TL760M33-Q1

アクティブ

オートモーティブ・カタログ、シングル出力 LDO、500mA、3.3V 固定、ロードダンプ保護付

トップ

製品の詳細

パラメータ

Output options Fixed Output Iout (Max) (A) 0.5 Vin (Max) (V) 26 Vin (Min) (V) 3.8 Vout (Max) (V) 3.3 Vout (Min) (V) 3.3 Fixed output options (V) 3.3 Iq (Typ) (mA) 20 Thermal resistance θJA (°C/W) 55 Approx. price (US$) 0.46 | 1ku Load capacitance (Min) (µF) 22 Rating Automotive Regulated outputs (#) 1 Features Accuracy (%) 1 Dropout voltage (Vdo) (Typ) (mV) 500 Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)

パッケージ|ピン|サイズ

TO-252 (KVU) 3 67 mm² 6.6 x 10.11 TO-263 (KTT) 3 155 mm² 10.16 x 15.24 open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)

特長

  • Qualified for Automotive Applications
  • ±3% Output Voltage Variation Across Load
    and Temperature
  • Load-Dump Protection
  • 500-mV Maximum Dropout Voltage at
    500 mA (3.3-V Option)
  • Fixed 3.3-V Output
  • Internal Thermal-Overload Protection
  • Internal Overvoltage Protection
  • Customer-Specific Configuration Control
    Can Be Supported Along With
    Major-Change Approval

open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)

概要

The TL760M family of low-dropout regulators offers a variety of fixed-voltage options that offer a maximum continuous input voltage of 26 V. Utilizing a pnp pass element, these regulators are capable of sourcing 500 mA of current, with a specified maximum dropout of 500 mV (3.3-V and 2.5-V options), making these regulators ideal for low-voltage applications. Additionally, the TL760M regulators offer very tight output accuracy of ±3% across operating load and temperature ranges. Other convenient features the regulators provide are internal overcurrent limiting, thermal-overload protection, and overvoltage protection. The TL760M is load-dump protected to its maximum operating condition of 45 V. Stability has been optimized for typical automotive applications and low-cost capacitors.

open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート Low-Dropout Fixed-Voltage Regulators データシート 2010年 12月 22日
技術記事 LDO basics: capacitor vs. capacitance 2018年 8月 1日
技術記事 LDO Basics: Preventing reverse current 2018年 7月 25日
技術記事 LDO basics: introduction to quiescent current 2018年 6月 20日
アプリケーション・ノート LDO Noise Demystified 2017年 8月 9日
アプリケーション・ノート LDO PSRR Measurement Simplified 2017年 8月 9日
技術記事 LDO basics: noise – part 1 2017年 6月 14日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$149.00
概要

The DRV52510-Q1 evaluation module (EVM) allows a designer to driver to assess the device alone or connected to target actuators such as a solenoid to easily and quickly evaluate performance of the driver or the actuator in use conditions.

特長
  • High output current capable of 3A peak
  • Integrated diagnostics
  • Analog input
  • I2C communication of device status and system conditions
  • Wide operating voltage range of 4.5 V – 18V
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$149.00
概要
The DRV52511-Q1 evaluation module (EVM) allows a designer to driver to assess the device alone or connected to target actuators such as a solenoid to easily and quickly evaluate performance of the driver or the actuator in use conditions.
特長
  • High output current capable of 8A peak
  • Integrated fault protect modes
  • Analog input
  • Wide operating voltage range of 4.5 V – 18V
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要
TAS2770EVM は、簡単に使用できるモノラル評価モジュールをデベロッパーに提供します。この評価モジュールは、ステレオ・ソリューション、またはマルチチャネル・ソリューションとして構成することもできます。これは、IV センスを有効または無効にして、TAS2770 のステレオ実装とモノラル実装を評価するための強力なツール・キットです。TAS2770 の評価に必要なものすべてが揃っています。スピーカ保護のアルゴリズムと処理を実現するために、TAS2559YZEVM に接続すると、ステレオまたはモノラルのスピーカ保護ソリューションを評価できます。このアルゴリズムの制御とチューニングを実行するには、PPC3 を使用します。TAS2559YZEVM と PPC3 アドインは付属していないので、別途注文する必要があります。
特長
  • ステレオまたはモノラル評価モードの USB 入力
  • 最大 8 枚のボードに接続
  • スピーカ保護機能を評価するための TAS2559YZEVM 向けインターフェイス
  • TAS2770 向けの PurePath Console 3 アドインにアクセス可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要
TAS2770EVM-Stereo はデベロッパー向けの、ステレオ・ソリューションとして事前構成済みの使いやすい評価モジュールです。IV センスを有効または無効にし、TAS2770 のステレオ実装またはモノラル実装を評価できます。従来型アンプとして TAS2770 を評価するために必要なものをすべて提供します。TAS2559YZEVM を接続し、スピーカ保護のアルゴリズムと処理を実施することにより、ステレオまたはモノラルのスピーカ保護ソリューションを評価できます。このアルゴリズムの制御とチューニングには PPC3 を使用します。TAS2559YZEVM と PPC3 アドインは付属していないため、別途注文する必要があります。
特長
  • ステレオまたはモノラルの評価モード
  • USB 入力
  • IV センス評価モジュール
  • スピーカ保護機能評価のための TAS2559YZEVM へのインターフェイス
  • TAS2770 PurePath Console 3 アドインにアクセス可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要
The TAS2770YFFEVM provides developers with a simple to use mono evaluation module that can be configured as a stereo solution and as a multi-channel solution. It is powerful tool kit for assessing stereo and mono implementations of the TAS2770 with or without IV sense. Everything needed for (...)
特長
  • Stereo or Mono evaluation mode
  • USB input
  • Connect up to eight boards
  • Interface to TAS2559YZEVM for speaker protection evaluation
  • Access to TAS2770 add-in PurePath Console 3
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$249.00
概要

The TAS5404Q1EVM showcases TI’s cost-optimized 4-Ch Analog Input Class-D Audio Solution for Automotive Head Unit systems. The TAS5404 solution allows automotive customers the easiest transition from Class-AB systems to a smaller, lighter and more efficient Class-D solution at a comparable (...)

特長
  • 4-Ch 25-W/Ch 4-Ω with a 14.4-V supply
  • 2-Ω speaker driving capabilities to head units
  • I2C Diagnostics and Protection
  • CISPR25, class 5 Radiated/Conducted Emission compliant
  • Four analog inputs, four speaker outputs and on-board USB-I2C controller
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$149.00
概要
TAS6422Q1EVM は市場初の車載インフォテインメント向け 2.1MHz、2 チャネル、デジタル入力 Class-D オーディオ・ソリューションです。  TAS6422 は 2.1MHz (...)
特長
  • 2.1-MHz のスイッチング周波数
  • 14.4V 電源電圧時に 4Ω 負荷に対し 10% THD+N で 2 チャネル、25W/Ch
  • I2C 診断 / 保護機能
  • CISPR25, class 5 放射型 / 伝導型電磁波規格に準拠
  • 光学 SPDIF、USB、PSIA(外部 I2S)入力オプションに対応
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$175.00
概要
The TAS6424L EVM showcases the first true 2.1Mhz 4-Ch Digital Input Class-D Audio Solution for automotive infotainment in the market.  TAS6424L’s 2.1-Mhz switching frequency allows customers to significantly reduce inductor size and cost and optimize total system cost. TAS6424L delivers (...)
特長
  • 2.1-Mhz Switching Frequency
  • 4-Ch 27-W/Ch at 10% THD+N into 4-Ω with a 14.4-V supply
  • I2C Diagnostics and Protection. CISPR25, class 5 Radiated/Conducted Emission compliant
  • Optical SPDIF, USB and PSIA (external I2S) input options
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$175.00
概要

The TAS6424-Q1 evaluation module showcases the industry's first 2.1-Mhz 4-Ch Digital Input Class-D Audio solution for Automotive Infotainment applications. TAS6424-Q1’s 2.1-Mhz switching frequency allows customers to significantly reduce inductor size and cost and optimize total system (...)

特長
  • 2.1-Mhz Switching Frequency
  • 4-Ch 27-W/Ch at 10% THD+N into 4-Ω with a 14.4-V supply
  • I2C Diagnostics and Protection
  • CISPR25, class 5 Radiated/Conducted Emission compliant
  • Optical SPDIF, USB and PSIA (external I2S) input options

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
デジタル入力 Class-D IV センス・オーディオ・アンプのステレオ評価モジュールのリファレンス・デザイン
TIDA-01572 — TIDA-01572 は、PC アプリケーションで使用する高性能ステレオ・オーディオ・サブシステムを実現します。4.5V ~ 16V の単一電源で動作し、デジタル入力 Class-D オーディオ・アンプである TAS2770 を使用しています。TAS2770 は優れたノイズ特性と歪特性を備え、WCSP / QFN パッケージで提供されます。TIDA-01572 はTL760M33TPS73618 の 2 個の低ドロップアウト固定電圧レギュレータも搭載しています。TL760M33 と TPS73618 はそれぞれ、必要な 3.3V と 1.8V のシステム・レールを生成します。このリファレンス・デザインは汎用デジタル入力インターフェイスにより広範な入力フォーマットに対応すると同時に、電圧 / 電流検出、電源電圧(VBAT)、温度に関する出力データを提供します。マルチプレクシング機能も搭載しており、複数の入力ソースをデジタル入力として使用できます。さらに、TAS2770 は必要に応じて VBAT を追跡し、出力電圧を制限できる自動ゲイン・コントローラを内蔵しています。この機能は、ノート PC やタブレットなどのバッテリ駆動アプリケーションのバッテリ駆動時間延長と、システムレベルの電圧低下防止を可能にします。共有デジタル出力を使用してリミッタ機能を連携させるために、複数の TAS2770 上でチップ間リミッタ調整を設定できます。これにより、システム全体が同等のゲイン・レベルを常に維持し、最高のリスニング環境を実現できるようになります。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
オートモーティブ 4 チャネル・クラス D アンプ、リファレンス・デザイン、ヘッド・ユニット用
TIDA-00573 TIDA-00573 リファレンス・デザインは、一般的な Class AB アンプのフォーム・ファクタで評価できる、Class D ベースのアンプ・ソリューションを実現します。このデザインは、オーディオ・アンプ特有の発熱問題を解消しているほか、Class D アンプのスイッチング・ノイズを最小化しています。このデザインは 2 つのセクションで構成されており、最初のセクションはオーディオ・アンプ・モジュールを対象とし、2 番目のセクションはこのデザインをベース基板に統合するために必要な回路を対象にしています。これらのボードを組み合わせると、デザインのスタンドアロン性能テストを実施できます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
DDPAK/TO-263 (KTT) 3 オプションの表示
TO-252 (KVU) 3 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示