製品の詳細

CPU 2x C28x, 2x CLA Frequency (MHz) 200 Flash memory (KB) 1536 RAM (KB) 338 ADC resolution 12-bit, 16-bit Total processing (MIPS) 925 Features CAN FD, Connectivity manager, Ethernet, FPU32 UART 4 CAN (#) 3 Sigma-delta filter 8 PWM (Ch) 32 TI functional safety category Functional Safety-Compliant
CPU 2x C28x, 2x CLA Frequency (MHz) 200 Flash memory (KB) 1536 RAM (KB) 338 ADC resolution 12-bit, 16-bit Total processing (MIPS) 925 Features CAN FD, Connectivity manager, Ethernet, FPU32 UART 4 CAN (#) 3 Sigma-delta filter 8 PWM (Ch) 32 TI functional safety category Functional Safety-Compliant
HLQFP (PTP) 176 NFBGA (ZWT) 337 256 mm² 16 x 16
  • Dual-core C28x architecture
    • Two TMS320C28x 32-bit CPUs
      • 200 MHz
      • IEEE 754 double-precision (64-bit) Floating-Point Unit (FPU)
      • Trigonometric Math Unit (TMU)
      • CRC engine and instructions (VCRC)
      • Fast Integer Division (FINTDIV)
    • 512KB (256KW) of flash on each CPU (ECC-protected)
    • 44KB (22KW) of local RAM on each CPU
    • 128KB (64KW) of global RAM shared between the two CPUs (parity-protected)
  • Two Control Law Accelerators (CLAs)
    • 200 MHz
    • IEEE 754 single-precision floating-point
    • Executes code independently of C28x CPU
  • System peripherals
    • Two External Memory Interfaces (EMIFs) with ASRAM and SDRAM support
    • Two 6-channel Direct Memory Access (DMA) controllers
    • Up to 169 General-Purpose Input/Output (GPIO) pins with input filtering
    • Expanded Peripheral Interrupt controller (ePIE)
    • Low-power mode (LPM) support
    • Dual-zone security for third-party development
    • Unique Identification (UID) number
    • Embedded Real-time Analysis and Diagnostic (ERAD)
    • Background CRC (BGCRC)
  • Connectivity Manager (CM)
    • Arm Cortex-M4 processor
    • 125 MHz
    • 512KB of flash (ECC-protected)
    • 96KB of RAM (ECC-protected or parity-protected)
    • Advanced Encryption Standard (AES) accelerator
    • Generic CRC (GCRC)
    • 32-channel Micro Direct Memory Access (µDMA) controller
    • Universal Asynchronous Receiver/Transmitter (CM-UART)
    • Inter-integrated Circuit (CM-I2C)
    • Synchronous Serial Interface (SSI)
    • 10/100 Ethernet 1588 MII/RMII
    • MCAN (CAN-FD)
  • C28x communications peripherals
    • Fast Serial Interface (FSI) with two transmitters and eight receivers
    • Four high-speed (up to 50-MHz) SPI ports (pin-bootable)
    • Four Serial Communications Interfaces (SCI/UART) (pin-bootable)
    • Two I2C interfaces (pin-bootable)
    • Power-Management Bus (PMBus) interface
    • Two Multichannel Buffered Serial Ports (McBSPs)
  • CM-C28x shared communications peripherals
    • EtherCAT Slave Controller (ESC)
    • USB 2.0 (MAC + PHY)
    • Two Controller Area Network (CAN) modules (pin-bootable)
  • Analog subsystem
    • Four Analog-to-Digital Converters (ADCs)
      • 16-bit mode
        • 1.1 MSPS each
        • 12 differential or 24 single-ended inputs
      • 12-bit mode
        • 3.5 MSPS each
        • 24 single-ended inputs
      • Single sample-and-hold (S/H) on each ADC
      • Hardware post-processing of conversions
    • Eight windowed comparators with 12-bit Digital-to-Analog Converter (DAC) references
    • Three 12-bit buffered DAC outputs
  • Control peripherals
    • 32 Pulse Width Modulator (PWM) channels
      • High resolution on both A and B channels of 8 PWM modules (16 channels)
      • Dead-band support (on both standard and high resolution)
    • Seven Enhanced Capture (eCAP) modules
      • High-resolution Capture (HRCAP) available on two of the seven eCAP modules
    • Three Enhanced Quadrature Encoder Pulse (eQEP) modules
    • Eight Sigma-Delta Filter Module (SDFM) input channels, 2 independent filters per channel
  • Configurable Logic Block (CLB)
    • Augments existing peripheral capability
    • Supports position manager solutions
  • Clock and system control
    • Two internal zero-pin 10-MHz oscillators
    • On-chip crystal oscillator
    • Windowed watchdog timer module
    • Missing clock detection circuitry
    • Dual-clock Comparator (DCC)
  • 1.2-V core, 3.3-V I/O design
  • Package options:
    • Lead-free, green packaging
    • 337-ball New Fine Pitch Ball Grid Array (nFBGA) [ZWT suffix]
    • 176-pin PowerPAD™ Thermally Enhanced Low-profile Quad Flatpack (HLQFP) [PTP suffix]
  • Temperature options:
    • S: –40°C to 125°C junction
    • Q: –40°C to 125°C ambient (AEC Q100 qualification for automotive applications)
  • Dual-core C28x architecture
    • Two TMS320C28x 32-bit CPUs
      • 200 MHz
      • IEEE 754 double-precision (64-bit) Floating-Point Unit (FPU)
      • Trigonometric Math Unit (TMU)
      • CRC engine and instructions (VCRC)
      • Fast Integer Division (FINTDIV)
    • 512KB (256KW) of flash on each CPU (ECC-protected)
    • 44KB (22KW) of local RAM on each CPU
    • 128KB (64KW) of global RAM shared between the two CPUs (parity-protected)
  • Two Control Law Accelerators (CLAs)
    • 200 MHz
    • IEEE 754 single-precision floating-point
    • Executes code independently of C28x CPU
  • System peripherals
    • Two External Memory Interfaces (EMIFs) with ASRAM and SDRAM support
    • Two 6-channel Direct Memory Access (DMA) controllers
    • Up to 169 General-Purpose Input/Output (GPIO) pins with input filtering
    • Expanded Peripheral Interrupt controller (ePIE)
    • Low-power mode (LPM) support
    • Dual-zone security for third-party development
    • Unique Identification (UID) number
    • Embedded Real-time Analysis and Diagnostic (ERAD)
    • Background CRC (BGCRC)
  • Connectivity Manager (CM)
    • Arm Cortex-M4 processor
    • 125 MHz
    • 512KB of flash (ECC-protected)
    • 96KB of RAM (ECC-protected or parity-protected)
    • Advanced Encryption Standard (AES) accelerator
    • Generic CRC (GCRC)
    • 32-channel Micro Direct Memory Access (µDMA) controller
    • Universal Asynchronous Receiver/Transmitter (CM-UART)
    • Inter-integrated Circuit (CM-I2C)
    • Synchronous Serial Interface (SSI)
    • 10/100 Ethernet 1588 MII/RMII
    • MCAN (CAN-FD)
  • C28x communications peripherals
    • Fast Serial Interface (FSI) with two transmitters and eight receivers
    • Four high-speed (up to 50-MHz) SPI ports (pin-bootable)
    • Four Serial Communications Interfaces (SCI/UART) (pin-bootable)
    • Two I2C interfaces (pin-bootable)
    • Power-Management Bus (PMBus) interface
    • Two Multichannel Buffered Serial Ports (McBSPs)
  • CM-C28x shared communications peripherals
    • EtherCAT Slave Controller (ESC)
    • USB 2.0 (MAC + PHY)
    • Two Controller Area Network (CAN) modules (pin-bootable)
  • Analog subsystem
    • Four Analog-to-Digital Converters (ADCs)
      • 16-bit mode
        • 1.1 MSPS each
        • 12 differential or 24 single-ended inputs
      • 12-bit mode
        • 3.5 MSPS each
        • 24 single-ended inputs
      • Single sample-and-hold (S/H) on each ADC
      • Hardware post-processing of conversions
    • Eight windowed comparators with 12-bit Digital-to-Analog Converter (DAC) references
    • Three 12-bit buffered DAC outputs
  • Control peripherals
    • 32 Pulse Width Modulator (PWM) channels
      • High resolution on both A and B channels of 8 PWM modules (16 channels)
      • Dead-band support (on both standard and high resolution)
    • Seven Enhanced Capture (eCAP) modules
      • High-resolution Capture (HRCAP) available on two of the seven eCAP modules
    • Three Enhanced Quadrature Encoder Pulse (eQEP) modules
    • Eight Sigma-Delta Filter Module (SDFM) input channels, 2 independent filters per channel
  • Configurable Logic Block (CLB)
    • Augments existing peripheral capability
    • Supports position manager solutions
  • Clock and system control
    • Two internal zero-pin 10-MHz oscillators
    • On-chip crystal oscillator
    • Windowed watchdog timer module
    • Missing clock detection circuitry
    • Dual-clock Comparator (DCC)
  • 1.2-V core, 3.3-V I/O design
  • Package options:
    • Lead-free, green packaging
    • 337-ball New Fine Pitch Ball Grid Array (nFBGA) [ZWT suffix]
    • 176-pin PowerPAD™ Thermally Enhanced Low-profile Quad Flatpack (HLQFP) [PTP suffix]
  • Temperature options:
    • S: –40°C to 125°C junction
    • Q: –40°C to 125°C ambient (AEC Q100 qualification for automotive applications)

The TMS320F2838x (F2838x) is a member of the C2000™ real-time microcontroller family of scalable, ultra-low latency devices designed for efficiency in power electronics, including but not limited to: high power density, high switching frequencies, and supporting the use of GaN and SiC technologies.

These include such applications as:

The real-time control subsystem is based on TI’s 32-bit C28x DSP core, which provides 200 MHz of signal-processing performance in each core for floating- or fixed-point code running from either on-chip flash or SRAM. The C28x CPU is further boosted by the Trigonometric Math Unit (TMU) and VCRC (Cyclical Redundancy Check) extended instruction sets, speeding up common algorithms key to real-time control systems. Extended instruction sets enable IEEE double-precision 64-bit floating-point math. Finally, the Control Law Accelerator (CLA) enables an additional 200 MHz per core of independent processing ability.

This device also contains an independent Connectivity Manager (CM), based on the ARM Cortex-M4 processor, that runs at 125 MHz. With its own dedicated flash and SRAM, the CM allows fully independent control of the interfaces coming in and out of the F2838x, allowing maximum bandwidth for the C28x DSPs to focus on real-time control.

High-performance analog blocks are tightly integrated with the processing and control units to provide optimal real-time signal chain performance. Thirty-two frequency-independent PWMs enable control of multiple power stages, from a 3-phase inverter to advanced multi-level power topologies.

The inclusion of the Configurable Logic Block (CLB) allows the user to add custom logic and potentially integrate FPGA-like functions into the C2000 real-time MCU.

For the first time on a C2000 real-time MCU, there is an EtherCAT Slave Controller, along with other industry-standard protocols like CAN-FD and USB 2.0. The Fast Serial Interface (FSI) enables up to 200 Mbps of robust communications across an isolation boundary.

Want to learn more about features that make C2000 MCUs the right choice for your real-time control system? Check out The Essential Guide for Developing With C2000™ Real-Time Microcontrollers and visit the C2000™ real-time control MCUs page.

Ready to get started? Check out the TMDSCNCD28388D evaluation board and download C2000Ware.

The TMS320F2838x (F2838x) is a member of the C2000™ real-time microcontroller family of scalable, ultra-low latency devices designed for efficiency in power electronics, including but not limited to: high power density, high switching frequencies, and supporting the use of GaN and SiC technologies.

These include such applications as:

The real-time control subsystem is based on TI’s 32-bit C28x DSP core, which provides 200 MHz of signal-processing performance in each core for floating- or fixed-point code running from either on-chip flash or SRAM. The C28x CPU is further boosted by the Trigonometric Math Unit (TMU) and VCRC (Cyclical Redundancy Check) extended instruction sets, speeding up common algorithms key to real-time control systems. Extended instruction sets enable IEEE double-precision 64-bit floating-point math. Finally, the Control Law Accelerator (CLA) enables an additional 200 MHz per core of independent processing ability.

This device also contains an independent Connectivity Manager (CM), based on the ARM Cortex-M4 processor, that runs at 125 MHz. With its own dedicated flash and SRAM, the CM allows fully independent control of the interfaces coming in and out of the F2838x, allowing maximum bandwidth for the C28x DSPs to focus on real-time control.

High-performance analog blocks are tightly integrated with the processing and control units to provide optimal real-time signal chain performance. Thirty-two frequency-independent PWMs enable control of multiple power stages, from a 3-phase inverter to advanced multi-level power topologies.

The inclusion of the Configurable Logic Block (CLB) allows the user to add custom logic and potentially integrate FPGA-like functions into the C2000 real-time MCU.

For the first time on a C2000 real-time MCU, there is an EtherCAT Slave Controller, along with other industry-standard protocols like CAN-FD and USB 2.0. The Fast Serial Interface (FSI) enables up to 200 Mbps of robust communications across an isolation boundary.

Want to learn more about features that make C2000 MCUs the right choice for your real-time control system? Check out The Essential Guide for Developing With C2000™ Real-Time Microcontrollers and visit the C2000™ real-time control MCUs page.

Ready to get started? Check out the TMDSCNCD28388D evaluation board and download C2000Ware.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
34 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TMS320F2838x Real-Time Microcontrollers With Connectivity Manager データシート (Rev. D) 2021年 2月 2日
* エラッタ TMS320F2838x Real-Time MCUs Silicon Errata (Rev. D) 2021年 5月 17日
* ユーザー・ガイド TMS320F2838x Microcontrollers TRM (Rev. C) 2021年 2月 26日
アプリケーション・ノート C2000 SysConfig 2021年 10月 20日
アプリケーション・ノート Charge-Sharing Driving Circuits for C2000 ADCs (using PSPICE-FOR-TI simulation t 2021年 8月 13日
アプリケーション・ノート Interfacing Current Sensing Circuits to C2000 ADCs 2021年 6月 30日
アプリケーション・ノート Leverage New Type ePWM Features for Multiple Phase Control 2021年 5月 11日
アプリケーション・ノート C2000 Security Tool (Rev. A) 2021年 5月 10日
アプリケーション・ノート A Demonstration of Optimized Signal Chain Performance of C2000™ Real-Time MCU 2021年 4月 9日
ホワイト・ペーパー Achieve Power-Dense and Efficient Digital Power Systems by Combining TI GaN FETK 2021年 3月 18日
ホワイト・ペーパー Achieve Power-Dense and Efficient Digital Power Systems by Combining TI GaN FETN 2021年 3月 18日
アプリケーション・ノート CRM/ZVS PFC Implementation Based on C2000 Type-4 PWM Module 2021年 2月 18日
ホワイト・ペーパー Achieve Power-Dense and Efficient Digital Power Systems by Combining TI GaN FETs 2021年 1月 5日
その他の技術資料 Maximize density, power, and reliability with TI GaN and C2000™ real-time MCUs 2020年 12月 15日
ホワイト・ペーパー Achieving High Efficiency and Enabling Integration in EV Powertrain Subsystems 2020年 11月 18日
アプリケーション・ノート Charge-Sharing Driving Circuits for C2000 ADCs 2020年 11月 12日
アプリケーション・ノート ADC Input Circuit Evaluation for C2000 MCUs 2020年 7月 30日
アプリケーション・ノート Secure BOOT On C2000 Device 2020年 7月 21日
アプリケーション・ノート Upgrading Device Security by Using JTAGLOCK Feature 2020年 5月 27日
アプリケーション・ノート Software Examples to Showcase Unique Capabilities of TI’s Control Law Accelerato 2020年 4月 17日
e-Book(PDF) E-book: An engineer’s guide to industrial robot designs.. 2020年 3月 25日
ホワイト・ペーパー Distributed Power Control Architecture With Multiple MCUs Over FSI 2020年 2月 14日
アプリケーション・ノート CRC Engines in C2000 Devices 2020年 1月 31日
アプリケーション・ノート Configurable Error Generator for Controller Area Network 2019年 12月 19日
アプリケーション・ノート Migration Between TMS320F2837x and TMS320F2838x 2019年 12月 5日
アプリケーション・ノート Leveraging HRC (HRCAP) for Data Transfer in a Single Pulse via Single Line 2019年 8月 28日
アプリケーション・ノート Development Tool Versions for C2000 Support 2019年 7月 19日
アプリケーション・ノート Fast Integer Division – A Differentiated Offering From C2000 Product Family 2019年 6月 14日
その他の技術資料 Texas Instruments C2000™ TMS320F28388D Real-Time Controller Series 2019年 5月 15日
アプリケーション・ノート Embedded real-time analysis and response for control applications 2019年 3月 29日
アプリケーション・ノート Designing With The C2000 Configurable Logic Block 2019年 2月 5日
アプリケーション・ノート Fast Serial Interface (FSI) Skew Compensation 2018年 11月 8日
ホワイト・ペーパー Maximizing power for Level 3 EV charging stations 2018年 6月 12日
アプリケーション・ノート Calculating FIT for a Mission Profile 2015年 3月 24日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ドーター・カード

TMDSCNCD28388D — F28388D controlCARD の評価基板

TMDSCNCD28388D は、C2000™ マイコン (MCU) シリーズの F2838xS と F2838xD の各デバイスに適した、低コストの評価 / 開発ボードです。このボードには、HSEC180 (180 ピンの高速エッジ・コネクタ) controlCARD が付属しているので、初期評価とプロトタイプ製作に最適です。TMDSCNCD28388D を評価するには、180 ピンのドッキング・ステーションである TMDSHSECDOCK が必須であり、この製品は別売りの形で購入すること、またはバンドル・キットの一部として入手することができます。

ドーター・カード

TMDSFSIADAPEVM — Fast Serial Interface (FSI) adapter board evaluation module

より高速、より安価、より高い信頼性。絶縁境界をまたいで 200Mbps のスループットを達成する新しいシリアル通信テクノロジー、FSI (Fast Serial Interface、高速シリアル・インターフェイス) のご紹介

FSI は、信号数の少ないシリアル通信ペリフェラルであり、C2000 リアルタイム制御マイコン (MCU) で使用できます。他のシリアル・ペリフェラルに比べて、FSI は低コストかつ高い信頼性の通信をより高いスループットで実現し、200Mbps までの速度に対応します。FSI には、タイムクリティカル (時間が重要な) データを短い待ち時間のうちに複数のデバイス間で受け渡す能力があるので、新しいトポロジーを実現するとともに、単一の制御システム内で処理能力、センシング機能、およびアクチュエータなどの駆動を分散処理する複数の方式を実装できます。絶縁デバイスを使用して正常に機能する設計が可能なので、FSI はシステムのホット・サイド (高電圧側) とコールド・サイド (低電圧側) の間で高速通信を実現できます。

この FSI アダプタ・ボードは、C2000 が実装している FSI 通信ペリフェラルの機能を理解するのに役立つ評価基板です。この評価基板を使用すると、分散型、およびポイント・ツー・ポイントのリアルタイム制御システムに適したペリフェラルを評価できます。このような使用事例に該当するのは、産業用ドライブ、サーボ (FSI 経由多軸サーボのリファレンス・デザインを参照)、センシング・ネットワーク、ソーラー・システム、産業用電源です。

この FSI (...)

在庫あり
制限: 5
ドーター・カード

TMDSHSECDOCK — HSEC180 controlCARD ベースボード・ ドッキング・ステーション

TMDSHSECDOCK is a baseboard that provides header pin access to key signals on compatible HSEC180-based controlCARDs.  A breadboard area is available for rapid prototyping.  Board power can be provided by the provided USB cable or a 5V barrel supply.

在庫あり
制限: 2
デバッグ・プローブ

TMDSEMU110-U — XDS110 JTAG デバッグ・プローブ

The Texas Instruments XDS110 is a new class of debug probe (emulator) for TI embedded processors. The XDS110 replaces the XDS100 family while supporting a wider variety of standards (IEEE1149.1, IEEE1149.7, SWD) in a single pod. Also, all XDS debug probes support Core and System Trace in all ARM and (...)

在庫あり
制限: 3
デバッグ・プローブ

TMDSEMU200-U — Spectrum Digital XDS200 USB エミュレータ

Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 (...)

在庫あり
制限: 3
デバッグ・プローブ

TMDSEMU560V2STM-U — Blackhawk XDS560v2 システム・トレース USB エミュレータ

The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

在庫あり
制限: 1
デバッグ・プローブ

TMDSEMU560V2STM-UE — Spectrum Digital XDS560v2 システム・トレース USB およびイーサネット

The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

在庫あり
制限: 1
開発キット

TMDXIDDK379D — 産業用モーター制御向けの C2000 DesignDRIVE 開発キット

DesignDRIVE 開発キット (IDDK) ハードウェアを採用すると、高電圧 3 相モーターを駆動する電力段全体を搭載した統合型サーボ・ドライブを設計し、位置フィードバック、電流センシング、制御トポロジーに関する多様な評価を容易に実施することができます。

C2000™ マイコン (MCU) は、8 個のデルタ・シグマ Sinc フィルタ、4 個の 16 ビットまたは 12 ビット ADC、複数のウィンドウ・コンパレータなどのセンシング・ペリフェラルを搭載しており、DesignDRIVE (...)
ソフトウェア開発キット (SDK)

C2000WARE — C2000 MCU 向け C2000Ware

C2000Ware は開発期間を大幅に短縮するソフトウェアと資料を包括的に提供します。特定デバイス向けドライバ、ライブラリ、ペリフェラル・サンプルを収録しています。
  • C2000 controlCARD、controlSTICK、検証用キット、LaunchPad 向けのハードウェア設計回路図、BOM、ガーバー・ファイル、技術資料
  • 特定デバイスのサポート・ファイル、ビット・フィールド・ヘッダ、LaunchPad™ デモを含むビット・フィールド・デバイス・ペリフェラル・サンプル、デバイス開発ユーザーズ・ガイド
  • 特定デバイス向けドライバ・ライブラリと、ドライバ・ベースのペリフェラル・サンプル
  • IQMATH、浮動小数点 Math ライブラリ / サンプル、CLA 算術演算ライブラリ、信号生成ライブラリ、DSP ライブラリ / ビタビ、アクセラレータを使用する CRC ライブラリなどの特定デバイス向けコア・ライブラリ
  • フラッシュ・プログラマ、Windows ドライバ、サード・パーティ・ソフトウェアなどの開発ユーティリティ・アプリケーション

C2000Ware は controlSUITE に対する推奨コンテンツ・デリバリ・ツールですが、Piccolo F28004x シリーズには C2000Ware が必須です。

C2000Ware、controlSUITE、ソフトウェアの詳細については (...)

ソフトウェア開発キット (SDK)

C2000WARE-DIGITALPOWER-SDK — C2000 マイコン向けデジタル電源ソフトウェア開発キット(SDK)

    • C2000™ マイコン(MCU)向けの DigitalPower SDK はソフトウェア・インフラ、ツール、資料で構成されており、各種 AC/DC、DC/DC、DC/AC 電源アプリケーション向け C2000 マイコン・ベース・デジタル電源システムの開発期間の大幅な短縮を可能にします。C2000 デジタル電源評価基板(EVM)で動作するファームウェアと、太陽光発電、テレコム、サーバー、電気自動車(EV)チャージャ、産業用パワー・デリバリ・アプリケーション向けの TI Designs(TID)が含まれています。DigitalPower SDK は、デジタル電源アプリケーションの開発と評価のすべての段階で必要とされるあらゆるリソースを提供します。
    • C2000Ware のコピーがこの SDK の一部として提供されており、高度なシステム・アプリケーションでの完全なサンプルに、デバイス固有のドライバやサポート・ソフトウェアを提供します。
    • powerSUITE は DigitalPower SDK の一部としてインストールされます。
ソフトウェア開発キット (SDK)

C2000WARE-MOTORCONTROL-SDK — C2000™ マイコン向けモーター制御ソフトウェア開発キット(SDK)

  • C2000™ マイコン(MCU)用のモーター制御 SDK は、さまざまな3相モーター制御アプリケーションで使用するために C2000 MCU ベースのモーター制御システムの開発時間を最小限に抑える目的で設計したソフトウェア・インフラ、ツール、資料の包括的なセットです。このソフトウェアは、C2000 モーター制御評価基板(EVM)で動作するファームウェアと、産業用ドライブおよびその他のモーター制御向けの TI (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

C2000-CGT — C2000 コード生成ツール:コンパイラ

TI C2000 向けの C/C++ コンパイラとアセンブリ言語ツールは、Concerto (F28M3xx)、Piccolo (280xx)、Delfino 浮動小数点 (283xx)、C2000 固定小数点 (2823x/280x/281x) マイコンなどの TI C2000 マイコン・プラットフォーム向けアプリケーションの開発をサポートしています。

Code Composer Studio は、TI の各種組込みデバイス向けの統合開発環境 (IDE) です。TI の組込みデバイスを使用する開発をお考えの場合、TI の各種コンパイラを搭載している Code Composer Studio を最初にダウンロードすることをお勧めします。お客様が Code Composer Studio をすでに使用している場合、コンパイラを更新する最善の方法は、「Help」 (ヘルプ) メニューにアクセスし、「install compilers」 (コンパイラのインストール) を選択することです (詳細については、Getting compiler updates in CCS (英語) をご覧ください)。

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

CCSTUDIO-C2000 — C2000 MCU Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)

Download the latest version of Code Composer Studio

Code Composer Studio™ - Integrated Development Environment for C2000 32-bit Real-time Control MCUs

Code Composer Studio is an integrated development environment (IDE) that supports TI's Microcontroller and Embedded Processors portfolio. Code Composer Studio comprises a suite of tools used to develop (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

SYSCONFIG — System configuration tool

To help simplify configuration challenges and accelerate software development, we created SysConfig, an intuitive and comprehensive collection of graphical utilities for configuring pins, peripherals, radios, subsystems, and other components.  SysConfig helps you manage, expose and resolve (...)
ソフトウェア・プログラミング・ツール

UNIFLASH — UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family

サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。Uniflash には、GUI、コマンド・ライン、スクリプト・インターフェイスがあります。CCS Uniflash は無料で利用できます。

サポート・ソフトウェア

MATHW-3P-SLEC — MathWorks Simulink and Embedded Coder

Embedded Coder Hardware Support Package for TI C2000™: Save design time and get into production faster with C2000 MCU’s using MathWorks software tools.

MATLAB Coder™, Simulink Coder™, and Embedded Coder® generate ANSI/ISO C/C++ code that can be compiled and executed on Texas (...)

MathWorks, Inc. からの提供
設計ツール

C2000-3P-SEARCH — 3P search tool

TI は複数の企業と協力し、TI の C2000 デバイスに対応する多様なソリューションとサービスを提供しています。これらの企業は、各種 C2000 デバイスを使用した量産へと至るお客様の開発工程の迅速化に役立ちます。この検索ツールをダウンロードすると、サード・パーティー各社の概要を手早く参照し、お客様のニーズに適したサード・パーティーを見つけることができます。

このツールは、Applications (アプリケーション) および Flash programming (フラッシュ書き込み) という、ソリューションやサービスに関する 2 種類の大分類を使用しています。

Applications (アプリケーション) 内の各カテゴリ:

  1. トレーニング / ワークショップ
  2. モデリング・ツール
  3. モーター制御
  4. デジタル電源
  5. ソフトウェア・スタック
  6. 機能安全
  7. セキュリティ
  8. ハードウェア・サービス
  9. ソフトウェア・サービス
リファレンス・デザイン

TIDM-1000 — C2000 MCU 使用、3 相整流回路力率改善のリファレンス・デザイン

Vienna (ウィーン) 整流器を使用する電源トポロジは、EV (電気自動車) のオフボード・チャージャや通信整流器のような大電力の 3 相力率補正 (AC/DC (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
HLQFP (PTP) 176 オプションの表示
NFBGA (ZWT) 337 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ