トップ

製品の詳細

パラメータ

Type 2D Latch Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 2.5 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 38 Operate point (Max) (mT) 2.6 Release point (Min) (mT) -2.6 Output Open drain Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

パッケージ|ピン|サイズ

SOT-23 (DBV) 5 open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

特長

  • 2D sensing with planar and vertical hall sensors
  • Inherent quadrature independent of magnet alignment or magnet pole pitch
  • Two functional options available:
    • TMAG5110: independent 2D outputs
    • TMAG5111: speed and direction outputs
  • Ultra-high magnetic sensitivity:
    • TMAG511xx2: ±1.4 mT (typical)
    • TMAG511xx4: ±3 mT (typical)
  • Fast 40-kHz sensing bandwidth
  • 2.5-V to 38-V operating VCC range
  • Open-drain output (10-mA sink)
  • Wide ambient operating temperature range:
    • –40 °C to +125 °C
  • Protection Features
    • Reverse Supply Protection (up to –20 V)
    • Device survives up to 40-V
    • Output Short-Circuit Protection
    • Output Current Limitation

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

概要

The TMAG5110and TMAG5111 are 2-dimensional, dual Hall-effect latches operating from a 2.5-V to 38-V power supply. Designed for high-speed and high-temperature motor applications, these devices are optimized for applications leveraging rotating magnets. Integrating two sensors and two separate signal chains the TMAG511x offers two independent digital outputs giving speed and direction calculation (TMAG5111) or giving directly the digital output of each independent latches (TMAG5110). This high level of integration allow the use of a single TMAG511x device instead of two separate latches.

The device is offered in a standard 3-mT operating point, as well as a high-sensitivity 1.4-mT operating point. The higher magnetic sensitivity provides flexibility in low-cost magnet selection and mechanical component placement. The TMAG511x is also available in three 2-axis combination options (X-Y, Z-X, Z-Y) to allow flexible placement of the sensor relative to the magnet.

The device performs consistently across a wide ambient temperature range of –40 °C to +125 °C.

open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能およびピン配置は同じだが、同等ではない比較製品
新製品 TMAG5110 アクティブ 2 次元、デュアルチャネル、高感度、ホール・エフェクト・ラッチ 独立したホール出力付き 2D ラッチ
類似しているが機能が同等ではない比較製品
DRV5013 アクティブ 高電圧 (最大 38V)、広帯域 (30kHz)、ホール・エフェクト・ラッチ 高電圧 (38V) 動作向け3線式ラッチ
DRV5015 アクティブ 高感度 (±2mT、ミリテスラ)、低電圧 (最大 5.5V)、ホール・エフェクト・ラッチ 低電圧 (5.5V) 動作用3線式ラッチ

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 4
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TMAG511x 2D, Dual-Channel, High-Sensitivity, Hall-Effect Latch データシート (Rev. B) 2021年 3月 25日
ユーザー・ガイド TMAG511xEVM User's Guide (Rev. A) 2021年 4月 7日
技術記事 3 common design pitfalls when designing with Hall-effect sensors – and how to avoid them 2021年 1月 7日
アプリケーション・ノート Reducing Quadrature Error for Incremental Rotary Encoding Using Two-Dimension Du (Rev. A) 2020年 1月 18日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
10
概要
Speed up your switch, latch and linear hall sensor prototyping and testing with the HALL-ADAPTER-EVM, which provides a fast, easy and inexpensive way to interface with small ICs. You can connect any supported Hall Sensor using the included Samtec terminal strips or wire them directly to existing (...)
特長
  • Evaluation of all SOT-23 and TO-92 hall sensor devices from TI
  • Pads for pullup resistors and bypass caps on the breakaway boards
  • Magnet and breakaway PCB ruler included

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBV) 5 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ