トップ

製品の詳細

パラメータ

CPU C28x Frequency (MHz) 100 Flash memory (KB) 128 RAM (KB) 24 ADC resolution 12-bit Total processing (MIPS) 100 Features FPU32 UART 1 SCI, 2 LIN CAN (#) 1 Sigma-delta filter 0 PWM (Ch) 14 open-in-new その他の C2000 リアルタイム・マイコン

パッケージ|ピン|サイズ

LQFP (PM) 64 100 mm² 10 x 10 LQFP (PN) 80 196 mm² 14 x 14 LQFP (PT) 48 81 mm² 9 x 9 open-in-new その他の C2000 リアルタイム・マイコン

特長

  • 100MHz の TMS320C28x 32 ビット DSP コア
    • IEEE 754 浮動小数点ユニット (FPU)
      • 高速整数除算 (FINTDIV) をサポート
    • 三角関数算術演算ユニット (TMU)
      • 非線形比例積分微分 (NLPID) 制御をサポート
    • CRC エンジンおよび命令 (VCRC)
    • 10 のハードウェア・ブレークポイント (ERAD による)
  • オンチップ・メモリ
    • 128KB (64KW) のフラッシュ (ECC 保護)
    • 24KB (12KW) の RAM (ECC またはパリティ保護)
    • デュアル・ゾーンのセキュリティ
  • クロックおよびシステム制御
    • 2 つの内部ゼロ・ピン 10MHz 発振器
    • オンチップの水晶発振器または外部クロック入力
    • ウィンドウ付きウォッチドッグ・タイマ・モジュール
    • クロック消失検出回路
    • デュアル・クロック・コンパレータ (DCC)
  • 3.3V 単電源
    • 内部 VREG 生成
    • ブラウンアウト・リセット (BOR) 回路
  • システム・ペリフェラル
    • 6 チャネル DMA (Direct Memory Access) コントローラ
    • 39 の個別にプログラム可能な多重化された汎用入出力 (GPIO) ピン
    • アナログ・ピン上の 16 のデジタル入力
    • 強化ペリフェラル割り込み拡張 (ePIE)
    • 多様な低消費電力モード (LPM) のサポート
    • 組み込みのリアルタイム解析および診断 (ERAD)
    • 固有の識別 (UID) 番号
  • 通信ペリフェラル
    • 1 つの電力管理バス (PMBus) インターフェイス
    • 2 つの I2C (Inter-integrated Circuit) インターフェイス
    • 1 つの CAN (Controller Area Network) バス・ポート
    • 2 つの SPI (Serial Peripheral Interface) ポート
    • 1 つの UART 互換 SCI (Serial Communication Interface)
    • 2 つの UART 互換 LIN (Local Interconnect Network) インターフェイス
    • 1 つのトランスミッタおよび 1 つのレシーバを備えた最大 200Mbps の FSI (Fast Serial Interface)
  • アナログ・システム
    • 2 つの 3.45MSPS、12 ビットのアナログ / デジタル・コンバータ (ADC)
      • 最大 16 の外部チャネル
      • ADC ごとに 4 つの後処理ブロック (PPB) を内蔵
    • 12 ビット・リファレンス・デジタル / アナログ・コンバータ (DAC) を備えた 4 つのウィンドウ付きコンパレータ (CMPSS)
      • デジタル・グリッチ・フィルタ
  • 拡張制御ペリフェラル
    • 14 の ePWM チャネル、うち 8 チャネルが高分解能 (分解能 150ps)
      • デッドバンド・サポートを内蔵
      • ハードウェア・トリップ・ゾーン (TZ) を内蔵
    • 3 つの拡張キャプチャ (eCAP) モジュール
      • 3 つの eCAP モジュールのうちの 1 つで高分解能キャプチャ (HRCAP) を利用可能
    • 2 つの拡張直交エンコーダ・パルス (eQEP) モジュール、CW/CCW 動作モードをサポート
  • 構成可能ロジック・ブロック (CLB)
    • 既存のペリフェラル機能を強化
    • ポジション・マネージャ・ソリューションをサポート
  • ホスト・インターフェイス・コントローラ (HIC)
    • 外部ホストから内部メモリへのアクセス
  • バックグラウンド CRC (BGCRC)
    • 32 ビット・データの 1 サイクル CRC 演算
  • 診断機能
    • メモリ・パワー・オン自己テスト (MPOST)
    • ハードウェア組込み自己テスト (HWBIST)
  • パッケージ・オプション
    • 80 ピンの薄型クワッド・フラットパック (LQFP) [接尾辞 PN]
    • 64 ピンの LQFP [接尾辞 PM]
    • 48 ピンの LQFP [接尾辞 PT]
  • 温度オプション:
    • S:–40℃~125℃の接合部温度
    • Q:自由気流で –40℃~125℃ (車載アプリケーション用の AEC Q100 認定)
open-in-new その他の C2000 リアルタイム・マイコン

概要

TMS320F28002x (F28002x) は、電力密度の向上、スイッチング周波数の向上、GaN および SiC 技術の使用のサポートを含め、パワー・エレクトロニクスの効率を向上させるように設計されたスケーラブルで超低レイテンシなデバイスである C2000™ リアルタイム・マイコン・ファミリの製品です。

主なアプリケーションには以下が含まれます。

リアルタイム制御サブシステムは、TI の 32 ビット C28x DSP コアをベースにしており、オンチップ・フラッシュまたは SRAM から実行される浮動小数点または固定小数点コードに対して 100MHz の信号処理性能を発揮します。C28x CPU は、三角関数算術演算ユニット (TMU)VCRC (巡回冗長検査) 拡張命令セットによってさらに強化され、リアルタイム制御システムでよく使われる重要なアルゴリズムを高速化します。

F28002x リアルタイム・マイコン (MCU) に内蔵された高性能アナログ・ブロックは、リアルタイム・シグナル・チェーン性能を最適化するため処理および PWM ユニットと密結合されています。14 個の PWM チャネルはすべて周波数に依存しない分解能モードをサポートしており、3 相インバータから高度なマルチレベル電源トポロジまで、さまざまな電力段を制御できます。

構成可能ロジック・ブロック (CLB) を内蔵しているため、ユーザーはカスタム・ロジックを追加し、FPGA に類似した機能を C2000 リアルタイム・マイコンに統合できます。

インターフェイスは、各種の業界標準通信ポート (SPI、SCI、I2C、PMBus、LIN、CAN など) によりサポートされており、最適な信号配置を行うための複数のピン多重化方法を備えています。高速シリアル・インターフェイス (FSI) を使用すると、絶縁境界越しに最大 200Mbps の堅牢な通信が可能です。

C2000 プラットフォームの新機能であるホスト・インターフェイス・コントローラ (HIC) は、外部ホストが TMS320F28002x のリソースに直接アクセスできるようにする高スループット・インターフェイスです。

C2000 マイコンをお客様のリアルタイム制御システムに適した選択肢にしている機能について詳しく知るには、The Essential Guide for Developing With C2000™ Real-Time Microcontrollersをご覧になり、C2000™ リアルタイム制御マイコンのページにアクセスしてください。

以下のリファレンス・デザインをご覧ください。TMDSCNCD280025C 評価ボードをご覧になり、C2000Ware をダウンロードしてください。

open-in-new その他の C2000 リアルタイム・マイコン
ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 87
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TMS320F28002x リアルタイム・マイコン データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2021年 6月 8日
* エラッタ TMS320F28002x MCUs Silicon Errata (Rev. A) 2020年 10月 3日
* ユーザー・ガイド TMS320F28002x Microcontrollers Technical Reference Manual (Rev. A) 2020年 10月 5日
アプリケーション・ノート Interfacing Current Sensing Circuits to C2000 ADCs 2021年 6月 30日
アプリケーション・ノート Programming Examples for the DCAN Module (Rev. A) 2021年 5月 20日
ユーザー・ガイド Getting Started With C2000 Software User's Guide (Rev. B) 2021年 5月 12日
アプリケーション・ノート Leverage New Type ePWM Features for Multiple Phase Control 2021年 5月 11日
アプリケーション・ノート C2000 Security Tool (Rev. A) 2021年 5月 10日
アプリケーション・ノート The Essential Guide for Developing With C2000 Real-Time Microcontrollers (Rev. C) 2021年 4月 27日
アプリケーション・ノート A Demonstration of Optimized Signal Chain Performance of C2000™ Real-Time MCU 2021年 4月 9日
アプリケーション・ノート Light load THD and Eff Opt of Digital Cntrl PFC Converter Int Valley Switch Cntr (Rev. A) 2021年 4月 7日
機能安全情報 Safety Manual for TMS320F28002x User's Guide 2021年 4月 6日
ホワイト・ペーパー Achieve Power-Dense and Efficient Digital Power Systems by Combining TI GaN FETK 2021年 3月 18日
ホワイト・ペーパー Achieve Power-Dense and Efficient Digital Power Systems by Combining TI GaN FETN 2021年 3月 18日
その他の技術資料 Decentralized servo architecture webinar 2021年 3月 1日
アプリケーション・ノート CRM/ZVS PFC Implementation Based on C2000 Type-4 PWM Module 2021年 2月 18日
技術記事 Enabling functionally safe and secure electric automotive powertrains using C2000™︎ real-time MCUs 2021年 2月 5日
ホワイト・ペーパー Achieve Power-Dense and Efficient Digital Power Systems by Combining TI GaN FETs 2021年 1月 5日
アプリケーション・ノート Quick Response Control of PMSM Using Fast Current Loop (Rev. B) 2020年 12月 7日
ホワイト・ペーパー Achieving High Efficiency and Enabling Integration in EV Powertrain Subsystems 2020年 11月 18日
その他の技術資料 C2000™ SafeTI™ Enablers (Rev. C) 2020年 11月 16日
アプリケーション・ノート Charge-Sharing Driving Circuits for C2000 ADCs 2020年 11月 12日
アプリケーション・ノート Flexible PWMs Enable Multi-Axis Drives, Multi-Level Inverters (Rev. B) 2020年 10月 29日
アプリケーション・ノート Using the Fast Serial Interface (FSI) With Multiple Devices in an Application (Rev. C) 2020年 10月 5日
その他の技術資料 Texas Instruments C2000™ F28002x Real-Time Controller Series (Rev. B) 2020年 10月 2日
アプリケーション・ノート C2000™ Unique Device Number (Rev. B) 2020年 9月 17日
アプリケーション・ノート Sensorless-FOC for PMSM With Single DC-Link Shunt 2020年 8月 10日
アプリケーション・ノート ADC Input Circuit Evaluation for C2000 MCUs 2020年 7月 30日
ホワイト・ペーパー Piccolo™ C2000™ MCUs enable the next generation of low-cost, dual-axis servo dri (Rev. A) 2020年 7月 13日
技術記事 Stay ahead of the energy storage and solar game with bidirectional PFC and hybrid inverter solutions 2020年 6月 22日
ホワイト・ペーパー Taking charge of electric vehicles – both in the vehicle and on the grid (Rev. A) 2020年 6月 17日
アプリケーション・ノート How to Migrate Custom Logic From an FPGA/CPLD to C2000 Microcontrollers (Rev. A) 2020年 6月 15日
ユーザー・ガイド SYS/BIOS (TI-RTOS Kernel) User's Guide (Rev. V) 2020年 6月 1日
ユーザー・ガイド C2000 Real-Time Control Peripheral Reference Guide (Rev. N) 2020年 5月 19日
その他の技術資料 テキサス・インスツルメンツ C2000™ F28002x リアルタイム・コントローラ・シリーズ (Rev. A 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.B) 2020年 5月 11日
アプリケーション・ノート Accelerators: Enhancing the Capabilities of the C2000 MCU Family Technical Brief (Rev. B) 2020年 3月 31日
技術記事 How to scale real-time control resources and sustain platform development in power conversion applications 2020年 3月 20日
ユーザー・ガイド C2000Ware DigitalPower SDK Getting Started Guide (Rev. B) 2020年 3月 20日
アプリケーション・ノート Migration Between TMS320F28004x and TMS320F28002x (Rev. A) 2020年 3月 5日
アプリケーション・ノート CRC Engines in C2000 Devices 2020年 1月 31日
アプリケーション・ノート Design Guide for Enabling Peripheral Expansion Applications Using HIC 2020年 1月 28日
アプリケーション・ノート a.TMS320F2802x/TMS320F2803x to TMS320F28002x Migration Overview 2020年 1月 13日
その他の技術資料 C2000Ware Quickstart Guide (Rev. D) 2019年 12月 20日
ユーザー・ガイド controlSUITE to C2000Ware Transition Guide (Rev. C) 2019年 12月 20日
アプリケーション・ノート Configurable Error Generator for Controller Area Network 2019年 12月 19日
ユーザー・ガイド TMS320C28x Extended Instruction Sets Technical Reference Manual (Rev. C) 2019年 10月 29日
アプリケーション・ノート How to Maximize GPIO Usage in C2000 Devices 2019年 10月 8日
アプリケーション・ノート Leveraging HRC (HRCAP) for Data Transfer in a Single Pulse via Single Line 2019年 8月 28日
アプリケーション・ノート Dual Motor Control Using FCL and Performance Analysis Using SFRA On C2000 MCUs 2019年 8月 7日
e-Book(PDF) InstaSPIN™ solutions for designing three-phase motor control applications 2019年 7月 22日
アプリケーション・ノート Development Tool Versions for C2000 Support 2019年 7月 19日
ホワイト・ペーパー Optimized solutions for safe motion control applications 2019年 6月 28日
ユーザー・ガイド C2000™ Software Frequency Response Analyzer (SFRA) Library User’s Guide (Rev. A) 2019年 6月 26日
ユーザー・ガイド Fast Current Loop Driverlib Library User’s Guide 2019年 5月 30日
アプリケーション・ノート C2000 Software Controlled Firmware Update Process 2019年 5月 8日
アプリケーション・ノート Calculating Useful Lifetimes of Embedded Processors (Rev. B) 2019年 5月 7日
ホワイト・ペーパー C2000™ MCU SafeTI™ control solutions: An introduction to ASIL decomposition 2019年 4月 10日
ユーザー・ガイド DesignDRIVE IDDK Hardware Reference Guide 2019年 4月 10日
ユーザー・ガイド DesignDRIVE IDDK User Guide 2019年 4月 10日
アプリケーション・ノート Embedded real-time analysis and response for control applications 2019年 3月 29日
ユーザー・ガイド C2000Ware Motor Control SDK Getting Started Guide 2019年 3月 20日
ユーザー・ガイド TMS320F28M35x and TMS320F28M36x Flash API Version 1.53 Reference Guide 2019年 3月 3日
アプリケーション・ノート Designing With The C2000 Configurable Logic Block 2019年 2月 5日
ホワイト・ペーパー Addressing Systematic and Random hardware faults using C2000 SafeTI Products (Rev. A) 2019年 1月 31日
アプリケーション・ノート MSL Ratings and Reflow Profiles (Rev. A) 2018年 12月 13日
アプリケーション・ノート Fast Serial Interface (FSI) Skew Compensation 2018年 11月 8日
アプリケーション・ノート C2000 Memory Power-On Self-Test (M-POST) 2018年 10月 2日
技術記事 Functional safety for industrial motor drives 2018年 9月 7日
ホワイト・ペーパー A faster current loop reduces the size of EV motors 2018年 7月 27日
ホワイト・ペーパー Breakthrough technologies lead the solar power industry into the future 2018年 7月 27日
ホワイト・ペーパー Exploring the evolution and optimization of wireless power transfer 2018年 7月 27日
ホワイト・ペーパー SafeTI™ Functional Safety: A tunable FMEDA for C2000™ MCUs 2018年 7月 27日
その他の技術資料 C2000™ Safety Mechanisms 2018年 7月 17日
ホワイト・ペーパー Maximizing power for Level 3 EV charging stations 2018年 6月 12日
ホワイト・ペーパー Achieving Coexistence of Safety Functions for EV/HEV Using C2000 MCUs 2018年 5月 21日
アプリケーション・ノート JTAG Connectivity Debug 2018年 5月 11日
アプリケーション・ノート Dual Motor Ctl Using FCL and Perf Analysis Using SFRA on TMS320F28379D LaunchPad (Rev. A) 2018年 3月 20日
アプリケーション・ノート Dual Motor Control Using FCL and Performance Analysis Using SFRA on C2000 MCUs 2018年 3月 6日
ユーザー・ガイド Fast Current Loop Library_needs new title 2018年 3月 6日
アプリケーション・ノート Programming TMS320x28xx and 28xxx Peripherals in C/C++ (Rev. E) 2017年 12月 19日
アプリケーション・ノート Semiconductor and IC Package Thermal Metrics (Rev. C) 2016年 4月 19日
アプリケーション・ノート Calculator for CAN Bit Timing Parameters 2016年 3月 22日
ユーザー・ガイド TMS320C28x DSP CPU and Instruction Set Reference Guide (Rev. F) 2015年 4月 10日
アプリケーション・ノート Calculating FIT for a Mission Profile 2015年 3月 24日
アプリケーション・ノート Running an Application from Internal Flash Memory on the TMS320F28xxx DSP (Rev. L) 2013年 2月 28日
アプリケーション・ノート C28x FPU Primer (Rev. A) 2009年 7月 20日
アプリケーション・ノート Using PWM Output as a Digital-to-Analog Converter on a TMS320F280x (Rev. A) 2008年 9月 9日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
TMDSCNCD280025C
TMDSCNCD280025C
document-generic ユーザー・ガイド
概要

TMDSCNCD280025C は、TI の C2000™ マイコン (MCU) シリーズの F28002x デバイスに適した、低コストの評価 / 開発ボードです。このボードには、HSEC180 (180 ピンの高速エッジ・コネクタ) が controlCARD の形で付属しているので、初期評価とプロトタイプ製作に最適です。TMDSCNCD280025C を評価するには、180 ピンのドッキング・ステーションである TMDSHSECDOCK が必須であり、この製品は別売りの形で購入すること、またはバンドル・キットの一部として入手することができます。

特長

ハードウェアの特長

  • USB から JTAG への絶縁型オンボード XDS100v2 デバッグ・プローブにより、リアルタイムのインシステム・プログラミングとデバッグが可能
  • 標準 180 ピン controlCARD HSEC インターフェイス
  • アナログ I/O、デジタル I/O とカード上にある JTAG 信号とのインターフェイス
  • ハードウェア・ファイルは C2000Ware の boards\controlCARDs\TMDSCNCD280025C に配置済みです

ソフトウェアの特長

ドーター・カード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
89
概要

より高速、より安価、より高い信頼性。絶縁境界をまたいで 200Mbps のスループットを達成する新しいシリアル通信テクノロジー、FSI (Fast Serial Interface、高速シリアル・インターフェイス) のご紹介

FSI は、信号数の少ないシリアル通信ペリフェラルであり、C2000 リアルタイム制御マイコン (MCU) で使用できます。他のシリアル・ペリフェラルに比べて、FSI は低コストかつ高い信頼性の通信をより高いスループットで実現し、200Mbps までの速度に対応します。FSI には、タイムクリティカル (時間が重要な) データを短い待ち時間のうちに複数のデバイス間で受け渡す能力があるので、新しいトポロジーを実現するとともに、単一の制御システム内で処理能力、センシング機能、およびアクチュエータなどの駆動を分散処理する複数の方式を実装できます。絶縁デバイスを使用して正常に機能する設計が可能なので、FSI はシステムのホット・サイド (高電圧側) とコールド・サイド (低電圧側) の間で高速通信を実現できます。

この FSI アダプタ・ボードは、C2000 が実装している FSI 通信ペリフェラルの機能を理解するのに役立つ評価基板です。この評価基板を使用すると、分散型、およびポイント・ツー・ポイントのリアルタイム制御システムに適したペリフェラルを評価できます。このような使用事例に該当するのは、産業用ドライブ、サーボ (FSI 経由多軸サーボのリファレンス・デザインを参照)、センシング・ネットワーク、ソーラー・システム、産業用電源です。

この FSI (...)

特長
ハードウェアの特長
    • TMDSFSIADAPEVM 高速シリアル・インターフェイス (FSI) アダプタ・ボード評価基板には、各種 controlCARD、LaunchPad、および他の FSI 対応 EVM との互換性があります
    • ISO7763 を使用するデジタル絶縁
    • LVDS と RS485 の各差動ドライバ。これらと組み合わせると、長距離にわたる FSI 通信を実現できます
    &bull (...)
ドーター・カード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
55
概要

TMDSHSECDOCK is a baseboard that provides header pin access to key signals on compatible HSEC180-based controlCARDs.  A breadboard area is available for rapid prototyping.  Board power can be provided by the provided USB cable or a 5V barrel supply.

特長
  • Bread-board like baseboard with HSEC180 controlCARD female connector
    • Header pin access to key MCU signals
    • Breadboard area for customizable routing and prototyping
    • Board power can be provided by the provided USB cable or a 5V barrel supply
デバッグ・プローブ ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要

The Texas Instruments XDS110 is a new class of debug probe (emulator) for TI embedded processors. The XDS110 replaces the XDS100 family while supporting a wider variety of standards (IEEE1149.1, IEEE1149.7, SWD) in a single pod. Also, all XDS debug probes support Core and System Trace in all ARM and (...)

特長

The XDS110 is the latest entry level debug probe (emulators) for TI embedded processors. Designed to be a complete solution that delivers JTAG and SWD connectivity at a low cost, the XDS110 is the debug probe of choice for entry-level debugging of TI microcontrollers, processors and SimpleLink (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
295
概要

Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 (...)

特長

XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリです。高い性能と一般的な機能を搭載した低コスト XDS100 と高性能 XDS560v2 の中間に位置する XDS200 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスのデバッグのためのバランス重視のソリューションを提供します。

XDS200 は、販売開始から長い年月が経過している「XDS510」JTAG デバッガ・ファミリに比べ、データ・スループットが高いほか、ARM シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しており、コスト低減を可能にします。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、すべての XDS200 派生製品は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。この製品に加えて、すべての派生製品は、TI と ARM の標準的な JTAG ヘッダーに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタも採用しています(付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS200 は、従来型の IEEE1149.1(JTAG)、IEEE1149.7(cJTAG)、ARM のシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)をサポートしており、+1.5V ~ 4.1V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とは、同じく 2 本のピンを使用して、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

すべての XDS200 モデルは、ホストへの接続のために、USB2.0 ハイスピード(480Mbps)をサポートしており、一部のモデルではイーサネット 10/100Mbps もサポートしています。また、一部のモデルではターゲット・ボードでの消費電力監視をサポートしています。

XDS200 ファミリには、TI の (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
995
概要

The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

特長

XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
1495
概要

The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

特長
  • XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
29
概要

LAUNCHXL-F280025C は、TI (テキサス・インスツルメンツ) の C2000™ リアルタイム・マイコンである F28002x (...)

特長

ハードウェアの特長

  • TMS320F280025C:FPU と TMU と CLB 搭載の 100MHz C28x CPU、128KB フラッシュ、2 個の 12 ビット ADC、14 個の PWM チャネル、CAN、2 個のエンコーダ・モジュール (eQEP)、FSI、UART など
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミングのためのオンボード XDS110 デバッグ・プローブ
  • ブースタパック・プラグイン・モジュール・エコシステムを活用する 80 ピンの LaunchPad 開発キット
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミング向けに電力ドメインを絶縁
  • オンボード CAN トランシーバとコネクタ
  • 2 個のエンコーダ・インターフェイス (eQEP) コネクタ
  • FSI インターフェイス・コネクタ
  • 以下の「Design files」 (設計ファイル) セクションで、ハードウェア・ファイルを入手可能

ソフトウェア・リソース (無償ダウンロード)

  • TI Code Composer Studio - TI のマイコンと組込みプロセッサ向けの統合開発環境 (IDE)。
  • ソフトウェア開発キット (SDK)
    • C2000Ware SDK - 低水準のデバイス・ドライバ、高度最適化済みのライブラリ、サンプル、ユーティリティ。この SDK には SysConfig ツールも付属しており、pinmux (ピン・マルチプレクサ) と構成可能 (コンフィギュラブル) ロジック・ブロック (CLB) の構成を容易に実行する目的で使用可能
    • モーター制御 SDK - 各種 3 相モーター制御アプリケーション向けのモーター制御システムの開発。
    • デジタル電源 SDK - AC/DC、DC/DC、DC/AC の各種電源アプリケーション向けデジタル電源システムの開発。

推奨の各種ブースタパック・プラグイン・モジュール

  • BOOSTXL-3PHGANINV - シャント・ベースのインライン・モーター位相電流センシング機能を搭載した、48V の 3 相インバータの評価基板
  • (...)
開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

DesignDRIVE 開発キット (IDDK) ハードウェアを採用すると、高電圧 3 相モーターを駆動する電力段全体を搭載した統合型サーボ・ドライブを設計し、位置フィードバック、電流センシング、制御トポロジーに関する多様な評価を容易に実施することができます。

C2000™ マイコン (MCU) は、8 個のデルタ・シグマ Sinc フィルタ、4 個の 16 ビットまたは 12 ビット ADC、複数のウィンドウ・コンパレータなどのセンシング・ペリフェラルを搭載しており、DesignDRIVE (...)
特長
  • DesignDRIVE の高速電流ループをサポート
  • DesignDRIVE の Position Manager テクノロジーをサポート - EnDat22、BiSS-C、Tamagawa (多摩川精機) T-format、SIN/COS、リゾルバ・エンコーダとインクリメンタル・エンコーダ
  • EtherCAT™ スレーブ・スタック・ソリューションと TMDSCNCD28388D または TMDSECATCNCD379D controlCARD のアップグレード、さらに複数のリアルタイム・イーサネット・プロトコル向けの拡張サポート
  • 強化絶縁型デルタ・シグマ変調器 ADC、ホール / フラックスゲート・センサ、シャント抵抗を使用した電流センスをサポート
  • パワー・モジュール、DC リンク電源と、制御回路向けDC バイアス電源を統合 - 単一の AC 電力ラインに接続するだけで動作
  • 高温側と低温側どちらかの電源プレーンに合わせたデジタル制御回路 (C2000 マイコン) の構成が可能
  • ハードウェア・ファイルとソフトウェア・ファイルは C2000Ware モーター制御 SDK の一部として配置
  • (...)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
C2000 MCU 向け C2000Ware
C2000WARE C2000Ware は開発期間を大幅に短縮するソフトウェアと資料を包括的に提供します。特定デバイス向けドライバ、ライブラリ、ペリフェラル・サンプルを収録しています。
  • C2000 controlCARD、controlSTICK、検証用キット、LaunchPad 向けのハードウェア設計回路図、BOM、ガーバー・ファイル、技術資料
  • 特定デバイスのサポート・ファイル、ビット・フィールド・ヘッダ、LaunchPad™ デモを含むビット・フィールド・デバイス・ペリフェラル・サンプル、デバイス開発ユーザーズ・ガイド
  • 特定デバイス向けドライバ・ライブラリと、ドライバ・ベースのペリフェラル・サンプル
  • IQMATH、浮動小数点 Math ライブラリ / サンプル、CLA 算術演算ライブラリ、信号生成ライブラリ、DSP ライブラリ / ビタビ、アクセラレータを使用する CRC ライブラリなどの特定デバイス向けコア・ライブラリ
  • フラッシュ・プログラマ、Windows ドライバ、サード・パーティ・ソフトウェアなどの開発ユーティリティ・アプリケーション

C2000Ware は controlSUITE に対する推奨コンテンツ・デリバリ・ツールですが、Piccolo F28004x シリーズには C2000Ware が必須です。

C2000Ware、controlSUITE、ソフトウェアの詳細については (...)

特長
  • 単一のパッケージで基礎的な開発リソースをすべて提供し、開発開始時に最適
  • TI クラウドをサポート
  • Linux と Mac へのインストールをサポート
  • 導入が容易:ダウンロードとインストール・サイズが小さい(controlSUITE よりかなり小さい)
  • controlSUITE 以上のデバイス・サポート
ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
C2000 マイコン向けデジタル電源ソフトウェア開発キット(SDK)
C2000WARE-DIGITALPOWER-SDK
    • C2000™ マイコン(MCU)向けの DigitalPower SDK はソフトウェア・インフラ、ツール、資料で構成されており、AC/DC、DC/DC、DC/AC 電源アプリケーション向け C2000 (...)
特長
      • 太陽光発電、テレコム、サーバー、電気自動車(EV)チャージャ、産業用パワー・デリバリなどの C2000 マイコン・デジタル電源アプリケーション向けの包括的なソフトウェア・リポジトリ
      • PowerSUITE:デジタル電源ソフトウェア設計ツール
        • Solution Adapter(ソリューション・アダプタ):サンプル・ハードウェアやカスタム・ハードウェアでの実行のためにサンプル・ソフトウェアをカスタム化
        • Compensation Designer(補償設計機能):所望の閉ループ性能を実現するためのデジタル補償回路を設計
        • SFRA(ソフトウェア周波数応答アナライザ):開ループ・ゲイン(ループ・ゲイン・ボード線図)プロットと測定や、プラント(出力段)の周波数応答を通じて、デジタル電源制御ループの安定性と堅牢性を評価
      • ソフトウェアの直観的な操作を実現する、Code Composer Studio ベースの TI Resource Explorer グラフィカル・ユーザ・インターフェイス(GUI)、開発キット、ライブラリ、ユーザー・ガイド、アプリケーション・ノートなど。
      • キットのソフトウェアとサポート
        • 以下のキットが SDK でサポートされています。
          • EVM / TI Design リファレンス・デザイン

            C2000 シリーズのサポート

            概要

            TIDM-1007

            F28004x

            (CLA サポートが有効)

            単相トーテムポール CCM PFC

            TIDM-HV-1PH-DCAC

            F28004x、F2837x

            電圧源インバータとグリッド接続インバータ

            TIDA-00961

            F28004x

            単相トーテムポール CrM PFC

            TIDM-1000

            (...)

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
C2000™ マイコン向けモーター制御ソフトウェア開発キット(SDK)
C2000WARE-MOTORCONTROL-SDK
  • C2000™ マイコン(MCU)用のモーター制御 SDK は、さまざまな3相モーター制御アプリケーションで使用するために C2000 MCU ベースのモーター制御システムの開発時間を最小限に抑える目的で設計したソフトウェア・インフラ、ツール、資料の包括的なセットです。このソフトウェアは、C2000 モーター制御評価基板(EVM)で動作するファームウェアと、産業用ドライブおよびその他のモーター制御向けの TI (...)
特長
  • C2000 マイコンの各種モーター制御アプリケーションに適した包括的なソフトウェア・リポジトリ
  • InstaSPIN-FOC:センサレス FOC ソリューション
    • センサレス・トルクまたは速度フィールド・オリエンテッド・コントロール
    • 優れた回転子フラックス、角度、速度、およびトルクの推定用の FAST™ ソフトウェア・オブザーバ
    • モーター・パラメータの識別
    • オブサーバおよびトルク制御ループの自動調整
    • 低速で高ダイナミックなアプリケーションでの優れた性能
  • DesignDRIVE:センサレス FOC ソリューション
    • センサ付き速度または位置フィールド・オリエンテッド・コントロール
    • 位置フィードバック:レゾルバ、インクリメンタル、およびアブソリュート・エンコーダ
    • 電流センス手法:ローサイド・シャント、インライン電流センス、シグマ-デルタ・フィルタ復調機能
    • 高速電流ループ(FCL):ハードウェア・リソースをフルに活用し、システムの迅速なサンプリング、処理、作動を可能にし、サーボ制御アプリケーションで所定の PWM 周波数に対し最高の制御帯域幅を提供する最適化されたソフトウェア・ライブラリです。
    • リアルタイム・コネクティビティの例
  • ソフトウェアの直観的な操作を実現する、Code Composer Studio ベースの TI Resource Explorer グラフィカル・ユーザ・インターフェイス(GUI)、開発キット、ライブラリ、ユーザー・ガイド、アプリケーション・ノートなど。
  • キットのソフトウェアとサポート
    • 以下の各ソリューションは、現在の SDK リリースのサポート対象です
    • コントローラ EVM

      インバータ EVM

      C2000 シリーズ

      ソリューション

      詳細

      LAUNCHXL-F280049C

      BOOSTXL-DRV8320RS

      F28004x

      InstaSPIN-FOC

      C28x CPU
      センサレス
      (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
C2000 コード生成ツール:コンパイラ
C2000-CGT — TI C2000 向けの C/C++ コンパイラとアセンブリ言語ツールは、Concerto (F28M3xx)、Piccolo (280xx)、Delfino 浮動小数点 (283xx)、C2000 固定小数点 (2823x/280x/281x) マイコンなどの TI C2000 マイコン・プラットフォーム向けアプリケーションの開発をサポートしています。

Code Composer Studio は、TI の各種組込みデバイス向けの統合開発環境 (IDE) です。TI の組込みデバイスを使用する開発をお考えの場合、TI の各種コンパイラを搭載している Code Composer Studio を最初にダウンロードすることをお勧めします。お客様が Code Composer Studio をすでに使用している場合、コンパイラを更新する最善の方法は、「Help」 (ヘルプ) メニューにアクセスし、「install compilers」 (コンパイラのインストール) を選択することです (詳細については、Getting compiler updates in CCS (英語) をご覧ください)。

特長
  • リリース 21.6.0.LTS の一部として使用可能:

    • C28/CLA ファームウェア・アップデートのサポートに関連する、ライブ・ファームウェア・アップデート機能。
    • メモリ範囲全体にわたって CRC を生成。
    • 性能の向上:
      • location (場所) 属性またはリテラルのアドレスを使用する場合、C28 は下位 16 ビットのメモリに対応するデータ・アクセスをより効率的に実施可能。
      • fmaxf/fminf へのライブラリ呼び出しの性能が向上。
      • 揮発性 (一時) 変数を使用する MIN/MAX conditional (条件指定) の性能が向上。
      • 整数定数を浮動小数点レジスタにロードするために、整数除算ユニット (--idiv_support=idiv0) の性能を更新。
      • 16 ビット定数をより効率的にロードする方法で、CLA (制御補償器アクセラレータ) の性能が向上。
    • 列挙型を変更。
    • MISRA サポートを非推奨。

    リリース 20.12.0.STS の一部として使用可能:

    • C28/CLA ファームウェア・アップデートのサポートに関連する、ライブ・ファームウェア・アップデート機能
    • メモリ範囲全体にわたって CRC を生成
    • location (場所) 属性またはリテラルのアドレスを使用する場合、C28 は下位 16 ビットのメモリに対応するデータ・アクセスをより効率的に実施可能。
    • 整数除算ユニット (--idiv_support=idiv0) の性能を更新。
    • 16 ビット定数をより効率的にロードする方法で、CLA (制御補償器アクセラレータ) の性能が向上。
    • 列挙型を変更。
    • MISRA サポートは非推奨
  • リリース 20.2.0.LTS の一部として使用可能:
    • 16 進対応ユーティリティ・ツールの新しいオプションである --cmac (cipher-based message authentication protocol、暗号ベースのメッセージ認証プロトコル) は、ユーザー定義領域に cmac アルゴリズムを適用し、セキュア・ブートをサポートできるように cmac タグを生成。
    • (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
C2000 MCU Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)
CCSTUDIO-C2000

Download the latest version of Code Composer Studio

Code Composer Studio™ - Integrated Development Environment for C2000 32-bit Real-time Control MCUs

Code Composer Studio is an integrated development environment (IDE) that supports TI's Microcontroller and Embedded Processors portfolio. Code Composer Studio comprises a suite of tools used to develop (...)

ソフトウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family
UNIFLASH サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。Uniflash には、GUI、コマンド・ライン、スクリプト・インターフェイスがあります。CCS Uniflash は無料で利用できます。

サポート・ソフトウェア ダウンロード
MathWorks Simulink and Embedded Coder
MathWorks, Inc. からの提供 Embedded Coder Hardware Support Package for TI C2000™: Save design time and get into production faster with C2000 MCU’s using MathWorks software tools.

MATLAB Coder™, Simulink Coder™, and Embedded Coder® generate ANSI/ISO C/C++ code that can be compiled and executed on Texas (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM756A.ZIP (2 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM757A.ZIP (2 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM758A.ZIP (2 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM759A.ZIP (257 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM760A.ZIP (257 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM761A.ZIP (256 KB) - IBIS Model
設計ツール ダウンロード
3P search tool
C2000-3P-SEARCH TI は複数の企業と協力し、TI の C2000 デバイスに対応する多様なソリューションとサービスを提供しています。これらの企業は、各種 C2000 デバイスを使用した量産へと至るお客様の開発工程の迅速化に役立ちます。この検索ツールをダウンロードすると、サード・パーティー各社の概要を手早く参照し、お客様のニーズに適したサード・パーティーを見つけることができます。

このツールは、Applications (アプリケーション) および Flash programming (フラッシュ書き込み) という、ソリューションやサービスに関する 2 種類の大分類を使用しています。

Applications (アプリケーション) 内の各カテゴリ:

  1. トレーニング / ワークショップ
  2. モデリング・ツール
  3. モーター制御
  4. デジタル電源
  5. ソフトウェア・スタック
  6. 機能安全
  7. セキュリティ
  8. ハードウェア・サービス
  9. ソフトウェア・サービス

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
C2000™ マイコンを使用する 2相インターリーブ LLC 共振コンバータのリファレンス・デザイン
TIDM-1001 — 共振コンバータは、サーバー、テレコム、車載、産業用などの電源アプリケーションで採用されている DC/DC コンバータです。効率と電力密度が高く、さまざまな業界標準や電力密度要件に対応しており、中電力から大電力アプリケーション向けのコンバータとして最適です。

このリファレンス・デザインは、デジタル制御 500W 2 相インターリーブ LLC 共振コンバータを実装しています。このシステムの制御は、単一の C2000™ マイコン (MCU) である TMS320F280025C (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
Dual-axis servo drive with fast current loop (FCL) control reference design
TIDM-02007 — This reference design presents a dual-axis motor drive using fast current loop (FCL) and software frequency response analyzer (SFRA) technologies on a single C2000 controller. The FCL utilizes dual core (CPU, CLA) parallel processing techniques to achieve a substantial improvement in control (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
LQFP (PM) 64 オプションの表示
LQFP (PN) 80 オプションの表示
LQFP (PT) 48 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ