小容量、6 チャネル、±15kV ESD 保護アレイ、高速データ・インターフェイス用

トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 6 IO capacitance (Typ) (pF) 1.6 Vrwm (V) 5.5 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 8 Interface USB 2.0 Features Bi-/uni-directional Uni-Directional IO leakage current (Max) (nA) Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Dynamic resistance (Typ) (Ω) Clamping voltage (V) 20 open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

パッケージ|ピン|サイズ

UQFN (RSE) 8 2 mm² 2 x 1.5 open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

特長

  • ESD Protection Exceeds JESD
    • ±15-kV Human-Body Model (HBM)
    • ±8-kV IEC 61000-4-2 Contact Discharge
    • ±12-kV IEC 61000-4-2 Air-Gap Discharge
  • Low 1.6-pF I/O Capacitance
  • 0.9-V to 5.5-V Supply-Voltage Range
  • 6-Channel Device
  • Space-Saving UQFN (RSE) Package
open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

概要

The TPD6E004 device is a low-capacitance, ±15-kV ESD-protection diode array designed to protect sensitive electronics attached to communication lines. Each channel consists of a pair of diodes that steers ESD current pulses to VCC or GND. The TPD6E004 protects against ESD pulses up to ±15-kV human-body model (HBM), ±8-kV contact ESD, and ±12-kV air-gap ESD as specified in IEC 61000-4-2. This device has a typical 1.6-pF capacitance per channel, making it ideal for use in high-speed data I/O interfaces.

The TPD6E004 device is available in the RSE package and is specified for –40°C to +85°C operation.

The TPD6E004 device is a six-channel ESD structure designed for USB, Ethernet, and FireWire applications.

open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPD6E004 Low-Capacitance, 6-Channel ±15-kV ESD Protection Array for High-Speed Data Interfaces データシート 2016年 4月 27日
技術記事 Benefits of using Sub-1 GHz connectivity for grid asset monitoring, protection and control 2020年 5月 28日
セレクション・ガイド System-Leve ESD Protection Guide 2018年 2月 20日
ホワイト・ペーパー Designing USB for short-to-battery tolerance in automotive environments 2016年 2月 10日
アプリケーション・ノート ESD Layout Guide 2015年 3月 4日
アプリケーション・ノート Design considerations for system-level ESD circuit protection 2012年 9月 25日
アプリケーション・ノート Reading and Understanding an ESD Protection Datasheet 2010年 5月 19日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$29.00
概要
To get started on your project visit dev.ti.com/launchxl-cc1350

The SimpleLink™ CC1350 wireless microcontroller (MCU) LaunchPad™ development kit combines a 433 MHz with a Bluetooth® low energy radio for the ultimate combination of easy mobile phone integration with long-range (...)
特長
  • LaunchPad kit with a 433 MHz and Bluetooth low energy radio for wireless applications with integrated PCB trace antenna
  • Access all I/O signals with the BoosterPack™ plug-in module connectors
  • On-board emulator to get started with instant code development in CCS Cloud
  • Can be used with both LaunchPad kit (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$30.00
概要
この LaunchPad を使用した開発手順:
ステップ 1:C2000 MCU F280049C LaunchPad を購入
ステップ 2:下記の「設計を開始」を参照
LAUNCHXL-F280049C はさまざまなプラグオン BoosterPack と互換性のある TI のマイコン LaunchPad エコシステムの F28004x シリーズInstaSPIN-FOC 機能搭載)向けの低コスト評価 / 開発ツールです。LaunchPad の拡張バージョンであり、2 個の BoosterPack の接続をサポートします。LaunchPad はアプリケーション開発の際に、標準化された使いやすいプラットフォームを提供します。
特長

ハードウェアの特長

  • TMS320F280049C:FPU と TMU 搭載の 100MHz C28x CPU、256KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC 対応、3 個の 12 ビット ADC、CAN、エンコーダ、FSI、UART など
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミングのためのオンボード XDS110 デバッグ・プローブ
  • BoosterPack エコシステムを使用した 80 ピン LaunchPad
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミング向けに電力ドメインを絶縁
  • 絶縁型 CAN トランシーバ
  • 2 個のエンコーダ・インターフェイス・コネクタ
  • FSI インターフェイス・コネクタ
  • ハードウェア・ファイルは boards\LaunchPads\LAUNCHXL_F280049C の C2000Ware に搭載

ソフトウェアの特長

開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

この LaunchPad を活用した開発方法:
ステップ 1:MSP-EXP432E401Y LaunchPad を購入
ステップ 2:MSP432 SDK をダウンロード
ステップ 3:Out-of-Box experience(すぐに利用できる開発プロジェクト)を完了させSimpleLink Academy のトレーニングを受講

SimpleLink™ イーサネット MSP432E401Y マイコン LaunchPad™ 開発キットは、SimpleLink Arm® Cortex®-M4F (...)

特長
  • SimpleLink イーサネット MSP432E401Y 32 ビット Arm Cortex-M4F マイコン
  • BoosterPack エコシステムを採用した 80 ピン LaunchPad 規格
  • オンボードの XDS-110 デバッグ ・プローブ
  • イーサネットと USB-OTG
  • ユーザー・インタラクション向けの 2 個のボタンと 4 個の LED

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
グリッド IoT のリファレンス・デザイン:Sub-1GHz RF を使用して故障インジケータ、データ・コレクタ、Mini-RTU を接続
TIDA-00816 — TIDA-00816 リファレンス・デザインは、複数のセンサ・ノード(この場合はフォルト・パッセージ・インジケータ)と TI 15.4 スタックを使用するコレクタの間のスター型ネットワークで、ワイヤレス・サブ 1GHz 通信を実現します。このリファレンス・デザインは、配電オートメーションのオーバーヘッド・フォルト・パッセージ・インジケータ(FPI)とデータ・コレクタをアプリケーション・シナリオとして使用しており、低消費電力の短距離(50m 未満)通信を行うために最適化されています。TI の Simplelink ファミリの CC1310 デバイスは、Sub-1GHz 無線周波数(RF)トランシーバと Arm(TM) Cortex(TM) M3 マイコンを搭載した高集積シングルチップ・ソリューションです。TI 15.4 Stack はUS、ETSI、中国の周波数帯でビーコン・モード通信を構成するために使用されます。消費電流データは、送信出力レベル(0 ~ +10dBm)とビーコン間隔(0.3 ~ 5秒)を最適化し、50kbps のデータレートで 1 ~ 300 バイトのシングル・パケット・データを伝送する場合のものです。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
ネットワーク性能を改善するシンプルな 6LoWPAN メッシュ・エンド・ノードのリファレンス・デザイン
TIDA-010003 — TIDA-010003 は先進メーター・インフラ(AMI)ネットワーク向けに、シンプルな RF メッシュ・ネットワーク・エンド・ノードを実現します。このネットワークは 6LoWPAN(IPv6 over low-power wireless personal area (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
ネットワーク処理能力を強化したセキュアな 6LoWPAN メッシュ・エンド・ノードのリファレンス・デザイン
TIDA-010024 — This reference design implements an RF mesh network end node with DTLS security for smart meter Advanced Metering Infrastructure (AMI) networks. The network is an IPv6 over low-power wireless personal area networks (6LoWPAN) solution. The design implements this network in a single CC1312R (...)
document-generic 回路
リファレンス・デザイン ダウンロード
Simple 6LoWPAN Mesh Data Collector Improves Network Performance Reference Design
TIDA-01547 — TIDA-01547 reference design implements a simple mesh network data collector for smart meter Advanced Metering Infrastructure (AMI) networks. The network is an IPv6 over Low-Power Wireless Personal Area Networks (6LoWPAN) solution. The data collector implements a complete software stack split (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
Ethernet や 6LoWPAN RF メッシュなどをサポートするユニバーサル・データ・コンセントレータのリファレンス・デザイン
TIDA-010032 — IPv6-based grid communications are becoming the standard choice in industrial markets and applications like smart meters and grid automation. The universal data concentrator design provides a complete IPv6-based network solution integrated with Ethernet backbone communication, 6LoWPAN RF mesh (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
UQFN (RSE) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

Design Considerations for system-level ESD protection

Roger Liang, a systems engineer at Texas Instruments, explains what Electrostatic Discharge (ESD) is, and how it can occur and cause damage to our electronics.

投稿日: 01-Feb-2013
時間: 01:45

Read the full article

関連ビデオ