高速データ・インターフェイス向け、低静電容量、6 チャネル、±15kV ESD 保護アレイ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 6 IO capacitance (Typ) (pF) 1.6 Vrwm (V) 5.5 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 8 Features Bi-/uni-directional Uni-Directional IO leakage current (Max) (nA) Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Dynamic resistance (Typ) (Ω) Clamping voltage (V) 20 open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

パッケージ|ピン|サイズ

UQFN (RSE) 8 2 mm² 2 x 1.5 open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

特長

  • ESD Protection Exceeds JESD
    • ±15-kV Human-Body Model (HBM)
    • ±8-kV IEC 61000-4-2 Contact Discharge
    • ±12-kV IEC 61000-4-2 Air-Gap Discharge
  • Low 1.6-pF I/O Capacitance
  • 0.9-V to 5.5-V Supply-Voltage Range
  • 6-Channel Device
  • Space-Saving UQFN (RSE) Package
open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード

概要

The TPD6E004 device is a low-capacitance, ±15-kV ESD-protection diode array designed to protect sensitive electronics attached to communication lines. Each channel consists of a pair of diodes that steers ESD current pulses to VCC or GND. The TPD6E004 protects against ESD pulses up to ±15-kV human-body model (HBM), ±8-kV contact ESD, and ±12-kV air-gap ESD as specified in IEC 61000-4-2. This device has a typical 1.6-pF capacitance per channel, making it ideal for use in high-speed data I/O interfaces.

The TPD6E004 device is available in the RSE package and is specified for –40°C to +85°C operation.

The TPD6E004 device is a six-channel ESD structure designed for USB, Ethernet, and FireWire applications.

open-in-new その他の ESD 保護ダイオードと TVS(過渡電圧サプレッサ)サージ・ダイオード
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPD6E004 Low-Capacitance, 6-Channel ±15-kV ESD Protection Array for High-Speed Data Interfaces データシート 2016年 4月 27日
技術記事 Benefits of using Sub-1 GHz connectivity for grid asset monitoring, protection and control 2020年 5月 28日
セレクション・ガイド System-Leve ESD Protection Guide 2018年 2月 20日
ホワイト・ペーパー Designing USB for short-to-battery tolerance in automotive environments 2016年 2月 10日
アプリケーション・ノート ESD Layout Guide 2015年 3月 4日
アプリケーション・ノート Design considerations for system-level ESD circuit protection 2012年 9月 25日
アプリケーション・ノート Reading and Understanding an ESD Protection Datasheet 2010年 5月 19日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
29
概要
To get started on your project visit dev.ti.com/launchxl-cc1350

The SimpleLink™ CC1350 wireless microcontroller (MCU) LaunchPad™ development kit combines a 433 MHz with a Bluetooth® low energy radio for the ultimate combination of easy mobile phone integration with long-range (...)
特長
  • LaunchPad kit with a 433 MHz and Bluetooth low energy radio for wireless applications with integrated PCB trace antenna
  • Access all I/O signals with the BoosterPack™ plug-in module connectors
  • On-board emulator to get started with instant code development in CCS Cloud
  • Can be used with both LaunchPad kit (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
30
概要
LAUNCHXL-F280049C は、TI (テキサス・インスツルメンツ) の C2000™ リアルタイム・コントローラである F28004x (...)
特長

ハードウェアの特長

  • TMS320F280049C:FPU と TMU 搭載の 100MHz C28x CPU、256KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC 対応、3 個の 12 ビット ADC、CAN、エンコーダ、FSI、UART など
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミングのためのオンボード XDS110 デバッグ・プローブ
  • BoosterPack エコシステムを使用した 80 ピン LaunchPad
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミング向けに電力ドメインを絶縁
  • 絶縁型 CAN トランシーバ
  • 2 個のエンコーダ・インターフェイス・コネクタ
  • FSI インターフェイス・コネクタ
  • ハードウェア・ファイルは boards\LaunchPads\LAUNCHXL_F280049C の C2000Ware に搭載

ソフトウェアの特長

開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

この LaunchPad を活用した開発方法:
ステップ 1:MSP-EXP432E401Y LaunchPad を購入
ステップ 2:MSP432 SDK をダウンロード
ステップ 3:Out-of-Box experience(すぐに利用できる開発プロジェクト)を完了させSimpleLink Academy のトレーニングを受講

SimpleLink™ イーサネット MSP432E401Y マイコン LaunchPad™ 開発キットは、SimpleLink Arm® Cortex®-M4F (...)

特長
  • SimpleLink イーサネット MSP432E401Y 32 ビット Arm Cortex-M4F マイコン
  • BoosterPack エコシステムを採用した 80 ピン LaunchPad 規格
  • オンボードの XDS-110 デバッグ ・プローブ
  • イーサネットと USB-OTG
  • ユーザー・インタラクション向けの 2 個のボタンと 4 個の LED

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
グリッド IoT のリファレンス・デザイン:Sub-1GHz RF を使用して故障インジケータ、データ・コレクタ、Mini-RTU を接続
TIDA-00816 — TIDA-00816 リファレンス・デザインは、複数のセンサ・ノード(この場合はフォルト・パッセージ・インジケータ)と TI 15.4 スタックを使用するコレクタの間のスター型ネットワークで、ワイヤレス・サブ 1GHz 通信を実現します。このリファレンス・デザインは、配電オートメーションのオーバーヘッド・フォルト・パッセージ・インジケータ(FPI)とデータ・コレクタをアプリケーション・シナリオとして使用しており、低消費電力の短距離(50m 未満)通信を行うために最適化されています。TI の Simplelink ファミリの CC1310 デバイスは、Sub-1GHz 無線周波数(RF)トランシーバと Arm(TM) Cortex(TM) M3 マイコンを搭載した高集積シングルチップ・ソリューションです。TI 15.4 Stack はUS、ETSI、中国の周波数帯でビーコン・モード通信を構成するために使用されます。消費電流データは、送信出力レベル(0 ~ +10dBm)とビーコン間隔(0.3 ~ 5秒)を最適化し、50kbps のデータレートで 1 ~ 300 バイトのシングル・パケット・データを伝送する場合のものです。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
ネットワーク性能を改善するシンプルな 6LoWPAN メッシュ・エンド・ノードのリファレンス・デザイン
TIDA-010003 — TIDA-010003 は先進メーター・インフラ(AMI)ネットワーク向けに、シンプルな RF メッシュ・ネットワーク・エンド・ノードを実現します。このネットワークは 6LoWPAN(IPv6 over low-power wireless personal area (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
ネットワーク処理能力を強化したセキュアな 6LoWPAN メッシュ・エンド・ノードのリファレンス・デザイン
TIDA-010024 — This reference design implements an RF mesh network end node with DTLS security for smart meter Advanced Metering Infrastructure (AMI) networks. The network is an IPv6 over low-power wireless personal area networks (6LoWPAN) solution. The design implements this network in a single CC1312R (...)
document-generic 回路
リファレンス・デザイン ダウンロード
Simple 6LoWPAN Mesh Data Collector Improves Network Performance Reference Design
TIDA-01547 — TIDA-01547 reference design implements a simple mesh network data collector for smart meter Advanced Metering Infrastructure (AMI) networks. The network is an IPv6 over Low-Power Wireless Personal Area Networks (6LoWPAN) solution. The data collector implements a complete software stack split (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
Ethernet や 6LoWPAN RF メッシュなどをサポートするユニバーサル・データ・コンセントレータのリファレンス・デザイン
TIDA-010032 — IPv6-based grid communications are becoming the standard choice in industrial markets and applications like smart meters and grid automation. The universal data concentrator design provides a complete IPv6-based network solution integrated with Ethernet backbone communication, 6LoWPAN RF mesh (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
UQFN (RSE) 8 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ