高速データ・インターフェイス向け、低静電容量、2 チャネル、±15kV ESD 保護アレイ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 2 IO capacitance (Typ) (pF) 1.5 Vrwm (V) 5.5 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 8 Features Bi-/uni-directional Uni-Directional IO leakage current (Max) (nA) 1 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Dynamic resistance (Typ) (Ω) 1.2 Clamping voltage (V) 25 open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

パッケージ|ピン|サイズ

SOT-23 (DZD) 4 7 mm² 2.92 x 2.37 SOT-5X3 (DRL) 5 3 mm² 1.6 x 1.6 USON (DRY) 6 1 mm² 1.5 x 1 WSON (DRS) 6 9 mm² 3 x 3 open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

特長

  • IEC 61000-4-2 ESD Protection (Level 4)
    • ±8-kV Contact Discharge
    • ±15-kV Air-Gap Discharge
  • IO Capacitance: 1.5 pF (Typ)
  • Low Leakage Current: 1 nA (Maximum)
  • Low Supply Current: 1 nA
  • 0.9 V to 5.5 V Supply-Voltage Range
  • Space-Saving DRL, DRY, and QFN Package Options
  • Alternate 3, 4, 6-Channel options Available:
    TPD3E001, TPD4E001, TPD6E001
open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

概要

The TPD2E001 is a two-channel Transient Voltage Suppressor (TVS) based Electrostatic Discharge (ESD) protection diode array. The TPD2E001 is rated to dissipate ESD strikes at the maximum level specified in the IEC 61000-4-2 Level 4 international standard.

The DRS package (3.00 mm × 3.00 mm) is also available as a non-magnetic package for medical imaging applications.

See also TPD2E2U06DRLR which is p2p compatible to TPD2E001DRLR and offers higher IEC ESD Protection, lower clamping voltage, and eliminates the input capacitor requirement.

open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 12
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPD2E001 Low-Capacitance 2-Channel ESD-Protection for High-Speed Data Interfaces データシート 2016年 3月 22日
アプリケーション・ノート ESD Packaging & Layout Guide 2020年 8月 27日
ユーザー・ガイド Generic ESD Evaluation Module User's Guide 2018年 4月 3日
セレクション・ガイド System-Leve ESD Protection Guide 2018年 2月 20日
技術記事 Industrial stack lights get smarter with LEDs 2016年 8月 9日
ホワイト・ペーパー Designing USB for short-to-battery tolerance in automotive environments 2016年 2月 10日
アプリケーション・ノート ESD Layout Guide 2015年 3月 4日
技術記事 Protecting your PCB from ESD: Make your list and check it twice. 2013年 12月 13日
技術記事 A Conversation with TI’s ESD Guru 2013年 12月 2日
ユーザー・ガイド Test Report for the iPad Automotive Charger 2013年 6月 11日
アプリケーション・ノート Design considerations for system-level ESD circuit protection 2012年 9月 25日
アプリケーション・ノート Reading and Understanding an ESD Protection Datasheet 2010年 5月 19日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
149
概要
interface to access the I2C bus to communicate with the CDCI6214 as well as its control pins and the power supply. The edge-launch SMA-connectors enable measurements using 50 Ω equipment while the on-board termination allows to use high impedance probes. The flexible re-work options allow to (...)
特長
  • Ultra-low power operation
  • Single high-performance phase-locked-loop
  • Supports mixed power supply operation from 1.8 V to 3.3 V
  • Integrated EEPROM with two pages
  • General purpose inputs and outputs for individual output enable and  status signals
  • Output divider synchronization and digital delays
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要

The DP159RSBEVM is a PCB created to help customers evaluate the DP159 device for video applications.  The EVM has a DP connection for the source and a HDMI connection for the sink.  J2 is a standard DP connector (Molex 47272-0001).  P2 is a standard HDMI connector (Molex (...)

特長
  • Plug and play design
  • I2C programming interface for external I2C host connection
  • Local I2C Access through USB Interface via TUSB3410
  • A DC Power Jack (J9) to accept a 5-V wall power adapter. Alternately, it is possible to power the EVM by connecting a USB Micro cable from J13 to a USB host and setting (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
10
概要
Texas Instrument's ESDEVM evaluation module allows the evaluation of most of TI's ESD portfolio. The board comes with all traditional ESD footprints in order to be able to test any number of devices. Devices that need to be tested can be soldered onto their respect footprint and then tested. For the (...)
特長
  • Allows testing of most TI ESD devices
  • Many footprints to allow testing of each part
  • S-parameter testing for signal integrity
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
11.99
概要

ステップ 1:EVM430-CAPMINI 評価基板を購入
ステップ 2:CapTIvate デザイン・センターをダウンロードし、インストール
ステップ 3:使用方法の説明を確認

EVM430-CAPMINI は MSP430FR2512 静電容量式タッチ・センシング・マイコン向けの使いやすい評価ボードです。超低消費電力や使いやすさなど、CapTIvate 技術の主な特長を評価できます。オンボード CapTIvate HID ブリッジ・ツールは CapTIvate デザイン・センターによるタッチ・オンライン調整に対応しています。このボードはシンプルなユーザー・インターフェイスを製作するための 4 個のボタンと 4 個の LED を搭載しています。さらに、高度なアプリケーション向けにブザーも提供しています。このボードは USB ケーブル、あるいはスタンドアローンでポータブルなデモを可能にするオンボード CR1632 コイン・バッテリから電力を供給できます。

より包括的な評価と開発については、CapTIvate 開発キット(MSP-CAPT-FR2633)または CapTIvate キーパッド BoosterPack プラグイン・モジュール(BOOSTXL-CAPKEYPAD)をご覧ください。

特長
  • 超低消費電力 MSP430FR2512 静電容量式センシング・マイコンを使用
  • 4 個の静電容量式タッチ・ボタン
  • サウンド出力用オンボード・スピーカ
  • PC 上で CapTIvate デザイン・センターと通信するオンボード HID Bridge
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
175
概要
EVM430-FR6043 評価キットはスマート・ガス・メーターなどの超音波センシング・アプリケーション向けに MSP430FR6043 の性能を評価するための開発プラットフォームです。MSP430FR6043 マイコンは、高精度で正確な超音波測定向けの超音波センシング(USS)アナログ・フロント・エンドを統合した超低消費電力マイコンです。また、最適なシグナル・プロセッシングのための低消費電力アクセラレータ(LEA)も搭載しており、消費電力の最適化によりバッテリ駆動時間の延長を可能にします。このキットは周波数の異なるさまざまなトランスデューサと MSP430FR6043 を組み合わせ、評価や開発を迅速に行うためのフレキシブルなソリューションを提供します。オンボード LCD による測定パラメータ表示機能と、RF 通信モジュール向けコネクタも実装しています。 
特長
  • USB 電源で動作し、外部電源での動作にも対応
  • コネクタはさまざまなタイプのトランスデューサとのインターフェイスが可能
  • BoosterPack ヘッダは外部ボード(I2C、SPI、UART、GPIO)や RF 通信モジュールとのインターフェイスが可能
  • オンボードのセグメント LCD
  • オンボード eZ-FET エミュレーション回路によりプログラミングとデバッグが可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
175
概要

ステップ 1:EVM を購入
ステップ 2:クイック・スタート・ガイドをダウンロード
ステップ 3:水道メーター向けソフトウェアをダウンロード
ステップ 4:TI Design リファレンス・デザイン TIDM-1019 を参照

EVM430-FR6047 評価キットはスマート水道メーターなどの超音波センシング・アプリケーション向けに MSP430FR6047 マイコンの性能を評価するための開発プラットフォームです。MSP430FR6047 マイコンは高精度で正確な超音波測定向けに超音波センシング(USS)アナログ・フロント・エンドを統合した超低消費電力デバイスです。シグナル・プロセッシング最適化のための低消費電力アクセラレータ(LEA)も搭載しており、消費電力の最適化によりバッテリ駆動時間の延長を可能にします。この評価キットは 50KHz ~ 2.5MHz のさまざまなトランスデューサと組み合わせて MSP430FR6047 マイコンの迅速な評価と開発を行うためのフレキシブルなソリューションを提供します。オンボード LCD と RF 通信モジュール向けコネクタにより測定パラメータを表示する機能も備えています。


特長
  • USB 電源で動作し、外部電源での動作にも対応
  • コネクタは異なるタイプのトランスデューサとのインターフェイスに使用可能
  • BoosterPack™ プラグイン・モジュール・ヘッダは外付けボード(I2C、SPI、UART、GPIO)や RF 通信モジュールとのインターフェイスに使用可能
  • オンボードのセグメント LCD
  • オンボードの eZ-FET エミュレーション回路によりプログラミングとデバッグが可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
275
概要

Developing Flow meter design for Water, Gas and Heat meters with the Ultra-low-power MSP430FRx FRAM microcontroller Family is now enabled by the EVM430-FR6989 reference board. The EVM430-FR6989 (Water Meter reference design) kit is an easy-to-use Evaluation Module for the MSP430FR698x family of (...)

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要
The TMDS181RGZEVM is a PCB created to help customers evaluate the TMDS181 device for video applications with HDMI interfaces.
特長
  • Plug and play design
  • Three device enable/reset options to use with the EVM
  • Local I2C Access
  • A DC Power Jack (J9) to accept a 5-V wall power adapter. Alternately, it is possible to power the EVM by connecting a USB Micro cable from J13 to a USB host and setting SW2 to position 3
  • Configuration available (...)
ドーター・カード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
159
概要

To get started developing with this controlCARD:
Step 1: Buy the controlCard
Step 2: Follow the get started section

TMDSCNCD28379D is an HSEC180 controlCARD based evaluation and development tool for the F2837xD,  F2837xS, and F2807x series in the TI MCU. controlCARDs are ideal to use for (...)

特長

Hardware Features

  • TMDSCNCD28379D: TMS320F28379D HSEC180 based controlCARD
    • Isolated XDS100v2 USB-to-JTAG Debug Probe enables real-time in-system programming and debugging
  • Standard 180-pin HSEC interface
  • Analog I/O, digital I/O and JTAG signals at card interface
  • USB Host connector
  • SDCard Slot
  • Hardware Files (...)
開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
699
概要

The K2G Evaluation Module (EVM) enables developers to immediately start evaluating the 66AK2Gx - 600MHz processor, and to accelerate the development of audio, industrial motor control, smart grid protection and other high reliability, real-time compute intensive applications.  Similar to (...)

特長
  • 66AK2G02 C66x DSP+ARM A15 Processor at 600MHz
  • 2-GByte DDR3L with ECC
  • TPS659118 PMIC
  • Audio and Serial expansion headers
  • Processor SDK Linux and TI-RTOS support
  • Supports Gigabit Ethernet
開発キット ダウンロード 699
概要

EVMK2GX(「K2G」とも呼ぶ)1GHz 評価モジュール(EVM)は 66AK2Gx プロセッサ・ファミリの迅速な評価のほか、オーディオ、産業用モーター制御、スマート・グリッド保護、高信頼性リアルタイム・コンピューティング集約型アプリケーションの迅速な開発を可能にします。  既存の KeyStone ベース SoC デバイスと同様に、66AK2Gx の DSP と ARM コアがシステム内のメモリとペリフェラルをすべて制御します。こうしたアーキテクチャは DSP または ARM を中心としたシステム設計を可能にし、ソフトウェアのフレキシビリティを最大限に高めます。

この EVM は Linux と TI-RTOS オペレーティング・システム向けプロセッサ SDK によりサポートされており、USB、PCIe、ギガビット・イーサネットなどの主要ペリフェラルに対応しています。  また、ボード・マネージメント・コントローラ、SD カード・スロット、オンボード XDS200 エミュレータも搭載していることから、ソフトウェアの評価とデバッグを容易にします。  K2G EVM はオーディオ・アプリケーション向けのオプションのコンパニオン・オーディオ・ドーター・カード(AUDK2G)に相互接続します。

特長
  • 1GHz で動作する 66AK2G12 C66x DSP+ARM A15 プロセッサ
  • ECC 付き 2GB DDR3L
  • TPS65911A PMIC
  • オーディオ / シリアル拡張ヘッダー
  • プロセッサ SDK は Linux と TI-RTOS をサポート

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLLM180A.IBS (22 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SLLM290A.ZIP (29 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード
回路図 ダウンロード
SNVC107.PDF (82 KB)

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 TPD2E001 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SON (DRS) 6 オプションの表示
SON (DRY) 6 オプションの表示
SOT-23 (DZD) 4 オプションの表示
SOT-5X3 (DRL) 5 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ