製品の詳細

Output power (W) 0.138 Analog supply (Min) (V) 2.5 Analog supply (Max) (V) 5.5 PSRR (dB) 109 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Headphone channels Stereo Volume control Yes Shutdown current (ISD) (uA) 0.4 Architecture Class-AB Iq per channel (Typ) (mA) 2
Output power (W) 0.138 Analog supply (Min) (V) 2.5 Analog supply (Max) (V) 5.5 PSRR (dB) 109 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Headphone channels Stereo Volume control Yes Shutdown current (ISD) (uA) 0.4 Architecture Class-AB Iq per channel (Typ) (mA) 2
DSBGA (YZH) 16 5 mm² 1.974 x 1.974 WQFN (RTJ) 20 16 mm² 4 x 4 WQFN (RTJ) 20 16 mm² 4.0 x 4.0
  • DirectPath™ グランド基準出力
    • 出力コンデンサ不要
    • ボード面積を低減
    • コンポーネントの高さとコストの低減
    • 減衰のないフル低音応答
  • 電源電圧範囲:2.5V~5.5V
  • 64 ステップのボリューム・コントロール
  • 高電源除去比(> 100dB PSRR)
  • 差動入力によりノイズを最大限除去(68dB CMRR)
  • ディセーブル時における高インピーダンス出力
  • 先進のポップ/クリック抑制回路
  • デジタルI2C バス制御
    • チャネルごとのミュートとイネーブル
    • ソフトウェア・シャットダウン
    • マルチモードのサポート:ステレオHP、デュアル・モノHP、およびシングル・チャネルBTL 動作
    • アンプのステータス
  • 鉛(Pb)フリーのパッケージによるスペースの節約
    • 20ピン、4mm × 4mm QFN
    • 16ボール端子、2mm × 2mm WCSP
  • 8kV静電耐圧(HBMおよびIEC接触放電)
  • アプリケーション
    • 携帯電話
    • ポータブル・メディア・プレーヤ
    • ノートブック・コンピュータ
    • ハイファイ(Hi-Fi)アプリケーション

  • DirectPath™ グランド基準出力
    • 出力コンデンサ不要
    • ボード面積を低減
    • コンポーネントの高さとコストの低減
    • 減衰のないフル低音応答
  • 電源電圧範囲:2.5V~5.5V
  • 64 ステップのボリューム・コントロール
  • 高電源除去比(> 100dB PSRR)
  • 差動入力によりノイズを最大限除去(68dB CMRR)
  • ディセーブル時における高インピーダンス出力
  • 先進のポップ/クリック抑制回路
  • デジタルI2C バス制御
    • チャネルごとのミュートとイネーブル
    • ソフトウェア・シャットダウン
    • マルチモードのサポート:ステレオHP、デュアル・モノHP、およびシングル・チャネルBTL 動作
    • アンプのステータス
  • 鉛(Pb)フリーのパッケージによるスペースの節約
    • 20ピン、4mm × 4mm QFN
    • 16ボール端子、2mm × 2mm WCSP
  • 8kV静電耐圧(HBMおよびIEC接触放電)
  • アプリケーション
    • 携帯電話
    • ポータブル・メディア・プレーヤ
    • ノートブック・コンピュータ
    • ハイファイ(Hi-Fi)アプリケーション

TPA6130A2は、I2Cデジタル・ボリューム・コントロール付きステレオDirectPath™ヘッドフォン・アンプです。TPA6130A2は、静止電流の消費がポータブル・アプリケーションに最適である独立のイネーブルIDDの4mA(標準)に抑えられます。I2C 制御を使用すると、64ステップのオーディオ・テーパー・ボリューム ・コントロール、チャネル独立のイネーブルやミュートだけでなく、出力をステレオ、デュアル・モノに設定したり、300mWの電力を16Ωの負荷で駆動するシングル・レシーバ・スピーカBTLアンプを設定できる柔軟性が発揮できます。

TPA6130A2は、SNRが98dBのハイファイ(Hi-Fi)アンプです。PSRRが100dBよりも大きい場合、直接バッテリに接続しても音 質が損なわれることはありません。出力ノイズが9μVrms(標準のAウェイト)の場合、音がしない間はバックグランド・ノイズが最小化されます。差動入力アーキテクチャと高いCMRRによりノイズの多い環境で使用される携帯機器の外来ノイズを最大限に除去します。

TPA6130A2 のパッケージには、2 × 2mmチップスケール・パッケージと4 × 4mm QFNパッケージがあります。

TPA6130A2は、I2Cデジタル・ボリューム・コントロール付きステレオDirectPath™ヘッドフォン・アンプです。TPA6130A2は、静止電流の消費がポータブル・アプリケーションに最適である独立のイネーブルIDDの4mA(標準)に抑えられます。I2C 制御を使用すると、64ステップのオーディオ・テーパー・ボリューム ・コントロール、チャネル独立のイネーブルやミュートだけでなく、出力をステレオ、デュアル・モノに設定したり、300mWの電力を16Ωの負荷で駆動するシングル・レシーバ・スピーカBTLアンプを設定できる柔軟性が発揮できます。

TPA6130A2は、SNRが98dBのハイファイ(Hi-Fi)アンプです。PSRRが100dBよりも大きい場合、直接バッテリに接続しても音 質が損なわれることはありません。出力ノイズが9μVrms(標準のAウェイト)の場合、音がしない間はバックグランド・ノイズが最小化されます。差動入力アーキテクチャと高いCMRRによりノイズの多い環境で使用される携帯機器の外来ノイズを最大限に除去します。

TPA6130A2 のパッケージには、2 × 2mmチップスケール・パッケージと4 × 4mm QFNパッケージがあります。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
7 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート 138mW DIRECTPATH™ ステレオ・ヘッドフォン・アンプ I2C ボリューム・コントロール付き データシート (Rev. A 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.F) 2007年 3月 19日
アプリケーション・ノート Guidelines for Measuring Audio Power Amplifier Performance (Rev. A) 2019年 8月 26日
アプリケーション・ノート AN-1849 An Audio Amplifier Power Supply Design (Rev. C) 2019年 6月 27日
ユーザー・ガイド TPA6130A2EVM - User Guide (Rev. A) 2014年 9月 22日
その他の技術資料 Журнал по применению аналоговых компонентов 2кв. 2010 2011年 8月 8日
Analog design journal 2Q 2010 Issue Analog Applications Journal 2010年 5月 6日
Analog design journal Precautions for connecting APA outputs to other devices 2010年 5月 6日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TPA6130A2EVM — TPA6130A2 評価基板 (EVM)

The TPA6130A2EVM allows the engineer to evaluate the TPA6130A2, a stereo DirectPath™ (capacitor-free) headphone amplifier with I²C digital volume control. The TPA6130A2 has minimal quiescent current consumption, a flexible, 64-step, audio tapered volume control and channel independent (...)

在庫あり
制限: 1
ドライバまたはライブラリ

TPA6130A2SW-LINUX — TPA6130A2 対応 Linux ドライバ

この Linux ドライバは、ステレオ・ヘッドホン・アンプである TPA61x0A2 ファミリをサポートしています。また、この Linux ドライバは I2C バス経由の通信をサポートしており、Linux DAPM (Dynamic Audio Power Management for Portable Devices、ポータブル・デバイス向けのダイナミック・オーディオ・パワー・マネージメント) クラスとのインターフェイスとして機能します。
Linux のメインライン・ステータス

Linux メインラインで利用可能か:はい
git.ti.com から入手可能か:N/A

サポート対象デバイス:
  • (...)
評価基板 (EVM) 向けの GUI

TPA6130A2 GUI installation package

SLOC235.ZIP (126933 KB)
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI design and simulation tool

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
DSBGA (YZH) 16 オプションの表示
QFN (RTJ) 20 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ