ホーム パワー・マネージメント DC/DC スイッチング・レギュレータ 昇圧 (ブースト) レギュレータ 昇圧コンバータ (スイッチ内蔵)

TL5001M

アクティブ

広い入力範囲、基準電圧に対する ±5% の許容差、–55℃ ~ 125℃ の動作範囲、PWM コントローラ

製品の詳細

Vin (Min) (V) 3.6 Vin (Max) (V) 40 Vout (Min) (V) 1 Vout (Max) (V) 50 Switch current limit (Typ) (A) 1.4 Regulated outputs (#) 1 Switching frequency (Min) (kHz) 50 Switching frequency (Max) (kHz) 400 Iq (Typ) (mA) 1.1 Features UVLO Fixed Duty cycle (Max) (%) 100 Operating temperature range (C) -55 to 125 Rating Military
Vin (Min) (V) 3.6 Vin (Max) (V) 40 Vout (Min) (V) 1 Vout (Max) (V) 50 Switch current limit (Typ) (A) 1.4 Regulated outputs (#) 1 Switching frequency (Min) (kHz) 50 Switching frequency (Max) (kHz) 400 Iq (Typ) (mA) 1.1 Features UVLO Fixed Duty cycle (Max) (%) 100 Operating temperature range (C) -55 to 125 Rating Military
CDIP (JG) 8 64 mm² 9.6 x 6.67
  • Complete PWM Power Control
  • 3.6-V to 40-V Operation
  • Internal Undervoltage-Lockout Circuit
  • Internal Short-Circuit Protection
  • Oscillator Frequency . . . 20 kHz to 500 kHz
  • Variable Dead Time Provides Control Over Total Range
  • ±3% Tolerance on Reference Voltage (TL5001A)
  • Available in Q-Temp Automotive
           HighRel Automotive Applications
           Configuration Control / Print Support
           Qualification to Automotive Standards

  • Complete PWM Power Control
  • 3.6-V to 40-V Operation
  • Internal Undervoltage-Lockout Circuit
  • Internal Short-Circuit Protection
  • Oscillator Frequency . . . 20 kHz to 500 kHz
  • Variable Dead Time Provides Control Over Total Range
  • ±3% Tolerance on Reference Voltage (TL5001A)
  • Available in Q-Temp Automotive
           HighRel Automotive Applications
           Configuration Control / Print Support
           Qualification to Automotive Standards

The TL5001 and TL5001A incorporate on a single monolithic chip all the functions required for a pulse-width-modulation (PWM) control circuit. Designed primarily for power-supply control, the TL5001/A contains an error amplifier, a regulator, an oscillator, a PWM comparator with a dead-time-control input, undervoltage lockout (UVLO), short-circuit protection (SCP), and an open-collector output transistor. The TL5001A has a typical reference voltage tolerance of ±3% compared to ±5% for the TL5001.

The error-amplifier common-mode voltage ranges from 0 V to 1.5 V. The noninverting input of the error amplifier is connected to a 1-V reference. Dead-time control (DTC) can be set to provide 0% to 100% dead time by connecting an external resistor between DTC and GND. The oscillator frequency is set by terminating RT with an external resistor to GND. During low VCC conditions, the UVLO circuit turns the output off until VCC recovers to its normal operating range.

The TL5001C and TL5001AC are characterized for operation from –20°C to 85°C. The TL5001I and TL5001AI are characterized for operation from –40°C to 85°C. The TL5001Q and TL5001AQ are characterized for operation from –40°C to 125°C. The TL5001M and TL5001AM are characterized for operation from –55°C to 125°C.

The TL5001 and TL5001A incorporate on a single monolithic chip all the functions required for a pulse-width-modulation (PWM) control circuit. Designed primarily for power-supply control, the TL5001/A contains an error amplifier, a regulator, an oscillator, a PWM comparator with a dead-time-control input, undervoltage lockout (UVLO), short-circuit protection (SCP), and an open-collector output transistor. The TL5001A has a typical reference voltage tolerance of ±3% compared to ±5% for the TL5001.

The error-amplifier common-mode voltage ranges from 0 V to 1.5 V. The noninverting input of the error amplifier is connected to a 1-V reference. Dead-time control (DTC) can be set to provide 0% to 100% dead time by connecting an external resistor between DTC and GND. The oscillator frequency is set by terminating RT with an external resistor to GND. During low VCC conditions, the UVLO circuit turns the output off until VCC recovers to its normal operating range.

The TL5001C and TL5001AC are characterized for operation from –20°C to 85°C. The TL5001I and TL5001AI are characterized for operation from –40°C to 85°C. The TL5001Q and TL5001AQ are characterized for operation from –40°C to 125°C. The TL5001M and TL5001AM are characterized for operation from –55°C to 125°C.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
13 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート Pulse-Width-Modulation Control Circuits データシート (Rev. F) 2002年 1月 31日
* SMD TL5001M SMD 5962-99583 2016年 6月 21日
アプリケーション・ノート Understanding Buck-Boost (Inverting) Power Stages in Switch Mode Power Supplies (Rev. B) 2019年 3月 12日
ユーザー・ガイド TL5001EVM-097 3.3-V/5-V Selectable Output, 2.5-A Buck Converter User's Guide (Rev. B) 2001年 5月 25日
アプリケーション・ノート Off-Line SMPS Failure Modes PWM Switchers and DC-DC Converters 2000年 3月 22日
アプリケーション・ノート Understanding Boost Power Stages In Switchmode Power Supplies 1999年 3月 4日
アプリケーション・ノート Understanding Buck Power Stages In Switchmode Power Supplies 1999年 3月 4日
ユーザー・ガイド Adjustable Boost Converter EVM Using The TL5001 PWM Controller 1998年 10月 30日
ユーザー・ガイド SLVP087 Buck Converter Evaluation Module (Rev. A) 1998年 7月 29日
ユーザー・ガイド Synchronous Buck Converter Evaluation Module (Rev. A) 1998年 7月 29日
ユーザー・ガイド SLVP101, SLVP102, And SLVP103 Buck Converter Design Using The TL5001 1998年 5月 4日
アプリケーション・ノート Examples Of Applications With The Pulse Width Modulator TL5001 1997年 1月 1日
アプリケーション・ノート Designing with the TL5001 PWM Controller (Rev. A) 1995年 9月 1日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI design and simulation tool

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
計算ツール

FLYBUCK-FLYBACK-DESIGN-CALC — Fly-Buck / フライバック・トポロジー・セレクタ

This tool helps a power supply engineer to select the right isolated DC-DC topology based on the specifications. Depending on the topology chosen, the calculator also recommends the right IC for the design.
パッケージ ピン数 ダウンロード
CDIP (JG) 8 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ