製品の詳細

Number of channels (#) 2 Output type Push-pull Propagation delay time (µs) 0.0045 Vs (Max) (V) 5.5 Vs (Min) (V) 2.7 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 6.5 Iq per channel (Typ) (mA) 3.2 Input bias current (+/-) (Max) (nA) 0.01 Rail-to-rail In, Out Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 Features Hysteresis, Small Size VICR (Max) (V) 5.7 VICR (Min) (V) -0.2
Number of channels (#) 2 Output type Push-pull Propagation delay time (µs) 0.0045 Vs (Max) (V) 5.5 Vs (Min) (V) 2.7 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 6.5 Iq per channel (Typ) (mA) 3.2 Input bias current (+/-) (Max) (nA) 0.01 Rail-to-rail In, Out Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 Features Hysteresis, Small Size VICR (Max) (V) 5.7 VICR (Min) (V) -0.2
SOIC (D) 8 19 mm² 3.91 x 4.9 SOT-23 (DCN) 8 8 mm² 2.9 x 2.8
  • High Speed: 4.5 ns
  • Rail-to-Rail I/O
  • Supply Voltage: 2.7 V to 5.5 V
  • Push-Pull CMOS Output Stage
  • Shutdown (TLV3501 Only)
  • Micro Packages: 6-Pin SOT-23 (Single), 8-Pin SOT-23 (Dual)
  • Low Supply Current: 3.2 mA
  • High Speed: 4.5 ns
  • Rail-to-Rail I/O
  • Supply Voltage: 2.7 V to 5.5 V
  • Push-Pull CMOS Output Stage
  • Shutdown (TLV3501 Only)
  • Micro Packages: 6-Pin SOT-23 (Single), 8-Pin SOT-23 (Dual)
  • Low Supply Current: 3.2 mA

The TLV350x family of push-pull output comparators feature a fast 4.5-ns propagation delay and operation from 2.7 V to 5.5 V. Beyond-the-rails input common-mode range makes it an ideal choice for low-voltage applications. The rail-to-rail output directly drives either CMOS or TTL logic.

Microsize packages provide options for portable and space-restricted applications. The single (TLV3501) is available in 6-pin SOT-23 and 8-pin SO packages. The dual (TLV3502) comes in the 8-pin SOT-23 and 8-pin SO packages.

The TLV350x family of push-pull output comparators feature a fast 4.5-ns propagation delay and operation from 2.7 V to 5.5 V. Beyond-the-rails input common-mode range makes it an ideal choice for low-voltage applications. The rail-to-rail output directly drives either CMOS or TTL logic.

Microsize packages provide options for portable and space-restricted applications. The single (TLV3501) is available in 6-pin SOT-23 and 8-pin SO packages. The dual (TLV3502) comes in the 8-pin SOT-23 and 8-pin SO packages.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
6 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TLV350x 4.5-ns, Rail-to-Rail, High-Speed Comparator in Microsize Packages データシート (Rev. E) 2015年 4月 17日
アプリケーション・ノート 信号およびクロック回復コンパレータ回路 (Rev. A) 2021年 6月 22日
アプリケーション・ノート PWM ジェネレータ回路 (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2019年 6月 10日
アプリケーション・ノート 信号とクロックの復元回路 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2019年 1月 24日
e-Book(PDF) The Signal - オペアンプ設計ブログ集 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日
アプリケーション・ノート High Speed Comparators for Triggering in Oscilloscopes 2018年 2月 19日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

シミュレーション・モデル

TLV3501 and TLV3502 PSpice Model

SBOMBU5.ZIP (92 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

TLV3501 and TLV3502 TINA-TI MACRO and Reference Design

SBOMBU6.ZIP (10 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI design and simulation tool

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft の製品であり、TI (テキサス・インスツルメンツ) 専用です。無償バージョンはフル機能ですが、フル・バージョンの TINA のすべての機能をサポートしているわけではありません。

使用可能な TINA-TI モデルの詳細なリストは、次の場所をご覧ください。SpiceRack -- 包括的なリスト 

設計の支援として、HSpice モデルが必要な場合:TI の HSpice モデル・コレクションは、こちらで見つかります。

設計ツール

CIRCUIT060010 — PWM ジェネレータ回路

この回路では、三角波ジェネレータとコンパレータを利用して、デューティ・サイクルが入力電圧に反比例する 500kHz パルス幅変調 (PWM) 波形を生成できます。オペアンプとコンパレータが三角波を生成し、2 番目のコンパレータの反転入力に印加されます。入力電圧は、この 2 番目のコンパレータの非反転入力に印加されます。入力波形を三角波と比較して、PWM 波形が生成されます。出力波形の精度と線形性を向上するため、2 番目のコンパレータはエラー・アンプの帰還ループ内に配置されます。
設計ツール

Simulation for PWM Generator Circuit

SBOC502.ZIP (18 KB)
リファレンス・デザイン

TIDA-010203 — C2000 と GaN を使用する 4kW 単相トーテムポール PFC のリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、F280049/F280025 制御カードと LMG342x EVM ボードを備えた、4kW CCM トーテムポール PFC です。この設計は、堅牢な PFC ソリューションをデモンストレーションします。コントローラを MOSFET レッグの中間に接地することで、絶縁型電流センスを回避することができます。非絶縁型のため、高速アンプ OPA607によって AC 電流センスを実装でき、信頼できる過電流保護を実現します。この設計では、効率性、熱画像、AC ドロップ、雷サージ、EMI CE が十分に検証されています。完了済みのテスト・データにより、このリファレンス・デザインは C2000 および GaN を使用したトーテムポール PFC の完成度を示しており、高効率製品の PFC ステージ設計に適した研究プラットフォームとなっています。
リファレンス・デザイン

TIDA-00663 — LIDAR パルス・タイム・オブ・フライト(ToF)のリファレンス・デザイン

LIDAR システムは、自らと物体間で光が往復するのに要する時間を使い、対象物との距離測定を行います。  TIDA-00663 は、LIDAR ベースの時間/デジタル・コンバータ(TDC)に対応する時間測定用バックエンドと、関連フロント・エンドを設計するためのリファレンス・デザインです。  LIDAR のパルス形式タイム・オブ・フライト(ToF)をベースとするこのリファレンス・デザインは、対象物との物理的な接触が不可能なアプリケーションに最適です。  代表的なアプリケーション例としては、ロボット・アームとの安全な距離を確保する必要のある物流センターでのベルト・コンベヤ上の物体の測定があります。
リファレンス・デザイン

TIDM-SERVODRIVE — 工業用サーボ・ドライブおよびAC インバータ・ドライブ、リファレンス・デザイン

DesignDRIVE 開発キットは、3 相 ACI または PMSM モーターに直接接続する包括的な産業用ドライブ向けのリファレンス・デザインです。この単一のプラットフォームに採用されている制御、駆動、通信技術の組み合わせにより、多くのドライブ・トポロジーを作成できます。複数の位置センサ・インターフェイス、多様な電流センシング技術、ホットサイド・パーティションのオプション、安全性および産業用イーサネットに対応する拡張性などを特長としています。
リファレンス・デザイン

TIPD108 — アナログ PWM ジェネレータ、5V、500kHz PWM 出力

この検証済み設計では、三角波ジェネレータとコンパレータを利用して、デューティ・サイクルが入力電圧に反比例するパルス幅変調(PWM)波形を生成できます。オペアンプとコンパレータで生成される三角波形は、コンパレータの片方の入力に渡されます。入力電圧をコンパレータのもう片方の入力に渡すことで、PWM 波形が生成されます。誤差アンプに対する PWM 波形の負のフィードバックを利用して、出力の高精度と高直線性が確保されます。この設計の構築には、OPA2365 オペアンプ、TLV3502 コンパレータ、および REF3325 リファレンスを使用しています。その他の TI Precision Designs を表示
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
SOT-23 (DCN) 8 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ