トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 4 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 3.6 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 1.7 Rail-to-rail In, Out GBW (Typ) (MHz) 0.008 Slew rate (Typ) (V/us) 0.0035 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 3.1 Iq per channel (Typ) (mA) 0.0005 Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) 264 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 Offset drift (Typ) (uV/C) 0.8 Features Cost Optimized, EMI Hardened CMRR (Typ) (dB) 75 Output current (Typ) (mA) 15 Architecture CMOS open-in-new その他の 汎用オペアンプ

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 14 52 mm² 8.65 x 6 TSSOP (PW) 14 32 mm² 5 x 6.4 open-in-new その他の 汎用オペアンプ

特長

  • コスト最適化システム用
  • ナノパワー消費電流: チャネルごとに500nA
  • オフセット電圧: 3.1mV (最大値)
  • TcVos: 0.8µV/℃
  • ゲイン帯域幅: 8kHz
  • ユニティ・ゲイン安定
  • 低い入力バイアス電流: 100fA
  • 広い電源電圧範囲: 1.7V~3.6V
  • レール・ツー・レール入出力(RRIO)
  • 温度範囲: -40℃~+125℃
  • 業界標準のパッケージ
    • クワッド: 14ピンTSSOPおよびSOIC
    • デュアル: 8ピンSOIC
    • シングル: 5ピンSOT-23
  • リードレス・パッケージ
    • デュアル: 8ピンX2QFN

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 汎用オペアンプ

概要

TLV854x超低消費電力オペアンプは、ワイヤレス機器や低消費電力の有線機器におけるコスト最適化センシング・アプリケーションに最適です。TLV854xオペアンプ・ファミリを使用すると、モーション検出セキュリティ・システム(マイクロ波およびPIRモーション・センシングのような)など、バッテリ動作時間を重視する機器で消費電力を最小限に抑えることができます。また、綿密に設計されたCMOS入力段により、バイアス電流が非常に低くなることから(フェムトアンペア単位)、感度の高いアプリケーションに影響を及ぼすようなIBIASやIOSの誤差が低減されます。感度の高いアプリケーションには、メガオームのフィードバック抵抗を含むトランスインピーダンス・アンプ(TIA)構成や、ソース・インピーダンスの高いセンシング・アプリケーションなどが該当します。さらに、EMI保護が組み込まれているため、携帯電話、Wi-Fi、無線送信機、タグ・リーダーなどのソースから発生する不要なRF信号への感受性が低下しています。

TLV854xオペアンプは、最小1.7Vの単一電源電圧で動作するため、-40℃~+125℃の広い温度範囲にわたり、低バッテリ状態での連続動作が可能です。いずれのバージョンも-40℃~+125℃で仕様が規定されています。TLV8541 (シングル・バージョン)は5ピンSOT-23で、TLV8542 (デュアル・バージョン)は8ピンSOICパッケージで供給されます。4チャネルのTLV8544 (クワッド・バージョン)は、業界標準の14ピンTSSOPパッケージで供給されます。

open-in-new その他の 汎用オペアンプ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 10
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TLV854x 500nA RRIOナノパワー・オペアンプ、コスト最適化システム向け データシート (Rev. E 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.E) 2018年 5月 29日
技術記事 What is an op amp? 2020年 1月 21日
技術記事 Designing tiny microphone circuits with the industry’s smallest op amp 2018年 4月 12日
アプリケーション・ノート Low-Voltage, Low-Power System Monitoring in Personal Electronics 2018年 2月 12日
技術記事 How to lay out a PCB for high-performance, low-side current-sensing designs 2018年 2月 6日
技術記事 Low-side current sensing for high-performance cost-sensitive applications 2018年 1月 22日
アプリケーション・ノート Under-voltage Detection in Battery Powered Devices 2017年 12月 8日
アプリケーション・ノート Design of Ultra-Low Power Discrete Signal Conditioning Circuit for Battery-Power 2017年 5月 12日
ユーザー・ガイド BOOSTXL-TLV8544PIR User's Guide 2017年 4月 17日
アプリケーション・ノート Demystifying prolonged battery life time in wireless battery operated PIR motion 2017年 3月 6日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$29.00
概要
The BOOSTXL-TLV8544PIR demonstration board is a BoosterPack intended to be used with the LAUNCHXL-CC2650 multi-frequency 2.4GHz wireless LaunchPad. The BOOSTXL-TLV8544PIR demonstrates the quad tiny, nanopower op amp (TLV8544) operating as an analog front end (AFE) in a PIR motion detection system (...)
特長
  • Nanopower op amp enables ultra-low-power system implementation
  • Single quad op amp encompasses entire PIR motion detection analog front end comprising amplifier stages and filtering, and window comparators, thereby enables simple & tiny solution for cost-optimized systems
  • GUI provides realtime, visual (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要
DIYAMP-EVM は、エンジニアと DIY ユーザーにアンプ回路を提供し、迅速な設計コンセプトの評価とシミュレーションの検証を可能にするユニークな評価モジュール(EVM)ファミリです。この評価モジュールは、3 つの業界標準パッケージ(SC70、SOT23、SOIC)で提供されており、シングル / デュアル電源向けに、アンプ、フィルタ、安定性補償、コンパレータの各構成など、12 の一般的なアンプ構成が可能です。

DIYAMP-EVM ファミリは、迅速・簡単なプロトタイプ製作を可能にします。また、一般的な 0805 または 0603 表面実装部品を使用しています。さまざまな組み合わせの構成により、シンプルなアンプ回路から複雑なシグナル・チェーンに至るまで、多様な評価回路の作成が可能です。すべての評価モジュールはブレッドボード、SMA(SubMiniature version A)、ヘッダーおよび有線インターフェイス接続と互換で、ほとんどの A/D コンバータ(ADC)および D/A コンバータ(DAC)評価モジュールと相互互換性を確保しています。また、DIYAMP-EVM の最適化されたレイアウトは、ブレッドボード・プロトタイピングによる寄生容量を低減します。

DIYAMP-EVM ファミリは、データシートから、シミュレーションやシミュレーションの検証に至るまで、迅速な設計を可能にします。

注:ボードには部品は実装されていません。オペアンプ・デバイスのサンプルもあわせてご注文ください。

特長
  • 3 種類のパッケージから選択可能:SC70-5、SOT23-5、SOIC-8
  • 12 種類の回路構成から選択可能:非反転型、反転型、アクティブ・フィルタ、差動アンプ、コンパレータなど
  • シングル / デュアル電源構成
  • 高性能 PCB:各機能用に最適化
  • 複数のインターフェイス・オプション:SMA、ヘッダー、ブレッドボード、有線
  • 0805 サイズ部品用に設計、0603 サイズにも対応
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

The Universal OPAMPEVM is a series of general purpose blank circuit boards that simplify prototyping circuits for a variety of IC package types. The evaluation module board design allows many different circuits to be constructed easily and quickly. Five models are offered with each targeted for (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNOM613B.TSC (54 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNOM614A.ZIP (15 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード 計算ツール ダウンロード
アナログ技術者向けカリキュレータ
ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
特長
  • A/D コンバータ(ADC)と D/A コンバータ(DAC)の回路設計を迅速化
    • ノイズの計算
    • 一般的な単位変換
  • アンプ回路設計の一般的な問題を解決
    • 標準的な抵抗を使用してゲインを選択
    • フィルタの構成
    • 一般的なアンプ構成の総ノイズ
  • PCB 寄生成分の計算(R、L、C など)
  • 一般的なセンサのセンサ出力値の算定(RTD、熱電対など)
  • 受動回路の一般的な問題を解決(受動部品を使用する電圧デバイダなど)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
コスト最適化システム向け超低消費電力ワイヤレス PIR 動作検出器のリファレンス・デザイン
TIDA-01398 — The TIDA-01398 TI Design uses only a quad-channel nano-power operational amplifier and the SimpleLink™ ultra-low power 2.4GHz wireless microcontroller (MCU) platform to demonstrate a low power cost-optimized wireless motion detector implementation.  These technologies lead to an extremely (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 14 オプションの表示
TSSOP (PW) 14 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ