フィルタ・フリー、25W ステレオ、50W モノラル、4.5 ~ 26V の電源電圧、アナログ入力 Class-D オーディオ・アンプ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Audio input type Analog Input Architecture Class-D Speaker channels (Max) Stereo Power stage supply (Max) (V) 26 Power stage supply (Min) (V) 4.5 Load (Min) (ohms) 2 Output power (W) 4 SNR (dB) 105 THD + N @ 1 kHz (%) 0.1 Iq (Typ) (mA) 16 Control interface Hardware Closed/open loop Closed Analog supply (Min) (V) 4.5 Analog supply (Max) (V) 26 Power to parallel bridge tied load (Max) (W) 85 PSRR (dB) 70 Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の スピーカ・アンプ

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RHB) 32 25 mm² 5 x 5 open-in-new その他の スピーカ・アンプ

特長

  • Supports Multiple Output Configurations
    • 2 × 4 W into a 8-Ω BTL Load at 7.4 V (TPA3131D2)
    • 2 × 25 W into a 8-Ω BTL Load at 19 V (TPA3132D2)
  • Wide Voltage Range: 4.5 V to 26 V
  • Automotive Load-Dump Compliant
  • Efficient Class-D Operation
    • >90% Power Efficiency Combined With Low Idle Loss
      for Heat Sink free Operation
    • Advanced Modulation Schemes
  • Multiple Switching Frequencies
    • AM Avoidance
    • Master and Slave Synchronization
    • Up to 1.2-MHz Switching Frequency
  • Feedback Power Stage Architecture With High PSRR Reduces
    PSU Requirements
  • Programmable Power Limit
  • Differential and Single-Ended Inputs
  • Stereo and Mono Mode With Single-Filter Mono Configuration
  • Single Power Supply Reduces Component Count
  • Integrated Self-Protection Circuits Including Overvoltage, Undervoltage,
    Overtemperature, DC-Detect, and Short Circuit With Error Reporting
  • Thermally Enhanced Package
    • 32-Pin VQFN Pad-Down
  • –40°C to 85°C Ambient Temperature Range
open-in-new その他の スピーカ・アンプ

概要

The TPA313xD2 are efficient, stereo digital amplifier power stages for driving speakers with up to 2×42W/4Ω peak power. TPA3131/32D2 operates heatsink-free with cooling to PCB through the bottom side PowerPAD with sustained output power from 2 × 4 W / 8 Ω (TPA3131D2) to 2 × 25 W / 8 Ω (TPA3132D2).

The TPA313xD2 advanced oscillator/PLL circuit employs a multiple switching frequency option to avoid AM interferences; this is achieved together with an option of Master and Slave synchronization, making it possible to synchronize multiple devices.

The TPA313xD2 are fully protected against faults with short-circuit protection and thermal protection as well as overvoltage, undervoltage, and DC protection. Faults are reported back to the processor to prevent devices from being damaged during overload conditions.

For feature compatible devices see: PowerPAD up device 2 × 50-W TPA3116D2, PowerPAD down 2 × 15-W TPA3130D2 and 2 × 30-W TPA3118D2.

open-in-new その他の スピーカ・アンプ
ダウンロード

Next Generation 30-W, Stereo, Analog Input Class-D Audio Amplifier:  TPA3118D2

Next Generation 30-W, Stereo Class-D Amplifier with Low-Idle Power Dissipation (Analog-In) for Battery Operated Systems Available:  TPA3128D2

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 5
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPA313xD2 4-W, 25-W Filter-Free Class-D Stereo Amplifier With AM Avoidance データシート 2015年 1月 16日
アプリケーション・ノート Guidelines for Measuring Audio Power Amplifier Performance 2019年 8月 26日
アプリケーション・ノート AN-1849 An Audio Amplifier Power Supply Design 2019年 6月 27日
ユーザー・ガイド TPA3132D2 EVM User's Guide 2013年 6月 26日
アプリケーション・ノート AN-1737 Managing EMI in Class D Audio Applications 2013年 5月 1日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
149
概要

The TPA3132D2EVM is a stereo analog input, Class-D speaker amplifier IC for driving speakers with output power of 2x25W into 8Ω. TPA3132D2 operates heat sink-free with cooling to the PCB through the PowerPAD™ package. The TPA3132 has an advanced oscillator/PLL circuit which employs a multiple (...)

特長
  • 25W output into a 8 Ohm load at 19V and 10% THD+N
  • Low shutdown current 32uA
  • Wide voltage range 4.5V – 26V
  • Multiple switching frequencies
  • Stereo and Mono modes
  • 設計ツールとシミュレーション

    シミュレーション・モデル ダウンロード
    SLOM368A.ZIP (19 KB) - PSpice Model
    シミュレーション・モデル ダウンロード
    SLOM369.ZIP (34 KB) - TINA-TI Spice Model
    シミュレーション・モデル ダウンロード
    SLOM370.TSC (104 KB) - TINA-TI Reference Design
    シミュレーション・モデル ダウンロード
    SLOM371A.ZIP (20 KB) - PSpice Model
    シミュレーション・モデル ダウンロード
    SLOM372.TSC (89 KB) - TINA-TI Reference Design
    シミュレーション・モデル ダウンロード
    SLOM373.ZIP (40 KB) - TINA-TI Spice Model
    シミュレーション・ツール ダウンロード
    PSpice® for TI design and simulation tool
    PSPICE-FOR-TI PSpice® for TI は、各種アナログの機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けのツールです。  さまざまな機能を持ち、設計とシミュレーションに適したこのツールは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償でご使用いただけます。アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象に、業界でも有数の大規模な PSpice モデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。 

    はじめに

    • PSpice for TI ツールへのアクセスの申請
    • ツールのダウンロードとインストール
    • シミュレーション方法説明ビデオのご視聴

    PSpice for TI ツールを使用すると、内蔵のモデル・ライブラリを使用して、複雑な設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

    設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

    事前ロード済みの PSpice モデルで構成されたライブラリ全体に加えて、ツール内で各種 TI 製品情報に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。

    PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。  コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。
    特長
    • 電源とシグナル・チェーンに関する TI の製品ラインアップを網羅する、各種 PSpice モデルで構成された事前インストール済みライブラリ
    • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
    • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
    • 複数製品の同時分析をサポート
    • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
    • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
    • オフライン作業に対応し、柔軟性のあるスタンドアロン・ツール
    ガーバー・ファイル ダウンロード
    SLOC294.ZIP (477 KB)

    CAD/CAE シンボル

    パッケージ ピン数 ダウンロード
    VQFN (RHB) 32 オプションの表示

    購入と品質

    サポートとトレーニング

    TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

    コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

    TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

    トレーニング・シリーズ

    TI のトレーニングとビデオをすべて表示

    ビデオ

    関連ビデオ