トップ

製品の詳細

パラメータ

CPU ARM Cortex-M4F Frequency (MHz) 80 ADC 12-bit SAR GPIO 43 UART 8 Number of I2Cs 4 Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の Arm ベースのマイコン

パッケージ|ピン|サイズ

LQFP (PM) 64 100 mm² 10 x 10 open-in-new その他の Arm ベースのマイコン

特長

  • 32-bit ARM® Cortex™-M4 80-MHz processor core with System Timer (SysTick), integrated Nested Vectored Interrupt Controller (NVIC), Wake-Up Interrupt Controller (WIC) with clock gating, Memory Protection Unit (MPU), IEEE754-compliant single-precision Floating-Point Unit (FPU), Embedded Trace Macro and Trace Port, System Control Block (SCB) and Thumb-2 instruction set

  • On-chip memory, featuring 256 KB single-cycle Flash up to 40 MHz (a prefetch buffer improves performance above 40 MHz), 32 KB single-cycle SRAM; internal ROM loaded with TivaWare™ for C Series software; 2KB EEPROM

  • One Controller Area Network (CAN) module, using CAN protocol version 2.0 part A/B and with bit rates up to 1 Mbps

  • Universal Serial Bus (USB) controller with USB 2.0 full-speed (12 Mbps) and low-speed (1.5 Mbps) operation, 32 endpoints, and USB Device mode

  • Advanced serial integration, featuring: eight UARTs with IrDA, 9-bit, and ISO 7816 support (one UART with modem status and modem flow control); four Synchronous Serial Interface (SSI) modules, supporting operation for Freescale SPI, MICROWIRE, or Texas Instruments synchronous serial interfaces; four Inter-Integrated Circuit (I2C) modules, providing Standard (100 Kbps) and Fast (400 Kbps) transmission and support for sending and receiving data as either a master or a slave

  • ARM PrimeCell® 32-channel configurable μDMA controller, providing a way to offload data transfer tasks from the Cortex™-M4 processor, allowing for more efficient use of the processor and the available bus bandwidth

  • Analog support, featuring: two 12-bit Analog-to-Digital Converters (ADC) with 12 analog input channels and a sample rate of one million samples/second; two analog comparators; 16 digital comparators; on-chip voltage regulator

  • Two ARM FiRM-compliant watchdog timers; six 32-bit general-purpose timers (up to twelve 16-bit); six wide 64-bit general-purpose timers (up to twelve 32-bit); 12 16/32-bit and 12 32/64-bit Capture Compare PWM (CCP) pins

  • Up to 43 GPIOs (depending on configuration), with programmable control for GPIO interrupts and pad configuration, and highly flexible pin muxing

  • Lower-power battery-backed Hibernation module with Real-Time Clock

  • Multiple clock sources for microcontroller system clock: Precision Oscillator (PIOSC), Main Oscillator (MOSC), 32.768-kHz external oscillator for the Hibernation Module, and Internal 30-kHz Oscillator

  • Full-featured debug solution with debug access via JTAG and Serial Wire interfaces, and IEEE 1149.1-1990 compliant Test Access Port (TAP) controller

  • Industrial-range (-40°C to 85°C) RoHS-compliant 64-pin LQFP

open-in-new その他の Arm ベースのマイコン

概要

The TM4C1233H6PM microcontroller is targeted for industrial applications, including remote monitoring, electronic point-of-sale machines, test and measurement equipment, network appliances and switches, factory automation, HVAC and building control, gaming equipment, transportation, and fire and security.

open-in-new その他の Arm ベースのマイコン
ダウンロード

Sampling

To evaluate the TM4C1233H6PM, please sample the parent device: TM4C123GH6PM.

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 36
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート Tiva C Series TM4C1233H6PM Microcontroller Data Sheet データシート (Rev. E) 2014年 6月 20日
* エラッタ Corrections to Tiva™ C Series TM4C123x/TM4C129x Data Sheets (SPMS) 2019年 5月 17日
* エラッタ Tiva C Series TM4C123x Microcontrollers Silicon Revisions 6 and 7 Errata (Rev. F) 2016年 4月 21日
* エラッタ ARM Cortex-M4F Errata 2011年 12月 15日
セレクション・ガイド TM4C Microcontrollers (Rev. E) 2020年 12月 9日
アプリケーション・ノート Using the Edde Flex CAN Controller on the EK-TM4C123GXL LaunchPad 2020年 8月 6日
ユーザー・ガイド Getting Started with TivaWare™ for C Series 2020年 8月 5日
ユーザー・ガイド TivaWare™ Graphics Library for C Series User's Guide (Rev. E) 2020年 5月 14日
ユーザー・ガイド TivaWare™ Peripheral Driver Library for C Series User's Guide (Rev. E) 2020年 5月 14日
ユーザー・ガイド TivaWare™ Sensor Library for C Series User's Guide (Rev. E) 2020年 5月 14日
ユーザー・ガイド TivaWare™ USB Library for C Series User's Guide (Rev. E) 2020年 5月 14日
ユーザー・ガイド TivaWare™ Bootloader for C Series User's Guide (Rev. E) 2019年 12月 19日
ユーザー・ガイド TivaWare™ for C Series Release Notes SW-TM4C-RLN-2.1.3.156 (Rev. F) 2019年 12月 5日
アプリケーション・ノート Using JTAG Interface for Debugging TM4C12x Device 2016年 8月 18日
ユーザー・ガイド TI-RTOS 2.16 User's Guide (Rev. M) 2016年 6月 17日
アプリケーション・ノート Implementation of Programmer for Serial Bootloaders on TM4C12x Microcontroller (Rev. A) 2016年 4月 21日
ユーザー・ガイド TI-RTOS 2.15 User's Guide (Rev. L) 2016年 2月 22日
アプリケーション・ノート Using the CMSIS DSP Library in Code Composer Studio for TM4C MCUs (Rev. G) 2015年 10月 7日
その他の技術資料 TM4C123x Stepper Motor Control Product Summary 2015年 7月 6日
その他の技術資料 C2000™ TM4C12x Control + Automation MCUs 2014年 6月 9日
ユーザー・ガイド Tiva C Series TM4C123x ROM User's Guide 2014年 5月 9日
その他の技術資料 Tiva C Series TM4C1233H6PM Microcontroller Pin Table (Rev. A) 2013年 11月 20日
アプリケーション・ノート Transitioning Stellaris® LM3S MCU Designs to Tiva™ TM4C129x MCUs (Rev. A) 2013年 10月 22日
アプリケーション・ノート Differences Among Stellaris® LM3S and Tiva™ C Series TM4C123x MCUs (Rev. E) 2013年 9月 24日
アプリケーション・ノート TM4C123x MCUs 2013年 7月 31日
アプリケーション・ノート Stellaris® Graphics Library Display Drivers (AN01287) (Rev. A) 2013年 7月 9日
アプリケーション・ノート Application Update Using Stellaris USB Device Firmware Upgrade Class (AN01273) (Rev. A) 2013年 7月 8日
アプリケーション・ノート Dual-SPI Emulating I²S on Tiva™ C Series TM4C123x MCUs (Rev. B) 2013年 6月 12日
アプリケーション・ノート Migrating Software Projects from StellarisWare to TivaWare for C Series Software (Rev. A) 2013年 5月 1日
ホワイト・ペーパー An Introduction to the Tiva C Series Platform of Microcontrollers 2013年 4月 12日
その他の技術資料 Tiva C Series ARM Cortex-M Microcontrollers 2013年 4月 12日
アプリケーション・ノート Powering Tiva C Series MCUs using the High Efficiency DCS Control Topology 2013年 2月 3日
アプリケーション・ノート ADC Oversampling Techniques for Stellaris Microcontrollers (AN01239) (Rev. A) 2013年 1月 8日
アプリケーション・ノート Using Execute, Write/Erase Flash Protection on Stellaris MCUs Using CCS v4.2.3 (Rev. A) 2012年 8月 15日
アプリケーション・ノート Using AES Encryption and Decryption with Stellaris Microcontrollers (Rev. B) 2010年 1月 8日
アプリケーション・ノート Software UART for Stellaris Microcontrollers (AN01270) 2009年 7月 7日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
12.99
概要
TM4C123G LaunchPad 評価キットは、Arm Cortex-M4F をベースとする各種マイコン向けの低コスト評価プラットフォームです。80MHz の Arm Cortex-M4F CPU、256kB のフラッシュ、32kB の SRAM を搭載した TM4C123GH6PM マイコンは、USB ホスト / デバイス / OTG に対応する USB 2.0 サポートを内蔵しているほか、2 個の 12 ビット ADC モジュールを搭載しています。TM4C123GH6PM はまた、UART、SPI、I2C、CAN のような多数のシリアル通信チャネルも搭載しています。TM4C123G LaunchPad のデザインの特長は、TM4C123GH6PM USB 2.0 デバイス・インターフェイスと、ハイバネーションや PWM モジュールのような追加のデバイス機能を採用していることです。


この EK-TM4C123GXL は、カスタム・アプリケーション向けに複数のプログラマブル・ユーザー・ボタンと 1 個の RGB LED を搭載しています。複数のスタッカブル・ヘッダーは、各種ブースタパック・プラグイン・モジュールに接続するためのインターフェイスを搭載しており、TI (テキサス・インスツルメンツ) のブースタパック・エコシステムを活用して TM4C123G LaunchPad の使いやすさ向上と機能拡張を進めるのに役立ちます。TI が開発した TivaWare SDK は、各種ペリフェラル向けのドライバと、TM4C123G LaunchPad 向けの多数のアプリケーションに対応するサンプル・コードを収録しています。

特長

ARM Cortex-M4F ベースのマイコンである TM4C123G 向けの LaunchPad 評価キット (EK-TM4C123GXL) には、以下の特長があります。

  • 高性能の TM4C123GH6PM マイコン:
    • 80MHz、32 ビットの ARM Cortex-M4-ベースのマイコンを複数採用した CPU
    • 256KB のフラッシュ、32KB SRAM、2KB EEPROM
    • 2 個の CAN (コントローラ・エリア・ネットワーク) モジュール (複数の CAN トランシーバが必須)
    • USB 2.0 ホスト / デバイス / OTG + PHY
    • デュアル 12 ビット 2MSPS ADC、モーション・コントロール PWM
    • 8 個の UART、6 個の I2C、4 個の SPI
  • オンボードのインサーキット・デバッグインターフェイス(ICDI)
  • USB Micro-B プラグから USB-A プラグに接続するケーブル
  • プリロード済みの RGB クイックスタート・アプリケーション
  • ReadMe First quick-start guide (英語)



TivaWare SDK の一部として、多数のサンプル・アプリケーションを公開済み

デバッグ・プローブ ダウンロード
295
概要

Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 (...)

特長

XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリです。高い性能と一般的な機能を搭載した低コスト XDS100 と高性能 XDS560v2 の中間に位置する XDS200 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスのデバッグのためのバランス重視のソリューションを提供します。

XDS200 は、販売開始から長い年月が経過している「XDS510」JTAG デバッガ・ファミリに比べ、データ・スループットが高いほか、ARM シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しており、コスト低減を可能にします。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、すべての XDS200 派生製品は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。この製品に加えて、すべての派生製品は、TI と ARM の標準的な JTAG ヘッダーに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタも採用しています(付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS200 は、従来型の IEEE1149.1(JTAG)、IEEE1149.7(cJTAG)、ARM のシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)をサポートしており、+1.5V ~ 4.1V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とは、同じく 2 本のピンを使用して、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

すべての XDS200 モデルは、ホストへの接続のために、USB2.0 ハイスピード(480Mbps)をサポートしており、一部のモデルではイーサネット 10/100Mbps もサポートしています。また、一部のモデルではターゲット・ボードでの消費電力監視をサポートしています。

XDS200 ファミリには、TI の (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
995
概要

The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

特長

XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
1495
概要

The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

特長
  • XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
TivaWare™、C シリーズ用(コンプリート)
SW-TM4C — TivaWare™ for C Series ソフトウェア開発キット (SDK) は、エンジニアの皆様が TI (テキサス・インスツルメンツ) の TM4C Arm® Cortex®-M4F (...)
特長
•    ロイヤリティ・フリー・ライブラリ (ペリフェラル・ドライバ、USB、グラフィックス、センサ)
•    TivaWare フラッシュ・ブート・ローダーに対応するソース・コード
•    各 TM4C 開発キットに対応するサンプル・コード
•    TM4C123x と TM4C129x の各デバイスに対応する、ペリフェラル固有のサンプル・コード
•   (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
TM4x MCU Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)
CCSTUDIO-TM4X

Download the latest version of Code Composer Studio

Code Composer Studio™ - Integrated Development Environment for TM4x ARM® Cortex™-M Microcontrollers

 

Code Composer Studio is an integrated development environment (IDE) that supports TI's Microcontroller and Embedded Processors portfolio. Code Composer Studio comprises a suite of tools used to develop (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
Energia
ENERGIA Energia は、オープン・ソースでコミュニティ指向の統合開発環境(IDE)およびソフトウェア・フレームワークです。配線フレームワークをベースとする Energia は、マイコンのプログラミングを対象にして、直感的なコーディング環境と、使いやすい機能 API やライブラリからなる堅牢なフレームワークを実現します。Energia は多くの TI 製プロセッサをサポートしており、主に ローンチパッド 開発エコシステムで使用可能なプロセッサが対象です。Energia はオープン・ソースであり、ソース・コードは github www.github.com/energia/energia で入手できます。

Energia のサポートについては、43oh.com フォーラムをご確認ください

特長
  • シリアル・モニタ/端末内蔵のシンプルで使いやすいコード・エディタとコンパイラ
  • マイコンのペリフェラルを制御するための直感的な機能 API(digitalRead、digitalWrite、Serial.print など)からなる堅牢なフレームワークを実現
  • さまざまな TI 製組込みデバイス(MSP430、TM4C、CC3200、C2000 など)をサポート
  • オープン・ソースで GitHub によりホスト
  • より高度なライブラリ(Wi-Fi、イーサネット、ディスプレイ、センサなど)も使用可能
  • IDE でより多くの機能が必要な場合開発した Energia プロジェクトを Code Composer Studio v6 にシームレスに移行することができ、その結果、デベロッパーは LaunchPad キットのオンボード・デバッガを活用できます。
ソフトウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family
UNIFLASH サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。Uniflash には、GUI、コマンド・ライン、スクリプト・インターフェイスがあります。CCS Uniflash は無料で利用できます。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPMM772.ZIP (3 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPMM865.ZIP (163 KB) - IBIS Model
計算ツール ダウンロード
ピン・マルチプレクサ・ユーティリティ、ARM MPU プロセッサ(AM389x、AM35x、AM/DM37x、C6A816x、DM816x、OMAP35x)用
PINMUXTOOL The Pin MUX Utility is a software tool which provides a Graphical User Interface for configuring pin multiplexing settings, resolving conflicts and specifying I/O cell characteristics for TI MPUs. Results are output as C header/code files that can be imported into software development kits (SDKs) or (...)
回路図 ダウンロード
SPMR236.ZIP (19 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
包括的センサ・ハブ・ソリューション、7 個のオンボード・センサ付き
TIDM-LPBP-SENSORHUB このセンサ・ハブ設計は、センサ・フュージョン・アプリケーションでの ARM® Cortex™-M4 ベースの TM4C デバイスの使用を評価するための Tiva プラットフォームで、M4 (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
評価モジュール(EM)アダプタ
TIDM-LPBP-EMADAPTER This BoosterPack kit contains one "EM Adapter BoosterPack". The purpose of the EM adapter board is to provide an-easy-to-use bridge between any of the TI MCU LaunchPads and the vide variety of TI RF evaluation modules (EM), for instance the CCxxxx Low-Power RF evaluation modules. No specific (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
LQFP (PM) 64 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ