トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of I/Os 16 Features Configuration registers, Interrupt pin, Reset pin VCC (Min) (V) 1.65 VCC (Max) (V) 3.6 Addresses 4 Rating Automotive Frequency (Max) (kHz) 400 Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の I2C 汎用 I/Os(GPIOs)

パッケージ|ピン|サイズ

TSSOP (PW) 24 34 mm² 7.7 x 4.4 open-in-new その他の I2C 汎用 I/Os(GPIOs)

特長

  • 車載アプリケーションに対応
  • I2Cからパラレル・ポートへのエクスパンダ
  • オープン・ドレインのアクティブLOW割り込み出力
  • アクティブLOWのリセット入力
  • 5V許容の入力および出力ポート
  • ほとんどのマイクロコントローラと互換
  • 400kHzのFast I2Cバス
  • 極性反転レジスタ
  • 内部パワー・オン・リセット
  • 電源オン時のグリッチなし
  • 2本のハードウェア・アドレス・ピンにより、4つまでのデバイスをアドレス指定可能
  • ラッチ付き出力によりLEDを直接駆動
  • JESD 78、クラスII準拠で100mA超のラッチアップ性能
  • JESD 22を超えるESD保護
    • 2000V、人体モデル(A114-A)
    • 1000V、荷電デバイス・モデル(C101)

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の I2C 汎用 I/Os(GPIOs)

概要

TCA9539-Q1は24ピンのデバイスであり、2線式双方向I2Cバス(またはSMBusプロトコル)の16ビット汎用パラレル入出力(I/O)拡張機能として使用できます。本デバイスは、1.65V~3.6Vの電源電圧(VCC)範囲で動作でき、100kHz (I2C Standardモード)と400kHz (I2C Fastモード)のクロック周波数をサポートしています。TCA9539-Q1をはじめとするI/Oエクスパンダは、スイッチ、センサ、押しボタン、LED、ファン、その他の類似デバイス用にI/Oを追加する必要がある場合に簡単なソリューションとして使用できます。

TCA9539-Q1は、入力ポートの状態が変化するたびにINTピンに割り込みを生成できます。A0およびA1ハードウェア選択アドレス・ピンにより、最大4つのTCA9539-Q1デバイスを同じI2Cバスに接続できます。本デバイスは、電源を一度オフにし再びオンにして、パワー・オン・リセットを実行することで、デフォルト状態にリセットできます。またTCA9539-Q1は、デバイスをデフォルト状態にリセットするために使用できるハードウェアRESETピンも備えています。

TCA9539-Q1 I2C I/Oエクスパンダは、車載用途に認定済みです。

open-in-new その他の I2C 汎用 I/Os(GPIOs)
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TCA9539-Q1 割り込み出力、リセット・ピン、構成レジスタを搭載した低電圧16ビットI2C/SMBus低消費電力I/Oエクスパンダ データシート (Rev. C 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.C) 2019年 1月 14日
アプリケーション・ノート I2C Dynamic Addressing 2019年 4月 25日
アプリケーション・ノート AR without a name 2016年 9月 7日
アプリケーション・ノート Understanding the I2C Bus 2015年 6月 30日
アプリケーション・ノート Maximum Allowed Frequency on I2C Bus Using Repeaters 2015年 5月 15日
アプリケーション・ノート I2C Bus Pull-Up Resistor Calculation 2015年 2月 13日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要

IO エクスパンダ評価モジュールは、TI の SMBus と I2C IO エクスパンダ・ラインの評価を可能にします。TCA6424ATCA9539 が基板に組み込まれており、24 ピンの TSSOP フットプリントは TCA6408ATCA6416ATCA9534TCA9534ATCA9535TCA9538TCA9554TCA9554ATCA9555 をサポートしています。

特長
  • LED または ヘッダへの取り出しによる IO エクスパンダの評価
  • オンボードのプッシュ・ボタン・スイッチによる入力評価
  • 各 IO エクスパンダに必要な機能を含むサンプル・コード

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SCPM025.ZIP (98 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード 設計ツール ダウンロード
I2C designer tool
I2C-DESIGNER — I2C Designer ツールを使用すると、I2C ベースの設計で、アドレッシング、電圧レベル、周波数に関する競合を迅速に解決できます。マスター入力とスレーブ入力に関する指定を行い、I2C ツリーを自動的に生成すること、またはカスタム・ソリューションを構築することができます。設計者の皆様はこのツールを使用すると、時間を節約できます。また、Ack (確認応答) の欠落に対するデバッグ、プルアップ抵抗の選定、I2C バス上での最大静電容量負荷の準拠に関するガイドラインを参照し、I2C 規格に準拠することもできます。
特長
  • GUI ベースの Web アプリケーション
  • エクスポート可能な設計
  • JSON ファイル・アップローダー
  • 部品表 (BOM) 生成機能

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
TIDEP-01017
TIDEP-01017 このカスケード開発キットには、以下のような 2 つの主な使用事例があります。
  1. MMWCAS-DSP-EVM をキャプチャ・カードとして使用し、mmWave studio ツールと組み合わせて AWR2243 の 4 チップ・カスケード性能を包括的に評価するには、『TIDEP-01012 design guide』 (英語) をお読みください。
  2. MMWCAS-DSP-EVM を使用してレーダーのリアルタイム SW アプリケーションを開発するには、『TIDEP-01017 design guide』 (英語) をお読みください。

このリファレンス・デザインは、カスケード接続した画像処理レーダー・システムに関する処理の基礎を示します。カスケード接続した複数のレーダー・デバイスは、前方の長距離(LRR)ビーム成形アプリケーションに加えて、コーナーおよび側面のカスケード接続したレーダーやセンサ・フュージョン・システムにも対応できます。このリファレンス・デザインは、ADAS アプリケーションの開発とテストに適した、機能するソフトウェア評価プラットフォームを製作するための材料を、認定を受けたデベロッパーに提供します。このデザインは、複数の車載レーダー・フロント・エンド・サブシステムとアンテナ・サブシステムをサポートする基本プラットフォームの開発期間短縮に貢献します。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
オートモーティブ認証済み 16 ビット、ロータリー直交デコーダ、リファレンス・デザイン
TIDA-00580 People prefer to use knobs over touchscreens in many situations.  This solution minimizes the required connections to a microcontroller to monitor a rotary quadrature encoder's direction and distance of rotation.
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
オートモーティブ車体制御モジュール・ドライバ、リファレンス・デザイン
TIDA-00296 TIDA-00296 は、ハイサイドおよびローサイド向けの TI 製リレー・ドライバ、モーター・ドライバ、負荷ドライバの特性を明確にするリファレンス・デザインです。このデザインで使用する負荷(ドア・ロック、パワー・ウィンドウ、シート・ヒーター、HVAC(暖房、換気、空調)、ランプ、LED)は、BCM(ボディ・コントロール・モジュール)が駆動できる多様な負荷を示し、TI のソリューションがそれらの分野にどのような形で適用できるかを明らかにする目的で選択したものです。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 24 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

TI Precision Labs - I2C: Buffers Overview

This section of the TI Precision Labs - I2C series will introduce the theory of operation of I2C buffer devices and how they can be used to re-drive signals.

投稿日: 18-Jan-2019
時間: 05:13

関連ビデオ