トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of TX 1 Number of RX 1 Duplex Half Supply voltage (Nom) (V) 3.3, 5 Signaling rate (Max) (Mbps) 20 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 8 Isolated No Fault protection (V) -15 to 15 Number of nodes 256 Common mode range -12 to 12 ICC (Max) (mA) 3 Features Extended common mode, IEC ESD protection, Surge protection Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

特長

  • TIA/EIA-485A規格の要件を満たすか、それを上回る性能
  • 電源電圧: 3V~5.5V
  • バスI/O保護
    • ±16kV HBM ESD
    • ±8kV IEC 61000-4-2接触放電
    • ±30kV IEC 61000-4-2空中放電
    • ±4kV IEC 61000-4-4電気的高速過渡
    • ±2.5kV IEC 61000-4-5 1.2/50µsサージ
  • 2つの速度グレードで供給
    • THVD1419: 250kbps
    • THVD1429: 20Mbps
  • 拡張周囲温度範囲: -40°C~+125°C
  • 拡張動作同相範囲: ±12V
  • ノイズ除去用のレシーバのヒステリシス: 30mV
  • 低消費電力
    • スタンバイ時消費電流:2µA未満
    • 動作時電流:3mA未満
  • グリッチなしの電源オン/オフによるホット・プラグイン能力
  • 開放、短絡、アイドル・バスのフェイルセーフ
  • 1/8の単位負荷(最大256のバス・ノード)
  • 業界標準の8ピンSOICによるドロップイン互換

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

概要

THVD1419およびTHVD1429は、半二重RS-485トランシーバで、サージ保護機能が内蔵されています。標準の8ピンSOIC (D)パッケージに過渡電圧抑制(TVS)ダイオードを内蔵することで、サージ保護機能を実現しています。この特長により、信頼性が大きく向上し、データ・ケーブルに結合されたノイズ過渡に対する耐性が強化され、外付けの保護部品は不要になります。

これらの各デバイスは、単一の3.5Vまたは5V電源で動作します。このファミリのデバイスは同相電圧範囲が広いため、長いケーブルを使用するマルチポイント・アプリケーションに最適です。

THVD1419およびTHVD1429デバイスは、業界標準のSOICパッケージで供給され、PCBの変更なしに簡単にドロップインできます。このデバイスは、-40℃~125℃の周囲自由通気温度範囲で仕様が規定されています。

open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 5
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート THVD14x9 3.3V~5V、サージ保護機能付き RS-485 トランシーバ データシート (Rev. C 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.C) 2019年 5月 3日
技術記事 Frequently asked questions and answers for RS-485 transceivers 2019年 4月 9日
技術記事 Can your RS-485 communication survive the great outdoors? 2019年 3月 29日
アプリケーション・ノート Signal Integrity versus Data Rate and Cable Length for RS-485 Transceivers 2018年 12月 5日
ユーザー・ガイド RS-485 Half-Duplex EVM User's Guide 2013年 6月 12日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要
RS485 半二重評価モジュール(EVM)により、デバイス性能の評価と、SN65HVD1x、SN65HVD2x、SN65HVD7x、SN65HVD8x、SN65HVD96 半二重トランシーバを使用したデータ送信システムの迅速な開発と分析が可能になります。この EVM は RS-485 デバイスが基板にハンダ付けされていません。TI の RS-485 半二重デバイスの無償サンプル請求または製品購入後、評価にご利用ください。互換デバイスの全リストについては EVM のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
特長

この EVM により、TI の RS-485 製品ファミリの迅速、容易で精度の高い評価が可能になります。

ハードウェア:
  • RS-485 半二重 EVM PWB
  • I/O 接続にネジ式 SMA コネクタと Bergstik ヘッダを使用
  • DC 電源入力端子としてバナナ・ジャックを使用

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLLM421.ZIP (67 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ