トップ

製品の詳細

パラメータ

Features AEC-Q100 qualified for automotive applications Total processing (MIPS) 120 Frequency (MHz) 60 Flash (KB) 64 ADC resolution 12-bit ADC (Ch) 16 RAM (KB) 20 Sigma-delta filter 0 PWM (Ch) 14 High-resolution PWM (ch) 0 UART (SCI) 3 I2C 1 SPI 1 CAN (#) 1 DMA (Ch) 0 QEP 1 USB 0 Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog TI functional safety category Functional Safety Quality-Managed open-in-new その他の C2000 リアルタイム制御マイコン

パッケージ|ピン|サイズ

LQFP (PN) 80 196 mm² 14 x 14 open-in-new その他の C2000 リアルタイム制御マイコン

特長

  • 高効率の32ビットCPU (TMS320C28x)
    • 60MHz (サイクル・タイム16.67ns)
    • 16×16および32×32の積和(MAC)演算
    • 16×16のデュアルMAC
    • ハーバード・バス・アーキテクチャ
    • アトミック処理
    • 高速な割り込み応答と処理
    • 統合メモリ・プログラミング・モデル
    • 高いコード効率(C/C++およびアセンブリ)
  • プログラム可能な制御補償器アクセラレータ(CLA)
    • 32ビット浮動小数点演算アクセラレータ
    • メインCPUと独立にコードを実行
  • デュアル・ゾーンのセキュリティ・モジュール
  • リトル・エンディアン
  • 低コストのデバイスとシステム
    • 3.3V単一電源
    • 電源シーケンシングの要件なし
    • パワー・オン・リセットおよびブラウンアウト・リセットを内蔵
    • 低消費電力
    • アナログ・サポート・ピンなし
  • クロック
    • 2つの内部ゼロ・ピン発振器
    • オンチップの水晶発振器と外部クロック入力
    • ウォッチドッグ・タイマ・モジュール
    • クロック消失検出回路
  • 最大42本の個別にプログラム可能な、多重化された、入力フィルタリング付き汎用入出力(GPIO)ピン
  • JTAGバウンダリ・スキャンのサポート
    • IEEE標準1149.1-1990標準テスト・アクセス・ポートおよびバウンダリ・スキャン・アーキテクチャ
  • すべてのペリフェラル割り込みをサポートする、ペリフェラル割り込み拡張(PIE)ブロック
  • 3つの32ビットCPUタイマ
  • 各ePWMモジュールに独立の16ビット・タイマ
  • オンチップ・メモリ
    • フラッシュ、SARAM、メッセージRAM、OTP、CLAデータROM、ブートROM、セキュアROMを使用可能
  • 128ビットのセキュリティ・キーとロック
    • セキュアなメモリ・ブロックを保護
    • ファームウェアのリバース・エンジニアリングを防止
  • シリアル・ポート・ペリフェラル
    • 3つのシリアル通信インターフェイス(SCI) UART (Universal Asynchronous Receiver/Transmitter)モジュール
    • 1つのシリアル・ペリフェラル・インターフェイス(SPI)モジュール
    • 1つのI2C (Inter-Integrated-Circuit)バス
    • 1つの拡張コントローラ・エリア・ネットワーク(eCAN)バス
  • 拡張制御ペリフェラル
    • 拡張パルス幅変調器(ePWM)モジュール
    • 拡張キャプチャ(eCAP)モジュール
    • 拡張直交エンコーダ・パルス(eQEP)モジュール
  • アナログ・ペリフェラル
    • 1つの12ビット・アナログ/デジタル・コンバータ(ADC)
    • 1つの発振器補償用オンチップ温度センサ
    • 最大7つのコンパレータと、最大3つの内蔵デジタル/アナログ・コンバータ(DAC)
    • 1つのバッファ付き基準DAC
    • 最大4つのプログラム可能ゲイン・アンプ(PGA)
    • 最大4つのデジタル・フィルタ
  • 高度なエミュレーション機能
    • 分析およびブレークポイント機能
    • ハードウェアによるリアルタイム・デバッグ
  • 80ピンのPN薄型クワッド・フラットパック(LQFP)
  • 温度オプション
    • T: -40℃~105℃
    • S: -40℃~125℃
    • Q:-40°C~125°C
      (車載アプリケーション向けにAEC Q100認定)

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の C2000 リアルタイム制御マイコン

概要

TMS320C2000™32ビット・マイクロコントローラは、処理、センシング、アクチュエーション用に最適化されており、リアルタイム制御アプリケーションの閉ループ性能を向上できます。C2000™マイクロコントローラのラインナップには、Delfino™ Premium Performanceマイクロコントローラ・ファミリと、Piccolo™ Entry Performanceマイクロコントローラ・ファミリが含まれています。

F2805x Piccolo™ファミリのマイクロコントローラ(MCU)は、C28xコアとCLAの能力を、高度に統合された制御ペリフェラルとともに、ピン数の少ないデバイスに組み入れた製品です。このファミリは従来のC28xベースのコードと互換性があり、アナログも高レベルで統合されています。

内蔵の電圧レギュレータにより、シングル・レールでの動作が可能です。内部の6ビット基準を持つアナログ・コンパレータが追加されており、直接配線によりPWM出力を制御できます。このADCは0~3.3Vの固定フルスケール範囲を変換し、レシオメトリックなVREFHI/VREFLO基準電圧をサポートします。ADCインターフェイスは、オーバーヘッドが小さく、レイテンシが短くなるよう最適化されています。

アナログ・フロント・エンド(AFE)には、最大7つのコンパレータと、最大3つの内蔵DAC、1つのVREFOUTバッファ付きDAC、最大4つのPGA、最大4つのデジタル・フィルタが含まれています。PGAは、入力信号を3つの異なるゲイン・モードで増幅できます。AFEペリフェラルの実際の数は、TMS320F2805xのデバイス番号によって異なります。詳細については、「デバイスの比較」を参照してください。

open-in-new その他の C2000 リアルタイム制御マイコン
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 38
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TMS320F2805x Piccolo™マイクロコントローラ データシート (Rev. C 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.D) 2018年 12月 6日
* エラッタ TMS320F2805x Piccolo MCU Silicon Errata 2018年 9月 28日
* ユーザー・ガイド TMS320x2805x Piccolo Technical Reference Manual 2017年 4月 27日
ホワイト・ペーパー Taking charge of electric vehicles – both in the vehicle and on the grid 2020年 6月 17日
ユーザー・ガイド C2000 Real-Time Control Peripheral Reference Guide 2020年 5月 19日
アプリケーション・ノート Software Examples to Showcase Unique Capabilities of TI’s Control Law Accelerato 2020年 4月 17日
その他の技術資料 C2000™ SafeTI™ Enablers 2020年 4月 15日
アプリケーション・ノート Accelerators: Enhancing the Capabilities of the C2000 MCU Family Technical Brief 2020年 3月 31日
アプリケーション・ノート F2803x- ADC Performance Versus ACQPS Value 2019年 10月 7日
アプリケーション・ノート Development Tool Versions for C2000 Support 2019年 7月 19日
アプリケーション・ノート C2000™ Unique Device Number 2019年 6月 11日
ホワイト・ペーパー C2000™ MCU SafeTI™ control solutions: An introduction to ASIL decomposition 2019年 4月 10日
アプリケーション・ノート Serial Flash Programming of C2000 Microcontrollers 2019年 3月 29日
ホワイト・ペーパー Addressing Systematic and Random hardware faults using C2000 SafeTI Products 2019年 1月 31日
ホワイト・ペーパー Exploring the evolution and optimization of wireless power transfer 2018年 7月 27日
その他の技術資料 C2000™ Safety Mechanisms 2018年 7月 17日
その他の技術資料 Certificate of Compliance 2018年 7月 6日
その他の技術資料 Certificate of Compliance E352502-20130316 2018年 7月 6日
その他の技術資料 VDE Safety Certification Document 2018年 6月 22日
アプリケーション・ノート JTAG Connectivity Debug 2018年 5月 11日
ユーザー・ガイド SYS/BIOS (TI-RTOS Kernel) User's Guide 2018年 2月 7日
アプリケーション・ノート (Cancelled in RDM) Programming Examples for the TMS320F281x eCAN 2017年 9月 12日
アプリケーション・ノート Semiconductor and IC Package Thermal Metrics 2016年 4月 19日
アプリケーション・ノート Calculator for CAN Bit Timing Parameters 2016年 3月 22日
技術記事 How fast is your 32-bit MCU? 2015年 7月 15日
アプリケーション・ノート Using the CAN Bootloader at High Temperature 2015年 6月 29日
技術記事 Easily increase functionality in motor drive applications 2015年 5月 19日
技術記事 Really smart cities in real time 2015年 4月 25日
ユーザー・ガイド TMS320C28x DSP CPU and Instruction Set Reference Guide 2015年 4月 10日
その他の技術資料 controlSUITE Getting Started Guide 2015年 2月 9日
技術記事 How to have it all: Designing next-generation industrial drive and control systems 2014年 4月 3日
ユーザー・ガイド Safety Manual for C2000 MCUs in IEC60730 Safety Applications 2013年 8月 21日
ホワイト・ペーパー Developing a multi-channel wireless inductive charger 2012年 8月 24日
アプリケーション・ノート InstaSPIN-BLDC Lab 2011年 11月 15日
アプリケーション・ノート Piccolo MCU CAN Module Operation Using the On-Chip Zero-Pin Oscillator 2011年 8月 19日
ホワイト・ペーパー HVAC Dual AC Motor Control with Active PFC Implementation Using Piccolo™ MCUs 2010年 4月 15日
アプリケーション・ノート TMS320DM360 DMP Power Consumption Summary 2009年 11月 16日
アプリケーション・ノート EEPROM Emulation With the TMS320F28xxx DSCs 2009年 9月 21日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

ドーター・カード ダウンロード
69
概要

テキサス・インスツルメンツの C2000™ controlCARD はドーター・カードの独自のセットで、デバイス評価およびアプリケーション開発のために、幅広いポートフォリオを持つ C2000 マイコンの検証ができます。controlCARD は (...)

特長
  • Piccolo TMX320F28055 マイコン
  • 絶縁型 USB JTAG インターフェイス(XDS100v2
  • 標準 100 ピン DIMM インターフェイス
  • アナログ I/O、デジタル I/O、および DIMM インターフェイスでの JTAG 信号
  • フル動作用のシングル 5V 電源レール
評価モジュール(EVM)用 GUI ダウンロード
SafeTI 60730 SW パッケージ
IEC60730SWPACKAGES
概要

C2000 MCU SafeTI-60730 ソフトウェア・パッケージには、C2000™ リアルタイム制御マイコン(MCU)を使用してコンシューマ向けの機能安全アプリケーションの設計の簡素化と迅速化を実現する UL 認証済みコンポーネントの SafeTI&trade (...)

特長
  • 以下の C2000 シリーズをサポート
    • Delfino F2833x
    • Piccolo F2802x、F2803x、F2805x、F2806x
  • Delfino F2837x と Piccolo F2807x のサポートは、SafeTI Diagnostics Libraryに含まれています。
  • IEC60730 ソフトウェア・ライブラリ、ユーザーズ・ガイド、サンプル・コード
  • Piccolo マイコン向けの Arcdetect(アーク検出)ソフトウェア・ライブラリ、ユーザーズ・ガイド、RD195 の回路図とサンプル・コード

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
C2000 MCU 向け C2000Ware
C2000WARE C2000Ware は開発期間を大幅に短縮するソフトウェアと資料を包括的に提供します。特定デバイス向けドライバ、ライブラリ、ペリフェラル・サンプルを収録しています。
  • C2000 controlCARD、controlSTICK、検証用キット、LaunchPad 向けのハードウェア設計回路図、BOM、ガーバー・ファイル、技術資料
  • 特定デバイスのサポート・ファイル、ビット・フィールド・ヘッダ、LaunchPad™ デモを含むビット・フィールド・デバイス・ペリフェラル・サンプル、デバイス開発ユーザーズ・ガイド
  • 特定デバイス向けドライバ・ライブラリと、ドライバ・ベースのペリフェラル・サンプル
  • IQMATH、浮動小数点 Math ライブラリ / サンプル、CLA 算術演算ライブラリ、信号生成ライブラリ、DSP ライブラリ / ビタビ、アクセラレータを使用する CRC ライブラリなどの特定デバイス向けコア・ライブラリ
  • フラッシュ・プログラマ、Windows ドライバ、サード・パーティ・ソフトウェアなどの開発ユーティリティ・アプリケーション

C2000Ware は controlSUITE に対する推奨コンテンツ・デリバリ・ツールですが、Piccolo F28004x シリーズには C2000Ware が必須です。

C2000Ware、controlSUITE、ソフトウェアの詳細については (...)

特長
  • 単一のパッケージで基礎的な開発リソースをすべて提供し、開発開始時に最適
  • TI クラウドをサポート
  • Linux と Mac へのインストールをサポート
  • 導入が容易:ダウンロードとインストール・サイズが小さい(controlSUITE よりかなり小さい)
  • controlSUITE 以上のデバイス・サポート
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
InstaSPIN-BLDC ソリューション
INSTASPIN-BLDC InstaSPIN-BLDCは、モーター制御をより使いやすくするモーター制御テクノロジーです。低コストの BLDC アプリケーションを対象とした InstaSPIN-BLDC は、「シンプルな方が良い」という理念のセンサレス制御技術です。50 種類を超えるモーターを使用したフィールド・テストでは、InstaSPIN-BLDC はどのモーターも 20 秒未満で起動し、動作させることができました。堅牢性の理由として、InstaSPIN-BLDC では、1 つのチューニング値を調整するだけで、操作するモーター・パラメータに関する知識が不要ということが挙げられます。

逆起電力のゼロクロス・タイミング法に基づく他のセンサレス BLDC 制御技術とは異なり、InstaSPIN-BLDC はモーターのフラックスを監視し、モーターを整流するタイミングを判定します。ユーザーは、無償の GUI(図を参照)を活用して、プロット・ウィンドウでフラックス信号を観測したり、「フラックス・スレッショルド」スライダを設定してモーターの整流が必要なフラックス・レベルを指定したりできます。最適な整流が行われているかどうかは相電圧と電流波形を観測することで確認できますが、これらも GUI に表示されます。

InstaSPIN-BLDC は、ほぼすべての BLDC モーターとともに使用できるほか、速度の過渡摂動に対する優れた復元力が実証されています。ゼロクロス・タイミング法では、常に過去の情報を利用して未来の整流タイミングを予測します。これに対し、InstaSPIN-BLDC はリアルタイムのフラックス波形を監視して、整流を行う適切なタイミングを判定します。突然の速度変化が起こっても、リアルタイムでフラックス波形に反映されるため、整流にちょうど適したタイミングで、指定したスレッショルドを超えることができます。

逆起電力のゼロクロス・タイミング法に対し、整流にフラックス信号を使用することにより、低速時のより安定した動作も可能になります。フラックス信号とは異なり、逆起電力信号は振幅が低速時に縮小するため、信号対雑音比が低下してしまいます。InstaSPIN-BLDC は、低速でも円滑に動作させることができ、大きな負荷がかかっている状態でも、より信頼性の高いモーター始動を実現します。

デバッグ・プローブ ダウンロード
マルチ・デバイス C2000 プログラマ
C2000-GANG C2000 ギャング・プログラマは、同時に 8 個の同じ C2000 デバイスをプログラムできる C2000 デバイス・プログラマです。C2000 ギャング・プログラマでは、標準の RS-232 または USB 接続を使用してホスト PC に接続できるほか、ユーザーがプロセスのフル・カスタマイズを行うことのできるフレキシブルなプログラミング・オプションが提供されます。

C2000 ギャング・プログラマには、GANG スプリッタと呼ばれるボードが付属しており、C2000 ギャング・プログラマと複数のターゲット・デバイス間の相互接続が可能になります。拡張ボードと 8 個のターゲット・デバイスを接続する 8 本のケーブルが供給されます(JTAG または Spy-Bi-Wire コネクタ経由)。プログラミングは、PC を使用しても、スタンドアロン・デバイスとしても行うことができます。PC 側のグラフィカル・ユーザー・インターフェイスも使用可能であり、DLL ベースです。

代表的なソフトウェア・ファイル
特長
  • C2000 デバイスを、RS-232 または USB インターフェイス経由で、迅速に、高い信頼性でプログラムできます
  • 数種類のプログラミング・モード:
  • - インタラクティブ・モード:PC に接続し、C2000 GANG プログラマ GUI を使用してプログラミング。
    - 画像からのプログラム:設定オプションとコード・ファイルを含むイメージが保存できます。これにより、ユーザーが PCなしで、スタンドアロンで C2000 デバイスをプログラムすることができます。
    - スクリプトからのプログラミング:開発者が、より複雑なプログラム手順を自動化できます。
  • 設定、プログラミングおよび量産テストのための直観的 GUI
  • イメージ保存用の SD カード・スロット
  • PC なしでも簡単にプログラミングできる LCD 画面
  • 同時に 8 個のターゲットに対応します
  • 現在と将来のすべての C2000 デバイスに対応
デバッグ・プローブ ダウンロード
XDS100v2 USB JTAG エミュレータ(14 ピン TI コネクタ)
TMDSEMU100V2U-14T Spectrum Digital XDS100v2 は、TI のプロセッサを対象とする XDS100 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの第 2 世代です。XDS100 ファミリには、すべての XDS デバッグ・プローブ・ファミリの中でコストが最小で、従来型の JTAG 規格(IEEE1149.1)もサポートしています。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

注:cJTAG(IEEE1149.7)互換のデバッグ・プローブには XDS100v3 というラベルが付いており、選択したサード・パーティーから入手できます。CC26xx、CC2538、CC13xx いずれかのデバイスをデバッグする場合は、cJTAG が必須です。

Spectrum Digital XDS100v2 は、TI 14 ピン・コネクタとホスト側の USB 2.0 (...)

特長

XDS100v2 は、TI のプロセッサを対象とする低コストの JTAG 搭載 XDS100 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの第 2 世代です。フル機能の JTAG コネクティビティ機能を低コストで提供する XDS100 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスをデバッグするエントリレベルの製品ファミリです。

XDS100v2 は、JTAG デバッグ・ポートを搭載し、TI のすべてのデバイスをサポートする初の XDS100 ファミリで、従来の XDS100v1 技術を代替します。また、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP デバイスで、コア・トレースとシステム・トレースのいずれもサポートしています。

各種 JTAG ヘッダーが市販されるようになっていることから、XDS100 ファミリは TI 14 ピン、TI 20 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンの各コネクタを実装したモデルを採用しました。一部のモデルでは、フレキシビリティを高めるために、デュアル・コネクタを実装しています。

XDS100 ファミリは、従来型の IEEE1149.1(JTAG)と IEEE1149.7(cJTAG)をサポートしており、+1.8V と 3.3V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでも利用可能です。cJTAG をサポートしているのは、低コストの JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの 3 番目の派生製品である XDS100v3 のみです。XDS100v3 デバッグ・プローブは、TI サード・パーティーから入手できます。

すべての (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS200 USB エミュレータ
TMDSEMU200-U Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 (...)

295
特長

XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリです。高い性能と一般的な機能を搭載した低コスト XDS100 と高性能 XDS560v2 の中間に位置する XDS200 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスのデバッグのためのバランス重視のソリューションを提供します。

XDS200 は、販売開始から長い年月が経過している「XDS510」JTAG デバッガ・ファミリに比べ、データ・スループットが高いほか、ARM シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しており、コスト低減を可能にします。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、すべての XDS200 派生製品は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。この製品に加えて、すべての派生製品は、TI と ARM の標準的な JTAG ヘッダーに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタも採用しています(付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS200 は、従来型の IEEE1149.1(JTAG)、IEEE1149.7(cJTAG)、ARM のシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)をサポートしており、+1.5V ~ 4.1V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とは、同じく 2 本のピンを使用して、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

すべての XDS200 モデルは、ホストへの接続のために、USB2.0 ハイスピード(480Mbps)をサポートしており、一部のモデルではイーサネット 10/100Mbps もサポートしています。また、一部のモデルではターゲット・ボードでの消費電力監視をサポートしています。

XDS200 ファミリには、TI の (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Blackhawk XDS560v2 システム・トレース USB エミュレータ
TMDSEMU560V2STM-U The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

995
特長

XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Spectrum Digital XDS560v2 システム・トレース USB およびイーサネット
TMDSEMU560V2STM-UE The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

1495
特長
  • XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

ドライバとライブラリ ダウンロード
C2000 デジタル制御ライブラリ
C2000-DIGITAL-CONTROL-LIBRARY — The C2000 Digital Control Library (DCL) provides a suite of robust software functions for developers of digital control applications using the Texas Instruments C2000 MCU platform. All the functions in the library are supplied in the form of C or assembly source code. Version 3.0 of the DCL contains (...)
特長
  • Supports all C28x CPUs
    • C28x fixed-point
    • C28x floating-point
    • CLA
  • 'OneMCU' compliant
  • Supports COFF & EABI compilers
  • Rigorously tested
  • Deployed in C2000Ware
ドライバとライブラリ ダウンロード
controlSUITE™ ソフトウェア・スイート:必須ソフトウェアおよび開発ツール、C2000™ マイコン用
CONTROLSUITE C2000 マイクロコントローラ用の controlSUITE は、ソフトウェア開発期間の短縮を目的に、ソフトウェアやツールなどの全ての技術情報を提供する閲覧ツールです。デバイス固有のドライバやサポート・ソフトウェアから高度なシステム・アプリケーション内での完全なサンプル・システムまで、controlSUITE のライブラリとサンプルはあらゆる段階の開発や評価で使用できます。 シンプルなコード・スニペットに留まることなく、実践的なソフトウェアでリアルタイム・システムの開発を今すぐ開始できます。

オンラインの controlSUITE 実行可能インストーラが適切に機能しない場合、下の「サポート・ソフトウェア」セクションにある controlSUITE ZIP パッケージをダウンロードしてください。 ZIP パッケージには、controlSUITE のインストールに必要なすべてのパッケージが含まれています。 ZIP パッケージをローカル・フォルダに解凍して、「controlSUITE.msi」実行可能ファイルを実行してください。 インストール後、ZIP パッケージから解凍したすべてのコンテンツを削除できます。

IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
C2000 コード生成ツール:コンパイラ
C2000-CGT — TI C2000 C/C++ コンパイラ / アセンブリ言語ツールは Concerto(F28M3xx)、Piccolo(280xx)、Delfino 浮動小数点(283xx)、C2000 固定小数点(2823x/280x/281x)マイコンなどの TI C2000 マイコン・プラットフォーム向けアプリケーションの開発をサポートしています。
特長
  • v18.9.0.STS 以降の C2000 コード生成ツールで使用可能:リンカで生成可能な ECC オプション
    • 64 ビット FPU ハードウェア向けの Float(浮動小数点)サポート
    • C2000 EABI のサポート
    • TMU1 命令のサポート
    • VCRC デバイスのサポート
    • 整数除算ハードウェア拡張のサポート
  • リリース v18.1.0.LTS 以降の C2000 コード生成ツールで使用可能:CLA コード・サイズの改善
    • 揮発性ビットフィールド割り当ての最適化
    • –cla_support=cla[12] オプションの際に直接アドレッシングを優先
    • インライン関数の際にスタック使用法を改善
  • リリース v16.9.0.LTS 以降の C2000 コード生成ツールで使用可能:スタック使用法と使用率を改善
    • LZSS 圧縮のサポート
    • 圧縮形式のセクション整列
    • インライン処理を改善
    • 重複および不要コンパイラ・オプションを削除

TI コンパイラのサポート

TI E2E™ コミュニティでは TI コンパイラへのサポートを提供しています。 その他のサポート関連記事:
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
C2000 MCU Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)
CCSTUDIO-C2000

Download the latest version of Code Composer Studio

Code Composer Studio™ - Integrated Development Environment for C2000 32-bit Real-time Control MCUs

Code Composer Studio is an integrated development environment (IDE) that supports TI's Microcontroller and Embedded Processors portfolio. Code Composer Studio comprises a suite of tools used to develop (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
SafeTI™ コンパイラ認証キット
SAFETI_CQKIT SafeTI コンパイラ認証キットは、お客様が IEC 61508 と ISO 26262 のような機能安全規格に準拠して、TI Arm、C6000、または C2000/CLA の C/C++ コンパイラを使用できるようにする目的で開発したものです。

SafeTI コンパイラ認証キットの特長:

  • ユーザーが認定テストを実行する必要なし
  • コンパイラによるカバレッジ解析をサポート
  • Validas のコンサルティングは付属せず
  • TI のお客様は無料で利用可能

SafeTI コンパイラ認証キットにアクセスするには、上記の「リクエスト」ボタンのいずれかをクリックしてください。

機能安全製品の詳細については、www.tij.co.jp/safeti をご覧ください

前提条件

この SafeTI コンパイラ認証キットは、LTS (long-term-supported、長期間サポート) TI C/C++ コンパイラ・バージョンのみに適用できます。他の前提条件はありません。

特長

この SafeTI コンパイラ認証キットは、TÜV Nord 社によって、IEC 61508 と ISO 26262 の両方に適合しているという評価が完了しています。このキットは、ソフトウェア・ツール認証の専門企業である、Validas 社との提携によって開発したものです。

製品内容

SafeTI コンパイラ認証キットの内容:

  • 安全関連資料のテンプレート
    • ツールの分類(英語)
    • ツールの認定計画(英語)
    • ツールの認定レポート(英語)
    • ツールの安全性マニュアル(英語)
  • QKIT User's Guide (英語)
  • TÜV Nord 承認レポート (英語)
  • 内部のリリース検証結果
  • 設定済みのコンパイラ
プログラミング・ツール ダウンロード
UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family
UNIFLASH Supported devices: CC13xx, CC25xx, CC26xx, CC3220, CC3120, CC3235, CC3135, Tiva, C2000, MSP43x, Hercules, PGA9xx, IWR12xx, IWR14xx, IWR16xx, IWR18xx , IWR68xx, AWR12xx, AWR14xx, AWR16xx, AWR18xx.  Command line only: AM335x, AM437x, AM571x, AM572x, AM574x, AM65XX, K2G

CCS Uniflash is a standalone tool (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM741.ZIP (1 KB) - BSDL Model

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
単軸モータ制御リファレンス・デザイン、力率改善付
TIDM-1AXISMTR-PFC-5X This refernce design demonstrates best practices for integrating both single axis motor control and power factor correction (PFC) into a single microcontroller. This practice is popular when designing variable frequency compressors, particularly for HVAC systems. This implementation is optimized to (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
LQFP (PN) 80 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ