トップ

製品の詳細

パラメータ

Arm CPU 1 Arm9 Arm MHz (Max.) 135, 216, 270 DSP 0 Operating system Neutrino, PrOS, Integrity, Windows Embedded CE, Linux Video acceleration 1 MJCP Video port (configurable) 1 Dedicated Input, 1 Dedicated Output On-chip L2 cache/RAM 0 DRAM LPDDR, DDR2 PCI/PCIe 0 Ethernet MAC 0 USB 1 SPI 3 I2C 1 UART (SCI) 3 Operating temperature range (C) -40 to 100, 0 to 85 Rating Catalog open-in-new その他の メディア・プロセッサとオーディオ・プロセッサ

パッケージ|ピン|サイズ

NFBGA (ZCE) 337 169 mm² 13 x 13 open-in-new その他の メディア・プロセッサとオーディオ・プロセッサ

特長

  • Get started today with production-ready, easy-to-use audio and video codecs for digital media processors based on DaVinci™ technology. Also available are various O/S Board Support Packages and software updates. All codecs are available for FREE evaluation. REQUEST FREE SOFTWARE!
  • High-Performance Digital Media System-on-Chip (DMSoC)
  • Up to 270-MHz ARM926EJ-S™ Clock Rate
  • MPEG4/JPEG Coprocessor Supports
    • Up to 720p MPEG4 SP
    • Up to 50M Pixels per Second JPEG
  • Video Processing Subsystem
    • Hardware IPIPE for Real-Time Image Processing
    • Up to 14-bit CCD/CMOS Digital Interface
    • Histogram Module
    • Resize Image 1/16x to 8x
    • Hardware On-Screen Display
    • Supports digital HDTV (720p/1080i) output for connection to external encoder
  • Peripherals include DDR and mDDR SDRAM, 2 MMC/SD/SDIO and SmartMedia Flash Card Interfaces, USB 2.0, 3 UARTs and 3 SPIs
  • Configurable Power-Saving Modes
  • On-Chip ARM ROM Bootloader (RBL) to Boot From NAND Flash, MMC/SD, or UART
  • Extended Temperature 135- and 216-MHz Devices are Available
  • 3.3-V and 1.8-V I/O, 1.3-V Core
  • Debug Interface Support
  • 337-Pin Ball Grid Array at 65 nm Process Technology
  • High-Performance Digital Media System-on-Chip
    • 135-, 216-, and 270-MHz ARM926EJ-S Clock Rate
    • Fully Software-Compatible With ARM9
    • Extended Temperature support for 135- and 216-Mhz Devices are Available
  • ARM926EJ-S Core
    • Support for 32-Bit and 16-Bit (Thumb Mode) Instruction Sets
    • DSP Instruction Extensions and Single Cycle MAC
    • ARM® Jazelle® Technology
    • EmbeddedICE-RT™ Logic for Real-Time Debug
  • ARM9 Memory Architecture
    • 16K-Byte Instruction Cache
    • 8K-Byte Data Cache
    • 32K-Byte RAM
    • 8K-Byte ROM
    • Little Endian
  • MPEG4/JPEG Coprocessor
    • Fixed Function Coprocessor Supports:
      • MPEG4 SP Codec at HD (720p), D1, VGA, SIF
      • JPEG Codec up to 50M Pixels per Second
  • Video Processing Subsystem
    • Front End Provides:
      • Hardware IPIPE for Real-Time Processing
      • up to 14-bit CCD/CMOS Digital Interface
      • 16-/8-bit Generic YcBcR-4:2 Interface (BT.601)
      • 10-/8-bit CCIR6565/BT655 Interface
      • Up to 75-MHz Pixel Clock
      • Histogram Module
      • Resize Engine
        • Resize Images From 1/16x to 8x
        • Separate Horizontal/Vertical Control
        • Two Simultaneous Output Paths
    • Back End Provides:
      • Hardware On-Screen Display (OSD)
      • Composite NTSC/PAL video encoder output
      • 8-/16-bit YCC and Up to 18-Bit RGB666 Digital Output
      • BT.601/BT.656 Digital YCbCr 4:2:2 (8-/16-Bit) Interface
      • Supports digital HDTV (720p/1080i) output for connection to external encoder
  • External Memory Interfaces (EMIFs)
    • DDR2 and mDDR SDRAM 16-bit wide EMIF With 256 MByte Address Space (1.8-V I/O)
    • Asynchronous16-/8-bit Wide EMIF (AEMIF)
      • Flash Memory Interfaces
        • NAND (8-/16-bit Wide Data)
        • OneNAND(16-bit Wide Data)
  • Flash Card Interfaces
    • Two Multimedia Card (MMC) / Secure Digital (SD/SDIO)
    • SmartMedia
  • Enhanced Direct-Memory-Access (EDMA) Controller (64 Independent Channels)
  • USB Port with Integrated 2.0 High-Speed PHY that Supports
    • USB 2.0 Full and High-Speed Device
    • USB 2.0 Low, Full, and High-Speed Host
  • Three 64-Bit General-Purpose Timers (each configurable as two 32-bit timers)
  • One 64-Bit Watch Dog Timer
  • Three UARTs (One fast UART with RTS and CTS Flow Control)
  • Three Serial Port Interfaces (SPI) each with two Chip-Selects
  • One Master/Slave Inter-Integrated Circuit (I2C) Bus®
  • Two Audio Serial Port (ASP)
    • I2S and TDM I2S
    • AC97 Audio Codec Interface
    • S/PDIF via Software
    • Standard Voice Codec Interface (AIC12)
    • SPI Protocol (Master Mode Only)
  • Four Pulse Width Modulator (PWM) Outputs
  • Four RTO (Real Time Out) Outputs
  • Up to 104 General-Purpose I/O (GPIO) Pins (Multiplexed with Other Device Functions)
  • On-Chip ARM ROM Bootloader (RBL) to Boot From NAND Flash, MMC/SD, or UART
  • Configurable Power-Saving Modes
  • Crystal or External Clock Input (typically 24 MHz or 36 MHz)
  • Flexible PLL Clock Generators
  • Debug Interface Support
    • IEEE-1149.1 (JTAG) Boundary-Scan-Compatible
    • ETB (Embedded Trace Buffer) with 4K-Bytes Trace Buffer memory
    • Device Revision ID Readable by ARM
  • 337-Pin Ball Grid Array (BGA) Package (ZCE Suffix), 0.65-mm Ball Pitch
  • 90nm Process Technology
  • 3.3-V and 1.8-V I/O, 1.3-V Internal

Windows is a trademark of Microsoft.
All other trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の メディア・プロセッサとオーディオ・プロセッサ

概要

The DM355 is a highly integrated, programmable platform for digital still camera, digital photo frames, IP security cameras, 4-channel digital video recorders, video door bell application, and other low cost portable digital video applications. Designed to offer portable video designers and manufacturers the ability to produce affordable portable digital video solutions with high picture quality, the DM355 combines high performance MPEG4 HD (720p) codecs and JPEG codecs up to 50M pixels per second, high quality, and low power consumption at a very low price point. The DM355 also enables seamless interface to most additional external devices required for a complete digital camera implementation. The interface is flexible enough to support various types of CCD and CMOS sensors, signal conditioning circuits, power management, DDR/mDDR memory, SRAM, NAND, shutter, Iris and auto-focus motor controls, etc.

The DM355 processor core is an ARM926EJ-S RISC processor. The ARM926EJ-S is a 32-bit processor core that performs 32-bit and 16-bit instructions and processes 32-bit, 16-bit, and 8-bit data. The core uses pipelining so that all parts of the processor and memory system can operate continuously. The ARM core incorporates:

  • A coprocessor 15 (CP15) and protection module
  • Data and program Memory Management Units (MMUs) with table look-aside buffers.
  • Separate 16K-byte instruction and 8K-byte data caches. Both are four-way associative with virtual index virtual tag (VIVT).

DM355 performance is enhanced by its MPEG4/JPEG coprocessor. The MPEG4/JPEG coprocessor performs the computational operations required for image processing; JPEG compression and MPEG4 video and imaging standard. The MPEG4/JPEG coprocessor supports MPEG4 SP at HD (720p), D1, VGA, SIF encode/decode resolutions and JPEG encode/decode up to 50M pixels per second.

The DM355 device has a Video Processing Subsystem (VPSS) with two configurable video/imaging peripherals:

  • A Video Processing Front-End (VPFE)
  • A Video Processing Back-End (VPBE)

The VPFE port provides an interface for CCD/CMOS imager modules and video decoders. The VPBE provides hardware On Screen Display (OSD) support and composite NTSC/PAL and digital LCD output.

The DM355 peripheral set includes:

  • An inter-integrated circuit (I2C) Bus interface
  • Two audio serial ports (ASP)
  • Three 64-bit general-purpose timers each configurable as two independent 32-bit timers
  • A 64-bit watchdog timer
  • Up to 104-pins of general-purpose input/output (GPIO) with programmable interrupt/event generation modes, multiplexed with other peripherals
  • Three UARTs with hardware handshaking support on one UART
  • Three serial port Interfaces (SPI)
  • Four pulse width modulator (PWM) peripherals
  • Four real time out (RTO) outputs
  • Two Multi-Media Card / Secure Digital (MMC/SD/SDIO) interfaces
  • Wireless interfaces (Bluetooth, WLAN, WUSB) through SDIO
  • A USB 2.0 full and high-speed device and host interface
  • Two external memory interfaces:
    • An asynchronous external memory interface (AEMIF) for slower memories/peripherals such as NAND and OneNAND.
    • A high speed synchronous memory interface for DDR2/mDDR.

For software development support the DM355 has a complete set of ARM development tools which include: C compilers, assembly optimizers to simplify programming and scheduling, and a Windows™ debugger interface for visibility into source code execution.

open-in-new その他の メディア・プロセッサとオーディオ・プロセッサ
ダウンロード

No TI direct design support available

This product does not have ongoing direct TI design support for new projects, such as new content or software updates. If relevant existing collateral, software and tools are available, you can find them on the product folder. You may also search for archived information in the TI E2ETM support forums.

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 43
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TMS320DM355 Digital Media System-on-Chip (DMSoC) データシート 2010年 6月 24日
* エラッタ TMS320DM355 Digital Media System-on-Chip Silicon Errata 2010年 6月 24日
ユーザー・ガイド SYS/BIOS (TI-RTOS Kernel) User's Guide 2020年 6月 1日
アプリケーション・ノート High-Speed Interface Layout Guidelines 2018年 10月 11日
ユーザー・ガイド SYS/BIOS (TI-RTOS Kernel) User's Guide 2018年 2月 7日
アプリケーション・ノート Powering the DM335 and DM355 with the TPS650061 2011年 10月 13日
アプリケーション・ノート Migrating From TMS320DM35x to TMS320DM36x Devices 2011年 6月 2日
その他の技術資料 Multi-Megapixel Reference Designs 2011年 3月 22日
アプリケーション・ノート TMS320DM355/335 Migration Guide (Silicon revision 1.1, 1.3 and 1.4) 2011年 1月 5日
ユーザー・ガイド TMS320DM35x DMSoC Pulse-Width Modulator (PWM) User's Guide 2010年 8月 25日
ユーザー・ガイド TMS320DM355 Digital Media System-on-Chip ARM Subsystem Reference Guide 2010年 8月 4日
アプリケーション・ノート TMS320DM355 Power Consumption for Common Application Usage Scenarios 2010年 7月 16日
その他の技術資料 TMS320DM3x DaVinci Video Processors 2010年 4月 11日
アプリケーション・ノート TMS320DM64xx USB Compliance Checklist 2010年 3月 10日
アプリケーション・ノート Implementing DDR2/mDDR PCB Layout on the TMS320DM35x DMSoC 2009年 11月 11日
アプリケーション・ノート LSP 2.00 DaVinci Linux Drivers 2009年 7月 8日
その他の技術資料 DaVinci™ テクノロジーで開発された TMS320DM3x デジタル・メディア・プロセッサ 英語版をダウンロード 2009年 4月 2日
その他の技術資料 Complimentary Analog Devices for DM355 Digital Media Processor 2009年 2月 17日
ユーザー・ガイド TMS320DM355 DVEVM v1.30 Getting Started Guide 2008年 12月 31日
ユーザー・ガイド TMS320DM35x Digital Media System-on-Chip Video Processing Back End (VPBE) RG 2008年 10月 16日
その他の技術資料 DaVinci Technology Overview Brochure 2008年 9月 27日
アプリケーション・ノート EDMA v2.0 to EDMA v3.0 (EDMA3) Migration Guide 2008年 8月 21日
ユーザー・ガイド TMS320DM355 DVEVM (TMDSEVM355 Evaluation Module Kit) 入門マニュアル 2008年 8月 17日
アプリケーション・ノート TMS320DM355 DSP Power Reference Design PR742 2008年 8月 8日
アプリケーション・ノート Understanding TI’s PCB Routing Rule-Based DDR Timing Specification 2008年 7月 17日
ユーザー・ガイド TMS320DM35x Digital Media System-on-Chip Video Processing Front End (VPFE) RG 2008年 6月 30日
アプリケーション・ノート Building a Small Embedded Linux Kernel Example 2008年 5月 27日
ユーザー・ガイド TMS320DM35x DMSoC General-Purpose Input/Output (GPIO) User's Guide 2008年 3月 18日
ユーザー・ガイド TMS320DM35x DMSoC Universal Serial Bus (USB) User's Guide 2008年 3月 13日
ユーザー・ガイド TMS320DM355 DVEVM インストール・ガイド (Getting Started Guide) 最新の英語版をダウンロード (Rev.B) 2007年 12月 13日
ユーザー・ガイド TMS320DM355 DMSoC Peripherals Overview Reference Guide 2007年 12月 7日
ユーザー・ガイド TMS320DM35x DMSoC Multimedia Card(MMC)/Secure Digital(SC)(SDIO) Card Controller 2007年 11月 28日
ユーザー・ガイド TMS320DM35x DMSoC DDR2/mDDR Memory Controller User's Guide 2007年 11月 19日
ユーザー・ガイド TMS320DM350 DMSoC Asynchronous External Memory Interface (EMIF) User's Guide 2007年 10月 23日
ユーザー・ガイド TMS320DM350 DMSoC Enhanced DMA (EDMA) User's Guide 2007年 10月 23日
ユーザー・ガイド TMS320DM35x DMSoC Serial Peripheral Interface (SPI) User's Guide 2007年 10月 16日
その他の技術資料 TMS320DM355 DaVinci FAQ 2007年 9月 27日
ユーザー・ガイド TMS320DM350 DMSoC Audio Serial Port (ASP) User's Guide 2007年 9月 4日
ユーザー・ガイド TMS320DM350 DMSoC Inter-Integrated Circuit (I2C) Module User's Guide 2007年 9月 4日
ユーザー・ガイド TMS320DM350 DMSoC Timer/Watchdog Timer User's Guide 2007年 9月 4日
ユーザー・ガイド TMS320DM350 DMSoC Universal Asynchronous Receiver/Transmitter (UART) UG 2007年 9月 4日
ユーザー・ガイド TMS320DM350 Digital Media Processor Real Time Out (RTO) Reference Guide 2007年 9月 4日
その他の技術資料 DaVinci Newsletter - Fall 2007 Issue 2007年 8月 14日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
Linux デジタル・ビデオ・ソフトウェア開発キット(DVSDK)v2x/v3x - DaVinci デジタル・メディア・プロセッサ
LINUXDVSDK-DV 発効日:2010 年 10 月 - Linux DVSDK v4 のリリース日。 上記に掲載されていない各種 DaVinci™ デバイスについては、ご希望のデバイスの型番を TIウェブサイトで検索してください。今後、この製品ページに、お客様がご使用になっている最新の DVSDK へのリンクを掲載する予定です。

DaVinci システムのインテグレータの皆様は、Linux&trade (...)

特長

Linux DaVinci デジタル・ビデオ・ソフトウェア開発キット (DVSDK) のどのバージョンも、DaVinci テクノロジー・ベースのデバイス上でマルチメディア・アプリケーションの開発を開始するために必要とされるすべてのソフトウェア・コンポーネントとツールを組み合わせたものです。 

 

DVSDK v3.10 - DM355 と DM6467T (1 GHz) – PRODUCTION
Linux DaVinci DVSDK v3.10 は、これらのデバイス上でマルチメディア・アプリケーションの開発を開始するために必要とされるすべてのソフトウェア・コンポーネントとツールを組み合わせたものです。

  • DM6467T Codec Server - H.264 HP Dec、H.264 BP Enc、MPEG-2 MP Dec、AAC LC Enc/Dec、G.711 Enc/Dec、TI Codec Engine など。
  • DM355 Codecs – MPEG4 SP Enc/Dec、JPEG Enc/Dec
  • Linux Kernel Port - この Linux (...)
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
マルチメディア・フレームワーク製品(MFP)- コーデック・エンジン、フレームワーク・コンポーネントおよび XDAIS
TMDMFP Multimedia Framework Products (MFP)

A major advantage of programmable DSPs over fixed-function devices is their ability to accelerate multiple multimedia functions in a single device. TI multimedia framework products are designed to enable users to easily share a DSP between algorithms by handling (...)

特長
Multimedia Framework Products (MFP) - Codec Engine and xDAIS Framework Components

Codec Engine - Codec Engine is a codec execution framework that automates the invocation and instantiation of eXpressDSP-compliant codecs and algorithms. Codec Engine can execute in ARM-only, ARM-DSP, or DSP-only (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS200 USB エミュレータ
TMDSEMU200-U Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 (...)

295
特長

XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリです。高い性能と一般的な機能を搭載した低コスト XDS100 と高性能 XDS560v2 の中間に位置する XDS200 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスのデバッグのためのバランス重視のソリューションを提供します。

XDS200 は、販売開始から長い年月が経過している「XDS510」JTAG デバッガ・ファミリに比べ、データ・スループットが高いほか、ARM シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しており、コスト低減を可能にします。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、すべての XDS200 派生製品は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。この製品に加えて、すべての派生製品は、TI と ARM の標準的な JTAG ヘッダーに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタも採用しています(付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS200 は、従来型の IEEE1149.1(JTAG)、IEEE1149.7(cJTAG)、ARM のシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)をサポートしており、+1.5V ~ 4.1V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とは、同じく 2 本のピンを使用して、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

すべての XDS200 モデルは、ホストへの接続のために、USB2.0 ハイスピード(480Mbps)をサポートしており、一部のモデルではイーサネット 10/100Mbps もサポートしています。また、一部のモデルではターゲット・ボードでの消費電力監視をサポートしています。

XDS200 ファミリには、TI の (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Blackhawk XDS560v2 システム・トレース USB エミュレータ
TMDSEMU560V2STM-U The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

995
特長

XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS560v2 システム・トレース USB およびイーサネット
TMDSEMU560V2STM-UE The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

1495
特長
  • XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

オペレーティング・システム(OS) ダウンロード
Mentor Graphics Nucleus RTOS
Mentor Graphics Corporation からの提供 — ソフトウェア主導のパワー・マネージメントは、バッテリ動作または電力枠の少ない組込みシステムにとって不可欠です。Nucleus RTOS の一部としてパワー・マネージメント・フレームワークを搭載した、人気のある TI デバイスを採用すると、最新の省電力機能を組み込み分野の開発で活用できます。デベロッパーの皆様が、ハードウェアに依存しない抽象化 API を使用してアプリケーションの要件を指定すると、電力モードを意識する必要のある部品を Nucleus が自動的に検出し、設計プロセスの簡素化、コード再利用の促進、開発期間の短縮を支援します。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM262B.ZIP (8 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM271A.ZIP (234 KB) - IBIS Model
回路図 ダウンロード
SLVR330A.PDF (294 KB)
回路図 ダウンロード
SLVR331B.PDF (381 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
Powering the TMS320DM335 and TMS320DM355 with the TPS650061
PR2047 — TI 製 DM335/355 プロセッサ用の低コスト統合型パワー・ソリューション
設計ファイル

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
NFBGA (ZCE) 337 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ