準に基づくハードウェア・インターフェイス・ソリューションを実装します。このリファレンス・デザインは、BiSS ポイント・ツー・ポイントと BiSS バス構成の両方をサポートします。構築ブロックとして、革新的なスマート eFuse テクノロジーを採用した 5V BiSS エンコーダ用の電源、ライン終端機能と EMC 保護機能の付いた堅牢な全二重 RS485 トランシーバが使用されています。補助電源と、I/O 電圧レベルを調整可能なロジック・レベル・インターフェイスが実装されており、 BiSS(または SSI)マスタ・プロトコル・スタックを実行する次段のマイコンや MPU に接続できます。このリファレンス・デザインは、包括的なテストにより、IEC61800-3 に基づく ESD、高速過度バースト、サージに関する EMC 耐性要件を満たしています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

One-Minute RS-485: Common Mode Voltage

A brief overview of common-mode voltage as a factor in RS-485 signaling.

投稿日: 02-Apr-2012
時間: 01:54

More Information on TI's RS-485 Portfolio

関連ビデオ