高速データ・インターフェイス向け、4 チャネル ESD 保護アレイ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 4 IO capacitance (Typ) (pF) 1.6 Vrwm (V) 5.5 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 8 Features Bi-/uni-directional Uni-Directional IO leakage current (Max) (nA) Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Dynamic resistance (Typ) (Ω) Clamping voltage (V) 14 open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

パッケージ|ピン|サイズ

USON (DRY) 6 1 mm² 1.5 x 1 open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

特長

  • IEC 61000-4-2 ESD Protection
    • ±8-kV IEC 61000-4-2 Contact Discharge
    • ±12-kV IEC 61000-4-2 Air-Gap Discharge
  • ANSI/ESDA/JEDEC JS-001
    • ±15-kV Human Body Model (HBM)
  • Low 1.6-pF Input Capacitance
  • 0.9-V to 5.5-V Supply Voltage Range
  • 4-Channel Device
  • Space-Saving SON (DRY) Package
open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

概要

The TPD4E004 is a low-capacitance transient voltage suppression (TVS) device. TPD4E004 is designed to protect sensitive electronics attached to communication lines from electrostatic discharge (ESD). Each of the four channels consists of a pair of diodes that steer ESD current pulses to VCC or GND. The TPD4E004 protects against ESD pulses up to ±15-kV Human-Body Model (HBM) and, as specified in IEC 61000-4-2, ±8-kV contact discharge and ±12-kV air-gap Discharge. This device has 1.6-pF of capacitance per channel, making it ideal for use in high-speed data IO interfaces.

The TPD4E004 is a quad-ESD structure designed for USB, ethernet, and other high-speed applications.

open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 10
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPD4E004 4-Channel ESD-Protection Array For High-Speed Data Interfaces データシート 2016年 1月 22日
アプリケーション・ノート ESD Packaging & Layout Guide 2020年 8月 27日
技術記事 Benefits of using Sub-1 GHz connectivity for grid asset monitoring, protection and control 2020年 5月 28日
ユーザー・ガイド Generic ESD Evaluation Module User's Guide 2018年 4月 3日
セレクション・ガイド System-Leve ESD Protection Guide 2018年 2月 20日
技術記事 Trends in building automation: connected sensors for user comfort 2016年 9月 2日
ホワイト・ペーパー Designing USB for short-to-battery tolerance in automotive environments 2016年 2月 10日
アプリケーション・ノート ESD Layout Guide 2015年 3月 4日
アプリケーション・ノート Design considerations for system-level ESD circuit protection 2012年 9月 25日
アプリケーション・ノート Reading and Understanding an ESD Protection Datasheet 2010年 5月 19日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
349
概要

AWR2243 BoosterPack™ プラグイン・モジュールは、AWR2243 シングルチップ・ミリ波センシング・デバイス向けの使いやすい評価基板であり、TI のマイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット・エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できます。

AWR2243BOOST には、低消費電力の Arm® Cortex® R4F プロセッサの開発を開始するために必要な機能がすべて付属しています。この評価基板は、プログラミングおよびデバッグ向けのオンボード・エミュレーション機能と、複数のボタンや LED をオンボード搭載しているので、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合できます。

標準的な 20 ピン・ブースタパック・ヘッダーを搭載したこの評価基板は、さまざまなマイコン LaunchPad 開発キットとの互換性があり、プロトタイプ製作を容易に実施できます。

特長
  • オンボード・アンテナ搭載で、フィールド・テストが実施可能
  • フラッシュ・プログラミング用シリアル・ポートを使用した XDS110 ベースの JTAG
  • 制御、構成、データ視覚化のための UART から USB へのインターフェイス
  • TI のマイコンとシームレスに接続するための TI LaunchPad 開発キット・インターフェイス
  • CAN コネクタにより、車載ユニットとの直接インターフェイスが可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
149
概要

The DRV2700EVM is an evaluation module for the DRV2700. The DRV2700 is intended for high voltage piezo applications typically used in Industrial Applications. The differential 200Vpp output capability as well as the 100V single ended output can be evaluated using this EVM. The available pin (...)

特長
  • 5V input to +/-100V Differential Output
  • Single ended and differential input modes
  • Multiple boost voltage settings
  • Easily powered through USB or external Power Supply
  • Breakout for usage as a boost converter
評価基板 ダウンロード
DRV8706S-Q1EVM
DRV8706S-Q1EVM
document-generic ユーザー・ガイド
75
概要

The DRV8706S-Q1EVM is designed to evaluate the DRV8706S-Q1, which is an integrated, automotive qualified brushed DC motor driver. The DRV8706S-Q1 is a highly integrated H-bridge gate driver, capable of driving high-side and low-side N-channel power MOSFETs. It generates the proper gate drive (...)

特長
  • H-bridge smart gate driver EVM for automotive applications
    • Temperature grade 1: –40°C to +125°C, TA
    • 4.9-V to 37-V operating range
    • Doubler charge pump for 100% PWM
    • Half-bridge and H-bridge control modes
    • SPI interface for detailed configuration and diagnostics
  • Smart gate drive architecture
    • Adjustable slew (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
10
概要
Texas Instrument's ESDEVM evaluation module allows the evaluation of most of TI's ESD portfolio. The board comes with all traditional ESD footprints in order to be able to test any number of devices. Devices that need to be tested can be soldered onto their respect footprint and then tested. For the (...)
特長
  • Allows testing of most TI ESD devices
  • Many footprints to allow testing of each part
  • S-parameter testing for signal integrity
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要

The FDC1004QEVM evaluation kit is a plug and play system to test and evaluate the FDC1004-Q1, AEC-Q100 qualified, 4-channel capacitive to digital converter. The EVM is a breakable PCB which consists of 3 sections. The first section is a USB to I2C converter based on MSP430F5528 microcontroller, the (...)

特長
  • Plug and Play
  • Ready to connect to customized sensors
  • Measurement data logger
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要
IWR1642BOOST は、IWR1642 ミリ波センサ向けの使いやすい評価ボードで、マイコン(MCU)LaunchPad&trade (...)
特長
  • フィールド・テスト実施のためのオンボード・アンテナ
  • フラッシュ・プログラミング用シリアル・ポートを使用した XDS110 ベースの JTAG
  • 制御、構成、データ視覚化のための UART から USB へのインターフェイス
  • TI のマイコンとシームレスに接続するための TI LaunchPad インターフェイス
  • CAN コネクタ
  • 5V 単一電源電圧から電力を供給
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
29
概要
To get started on your project visit dev.ti.com/launchxl-cc1350

The SimpleLink™ CC1350 wireless microcontroller (MCU) LaunchPad™ development kit combines a 433 MHz with a Bluetooth® low energy radio for the ultimate combination of easy mobile phone integration with long-range (...)
特長
  • LaunchPad kit with a 433 MHz and Bluetooth low energy radio for wireless applications with integrated PCB trace antenna
  • Access all I/O signals with the BoosterPack™ plug-in module connectors
  • On-board emulator to get started with instant code development in CCS Cloud
  • Can be used with both LaunchPad kit (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要

The LMK61E2EVM evaluation modules provides a complete platform to evaluate the 90-fs RMS jitter performance and configurability of the Texas Instruments LMK61E2 Ultra-Low Jitter Programmable Differential Oscillator with integrated EEPROM and frequency margining capabilities.

The LMK61E2EVM can be (...)

特長
  • Ultra low jitter differential clock generation
  • Powered over USB or externally (SMA connector)
  • Onboard USB to I2C interface
  • Coarse and Fine Frequency margining
  • GUI platform for full access to LMK03328 registers and EEPROM
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
59
概要
TMP116 デバイスは EEPROM を搭載した高精度デジタル温度センサ・ファミリです。TMP116 ファミリは分解能が 16 ビットで、20℃ ~ 42℃ の範囲で最大 ±0.1℃、0℃ ~ 85℃ の範囲で最大 0.2℃ の精度を実現します。  TMP116EVM 評価モジュール(EVM)は TMP116 ファミリを使用した設計のためのシンプルな方法を提供します。  この EVM には穴が開いており、MSP430 から離れた場所に温度センサを配置してリモート温度測定を行うことができます。
特長
  • シンプルで高速な設定のための GUI を提供
  • 穴の開いた PCB により、ユーザーのシステム内へのセンサの配置が可能
  • 0.0078℃ の分解能(16 ビット)で最大 0.1℃ の精度
開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
29.99
概要

この LaunchPad を活用した開発方法:
ステップ 1:MSP-EXP432P4111 LaunchPad を購入
ステップ 2:MSP432 SDK をダウンロード
ステップ 3:Out-of-Box experience(すぐに利用できる開発プロジェクト)を完了させSimpleLink Academy のトレーニングを受講

SimpleLink™ MSP432P4111 LaunchPad™ 開発キットにより、内蔵の高精度 ADC、低消費電力動作、2MB (...)

特長
  • SimpleLink MSP432P4111 32 ビット Arm Cortex-M4F マイコン
  • BoosterPack エコシステムを使用した 40 ピン LaunchPad 規格
  • EnergyTrace+ 技術を使用したオンボード XDS-110 エミュレータ
  • オンボード・セグメント LCD ディスプレイ
  • ユーザー・インタラクション向け ボタン 2 個と LED 2 個

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 TPD4E004 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SON (DRY) 6 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ