トップ

製品の詳細

パラメータ

VCC (Min) (V) 2 VCC (Max) (V) 15 Iq (Typ) (uA) 170 Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の リアルタイム・クロック (RTC) とタイマ

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 8 19 mm² 3.91 x 4.9 SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 open-in-new その他の リアルタイム・クロック (RTC) とタイマ

特長

  • Qualified for Automotive Applications
  • Very Low Power Consumption
    • 1 mW (Typical) at VDD = 5 V
  • Capable of Operation in Astable Mode
  • CMOS Output Capable of Swinging Rail to Rail
  • High-Output-Current Capability
    • Sink 100 mA (Typical)
    • Source 10 mA (Typical)
  • Output Fully Compatible With CMOS, TTL, and
    MOS
  • Low Supply Current Reduces Spikes During
    Output Transitions
  • Single-Supply Operation From 2 V to 15 V
  • Functionally Interchangeable With the NE555;
    Has Same Pinout
open-in-new その他の リアルタイム・クロック (RTC) とタイマ

概要

The TLC555-Q1 is a monolithic timing circuit fabricated using the TI LinCMOS™ process. The timer is fully compatible with CMOS, TTL, and MOS logic and operates at frequencies up to 2 MHz. Because of its high input impedance, this device uses smaller timing capacitors than those used by the NE555. As a result, more accurate time delays and oscillations are possible. Power consumption is low across the full range of power-supply voltage.

Like the NE555, the TLC555-Q1 has a trigger level equal to approximately one-third of the supply voltage and a threshold level equal to approximately two-thirds of the supply voltage. These levels can be altered by use of the control voltage terminal (CONT).

When the trigger input (TRIG) falling below the trigger level sets the flip-flop, and the output goes high. Having TRIG above the trigger level and the threshold input (THRES) above the threshold level resets the flip-flop, and the output is low. The reset input (RESET) can override all other inputs, and a possible use is to initiate a new timing cycle. RESET going low resets the flip-flop, and the output is low. Whenever the output is low, a low-impedance path exists between the discharge terminal (DISCH) and GND. Tie all unused inputs to an appropriate logic level to prevent false triggering.

The advantage of the TLC555-Q1 is that it exhibits greatly reduced supply-current spikes during output transitions. Although the CMOS output is capable of sinking over 100 mA and sourcing over 10 mA, the main reason the TLC555-Q1 is able to have low current spikes is due to its edge rates. This minimizes the need for the large decoupling capacitors required by the NE555.

The TLC555-Q1 is characterized for operation over the full automotive temperature range of –40°C to 125°C.

open-in-new その他の リアルタイム・クロック (RTC) とタイマ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 4
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TLC555-Q1 LinCMOS™ TIMER データシート 2015年 8月 28日
技術記事 Power Tips: Multiply your output voltage 2016年 7月 20日
ユーザー・ガイド TIDA-01007 Design Guide 2016年 6月 2日
アプリケーション・ノート TLC555-Q1 Used as a Positive and Negative Charge Pump 2016年 5月 25日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要
This design is an analog solution for automotive rear lamps with sequential turn animations. This design is compatible with the TL81000 RI and the BCI test in a third-party EMC lab. This design also illustrates full automotive diagnostic with low quiescent current during fault mode.
特長
  • Automotive Battery Direct Connection
  • Compliance With TL81000 RI and BCI
  • Sequential Turn Animation Without MCU
  • Full Diagnostic and Protection
  • One-Fail-and-All-Fail (OFAF) Function
  • Low-Quiescent Current During Fault Mode

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
シーケンシャル・ターン車載 LED ヘッドライトのリファレンス・デザイン
TIDA-01372 — このリファレンス・デザインは SEPIC トポロジーによるシーケンシャル・ターン・アニメーションを使用した車載ヘッド・ライト用アナログ・ソリューションで、障害モード時に低静止時電流で包括的な車載診断機能を実現します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
シーケンシャル・ターン付き EMC 互換車載 LED テールランプのリファレンス・デザイン
TIDA-01007 — このリファレンス・デザインは、シーケンシャル・ターン方式のアニメーション(一連のランプが端から順次点滅)表示を行う車載リア・ランプ向けのアナログ・ソリューションです。このリファレンス・デザインは、サード・パーティーの EMC Lab による TL81000 RI および BCI テストで互換性を確認済みです。また、包括的な車載診断機能を搭載するとともに、障害モード時には低静止時電流を維持します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
リニア・サーマル・フォールドバック付き車載日中走行用ライト(DRL)LED ドライバのリファレンス・デザイン
TIDA-01382 — TIDA-01382 リファレンス・デザインは、マイコンを必要とせずにサーマル・フォールドバック機能を搭載した昼間点灯機能(Daytime Running Light、DRL)に適した、高精度の PWM 調光ソリューションです。このデザインは、電磁干渉(EMI)フィルタリング、電磁適合性(EMC)フィルタリング、電圧コンディショニング(シャント・レギュレータ)、サーマル・フォールドバック、高精度クロック生成、LED ドライブなどの重要なペリフェラルを搭載しています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
車載ライティング向け、高精度 PWM 調光 LED ドライバのリファレンス・デザイン
TIDA-01183 — TIDA-01183 はマイコンなしで、車載のヘッドライトやテール・ライトの PWM(パルス幅変調)調光を 2% より良好なデューティ・サイクル精度で実現し、価格競争力の大幅な向上を可能にするリファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインで採用したデバイスは、昇圧とバッテリ電圧までの昇圧構成で LED を制御する TPS92691-Q1 マルチトポロジー LED ドライバです。  TLC555-Q1 LinCMOS タイマを OPA2377-Q1 オペアンプと組み合わせ、デューティ・サイクルの高精度設定のためフィードバック・ループと高精度シャント・レギュレータにより、高精度の PWM 信号の測定と生成を行っています。入力段は EMI/EMC フィルタを実装しており、車載バッテリからの直接電力供給が可能です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
CISPR25 降圧 + リニア LED ドライバ・ベース・システム向け車載テールランプのリファレンス・デザイン
TIDA-00677 — TIDA-TIDA-00677 は、TPS92630-Q1 リニア LED ドライバを使用した車載 LED テール・ライト・アプリケーション(テール/停止、右左折、後進)のためのリファレンス・デザインです。リニア LED ドライバへの電源 IC としては、車載バッテリ電圧からのスマート逆極性保護バッテリ・ダイオードを通じ電力が供給されるアップストリーム降圧コンバータ(TPS65321-Q1)が使用されています。このリファレンス・デザインは、CISPR25 EMI/EMC ノイズ放射テストと、ISO 7637-2 パルス・テスト済みです。コスト低減と効率向上(消費電力の低減とシステム発熱)の詳細については、ユーザー・ガイドをご覧ください。降圧コンバータで駆動する類似のリファレンス・デザインについては、TIDA-00678 をご覧ください。車載バッテリから電力を直接供給する類似のリファレンス・デザインについては、車載バッテリから電力を供給されるスマート逆極性保護バッテリ・ダイオードに直接接続する TIDA-00679 をご覧ください。このリファレンス・デザインは、CISPR25 EMI/EMC ノイズ放射テストと、ISO 7637-2 パルス・テスト済みです。コスト低減と効率向上(消費電力の低減とシステム発熱)の詳細については、ユーザー・ガイドをご覧ください。降圧コンバータで駆動する類似のリファレンス・デザインについては、TIDA-00678 をご覧ください。車載バッテリから直接駆動する類似のリファレンス・デザインについては、TIDA-00679 をご覧ください。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
昇圧 + リニア LED ドライバ・ベース・システム向け CISPR25 試験済車載テールランプのリファレンス・デザイン
TIDA-00678 TIDA-00678 は、TPS92630-Q1 リニア LED ドライバを使用した車載 LED テール・ライト・アプリケーション(テール/停止、右左折、後進)のためのリファレンス・デザインです。リニア LED ドライバへの電源 IC としては、車載バッテリ電圧からのスマート逆極性保護バッテリ・ダイオードを通じ電力が供給されるアップストリーム昇圧コンバータ(TPS40210-Q1)が使用されています。デザイン・ガイド(英語)は、CISPR25 EMI/EMC ノイズ放射テストと ISO 7637-2 パルス・テスト、コスト低減と効率向上(消費電力とシステムの発熱)について解説しています。降圧コンバータで駆動する TPS92630-Q1 を使用した類似のリファレンス・デザインについては、TIDA-00677 をご覧ください。

車載バッテリから直接駆動する TPS92630-Q1 を使用した類似のリファレンス・デザインについては、TIDA-00679 をご覧ください。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
車載照明アプリケーション向けリニア LED ドライバのリファレンス・デザイン
TIDA-00679 TIDA-00679 は、車載 LED テール・ライト・アプリケーション(テール/停止、右左折、後進)のためのリファレンス・デザインです。車載バッテリからのスマート逆極性保護バッテリ・ダイオードを通じ電力が直接供給される TPS92630 リニア LED ドライバを使用しています。このリファレンス・デザインは、消費電力の低減とシステム発熱の改善により、コスト低減と効率向上を実現します。CISPR25 テスト、ISO 7637-2 パルス・テスト、EMI/EMC 放射型と伝導型ノイズ放出テスト済みです。

降圧コンバータで駆動する TPS92630-Q1 を使用した類似のリファレンス・デザインについては、TIDA-00677 をご覧ください。

降圧コンバータで駆動する類似のリファレンス・デザインについては、TIDA-00678 をご覧ください。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
オートモーティブ、ハイ・サイド調光テール・ライト、リファレンス・デザイン
TIDA-00846 BCM を使用してリア・ライトに給電する、車載ハイサイド調光リア・ライト向けリファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインでは、ハイサイド・ドライバ TPS1H100-Q1 を使用し、異なるデューティ・サイクルで PWM 電力を出力します。リニア LED ドライバ TPS92630-Q1 と TPS92638-Q1 を使用し、複数の LED を定電流で駆動します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
Audio Amplifier
PMP2688 This reference design supports the supply for an audio amplifier, such as the TAS5414C-Q1 using the various DC/DC power switchers, LDOs, logic, clocks, and op amps. This reference design is also applicable in start/stop systems.

Modifying this reference design can also create a power supply for a (...)

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示