トップ

製品の詳細

パラメータ

Flash memory (KB) 1024 RAM (KB) 256 Number of ADC channels 24 ADC resolution (bits) 12 GPIO 140 I2C 10 USB D, H/D or OTG OTG USB high-speed with ULPI Yes 10/100 ENET MAC Yes 10/100 ENET MAC+PHY Yes LCD controller Yes open-in-new その他の その他のマイコン

特長

  • Performance
    • ARM® Cortex™-M4F processor core
    • 120-MHz operation; 150 DMIPS performance
    • 1024 KB Flash memory
    • 256 KB single-cycle System SRAM
    • 6KB of EEPROM
    • Internal ROM loaded with TivaWare™ for C Series software
    • 8-/16-/32- bit dedicated External Peripheral Interface (EPI) for peripherals and memory
  • Security
    • Cyclical Redundancy Check (CRC) hardware with 16-/32-bit Hash function that supports four CRC forms
    • Advanced Encryption Standard (AES) hardware-accelerated data encryption and decryption based on 128-, 192-, and 256-bit keys
    • Data Encryption Standard (DES) block cipher implementation with 168-bit effective key length
    • Hardware Accelerated Hash (SHA/MD5) advanced hash engine that supports SHA-1, SHA-2 or MD5 Hash computation
    • Support for four tamper inputs and configurable tamper event response
  • Communication Interfaces
    • Eight Universal Asynchronous Receivers/Transmitters (UARTs)
    • Four Quad Synchronous Serial Interface (QSSI) modules with Bi-, Quad- and advanced SSI support
    • Ten Inter-Integrated Circuit (I2C) modules with four transmission speeds including high-speed mode
    • Two Controller Area Network (CAN) 2.0 A/B controllers
    • 10/100 Ethernet MAC
    • Ethernet PHY with IEEE 1588 PTP hardware support
    • Universal Serial Bus (USB) 2.0 OTG/Host/Device with ULPI interface option and Link Power Management (LPM) support
  • System Integration
    • ARM® PrimeCell® 32-channel configurable Micro Direct Memory Access (µDMA) controller
    • Configurable LCD controller with passive and active matrix LCD panel support
    • Eight 16/32-bit General-Purpose Timer (GPTM) blocks
    • Two watchdog timers
    • Low-power battery-backed Hibernation module
    • 18 physical General-Purpose Input/Output (GPIO) blocks
  • Advanced Motion Control
    • One Pulse Width Modulator (PWM) module, with four PWM generator blocks and a control block, for a total of 8 PWM outputs
    • One Quadrature Encoder Interface (QEI) module
  • Analog Support
    • Two 12-bit Analog-to-Digital Converter (ADC) modules, each with a maximum sample rate of one million samples/second
    • Three independent integrated analog comparators
    • 16 digital comparators
  • System Management
    • 1-Wire module
  • One JTAG module with integrated ARM Serial Wire Debug (SWD)
  • 212-ball BGA package
  • Operating Range (Ambient)
    • Industrial (-40°C to 85°C) temperature range
    • Extended (-40°C to 105°C) temperature range
open-in-new その他の その他のマイコン

概要

Tiva™ C Series microcontrollers integrate a large variety of rich communication features to enable a new class of highly connected designs with the ability to allow critical, real-time control between performance and power. The microcontrollers feature integrated communication peripherals along with other high-performance analog and digital functions to offer a strong foundation for many different target uses, spanning from human machine interface to networked system management controllers.

In addition, Tiva™ C Series microcontrollers offer the advantages of ARM's widely available development tools, System-on-Chip (SoC) infrastructure, and a large user community. Additionally, these microcontrollers use ARM's Thumb®-compatible Thumb-2 instruction set to reduce memory requirements and, thereby, cost. Finally, the TM4C129XNCZAD microcontroller is code-compatible to all members of the extensive Tiva™ C Series, providing flexibility to fit precise needs.

Texas Instruments offers a complete solution to get to market quickly, with evaluation and development boards, white papers and application notes, an easy-to-use peripheral driver library, and a strong support, sales, and distributor network.

open-in-new その他の その他のマイコン
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 48
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート Tiva C Series TM4C129XNCZAD Microcontroller Data Sheet データシート 2014年 6月 19日
* エラッタ Corrections to Tiva™ C Series TM4C123x/TM4C129x Data Sheets (SPMS) 2019年 5月 17日
* エラッタ Tiva C Series TM4C129x Microcontrollers Silicon Revisions 1, 2, & 3 Errata 2017年 3月 29日
* エラッタ ARM Cortex-M4F Errata 2011年 12月 15日
セレクション・ガイド TM4C マイコン 2020年 9月 15日
アプリケーション・ノート Using the Edde Flex CAN Controller on the EK-TM4C1294XL LaunchPad 2020年 8月 6日
ユーザー・ガイド TivaWare™ Graphics Library for C Series User's Guide 2020年 5月 14日
ユーザー・ガイド TivaWare™ Peripheral Driver Library for C Series User's Guide 2020年 5月 14日
ユーザー・ガイド TivaWare™ Sensor Library for C Series User's Guide 2020年 5月 14日
ユーザー・ガイド TivaWare™ USB Library for C Series User's Guide 2020年 5月 14日
アプリケーション・ノート IoT Demo Using EK-TM4C1294XL LaunchPad 2020年 2月 17日
ユーザー・ガイド TivaWare™ Bootloader for C Series User's Guide 2019年 12月 19日
ユーザー・ガイド TivaWare™ for C Series Release Notes SW-TM4C-RLN-2.1.3.156 2019年 12月 5日
アプリケーション・ノート 1-Wire Enumeration 2018年 1月 9日
アプリケーション・ノート Using JTAG Interface for Debugging TM4C12x Device 2016年 8月 18日
アプリケーション・ノート Implementing OPUS Voice Code for TM4C129x Device 2016年 6月 20日
ユーザー・ガイド TI-RTOS 2.16 User's Guide 2016年 6月 17日
ユーザー・ガイド TI-RTOS 2.15 User's Guide 2016年 2月 22日
アプリケーション・ノート Using the CMSIS DSP Library in Code Composer Studio for TM4C MCUs 2015年 10月 7日
アプリケーション・ノート Using Feature Set of I2C on TM4C129x Microcontrollers 2015年 7月 28日
技術記事 How fast is your 32-bit MCU? 2015年 7月 15日
技術記事 Easily increase functionality in motor drive applications 2015年 5月 19日
技術記事 Really smart cities in real time 2015年 4月 25日
アプリケーション・ノート Serial to Ethernet Converter for TM4C129x Microcontrollers Using RTOS 2015年 3月 31日
ホワイト・ペーパー Building a Gateway to the Internet of Things 2014年 12月 15日
その他の技術資料 TM4C129x Connected Development Kit 2014年 10月 28日
ホワイト・ペーパー モノのインターネット(IoT)を構築する上での接続コストの削減、省電力、省スペース 2014年 7月 24日
その他の技術資料 C2000™ TM4C12x Control + Automation MCUs 2014年 6月 9日
ユーザー・ガイド Tiva C Series TM4C129x ROM User's Guide 2014年 5月 14日
ホワイト・ペーパー Turning the Cloud into a Rainmaker 2014年 4月 25日
技術記事 How to have it all: Designing next-generation industrial drive and control systems 2014年 4月 3日
その他の技術資料 Tiva C Series TM4C129XNCZAD Micocontroller Pin List 2013年 12月 17日
アプリケーション・ノート Differences Between Tiva C Series TM4C Microcontrollers 2013年 10月 22日
アプリケーション・ノート Differences Stellaris Tempest- and Firestorm-Class MCUs and Tiva C Series 4C129x 2013年 10月 22日
アプリケーション・ノート Transitioning Stellaris® LM3S MCU Designs to Tiva™ TM4C129x MCUs 2013年 10月 22日
アプリケーション・ノート TM4C123x MCUs 2013年 7月 31日
アプリケーション・ノート Tiva™ C Series TM4C129x System Design Guidelines 2013年 7月 16日
アプリケーション・ノート Stellaris® Graphics Library Display Drivers (AN01287) 2013年 7月 9日
アプリケーション・ノート Application Update Using Stellaris USB Device Firmware Upgrade Class (AN01273) 2013年 7月 8日
アプリケーション・ノート Dual-SPI Emulating I²S on Tiva™ C Series TM4C123x MCUs 2013年 6月 12日
アプリケーション・ノート Migrating Software Projects from StellarisWare to TivaWare for C Series Software 2013年 5月 1日
ホワイト・ペーパー An Introduction to the Tiva C Series Platform of Microcontrollers 2013年 4月 12日
アプリケーション・ノート Powering Tiva C Series MCUs using the High Efficiency DCS Control Topology 2013年 2月 3日
アプリケーション・ノート ADC Oversampling Techniques for Stellaris Microcontrollers (AN01239) 2013年 1月 8日
アプリケーション・ノート Using SYS/BIOS with Stellaris® ARM® Cortex™-M3 Microcontrollers 2012年 11月 19日
アプリケーション・ノート Using Execute, Write/Erase Flash Protection on Stellaris MCUs Using CCS v4.2.3 2012年 8月 15日
アプリケーション・ノート Diagnosing Software Faults in Stellaris® Microcontrollers 2012年 6月 4日
アプリケーション・ノート Software UART for Stellaris Microcontrollers (AN01270) 2009年 7月 7日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
19.99
概要

The CC2564MODAEM evaluation board contains the Bluetooth BR/EDR/LE HCI solution. Based on TI's CC2564B dual-mode Bluetooth single-chip device, the bCC2564MODA is intended for evaluation and design purposes, reducing design effort and enabling fast time to market.


For a complete evaluation solution (...)

特長
  • Dual-mode (Bluetooth & Bluetooth low energy ) Bluetooth Specification v4.1
  • Integrated antenna on CC2564MODA for ready-to-use application
  • The device is FCC, IC, CE certified with a certified and royalty-free TI Bluetooth Stack, getting started guide, demos, and UART and PCM/I2S Interface
  • Class 1.5 (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
19.99
概要

The TM4C1294 Connected LaunchPad Evaluation Kit is a low-cost development platform for ARM® Cortex-M4F-based microcontrollers. The Connected LaunchPad design highlights the TM4C1294NCPDT MCU with its on-chip 10/100 Ethernet MAC and PHY, USB 2.0, hibernation module, motion control pulse-width (...)

特長
  • High Performance TM4C1294NCPDT MCU:
    • 120MHz 32-bit ARM Cortex-M4 CPU
    • 1MB Flash, 256KB SRAM, 6KB EEPROM
    • Integrated 10/100 Ethernet MAC+PHY, data protection hardware, 8x 32-bit timers
    • Dual 12-bit 2MSPS ADCs, motion control PWMs
    • USB H/D/O, and many additional serial communication interfaces
  • Dual, stackable (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
24.99
概要

暗号化コネクテッド・ローンチパッドは、ハードウェア暗号化アクセラレータに対応したマイコンを搭載しており、セキュアなクラウド接続、ビル/ファクトリ・オートメーション、スマート・グリッド、工業用コントロールなど、データ保護機能を備えた IoT に接続可能な高性能アプリケーションの開発を可能にします。

TM4C129E 暗号化コネクテッド・ローンチパッド評価キットは、ARM® Cortex-M4 ベース・マイコン用の低コストのプラットフォームです。キット・デザインは、オンチップの高速暗号化ハードウェア、10/100 イーサネット MAC および PHY、USB 2.0、ハイバネーション・モジュール、モーション・コントロール PWM、および多数の同時シリアル接続を備えた TM4C129ENCPDT マイコンを特長としています。

特長
  • 高性能 TM4C129ENCPDT マイコン:
    • 120MHz 32 ビット ARM(r) Cortex(r)-M4 CPU、浮動小数点対応
    • 1MB のフラッシュ、256KB SRAM、6KB EEPROM
    • 高速暗号化ハードウェア
    • 統合型 10/100 イーサネット MAC+PHY、8 個の 32 ビット・タイマ
    • デュアル 12 ビット 2MSPS ADC、モーション・コントロール PWM
    • USB H/D/O および多数の追加シリアル通信インターフェイス
  • デュアル・スタッカブル・ブースタパック XL 接続サイト
  • オンボードのインサーキット・デバッグ・インターフェイス(ICDI)
  • すぐに使用できる TI RTOS、WolfSSL、および Exosite によるセキュアなクラウド接続のデモ
  • Tivaware や TI RTOS、および多数のツール・チェーン・サポート(CCS、IAR、Keil、IAR、Mentor、GCC)による強力なソフトウェア・サポート
開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要

Tiva™ C シリーズ TM4C129X 開発キットは、10/100 イーサネット MAC + PHYを統合しさまざまな機能を搭載した120MHz の Tiva C シリーズ TM4C129XNCZAD ARM® Cortex™-M4 ベースのマイコンが特長の機能豊富な多用途エンジニアリング・プラットフォームです。

特長
  • カラー LCD インターフェイス
  • USB 2.0 OTG|ホスト|デバイス・ポート
  • TI ワイヤレス EM 接続
  • ブースタパックおよびブースタパック XL インターフェイス
  • クワッド SSI 対応 512Mbit フラッシュ・メモリ
  • MicroSD スロット
  • 拡張インターフェイス・ヘッダー:高速マイコン USB ULPI ポート、イーサネット RMII および MII ポート、メモリ、パラレル・ペリフェラル、他のシステム機能用の外部ペリフェラル・インターフェイス

(...)

開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
699
概要

The K2G Evaluation Module (EVM) enables developers to immediately start evaluating the 66AK2Gx - 600MHz processor, and to accelerate the development of audio, industrial motor control, smart grid protection and other high reliability, real-time compute intensive applications.  Similar to (...)

特長
  • 66AK2G02 C66x DSP+ARM A15 Processor at 600MHz
  • 2-GByte DDR3L with ECC
  • TPS659118 PMIC
  • Audio and Serial expansion headers
  • Processor SDK Linux and TI-RTOS support
  • Supports Gigabit Ethernet
開発キット ダウンロード 699
概要

EVMK2GX(「K2G」とも呼ぶ)1GHz 評価モジュール(EVM)は 66AK2Gx プロセッサ・ファミリの迅速な評価のほか、オーディオ、産業用モーター制御、スマート・グリッド保護、高信頼性リアルタイム・コンピューティング集約型アプリケーションの迅速な開発を可能にします。  既存の KeyStone ベース SoC デバイスと同様に、66AK2Gx の DSP と ARM コアがシステム内のメモリとペリフェラルをすべて制御します。こうしたアーキテクチャは DSP または ARM を中心としたシステム設計を可能にし、ソフトウェアのフレキシビリティを最大限に高めます。

この EVM は Linux と TI-RTOS オペレーティング・システム向けプロセッサ SDK によりサポートされており、USB、PCIe、ギガビット・イーサネットなどの主要ペリフェラルに対応しています。  また、ボード・マネージメント・コントローラ、SD カード・スロット、オンボード XDS200 エミュレータも搭載していることから、ソフトウェアの評価とデバッグを容易にします。  K2G EVM はオーディオ・アプリケーション向けのオプションのコンパニオン・オーディオ・ドーター・カード(AUDK2G)に相互接続します。

特長
  • 1GHz で動作する 66AK2G12 C66x DSP+ARM A15 プロセッサ
  • ECC 付き 2GB DDR3L
  • TPS65911A PMIC
  • オーディオ / シリアル拡張ヘッダー
  • プロセッサ SDK は Linux と TI-RTOS をサポート
開発キット ダウンロード 1049
概要

The K2G 1GHz High Secure Evaluation Module (EVM) enables developers to start  evaluating and testing the programming of the  high secure developmental version of the  66AK2Gx processor, and to accelerate the next stage of secure boot product development of audio and industrial real (...)

特長
  • 66AK2G12 C66x DSP+ARM A15 Processor at 1GHz
  • 2-GByte DDR3L with ECC
  • TPS65911A PMIC
  • Audio and serial expansion headers
  • Processor SDK Linux and TI-RTOS support

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
Stonestreet One Bluetopia に基づく TI Bluetooth スタック
TIBLUETOOTHSTACK-SDK

TI’s dual-mode Bluetooth stack enables Bluetooth + Bluetooth Low Energy and is comprised of Single Mode and Dual Mode offerings implementing the Bluetooth 4.0/4.1/4.2 specification. The Bluetooth stack is fully Bluetooth Special Interest Group (SIG) qualified, certified and royalty-free (...)

特長
  • Supports Dual-mode Bluetooth 4.0/4.10 - Bluetooth certified and royalty free
  • 4.2 Low Energy Secure Connect supported
  • Fully SIG qualified
  • Protocols/Profiles can be selectively enabled/disabled
  • Fully Documented API Interface
  • Classic Profiles Available (varies between the different platforms, see specific (...)
デバッグ・プローブ ダウンロード
XDS100v2 USB JTAG エミュレータ(14 ピン TI コネクタ)
TMDSEMU100V2U-14T Spectrum Digital XDS100v2 は、TI のプロセッサを対象とする XDS100 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの第 2 世代です。XDS100 ファミリには、すべての XDS デバッグ・プローブ・ファミリの中でコストが最小で、従来型の JTAG 規格(IEEE1149.1)もサポートしています。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

注:cJTAG(IEEE1149.7)互換のデバッグ・プローブには XDS100v3 というラベルが付いており、選択したサード・パーティーから入手できます。CC26xx、CC2538、CC13xx いずれかのデバイスをデバッグする場合は、cJTAG が必須です。

Spectrum Digital XDS100v2 は、TI 14 ピン・コネクタとホスト側の USB 2.0 (...)

特長

XDS100v2 は、TI のプロセッサを対象とする低コストの JTAG 搭載 XDS100 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの第 2 世代です。フル機能の JTAG コネクティビティ機能を低コストで提供する XDS100 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスをデバッグするエントリレベルの製品ファミリです。

XDS100v2 は、JTAG デバッグ・ポートを搭載し、TI のすべてのデバイスをサポートする初の XDS100 ファミリで、従来の XDS100v1 技術を代替します。また、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP デバイスで、コア・トレースとシステム・トレースのいずれもサポートしています。

各種 JTAG ヘッダーが市販されるようになっていることから、XDS100 ファミリは TI 14 ピン、TI 20 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンの各コネクタを実装したモデルを採用しました。一部のモデルでは、フレキシビリティを高めるために、デュアル・コネクタを実装しています。

XDS100 ファミリは、従来型の IEEE1149.1(JTAG)と IEEE1149.7(cJTAG)をサポートしており、+1.8V と 3.3V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでも利用可能です。cJTAG をサポートしているのは、低コストの JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの 3 番目の派生製品である XDS100v3 のみです。XDS100v3 デバッグ・プローブは、TI サード・パーティーから入手できます。

すべての (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS200 USB エミュレータ
TMDSEMU200-U Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 (...)

295
特長

XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリです。高い性能と一般的な機能を搭載した低コスト XDS100 と高性能 XDS560v2 の中間に位置する XDS200 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスのデバッグのためのバランス重視のソリューションを提供します。

XDS200 は、販売開始から長い年月が経過している「XDS510」JTAG デバッガ・ファミリに比べ、データ・スループットが高いほか、ARM シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しており、コスト低減を可能にします。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、すべての XDS200 派生製品は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。この製品に加えて、すべての派生製品は、TI と ARM の標準的な JTAG ヘッダーに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタも採用しています(付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS200 は、従来型の IEEE1149.1(JTAG)、IEEE1149.7(cJTAG)、ARM のシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)をサポートしており、+1.5V ~ 4.1V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とは、同じく 2 本のピンを使用して、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

すべての XDS200 モデルは、ホストへの接続のために、USB2.0 ハイスピード(480Mbps)をサポートしており、一部のモデルではイーサネット 10/100Mbps もサポートしています。また、一部のモデルではターゲット・ボードでの消費電力監視をサポートしています。

XDS200 ファミリには、TI の (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Blackhawk XDS560v2 システム・トレース USB エミュレータ
TMDSEMU560V2STM-U The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

995
特長

XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS560v2 システム・トレース USB およびイーサネット
TMDSEMU560V2STM-UE The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

1495
特長
  • XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

ドライバとライブラリ ダウンロード
TM4C MCU 上の TI デュアルモード Bluetooth® スタック
CC256XM4BTBLESW Bluetooth + Bluetooth Low Energy に対応した TM4C マイコン用のソフトウェアに搭載されている TI のデュアル・モード Bluetooth スタックにより、TM4C12x マイコンで Bluetooth 4.0 仕様を有効にし、シングル・モードとデュアル・モードを採用した製品で Bluetooth 4.0 仕様を実装することができます。Bluetooth スタックは包括的な認定取得済み(QDID 37180 と QDID 42849)であり、付属の簡潔なコマンドライン・サンプル・アプリケーションを使用して開発期間の短縮と、請求に基づく MFI 機能の利用も可能です。

CC256XM4BTBLESW は TI のハードウェア開発キットである DK-TM4C123G と DK-TM4C129X と直接組み合わせて動作させることができ、包括的な評価ソリューションを実現します。さらに、TM4C12x マイコンで使用できるスタックは認定取得済みで、ロイヤリティ・フリーです。

このソフトウェアはすべての CC256x EM ボード(CC256XQFNEM と (...)

特長
  • デュアル・モード Bluetooth 4.0 のサポート - Bluetooth 認定取得済みでロイヤリティ・フリー
  • Bluetooth スタックは包括的に認定取得済み(QDID 37180 および QDID 42849)
  • 全面的にスレッド・セーフ
  • スレッド化環境(RTOS)と、スレッド化されていない環境(OS なし)をサポート
  • 包括的に文書化された API インターフェイス
  • 128KB 以上のフラッシュを搭載したすべての TM4C マイコンで動作
  • 以下のマイコン開発キットではサンプル・アプリケーションが使用可能。
    • DK-TM4C123G
    • DK-TM4C129
  • 各種プロトコル/プロファイルを選択的に有効化/無効化することが可能
  • CCS、Keil、IAR の各 IDE をサポート
  • 従来型の各種プロファイルが使用可能です
    • A2DP(Advanced Audio Distribution Profile、先進的なオーディオ配布プロファイル):A3DP の実装
    • AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile、オーディオ/ビデオ・リモート制御プロファイル)
    • GAP(Generic Access Profile。汎用アクセス制御)
    • GAVDP(Generic Audio/Video Distribution Profile、汎用オーディオ/ビデオ配布プロファイル)
    • HFP(Hands Free (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
TM4x MCU Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)
CCSTUDIO-TM4X

Download the latest version of Code Composer Studio

Code Composer Studio™ - Integrated Development Environment for TM4x ARM® Cortex™-M Microcontrollers

 

Code Composer Studio is an integrated development environment (IDE) that supports TI's Microcontroller and Embedded Processors portfolio. Code Composer Studio comprises a suite of tools used to develop (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
Energia
ENERGIA Energia は、オープン・ソースでコミュニティ指向の統合開発環境(IDE)およびソフトウェア・フレームワークです。配線フレームワークをベースとする Energia は、マイコンのプログラミングを対象にして、直感的なコーディング環境と、使いやすい機能 API やライブラリからなる堅牢なフレームワークを実現します。Energia は多くの TI 製プロセッサをサポートしており、主に ローンチパッド 開発エコシステムで使用可能なプロセッサが対象です。Energia はオープン・ソースであり、ソース・コードは github www.github.com/energia/energia で入手できます。

Energia のサポートについては、43oh.com フォーラムをご確認ください

特長
  • シリアル・モニタ/端末内蔵のシンプルで使いやすいコード・エディタとコンパイラ
  • マイコンのペリフェラルを制御するための直感的な機能 API(digitalRead、digitalWrite、Serial.print など)からなる堅牢なフレームワークを実現
  • さまざまな TI 製組込みデバイス(MSP430、TM4C、CC3200、C2000 など)をサポート
  • オープン・ソースで GitHub によりホスト
  • より高度なライブラリ(Wi-Fi、イーサネット、ディスプレイ、センサなど)も使用可能
  • IDE でより多くの機能が必要な場合開発した Energia プロジェクトを Code Composer Studio v6 にシームレスに移行することができ、その結果、デベロッパーは LaunchPad キットのオンボード・デバッガを活用できます。
プログラミング・ツール ダウンロード
UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family
UNIFLASH サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。Uniflash には、GUI、コマンド・ライン、スクリプト・インターフェイスがあります。CCS Uniflash は無料で利用できます。

サポート・ソフトウェア ダウンロード
SPMC023A.ZIP (29 KB)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPMM820.ZIP (6 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPMM840.ZIP (895 KB) - IBIS Model
計算ツール ダウンロード
ピン・マルチプレクサ・ユーティリティ、ARM MPU プロセッサ(AM389x、AM35x、AM/DM37x、C6A816x、DM816x、OMAP35x)用
PINMUXTOOL The Pin MUX Utility is a software tool which provides a Graphical User Interface for configuring pin multiplexing settings, resolving conflicts and specifying I/O cell characteristics for TI MPUs. Results are output as C header/code files that can be imported into software development kits (SDKs) or (...)
回路図 ダウンロード
SPMR237.ZIP (15 KB)
回路図 ダウンロード
SPMR238.ZIP (55 KB)
回路図 ダウンロード
SPMR239.PDF (255 KB)

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 TM4C129XNCZAD が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
(ZAD) 212 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ