トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of ADC channels 2 DAC channels 2 Digital audio interface L, R, I2S, DSP, TDM Analog inputs 10 Sampling rate (Max) (kHz) 96 Rating Catalog ADC SNR (Typ) (dB) 92 DAC SNR (Typ) (dB) 102 open-in-new その他の オーディオ・コーデック

パッケージ|ピン|サイズ

BGA MICROSTAR JUNIOR (ZQE) 80 25 mm² 5 x 5 VQFN (RGZ) 48 49 mm² 7 x 7 VQFN (RGZ) 48 49 mm² 7.0 x 7.0 open-in-new その他の オーディオ・コーデック

特長

  • Stereo Audio DAC
    • 102-dBA Signal-to-Noise Ratio
    • 16/20/24/32-Bit Data
    • Supports Rates From 8 kHz to 96 kHz
    • 3D/Bass/Treble/EQ/De-Emphasis Effects
    • Flexible Power Saving Modes and Performance
      are Available
  • Stereo Audio ADC
    • 92-dBA Signal-to-Noise Ratio
    • Supports Rates From 8 kHz to 96 kHz
    • Digital Signal Processing and Noise Filtering
      Available During Record
  • Ten Audio Input Pins
    • Programmable in Single-Ended or Fully
      Differential Configurations
    • 3-State Capability for Floating Input
      Configurations
  • Seven Audio Output Drivers
    • Stereo Fully Differential or Single-Ended
      Headphone Drivers
    • Fully Differential Stereo Line Outputs
    • Fully Differential Mono Output
  • Low Power: 15-mW Stereo 48-kHz Playback With
    3.3-V Analog Supply
  • Ultralow-Power Mode with Passive Analog Bypass
  • Programmable Input/Output Analog Gains
  • Automatic Gain Control (AGC) for Record
  • Programmable Microphone Bias Level
  • Programmable PLL for Flexible Clock Generation
  • Control Bus Selectable SPI or I2C
  • Audio Serial Data Bus Supports I2S,
    Left/Right-Justified, DSP, and TDM Modes
  • Alternate Serial PCM/I2S Data Bus for
    Easy Connection toBluetooth™ Module
  • Concurrent Digital Microphone and Analog
    Microphone Support Available
  • Extensive Modular Power Control
  • Power Supplies:
    • Analog: 2.7 V–3.6 V.
    • Digital Core: 1.65 V–1.95 V
    • Digital I/O: 1.1 V–3.6 V
  • Packages: 5.00 mm × 5.00 mm 80-pin VFBGA;
    7.00 mm × 7.00 mm 48-pin QFN
open-in-new その他の オーディオ・コーデック

概要

The TLV320AIC3106 is a low-power stereo audio codec with stereo headphone amplifier, as well as multiple inputs and outputs programmable in single-ended or fully differential configurations. Extensive register-based power control is included, enabling stereo 48-kHz DAC playback as low as 15 mW from a 3.3-V analog supply, making it ideal for portable battery-powered audio and telephony applications.

The record path of the TLV320AIC3106 contains integrated microphone bias, digitally controlled stereo microphone preamplifier, and automatic gain control (AGC), with mix/mux capability among the multiple analog inputs. Programmable filters are available during record which can remove audible noise that can occur during optical zooming in digital cameras.

The playback path includes mix/mux capability from the stereo DAC and selected inputs, through programmable volume controls, to the various outputs.

The TLV320AIC3106 contains four high-power output drivers as well as three fully differential output drivers. The high-power output drivers are capable of driving a variety of load configurations, including up to four channels of single-ended 16-Ω headphones using ac-coupling capacitors, or stereo 16-Ω headphones in a capacitorless output configuration.

The stereo audio DAC supports sampling rates from 8 kHz to 96 kHz and includes programmable digital filtering in the DAC path for 3D, bass, treble, midrange effects, speaker equalization, and de-emphasis for 32-kHz, 44.1-kHz, and 48-kHz rates. The stereo audio ADC supports sampling rates from 8 kHz to 96 kHz and is preceded by programmable gain amplifiers or AGC that can provide up to 59.5-dB analog gain for low-level microphone inputs. The TLV320AIC3106 provides an extremely high range of programmability for both attack (8 ms–1,408 ms) and for decay (0.05 s–22.4 s). This extended AGC range allows the AGC to be tuned for many types of applications.

For battery saving applications where neither analog nor digital signal processing are required, the device can be put in a special analog signal passthru mode. This mode significantly reduces power consumption, as most of the device is powered down during this pass through operation.

The serial control bus supports SPI or I2C protocols, while the serial audio data bus is programmable for I2S, left/right-justified, DSP, or TDM modes. A highly programmable PLL is included for flexible clock generation and support for all standard audio rates from a wide range of available MCLKs, varying from 512 kHz to 50 MHz, with special attention paid to the most popular cases of 12-MHz, 13-MHz, 16-MHz, 19.2-MHz, and 19.68-MHz system clocks.

The TLV320AIC3106 operates from an analog supply of 2.7 V–3.6 V, a digital core supply of 1.65 V–1.95 V, and a digital I/O supply of 1.1 V–3.6 V. The device is available in the 5-mm × 5-mm, 80-ball MicroStar Junior™ BGA package and a 7-mm × 7-mm, 48-lead QFN package.

open-in-new その他の オーディオ・コーデック
ダウンロード

Automotive AEC-Q100 Grade 3 qualified version available, see TLV320AIC3106 -Q1.

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 13
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TLV320AIC3106 Low-Power Stereo Audio CODEC for Portable Audio/Telephony データシート 2014年 12月 24日
アプリケーション・ノート Out-of-Band Noise Measurement Issues for Audio Codecs 2019年 12月 31日
アプリケーション・ノート Audio Serial Interface Configurations for Audio Codecs 2019年 6月 27日
アプリケーション・ノート Common Noise Issues in Audio Codecs 2017年 7月 21日
アプリケーション・ノート Using the MSP430 Launchpad as a Standalone I2C Host for Audio Products 2013年 10月 28日
アプリケーション・ノート Audio Serial Interface Configurations for Audio Codecs 2010年 9月 22日
アプリケーション・ノート Headset detection in AIC33 and AIC310x family 2010年 6月 22日
ユーザー・ガイド TLV320AIC3106EVM-PDK - User Guide 2010年 6月 16日
アプリケーション・ノート Interfacing an I2S Device to an MSP430 Device 2010年 3月 22日
アプリケーション・ノート Solving Enumeration Errors in USB Audio DAC and CODEC Designs 2009年 10月 30日
アプリケーション・ノート Configuring I2S to Generate BCLK from Codec Devices and WCLK from McBSP Port 2009年 7月 8日
その他の技術資料 TLV320AIC33/3106/34 & Akustica Product Bulletin 2007年 6月 12日
アプリケーション・ノート How to Set the TSC/AIC EVM to Record & Playback Audio or Other Sound Through PC 2004年 12月 14日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
1146.54
概要
J6Entry, RSP and TDA2E-17 CPU Board EVM is an evaluation platform designed to speed up development efforts and reduce time to market for Infotainment  reconfigurable Digital Cluster or Integrated Digital Cockpit and ADAS applications. The CPU board integrates key peripherals such as parallel (...)
特長
  • 2GB DDR3L
  • LP8733/LP8732 Power Solution
  • On-board eMMC, NAND, NOR
  • USB3, USB2, PCIe, Ethernet, COM8Q, CAN, MLB, MicroSD and HDMI connectors
評価ボード ダウンロード
2324.44
概要

The J6Entry/RSP EVM is an evaluation platform designed to speed up development efforts and reduce time to market for applications such as Infotainment, reconfigurable Digital Cluster or Integrated Digital Cockpit.

The main CPU board integrates these key peripherals such as Ethernet or HDMI, while the (...)

特長
  • 10.1" Display with capacitive Touch
  • JAMR3 Radio Tuner Application Board
  • 2GB DDR3L
  • LP8733/LP8732 Power Solution
  • On-board eMMC, NAND, NOR
  • USB3, USB2, PCIe, Ethernet, COM8Q, CAN, MLB, MicroSD and HDMI connectors
評価ボード ダウンロード
99
概要

The TLV320AIC3106EVM-K is a combination of two boards the EVM and a PDK to allow operation with personal computors. The TLV320AIC3106EVM is an EVM manufactured in Texas Instruments modular EVM form factor. This evaluation module (EVM) is a complete stereo audio codec with several inputs and outputs (...)

特長
  • Full-featured evaluation board for the TLV320AIC3106 stereo audio codec
  • Modular design for use with a variety of digital signal processors (DSPs) and microcontroller interface boards
  • USB connection to PC provides power, control, and streaming audio data for easy evaluation
  • Analog output signals from (...)
評価ボード ダウンロード
概要

DM38x デジタル・ビデオ評価モジュール(DVEVM)は、DM38x デジタル・メディア・プロセッサの迅速な評価と、IP セキュリティ・カメラ、アクション・カメラ、ドローン、ビデオ・ドアベル、車載デジタル・ビデオ・レコーダ(ドライブ・レコーダ)などのデジタル・ビデオ・アプリケーションの開発期間の短縮を可能にします。  デジタル・ビデオ評価モジュール(DVEVM)は、ARM 向けの開発に対応したアプリケーション・コード作成と、DM385 と DM388 の各デジタル・メディア・プロセッサ用の API を通じた HDVICP コプロセッサ・コアへのアクセスを可能にします。

特長
  • DM388 デジタル・メディア・プロセッサをベースとし、2Gb の DDR3 を搭載した開発ボード
  • コンポーネント I/O 経由のビデオ・キャプチャと NTSC または PAL 信号形式の出力
  • HDMI ビデオ出力
  • CSI2 とパラレル・カメラ入力
  • PCIe、2 x SATA、2 x イーサネット、2 x USB、オーディオ、SD カード・スロット
開発キット ダウンロード
699
概要

The K2G Evaluation Module (EVM) enables developers to immediately start evaluating the 66AK2Gx - 600MHz processor, and to accelerate the development of audio, industrial motor control, smart grid protection and other high reliability, real-time compute intensive applications.  Similar to (...)

特長
  • 66AK2G02 C66x DSP+ARM A15 Processor at 600MHz
  • 2-GByte DDR3L with ECC
  • TPS659118 PMIC
  • Audio and Serial expansion headers
  • Processor SDK Linux and TI-RTOS support
  • Supports Gigabit Ethernet
開発キット ダウンロード
699
概要

EVMK2GX(「K2G」とも呼ぶ)1GHz 評価モジュール(EVM)は 66AK2Gx プロセッサ・ファミリの迅速な評価のほか、オーディオ、産業用モーター制御、スマート・グリッド保護、高信頼性リアルタイム・コンピューティング集約型アプリケーションの迅速な開発を可能にします。  既存の KeyStone ベース SoC デバイスと同様に、66AK2Gx の DSP と ARM コアがシステム内のメモリとペリフェラルをすべて制御します。こうしたアーキテクチャは DSP または ARM を中心としたシステム設計を可能にし、ソフトウェアのフレキシビリティを最大限に高めます。

この EVM は Linux と TI-RTOS オペレーティング・システム向けプロセッサ SDK によりサポートされており、USB、PCIe、ギガビット・イーサネットなどの主要ペリフェラルに対応しています。  また、ボード・マネージメント・コントローラ、SD カード・スロット、オンボード XDS200 エミュレータも搭載していることから、ソフトウェアの評価とデバッグを容易にします。  K2G EVM はオーディオ・アプリケーション向けのオプションのコンパニオン・オーディオ・ドーター・カード(AUDK2G)に相互接続します。

特長
  • 1GHz で動作する 66AK2G12 C66x DSP+ARM A15 プロセッサ
  • ECC 付き 2GB DDR3L
  • TPS65911A PMIC
  • オーディオ / シリアル拡張ヘッダー
  • プロセッサ SDK は Linux と TI-RTOS をサポート
開発キット ダウンロード
1049
概要

The K2G 1GHz High Secure Evaluation Module (EVM) enables developers to start  evaluating and testing the programming of the  high secure developmental version of the  66AK2Gx processor, and to accelerate the next stage of secure boot product development of audio and industrial real (...)

特長
  • 66AK2G12 C66x DSP+ARM A15 Processor at 1GHz
  • 2-GByte DDR3L with ECC
  • TPS65911A PMIC
  • Audio and serial expansion headers
  • Processor SDK Linux and TI-RTOS support

ソフトウェア開発

ドライバまたはライブラリ ダウンロード
TLV320AIC3X 向け Linux ドライバ
TLV320AIC3XSW-LINUX この Linux ドライバは、低消費電力ステレオ・コーデックである TLV320AIC3x ファミリをサポートしています。また、この Linux ドライバは I2C バス経由の通信をサポートしており、Linux DAPM (Dynamic Audio Power Management for Portable Devices、ポータブル・デバイス向けのダイナミック・オーディオ・パワー・マネージメント) クラスとのインターフェイスとして機能します。
Linux のメインライン・ステータス

Linux メインラインで利用可能か:はい
git.ti.com から入手可能か:N/A

サポート対象デバイス:
  • TLV320AIC33
  • TLV320AIC3007
  • TLV320AIC3106
  • TLV320AIC3104
Linux ソース・ファイル

このデバイスに関連付けられているファイル:

  1. sound/soc/codecs/tlv320aic3x.c
  2. Documentation/devicetree/bindings/sound/tlv320aic3x.txt
  3. sound/soc/codecs/tlv320aic3x.h
  4. (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
計算ツール ダウンロード
デジタル双 2 次フィルタ用係数カルキュレータ
COEFFICIENT-CALC COEFFICIENT-CALC (TIBQ) calculates the coefficients for the digital filter biquad transfer function implemented in TI audio codecs. The characteristics of the digital filter are adjusted by selecting a filter type and moving a control point within a window that shows the transfer function gain and (...)
計算ツール ダウンロード
SLAR163.ZIP (487 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
66AK2Gx DSP + ARM プロセッサ・オーディオ・プロセッシングのリファレンス・デザイン
TIDEP0069 — This reference design is a reference platform based on the 66AK2Gx DSP + ARM processor  System-On-Chip (SoC) and companion AIC3106 Audio codec and enables a quick path to audio processing algorithm design and demonstration. This audio solution design includes real time application software (...)
document-generic 回路

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
BGA MICROSTAR JUNIOR (ZQE) 80 オプションの表示
VQFN (RGZ) 48 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ