トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 4 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 38 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 4.5 Rail-to-rail In to V+ GBW (Typ) (MHz) 10 Slew rate (Typ) (V/us) 40 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 6 Iq per channel (Typ) (mA) 1.625 Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) 12 Rating Military Operating temperature range (C) -55 to 125 Offset drift (Typ) (uV/C) 10.1 Features Input bias current (Max) (pA) 175 CMRR (Typ) (dB) 98 Output current (Typ) (mA) 30 Architecture FET open-in-new その他の 汎用オペアンプ

パッケージ|ピン|サイズ

CDIP (J) 14 - LCCC (FK) 20 - open-in-new その他の 汎用オペアンプ

特長

  • Direct Upgrades to TL05x, TL07x, and
    TL08x BiFET Operational Amplifiers
  • Greater Than 2× Bandwidth (10 MHz) and
    3× Slew Rate (45 V/µs) Than TL07x
  • Ensured Maximum Noise Floor 17 nV/Hz
  • On-Chip Offset Voltage Trimming for
    Improved DC Performance
  • Wider Supply Rails Increase Dynamic
    Signal Range to ±19 V

open-in-new その他の 汎用オペアンプ

概要

The TLE207x series of JFET-input operational amplifiers more than double the bandwidth and triple the slew rate of the TL07x and TL08x families of BiFET operational amplifiers. Texas Instruments Excalibur process yields a typical noise floor of 11.6 nV/Hz, 17-nV/Hz ensured maximum, offering immediate improvement in noise-sensitive circuits designed using the TL07x. The TLE207x also has wider supply voltage rails, increasing the dynamic signal range for BiFET circuits to ±19 V. On-chip zener trimming of offset voltage yields precision grades for greater accuracy in dc-coupled applications. The TLE207x are pin-compatible with lower performance BiFET operational amplifiers for ease in improving performance in existing designs.

BiFET operational amplifiers offer the inherently higher input impedance of the JFET-input transistors, without sacrificing the output drive associated with bipolar amplifiers. This makes them better suited for interfacing with high-impedance sensors or very low-level ac signals. They also feature inherently better ac response than bipolar or CMOS devices having comparable power consumption.

The TLE207x family of BiFET amplifiers are Texas Instruments highest performance BiFETs, with tighter input offset voltage and ensured maximum noise specifications. Designers requiring less stringent specifications but seeking the improved ac characteristics of the TLE207x should consider the TLE208x operational amplifier family.

Because BiFET operational amplifiers are designed for use with dual power supplies, care must be taken to observe common-mode input voltage limits and output swing when operating from a single supply. DC biasing of the input signal is required and loads should be terminated to a virtual ground node at mid-supply. Texas Instruments TLE2426 integrated virtual ground generator is useful when operating BiFET amplifiers from single supplies.

The TLE207x are fully specified at ±15 V and ±5 V. For operation in low-voltage and/or single-supply systems, Texas Instruments LinCMOS families of operational amplifiers (TLC- and TLV-prefix) are recommended. When moving from BiFET to CMOS amplifiers, particular attention should be paid to slew rate and bandwidth requirements and output loading.

open-in-new その他の 汎用オペアンプ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TLE207x, TLE207xA: Excalibur Low-Noise High-Speed JFET-Input Op Amps データシート 2009年 12月 9日
技術記事 What is an op amp? 2020年 1月 21日
技術記事 Designing tiny microphone circuits with the industry’s smallest op amp 2018年 4月 12日
ソリューション・ガイド The Signal - オペアンプ設計ブログ集 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日
技術記事 How to lay out a PCB for high-performance, low-side current-sensing designs 2018年 2月 6日
技術記事 Low-side current sensing for high-performance cost-sensitive applications 2018年 1月 22日
SMD TLE2074M SMD 5962-94602 2016年 6月 21日
アプリケーション・ノート TLE2071, TLE2072, TLE2074 EMI Immunity Performance 2013年 12月 31日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード 計算ツール ダウンロード
アナログ技術者向けカリキュレータ
ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
特長
  • A/D コンバータ(ADC)と D/A コンバータ(DAC)の回路設計を迅速化
    • ノイズの計算
    • 一般的な単位変換
  • アンプ回路設計の一般的な問題を解決
    • 標準的な抵抗を使用してゲインを選択
    • フィルタの構成
    • 一般的なアンプ構成の総ノイズ
  • PCB 寄生成分の計算(R、L、C など)
  • 一般的なセンサのセンサ出力値の算定(RTD、熱電対など)
  • 受動回路の一般的な問題を解決(受動部品を使用する電圧デバイダなど)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
CDIP (J) 14 オプションの表示
LCCC (FK) 20 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示