トップ

製品の詳細

パラメータ

Type IO-Link Supply voltage (V) 7 to 36 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 16 IEC 61000-4-4 EFT (+/- kV) 4 IEC 61000-4-5 (surge) (+/- kV) 1.2 Current limit (Max) (mA) 350 LDO output range (V) 5 Features Reverse polarity protection, Configurable current limiter, Remote wakeup Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の IO-Link / デジタル IOs

パッケージ|ピン|サイズ

VSON (DMW) 10 8 mm² 2.5 x 3 open-in-new その他の IO-Link / デジタル IOs

特長

  • 7V~36V の電源電圧
  • PNP、NPN、またはIO-Linkとして構成可能な出力
    • IEC 61131-9 COM1、COM2、COM3データ・レートのサポート
  • 低い残留電圧: 250mAで1.75V
  • 電流制限を50mA~350mAに設定可能
  • ±65Vの過渡耐性、100µs未満
  • L+、CQ、L- で最大 60V の逆極性保護
  • L+およびCQの内蔵EMC保護
    • ±16kV IEC 61000-4-2 ESD接触放電
    • ±4kV IEC 61000-4-4電気的高速過渡
    • ±1.2kV/500Ω IEC 61000-4-5サージ
  • 誘導性負荷の高速消磁: 最大1.5H
  • 大きな容量性負荷駆動能力
  • CQリーク電流2µA未満
  • 静止電流1.5mA未満
  • 最大電流20mAの内蔵LDOオプション
    • TIOL111: LDOなし
    • TIOL1113: 3.3V LDO
    • TIOL1115: 5V LDO
  • 過熱警告とサーマル保護
  • リモート・ウェイクアップ・インジケータ
  • 障害インジケータ
  • 拡張周囲温度範囲: -40℃~125℃
  • 2.5mm×3mmの10ピンVSONパッケージ

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の IO-Link / デジタル IOs

概要

TIOL111(x) ファミリのトランシーバには、産業用の双方向ポイント・ツー・ポイント通信向けに IO-Link インターフェイスが実装されています。デバイスが 3 線式のインターフェイス経由で IO-Link マスタに接続されているとき、マスタはリモート・ノードとの通信を開始してデータを交換でき、TIOL111(x) は通信の完全な物理レイヤとして機能します。

これらのデバイスは、1.2kV (500Ω)のIEC 61000-4-5サージに耐えられ、逆極性保護が内蔵されています。

ピンによりプログラム可能なシンプルなインターフェイスにより、コントローラの回路と簡単に接続できます。出力電流制限は、外付けの抵抗を使用して構成できます。

電圧不足、過電流、過熱状況に対して、フォルト通知および内部的な保護機能が搭載されています。

open-in-new その他の IO-Link / デジタル IOs
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TIOL111、TIOL111x サージ保護機能内蔵、IO-Link デバイス・トランシーバ データシート (Rev. D 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.D) 2020年 4月 2日
ホワイト・ペーパー Machine Learning Powers Autonomous Industrial Systems 2020年 6月 17日
アプリケーション・ノート Flexible timing configuration with IO-Link master frame handler 2019年 3月 26日
アプリケーション・ノート Adding real-time communication to Linux 2019年 3月 19日
技術記事 Is your factory smarter than a fifth grader? 2017年 9月 28日
ユーザー・ガイド Mode Pin Concerns for STB Devices 2017年 7月 27日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
79
概要
The  TIOL1115 EVM provides users with the ability to evaluate TI's TIOL111x family of IO-Link transceivers.  The EVM includes the TIOL1115 which provides full IO-Link functionality and an on-chip 5-V LDO.  With pin- to-pin compatibility throughout the TIOL111 family, the EVM can also (...)
特長
  • Support for TIOL1115 IO-Link transceiver with 5V-LDO
  • EVM can support TIOL1115, TIOL1113, or TIOL111 IO-Link transceivers
  • Configurable output current via on-board POT
  • Headers and LEDs for individual signal measurements and activity monitoring
  • Multiple setup options and configurations possible

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLLM362.ZIP (59 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VSON (DMW) 10 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ