トップ

製品の詳細

パラメータ

Technology Family AVC Applications SPI, UART, JTAG Bits (#) 4 High input voltage (Min) (Vih) 0.78 High input voltage (Max) (Vih) 3.6 Output voltage (Min) (V) 1.2 Output voltage (Max) (V) 3.6 IOH (Max) (mA) -12 IOL (Max) (mA) 12 Rating Catalog open-in-new その他の 方向制御型電圧レベルシフタ

パッケージ|ピン|サイズ

TSSOP (PW) 16 22 mm² 4.4 x 5 UQFN (RSV) 16 5 mm² 2.6 x 1.8 VQFN (RGY) 16 14 mm² 4 x 3.5 open-in-new その他の 方向制御型電圧レベルシフタ

特長

  • Each Channel Has an Independent DIR Control Input
  • Control Inputs VIH/VIL Levels are Referenced to VCCA Voltage
  • Fully Configurable Dual-Rail Design Allows Each Port to Operate Over the Full 1.2-V to 3.6-V Power-Supply Range
  • I/Os are 4.6-V Tolerant
  • Ioff Supports Partial Power-Down-Mode Operation
  • Typical Data Rates
    • 380 Mbps (1.8-V to 3.3-V Translation)
    • 200 Mbps (<1.8-V to 3.3-V Translation)
    • 200 Mbps (Translate to 2.5 V or 1.8 V)
    • 150 Mbps (Translate to 1.5 V)
    • 100 Mbps (Translate to 1.2 V)
  • Latch-Up Performance Exceeds 100 mA Per JESD 78, Class II
  • ESD Protection Exceeds the Following Levels (Tested Per JESD 22)
    • ±8000-V Human-Body Model (A114-A)
    • 250-V Machine Model (A115-A)
    • ±1500-V Charged-Device Model (C101)

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 方向制御型電圧レベルシフタ

概要

This 4-bit noninverting bus transceiver uses two separate configurable power-supply rails. The A port is designed to track VCCA. VCCA accepts any supply voltage from 1.2 V to 3.6 V. The B port is designed to track VCCB. VCCB accepts any supply voltage from 1.2 to 3.6 V. The SN74AVC4T774 is optimized to operate with VCCA/VCCB set at 1.4 V to 3.6 V. It is operational with VCCA/VCCB as low as 1.2 V. This allows for universal low-voltage bi-directional translation between any of the 1.2-V, 1.5-V, 1.8-V, 2.5-V, and 3.3-V voltage nodes.

The SN74AVC4T774 is designed for asynchronous communication between data buses. The logic levels of the direction-control (DIR) input and the output-enable (OE) input activate either the B-port outputs or the A-port outputs or place both output ports in the high-impedance mode. The device transmits data from the A bus to the B bus when the B outputs are activated, and from the B bus to the A bus when the A outputs are activated. The input circuitry on both A and B ports is always active and must have a logic HIGH or LOW level applied to prevent excess ICC and ICCZ.

The SN74AVC4T774 is designed so that the control pins (DIR1, DIR2, DIR3, DIR4, and OE) are supplied by VCCA. This device is fully specified for partial-power-down applications using Ioff. The Ioff circuitry disables the outputs, preventing damaging current backflow through the device when it is powered down. The VCC isolation feature ensures that if either VCC input is at GND, then both ports are in the high-impedance state.

To ensure the high-impedance state during power-up or power-down, OE should be tied to VCCA through a pullup resistor; the minimum value of the resistor is determined by the current-sinking capability of the driver. Since this device has CMOS inputs, it is very important to not allow them to float. If the inputs are not driven to either a high VCC state, or a low-GND state, an undesirable larger than expected ICC current may result. Since the input voltage settlement is governed by many factors (for example, capacitance, board-layout, package inductance, surrounding conditions, and so forth), ensuring that they these inputs are kept out of erroneous switching states and tying them to either a high or a low level minimizes the leakage-current.

open-in-new その他の 方向制御型電圧レベルシフタ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 21
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート SN74AVC4T774 4-Bit Dual-Supply Bus Transceiver With Configurable Voltage-Level Shifting and 3-State Outputs With Independent Direction Control Inputs データシート 2017年 10月 2日
ソリューション・ガイド TI タブレット・ソリューション (Rev. D 翻訳版) 2020年 5月 19日
セレクション・ガイド Voltage translation buying guide 2019年 6月 13日
アプリケーション・ノート Low Voltage Translation for SPI, UART, RGMII, JTAG Interfaces 2019年 4月 2日
アプリケーション・ノート Applications of logic and translation in video doorbells 2019年 3月 19日
セレクション・ガイド Logic Guide 2017年 6月 12日
ホワイト・ペーパー Solving CMOS Transition Rate Issues Using Schmitt Trigger Solution 2017年 5月 1日
アプリケーション・ノート Understanding and Interpreting Standard-Logic Data Sheets 2015年 12月 2日
アプリケーション・ノート Voltage Translation Between 3.3-V, 2.5-V, 1.8-V, and 1.5-V Logic Standards 2015年 4月 30日
セレクション・ガイド ロジック・ガイド (Rev. AA 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.AB) 2014年 11月 6日
ユーザー・ガイド LOGIC Pocket Data Book 2007年 1月 16日
アプリケーション・ノート Semiconductor Packing Material Electrostatic Discharge (ESD) Protection 2004年 7月 8日
アプリケーション・ノート Voltage Translation Between 3.3-V, 2.5-V, 1.8-V, and 1.5-V Logic Standards 2004年 7月 8日
アプリケーション・ノート Selecting the Right Level Translation Solution 2004年 6月 22日
その他の技術資料 Logic Cross-Reference 2003年 10月 7日
その他の技術資料 LCD Module Interface Application Clip 2003年 5月 9日
ユーザー・ガイド AVC Advanced Very-Low-Voltage CMOS Logic Data Book, March 2000 2002年 8月 20日
その他の技術資料 Standard Linear & Logic for PCs, Servers & Motherboards 2002年 6月 13日
アプリケーション・ノート 16-Bit Widebus Logic Families in 56-Ball, 0.65-mm Pitch Very Thin Fine-Pitch BGA 2002年 5月 22日
アプリケーション・ノート Dynamic Output Control (DOC) Circuitry Technology And Applications 1999年 7月 7日
アプリケーション・ノート AVC Logic Family Technology and Applications 1998年 8月 26日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$10.00
概要
This EVM is designed to support any logic device that has a D, DW, DB, NS, PW, P, N, or DGV package in a 14 to 24 pin count.
特長
  • Board design allows for versatility in evaluation
  • Supports a wide-range of logic devices
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$20.00
概要

BOOST-CC2564MODA ブースタパック・ボードは、アンテナ内蔵デュアル・モード Bluetooth® CC2564 モジュール(CC2564MODA)の評価と設計を可能にします。  CC2564MODA モジュールは、TI のデュアル・モード Bluetooth® CC2564B コントローラをベースとしており、設計の手間の軽減と、製品開発期間の短縮を可能にします。CC2564MODA モジュールは、送信電力と受信感度でクラス最高の RF 性能を実現し、他の BLE 専用ソリューションに比べてカバー範囲をほぼ 2 倍に増やします。

包括的な評価ソリューションのため、BOOST-CC2564MODA ボードを、MSP-EXP432P401R、CC3200AUDBOOST、CC31XXEMUBOOST などの TI ローンチパッドとブースタパックに直接差し込むことができます。さらに、MSP430 と MSP432 マイコンで、認定取得済みでロイヤリティ・フリーの TI Bluetooth スタック(TIBLUETOOTHSTACK-SDK)を使用できます。

特長
  • デュアル・モード(Bluetooth と Bluetooth Low Energy) Bluetooth 仕様 v4.1

  • アプリケーションですぐに使用できるように、CC2564MODA にアンテナを内蔵

  • 認定取得済みでロイヤルティ・フリーの TI Bluetooth Stack は、FCC、IC、CE の認定取得済みで、導入ガイド、デモ、UART、PCM/I2S のインターフェイスを付属

  • クラス 1.5 の送信電力(+10dBm)と高感度(-93dBm 代表値)

  • ブースタパックのコネクタは、以下の TI ローンチパッドやブースタパックとの互換性を確保:

    • MSP-EXP432P401R

    • CC3200AUDBOOST

    • CC31XXEMUBOOST

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$19.99
概要

The CC2564MODAEM evaluation board contains the Bluetooth BR/EDR/LE HCI solution. Based on TI's CC2564B dual-mode Bluetooth single-chip device, the bCC2564MODA is intended for evaluation and design purposes, reducing design effort and enabling fast time to market.


For a complete evaluation solution (...)

特長
  • Dual-mode (Bluetooth & Bluetooth low energy ) Bluetooth Specification v4.1
  • Integrated antenna on CC2564MODA for ready-to-use application
  • The device is FCC, IC, CE certified with a certified and royalty-free TI Bluetooth Stack, getting started guide, demos, and UART and PCM/I2S Interface
  • Class 1.5 (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$19.99
概要

CC2564MODNEM 評価基板は CC2564MODN デバイスを採用しており、評価と設計の目的を意図しています。

包括的な評価ソリューションを実現するために、CC2564MODNEM 基板を TI の次の各ハードウェア開発キットに直接接続することができます。MSP-EXP430F5529MSP-EXP430F5438DK-TM4C129X、および TI の他のマイコン (MCU) 向けキット。 認定取得済みかつロイヤリティ・フリーの TI の Bluetooth® Stack を、MSP430™ マイコン (CC256XMSPBTBLESW)、TM4C12x マイコン (CC256XM4BTBLESW)、および他のマイコン (CC256XSTBTBLESW) で使用することができます。

CC2564MODNEM ハードウェア設計ファイル (回路図、レイアウト、BOM) がリファレンスとして公開済みであり、CC2564MODN デバイスの実装に役立ちます。

CC2564MODN デバイスは、TI の CC2564B デュアル・モード (...)

特長
  • CC2564MODN デバイスは、QFM (MOE) パッケージを採用
  • Bluetooth 仕様 v4.1
  • デュアル・モード:Bluetooth と Bluetooth Low Energy
  • FCC、IC、CE 認証取得済み
  • Class 1.5 送信電力 (10dBm)
  • 優れた感度 (-93dBm の代表値)
  • UART インターフェイス:制御とデータ
  • PCM/I2S インターフェイス:音声とオーディオ
  • 4 層 PCB のデザイン
  • 1.8V LDO レギュレータ (LP2985-18)
  • 3 つの電圧に対応するレベル・シフタ (SN74AVC4T774)
  • チップ・アンテナ (LTA-5320-2G4S3-A1) と RF コネクタ (U.FL-R-SMT-1)
  • TI の以下のハードウェア開発キットに直接接続できる複数の EM コネクタ:
  • COM コネクタ
  • 認定取得済みかつロイヤリティ・フリーの TI Bluetooth Stack
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$59.00
概要

最初にご覧ください: 日本でのご使用にあたっての注意(法規制に関して)

この評価モジュール・ボードでは、TI の CC256x Bluetooth ソリューション向けリファレンス・デザインが使用されています。CC256x Bluetooth ソリューションは、Bluetooth クラシックと Bluetooth Low Energy、または ANT をサポート可能です。

CC256x Main Wiki ページ(英語)で、このリファレンス・デザインの実装をサポートする回路図、レイアウト、部品表(BOM)、ガーバー・ファイルを入手できます。

CC256x QFN EM ボードは評価用で、MSP-EXP430F5529、MSP-EXP430F5438、 EK-LM4F232 などの TI のハードウェア開発キットとの組み合わせにより動作します。

TI の CC256x Bluetooth デバイスは包括的な BR/EDR/LE HCI ソリューションで、設計の手間の低減と開発期間の短縮を可能にします。このデバイスは TI の第 7 世代コアをベースとしており、4.0 デュアル・モード(BR/EDR/LE)プロトコルをサポートする実証済みのソリューションを提供します。

特長
  • Bluetooth 仕様 v4.0
  • デュアル・モード - Bluetooth と Bluetooth Low Energy、または ANT
  • StoneStreet One Bluetopia スタックに、多くのプロファイルを同梱
  • Audio Profiles(オーディオ・プロファイル)などのその他のプロファイルについては、依頼に応じて提供可能
  • FCC、IC、CE 認証取得済み
  • 高感度(代表値 -93dBm)
  • UART インターフェイス
  • 4 層 PCB 設計
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

DLP® LightCrafter Display 4710 EVM-G2 は、フル HD の DLP4710 チップセット向けの使いやすいプラグ・アンド・プレイ形式の評価プラットフォームです。DLP4710 チップセットは、モバイル・プロジェクタ(バッテリ電源と AC 電源)、インタラクティブ・ディスプレイ、ヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)などのウェアラブル製品など、多様なディスプレイ・アプリケーションで使用されます。DLP4710 チップセットは、DLP4710(0.47 インチ 1080p)フル HD DMD、DLPC3439 ディスプレイ・コントローラ、DLPA3005 PMIC / LED ドライバで構成されています。生産対応済み光学エンジンを搭載したこの評価モジュールは、高い解像度(フル HD)、輝度、プログラマビリティを小型フォーム・ファクタで実現します。

DLPDLCR4710EVM-G2 ツールには、ボード、光学エンジン、DMD、フレックス、LED ケーブルが付属しており、最大 16A の LED 電流を供給します。

 

特長
  • DLP4710、DLP 0.47 インチ 1080p HD DMD
  • DLPC3439、DLP4710 DMD 向けデジタル・コントローラ
  • DLPA3005、DLP4710 DMD と DLPC3439 コントローラ向け PMIC / LED ドライバ
  • 生産対応済み YoungOptics 製 RGB LED 光学エンジン
  • DLP4710、DLPC3439 の構成とサポート・ファームウェア
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要

To get started:

Step 1: Hardware
Order TAS2557EVM evaluation board & PP-SALB2-EVM learning board

Step 2: Software
Request PurePath Console 3 (PPC3) control GUI, be sure to indicate you are working with the TAS2557EVM

Step 3: Training
Review training video for speaker characterization and Smart amp tuning (...)

特長
  • TAS2557 5.7W Class-D Audio Amplifier with Class-H Boost and IV Sense
  • Reference speaker
  • SPI or I2C control interface
  • Onboard USB interface and cable for connection to PC with a Microsoft Windows 7+ operating system
  • Access to TAS2555 app for PurePath Console 3
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$249.00
概要
To get started:

Step 1: Hardware
Order TAS2559EVM evaluation boardPP-SALB2-EVM learning board

Step 2: Software
Request PurePath Console 3 (PPC3) control GUI, be sure to indicate you are working with the TAS2559EVM

Step 3: Training
Review training video for speaker characterization and Smart amp tuning (...)
特長
  • Two reference speakers
  • Stereo and mono modes SPI or I2C control interface
  • On board USB interface and cable for connection to PC with a Microsoft Windows 7+ operating system
  • Access to TAS2555 App for PurePath Console 3
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要
To get started:

Step 1: Hardware
Order TAS2560EVM evaluation boardPP-SALB2-EVM learning board

Step 2: Software
Request PurePath Console 3 (PPC3) control GUI, be sure to indicate you are working with the TAS2560EVM

Step 3: Training
Review training video for speaker characterization and Smart amp tuning (...)
特長
  • TAS2560 5.7W Class-D Audio Amplifier w/ IV Sense
  • USB cable for control and digital audio input
  • PurePath console 3 software access
  • Stereo capable when connecting two TAS2560 evaluation modules
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要
TAS2770EVM は、簡単に使用できるモノラル評価モジュールをデベロッパーに提供します。この評価モジュールは、ステレオ・ソリューション、またはマルチチャネル・ソリューションとして構成することもできます。これは、IV センスを有効または無効にして、TAS2770 のステレオ実装とモノラル実装を評価するための強力なツール・キットです。TAS2770 の評価に必要なものすべてが揃っています。スピーカ保護のアルゴリズムと処理を実現するために、TAS2559YZEVM に接続すると、ステレオまたはモノラルのスピーカ保護ソリューションを評価できます。このアルゴリズムの制御とチューニングを実行するには、PPC3 を使用します。TAS2559YZEVM と PPC3 アドインは付属していないので、別途注文する必要があります。
特長
  • ステレオまたはモノラル評価モードの USB 入力
  • 最大 8 枚のボードに接続
  • スピーカ保護機能を評価するための TAS2559YZEVM 向けインターフェイス
  • TAS2770 向けの PurePath Console 3 アドインにアクセス可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要
TAS2770EVM-Stereo はデベロッパー向けの、ステレオ・ソリューションとして事前構成済みの使いやすい評価モジュールです。IV センスを有効または無効にし、TAS2770 のステレオ実装またはモノラル実装を評価できます。従来型アンプとして TAS2770 を評価するために必要なものをすべて提供します。TAS2559YZEVM を接続し、スピーカ保護のアルゴリズムと処理を実施することにより、ステレオまたはモノラルのスピーカ保護ソリューションを評価できます。このアルゴリズムの制御とチューニングには PPC3 を使用します。TAS2559YZEVM と PPC3 アドインは付属していないため、別途注文する必要があります。
特長
  • ステレオまたはモノラルの評価モード
  • USB 入力
  • IV センス評価モジュール
  • スピーカ保護機能評価のための TAS2559YZEVM へのインターフェイス
  • TAS2770 PurePath Console 3 アドインにアクセス可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要
The TAS2770YFFEVM provides developers with a simple to use mono evaluation module that can be configured as a stereo solution and as a multi-channel solution. It is powerful tool kit for assessing stereo and mono implementations of the TAS2770 with or without IV sense. Everything needed for (...)
特長
  • Stereo or Mono evaluation mode
  • USB input
  • Connect up to eight boards
  • Interface to TAS2559YZEVM for speaker protection evaluation
  • Access to TAS2770 add-in PurePath Console 3

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SCEM539.ZIP (63 KB) - IBIS Model

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 SN74AVC4T774 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 16 オプションの表示
UQFN (RSV) 16 オプションの表示
VQFN (RGY) 16 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ