トップ

製品の詳細

パラメータ

Local sensor accuracy (Max) (+/- C) 0.5 Operating temperature range (C) -40 to 125 Supply voltage (Min) (V) 2.7 Supply voltage (Max) (V) 5.5 Device type Local Interface I2C, SMBus, 2-Wire Supply current (Max) (uA) 85 Temp resolution (Max) (bits) 12 Features ALERT, One-shot conversion Remote channels (#) 0 Addresses 8 Rating Catalog Approx. price (US$) 0.87 | 1ku open-in-new その他の デジタル温度センサ

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 8 19 mm² 3.91 x 4.9 VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9 open-in-new その他の デジタル温度センサ

特長

  • 高精度
    • -20℃~100℃の範囲で±0.5℃ (最大値)
    • -40℃~125℃の範囲で±1℃(最大値)
  • 低い静止電流
    • 50µA (標準値)
    • スタンバイ時0.1µA
  • 分解能: 9~12ビット、ユーザー選択可能
  • デジタル出力: SMBus™、2線式、およびI2Cインターフェイスとの互換性
  • 8つのI2C/SMBusアドレス
  • 広い電源電圧範囲: 2.7V~5.5V
  • 小型のVSSOP-8およびSOIC-8パッケージ
  • 特定の電源オン・シーケンスが不要、2線式バスのプルアップをV+より前にイネーブル可能

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の デジタル温度センサ

概要

TMP275は12ビットのアナログ/デジタル・コンバータ(ADC)を搭載し、±0.5℃の精度を持つ統合デジタル温度センサで、最低2.7Vの電源電圧で動作し、テキサス・インスツルメンツのLM75、TMP75、TMP75B、TMP175デバイスとピンおよびレジスタ互換です。このデバイスはSOIC-8およびVSSOP-8パッケージで供給され、外付け部品なしに温度を検出できます。TMP275は最大0.0625℃ (12ビット)、最小0.5℃ (9ビット)の分解能で温度を読み取ることができるため、ユーザーは最大分解能または最短変換時間をプログラムして効率を最大化できます。このデバイスは、-40℃~125℃の温度範囲で動作が規定されています。

TMP275デバイスにはSMBusおよび2線式インターフェイスとの互換性があり、8つまでのデバイスを同じバスに接続でき、SMBusの過熱アラート機能を使用できます。出荷時較正済みの温度精度と、ノイズ耐性のあるデジタル・インターフェイスにより、TMP275は他のセンサや電子部品の温度補償に適したソリューションとして、システムレベルでの追加較正や基板の複雑なレイアウトを必要とせずに分散温度センシングが可能です。

open-in-new その他の デジタル温度センサ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TMP275 I2CおよびSMBusインターフェイス付きで業界標準のLM75フォーム・ファクタおよびピン配置の±0.5℃温度センサ データシート (Rev. F 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.F) 2018年 9月 26日
技術記事 How to choose the right thermistor for your temperature sensing application 2020年 2月 12日
技術記事 How to enable thermal safety for automotive infotainment and cluster systems 2019年 10月 15日
技術記事 Driving industrial innovation with small-size sensors 2019年 9月 12日
アプリケーション・ノート Calculating Useful Lifetimes of Temperature Sensors 2018年 7月 6日
技術記事 How sensor technology is evolving to meet cold chain needs 2018年 6月 18日
アプリケーション・ノート Applying I2C Compatible Temperature Sensors in Systems with Slow Clock Edges 2013年 5月 6日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ソフトウェア開発

ドライバとライブラリ ダウンロード
Linux ドライバ、LM75 用
LM75SW-LINUX この Linux ドライバは、LM75 互換の各種温度センサをサポートしています。また、この Linux ドライバは I2C バス経由の通信をサポートしており、ハードウェア監視サブシステムとのインターフェイスとして機能します。
Linux のメインライン・ステータス

Linux メインラインで利用可能か:はい
git.ti.com から入手可能か:N/A

サポート対象デバイス:
  • LM75A
  • TMP100
  • TMP101
  • TMP105
  • TMP112
  • TMP175
  • TMP275
  • TMP75
  • TMP1075
Linux ソース・ファイル

このデバイスに関連付けられているファイル:

  1. drivers/hwmon/lm75.c
  2. Documentation/devicetree/bindings/i2c/trivial-devices.txt
  3. drivers/hwmon/lm75.h
  4. Documentation/hwmon/lm75
ソース・ファイル

drivers/hwmon/lm75.c

Linux デバイス・ツリー・ドキュメント

(...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLOM204.ZIP (22 KB) - IBIS Model

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
スマート・グリッド・アプリケーション向け高精度温度、光センシング、診断のリファレンス・デザイン
TIDA-00811 — This reference design provides accurate measurements of ambient light intensity used to detect arc flash faults with a fast response of 1 ms, protecting or minimizing damages to power distribution switchgear. This design also monitors temperature (using switch, analog, digital or remote ), humidity (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
温度センサー・インターフェイス・モジュール、プログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)用
TIDA-00018 TIDA-00018 リファレンス・デザインにより、24 ビット・デルタ-シグマ ADC と、広く使用されている熱電対や RTD などの温度センサを使用した高精度の温度測定ソリューションの開発期間を短縮することができます。この設計ガイドでは、産業用アプリケーションの温度測定に適した高精度で堅牢な設計を実現するために必要な、センサ・シグナル・コンディショニング、熱電対冷接点補償、RTD 向けレシオメトリック測定テクニック、推奨ソフトウェア・フロー、センサ・リニアライゼーション、センサ診断、過渡保護、PCB レイアウト、およびその他の設計上の実際的な考慮事項を扱っています。温度センサ・インターフェイス・モジュールは、小型センサ信号測定に欠かせない絶縁性能の高い設計です。このリファレンス・デザインの中核は、DC センシング・アプリケーション向けに高分解能、高集積、低雑音、低コストの包括的なセンサ・アナログ・フロント・エンド(AFE)を提供する 24 ビット・デルタ-シグマ A/Dコンバータ です。また、この A/Dコンバータ は、さまざまなセンサのインターフェイスに適しており、これを使用すると基板面積の削減、設計労力の軽減、市場投入期間の短縮、BOM コストの削減を実現できます。さらに、外部保護回路は、法規制に関する IEC61000-4 EFT、ESD、およびサージ規格の適合性試験に合格しています。IEC61000-4 への準拠は、設計としての通用性を維持するだけでなく、苛酷で雑音の多い産業環境における動作を確実にする意味でも欠かせません。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示