製品の詳細

Protocols CAN, CAN FD Number of channels (#) 1 Supply voltage (V) 4.5 to 5.5 Bus fault voltage (V) -70 to 70 Signaling rate (Max) (Mbps) 5 Rating Automotive Operating temperature range (C) -55 to 125 Low power mode Standby Common mode voltage (V) -30 to 30 Isolated No
Protocols CAN, CAN FD Number of channels (#) 1 Supply voltage (V) 4.5 to 5.5 Bus fault voltage (V) -70 to 70 Signaling rate (Max) (Mbps) 5 Rating Automotive Operating temperature range (C) -55 to 125 Low power mode Standby Common mode voltage (V) -30 to 30 Isolated No
SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 VSON (DRB) 8 9 mm² 3 x 3
  • 車載アプリケーション用にAEC Q100認定済み
    • 温度グレード 1:-40°C~+125°C、TA
    • デバイスHBM分類レベル: ±16kV
    • デバイス CDM 分類レベル:±1500V
  • ISO 11898-2:2016 および ISO 11898-5:2007 の物理レイヤ標準に適合
  • 「ターボ」CAN
    • すべてのデバイスが Classic CAN および 2Mbps CAN FD (可変データ・レート) をサポートし、「G」オプションは 5Mbps をサポート
    • 短く対称的な遅延時間と高速なループ時間により、タイミング・マージンが拡大
    • 負荷のあるCANネットワークでより高いデータレートを実現
  • 3.3V および 5V の MCU をサポートする I/O 電圧範囲
  • 無電源時の理想的なパッシブ動作
    • バスおよびロジック端子は高インピーダンス (無負荷)
    • 電源オン/電源オフ時にバスおよび RXD 出力はグリッチ・フリーで動作
  • 保護機能
    • IEC ESD 保護:±15kV まで
    • バス・フォルト保護:±58V (H バージョン以外) および ±70V (H バージョン)
    • VCC および VIO (V バージョンのみ) 電源端子の低電圧保護
    • ドライバ優先タイムアウト (TXD DTO):データ・レートを 10kbps に低下
    • サーマル・シャットダウン保護機能(TSD)
  • レシーバの同相入力電圧: ±30V
  • 標準ループ遅延: 110ns
  • 接合部温度範囲: -55℃~150℃
  • 自動光学的検査 (AOI) で検査しやすい SOIC(8) パッケージとリードレス VSON(8) パッケージ (3.0mm x 3.0mm) で供給
  • 車載アプリケーション用にAEC Q100認定済み
    • 温度グレード 1:-40°C~+125°C、TA
    • デバイスHBM分類レベル: ±16kV
    • デバイス CDM 分類レベル:±1500V
  • ISO 11898-2:2016 および ISO 11898-5:2007 の物理レイヤ標準に適合
  • 「ターボ」CAN
    • すべてのデバイスが Classic CAN および 2Mbps CAN FD (可変データ・レート) をサポートし、「G」オプションは 5Mbps をサポート
    • 短く対称的な遅延時間と高速なループ時間により、タイミング・マージンが拡大
    • 負荷のあるCANネットワークでより高いデータレートを実現
  • 3.3V および 5V の MCU をサポートする I/O 電圧範囲
  • 無電源時の理想的なパッシブ動作
    • バスおよびロジック端子は高インピーダンス (無負荷)
    • 電源オン/電源オフ時にバスおよび RXD 出力はグリッチ・フリーで動作
  • 保護機能
    • IEC ESD 保護:±15kV まで
    • バス・フォルト保護:±58V (H バージョン以外) および ±70V (H バージョン)
    • VCC および VIO (V バージョンのみ) 電源端子の低電圧保護
    • ドライバ優先タイムアウト (TXD DTO):データ・レートを 10kbps に低下
    • サーマル・シャットダウン保護機能(TSD)
  • レシーバの同相入力電圧: ±30V
  • 標準ループ遅延: 110ns
  • 接合部温度範囲: -55℃~150℃
  • 自動光学的検査 (AOI) で検査しやすい SOIC(8) パッケージとリードレス VSON(8) パッケージ (3.0mm x 3.0mm) で供給

この CAN トランシーバ・ファミリは、ISO11898-2 (2016) 高速 CAN (コントローラ・エリア・ネットワーク) の物理層規格に適合しています。すべてのデバイスが、最大 2Mbps (メガビット/秒) の CAN FD ネットワークで使用するよう設計されています。型番に「G」接尾辞が含まれているデバイスは最大 5Mbps のデータ・レート用に設計されており、「V」付きのバージョンには I/O レベル用のセカンダリ電源入力があり、入力ピンのスレッショルドと RXD 出力レベルがシフトされます。このファミリは、リモート・ウェイク要求機能により、スタンバイ・モードで低い消費電力を実現しています。 さらに、デバイスとネットワークの堅牢性の強化のため、すべてのデバイスに多くの保護機能が組み込まれています。

この CAN トランシーバ・ファミリは、ISO11898-2 (2016) 高速 CAN (コントローラ・エリア・ネットワーク) の物理層規格に適合しています。すべてのデバイスが、最大 2Mbps (メガビット/秒) の CAN FD ネットワークで使用するよう設計されています。型番に「G」接尾辞が含まれているデバイスは最大 5Mbps のデータ・レート用に設計されており、「V」付きのバージョンには I/O レベル用のセカンダリ電源入力があり、入力ピンのスレッショルドと RXD 出力レベルがシフトされます。このファミリは、リモート・ウェイク要求機能により、スタンバイ・モードで低い消費電力を実現しています。 さらに、デバイスとネットワークの堅牢性の強化のため、すべてのデバイスに多くの保護機能が組み込まれています。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
3 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TCAN1042-Q1 車載用 CAN トランシーバ、フォルト保護、CAN FD 付き データシート (Rev. C 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.C) 2019年 5月 3日
ユーザー・ガイド TCAN Evaluation Module User's Guide (Rev. A) 2021年 3月 16日
機能安全情報 TCAN1042-Q1 Functional Safety, FIT Rate, Failure Mode Distribution and Pin FMA 2020年 6月 11日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

AWR1243BOOST — AWR1243 76GHz ~ 81GHz 高性能車載 MMIC(モノリシック・マイクロ波 IC)の評価モジュール

AWR1243 BoosterPack™ プラグイン・モジュールは、AWR1243 シングルチップ・ミリ波センシング・デバイス向けの使いやすい評価基板です。

AWR1243BOOST は、MMWAVE-STUDIO 環境と DCA1000 リアルタイム・データ・キャプチャ・アダプタを使用して、開発を開始するために必要な要素すべてを取り揃えています。

標準的な 20 ピン BoosterPack ヘッダーを搭載したこの評価基板は、さまざまなマイコン (MCU) LaunchPad 開発キットとの互換性があり、プロトタイプ製作を容易に実施できます。

在庫あり
制限: 10
評価ボード

AWR1443BOOST — AWR1443 シングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサの評価モジュール

AWR1443 ブースタパック・プラグイン・モジュールは、AWR1443 シングルチップ・ミリ波センシング・デバイス向けの使いやすい 77GHz ミリ波センサ評価基板であり、TI のマイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット・エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できます。

AWR1443BOOST には、低消費電力の Arm® Cortex® R4F プロセッサの開発を開始するために必要な機能がすべて付属しています。この評価基板は、プログラミングおよびデバッグ向けのオンボード・エミュレーション機能と、複数のボタンや LED をオンボード搭載しているので、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合できます。

ミリ波ツールやソフトウェアがこのキットをサポートしており、mmWave Studio (MMWAVE-STUDIO) やミリ波ソフトウェア開発キット (MMWAVE-SDK) がこれに該当します。

(...)

在庫あり
制限: 10
評価ボード

AWR1843AOPEVM — AWR1843AOP evaluation module for single-chip 76-GHz to 81-GHz automotive radar sensor

AWR1843 アンテナ・オン・パッケージ (AoP) 評価基板 (EVM) は、AWR1843AOP ミリ波レーダー・センサを評価するための使いやすいプラットフォームであり、MMWAVEICBOOST と DCA1000EVM の各開発キット (別売り) との直接のコネクティビティを確立できます。

AWR1843AOPEVM には、オンチップの C67x DSP コアと低消費電力の Arm® Cortex®-R4F プロセッサを使用してソフトウェア開発を開始するために必要な要素すべてが付属しています。

在庫あり
制限: 5
評価ボード

AWR1843BOOST — AWR1843 シングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサの評価モジュール

AWR1843 ブースタパック・プラグイン・モジュールは、AWR1843 シングルチップ・デバイス向けの使いやすい 77GHz ミリ波センサ評価基板であり、TI のマイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット・エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できます。

このブースタパックには、オンチップの C67x DSP コアと低消費電力の ARM® R4F コントローラ向けのソフトウェア開発を開始するために必要なものがすべて付属しており、プログラミングとデバッグ用のオンボード・エミュレーション機能や、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合するためのオンボード・ボタンと LED が該当します。

ミリ波ツールやソフトウェアがこのキットをサポートしており、mmWave Studio (MMWAVE-STUDIO) やミリ波ソフトウェア開発キット (MMWAVE-SDK) がこれに該当します。

標準的な 20 ピン・ブースタパック・ヘッダーを搭載したこの評価基板は、さまざまなマイコン (MCU) LaunchPad 開発キットとの互換性があり、プロトタイプ製作を容易に実施できます。

付加的なボードを使用して、追加機能を実現することもできます。たとえば、DCA1000EVM (...)

在庫あり
制限: 3
評価ボード

AWR2243BOOST — AWR2243 second-generation 76-GHz to 81-GHz high-performance automotive MMIC evaluation module

AWR2243 BoosterPack™ プラグイン・モジュールは、AWR2243 シングルチップ・ミリ波センシング・デバイス向けの使いやすい評価基板であり、TI のマイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット・エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できます。

AWR2243BOOST には、低消費電力の Arm® Cortex® R4F プロセッサの開発を開始するために必要な機能がすべて付属しています。この評価基板は、プログラミングおよびデバッグ向けのオンボード・エミュレーション機能と、複数のボタンや LED をオンボード搭載しているので、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合できます。

標準的な 20 ピン・ブースタパック・ヘッダーを搭載したこの評価基板は、さまざまなマイコン LaunchPad 開発キットとの互換性があり、プロトタイプ製作を容易に実施できます。

在庫あり
制限: 5
評価ボード

IWR1443BOOST — IWR1443 シングルチップ 76GHz ~ 81GHz ミリ波センサの評価モジュール

IWR1443 ブースタパック・プラグイン・モジュールは、IWR1443 シングルチップ・ミリ波センシング・デバイス向けの使いやすい 77GHz ミリ波センサ評価基板であり、TI のマイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット・エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できます。

IWR1443BOOST には、低消費電力の Arm® Cortex® R4F プロセッサの開発を開始するために必要な機能がすべて付属しています。この評価基板は、プログラミングおよびデバッグ向けのオンボード・エミュレーション機能と、複数のボタンや LED をオンボード搭載しているので、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合できます。

ミリ波ツールやソフトウェアがこのキットをサポートしており、mmWave Studio (MMWAVE-STUDIO) やミリ波ソフトウェア開発キット (MMWAVE-SDK) がこれに該当します。

(...)

在庫あり
制限: 50
評価ボード

IWR1642BOOST — IWR1642 DSP とマイコンを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz ミリ波センサの評価モジュール

IWR1642BOOST は、IWR1642 デバイス向けの使いやすい 77GHz ミリ波センサ評価ボードであり、マイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キットとの直接のコネクティビティを確立できます。

このブースタパックには、オンチップの C67x DSP コアと低消費電力の ARM® R4F コントローラ向けのソフトウェア開発を開始するために必要なものがすべて付属しており、プログラミングとデバッグ用のオンボード・エミュレーション機能や、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合するためのオンボード・ボタンと LED が該当します。

ミリ波ツールやソフトウェアがこのキットをサポートしており、mmWave Studio (MMWAVE-STUDIO) やミリ波ソフトウェア開発キット (MMWAVE-SDK) がこれに該当します。

標準的な 20 ピン・ブースタパック・ヘッダーを搭載したこの評価基板は、さまざまなマイコン (MCU) LaunchPad 開発キットとの互換性があり、プロトタイプ製作を容易に実施できます。

付加的なボードを使用して、追加機能を実現することもできます。たとえば、DCA1000EVM を使用すると、LVDS インターフェイス経由でセンサの未加工データにアクセスできます。

2.1mm バレル・プラグ (DC プラグ) (中心部が正極) の付いた 5V、2.5A 超の電源ブリックは付属していません。TI は、使用地域の安全規格に適合した外部電源の購入を推奨しています。

在庫あり
制限: 50
評価ボード

IWR1843BOOST — IWR1843 シングルチップ 76GHz ~ 81GHz 産業用レーダー・センサの評価モジュール

IWR1843 ブースタパック・プラグイン・モジュールは、IWR1843 シングルチップ・デバイス向けの使いやすい 77GHz ミリ波センサ評価基板であり、TI のマイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット・エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できます。

このブースタパックには、オンチップの C67x DSP コアと低消費電力の ARM® R4F コントローラ向けのソフトウェア開発を開始するために必要なものがすべて付属しており、プログラミングとデバッグ用のオンボード・エミュレーション機能や、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合するためのオンボード・ボタンと LED が該当します。

ミリ波ツールやソフトウェアがこのキットをサポートしており、mmWave Studio (MMWAVE-STUDIO) やミリ波ソフトウェア開発キット (MMWAVE-SDK) がこれに該当します。

標準的な 20 ピン・ブースタパック・ヘッダーを搭載したこの評価基板は、さまざまなマイコン (MCU) LaunchPad 開発キットとの互換性があり、プロトタイプ製作を容易に実施できます。

付加的なボードを使用して、追加機能を実現することもできます。たとえば、DCA1000EVM (...)

在庫あり
制限: 50
評価ボード

MMWAVEICBOOST — ミリ波センサ・キャリア・カード・プラットフォーム

MMWAVEICBOOST キャリア・カードは、選択された 60GHz ミリ波評価基板の機能を拡張します。このボードを使用すると、先進的なソフトウェア開発機能に加え、TI の Code Composers と互換性のある各種デバッガを使用する場合に、トレースやシングル・ステップ実行などの各種デバッグ機能を実現できます。LaunchPad のオンボード・インターフェイスを使用すると、TI のブースタパックと互換性のある各種ハードウェアと組み合わせ、追加のセンサやワイヤレス・コネクティビティに対応することができます。TI の LaunchPad エコシステムを活用すると、MMWAVEICBOOST から、より多様な一連のペリフェラルやコネクティビティにアクセスできます。

MMWAVEICBOOST は、LaunchPad™ 開発キット向けのインターフェイスを搭載しているので、PoE (パワー・オーバー・イーサネット)、Wi-Fi®、Sub-1GHz などの拡張コネクティビティに対応できます。

評価ボード

TCAN1042DEVM — TCAN10xx コントローラ・エリア・ネットワーク(CAN)の評価モジュール

The evaluation module (EVM) comes with the TCAN1042D CAN transceiver factory installed. The CAN EVM can be reconfigured by a user for use with all TI CAN transceiver families: TCAN33x, SN65HVD23x, SN65HVD25x, SN65HVD10x0 and SN65HVDA54x by replacing the transceiver and setting jumpers on the (...)

在庫あり
制限: 1
シミュレーション・モデル

TCAN1042HGV IBIS Model (Rev. A)

SLLM304A.ZIP (49 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI design and simulation tool

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft の製品であり、TI (テキサス・インスツルメンツ) 専用です。無償バージョンはフル機能ですが、フル・バージョンの TINA のすべての機能をサポートしているわけではありません。

使用可能な TINA-TI モデルの詳細なリストは、次の場所をご覧ください。SpiceRack -- 包括的なリスト 

設計の支援として、HSpice モデルが必要な場合:TI の HSpice モデル・コレクションは、こちらで見つかります。

多くのTIリファレンス・デザインには、 TCAN1042HGV-Q1 が含まれています。

TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
SON (DRB) 8 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ