TPD6S300A

アクティブ

USB Type-C™ ポート保護回路:OVP は改善済み、VBUS への短絡、過電圧、および 6 チャネルの ESD 保護

製品の詳細

Number of switches 4 IO capacitance (Typ) (pF) 1.5 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 8 IEC 61000-4-2 air-gap (+/- kV) 15 Features Overvoltage protection, Short-to-VBUS, CC dead battery resistors Bi-/uni-directional Unidirectional Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Clamping voltage (V) 8 Interface type USB Type-C
Number of switches 4 IO capacitance (Typ) (pF) 1.5 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 8 IEC 61000-4-2 air-gap (+/- kV) 15 Features Overvoltage protection, Short-to-VBUS, CC dead battery resistors Bi-/uni-directional Unidirectional Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Clamping voltage (V) 8 Interface type USB Type-C
WQFN (RUK) 20 9 mm² 3 x 3
  • 4チャネルのVBUSへの短絡過電圧保護(CC1、CC2、SBU1、SBU2、または
    CC1、CC2、DP、DM): 24VDC許容
  • 6チャネルのIEC 61000-4-2 ESD保護(CC1、CC2、SBU1、SBU2、DP、DM)
  • CC1、CC2過電圧保護FET: VCONN電力用に600mAを供給可能
  • CCデッド・バッテリ抵抗の内蔵により、モバイル・デバイスでのデッド・バッテリ状況に対応
  • TPD6S300と比較した利点
    • デッド・バッテリ性能の向上
    • IEC 61000-4-2 ESD衝撃時にUSB Type-Cポートが接続状態を維持
  • 3mm×3mmのWQFNパッケージ
  • 4チャネルのVBUSへの短絡過電圧保護(CC1、CC2、SBU1、SBU2、または
    CC1、CC2、DP、DM): 24VDC許容
  • 6チャネルのIEC 61000-4-2 ESD保護(CC1、CC2、SBU1、SBU2、DP、DM)
  • CC1、CC2過電圧保護FET: VCONN電力用に600mAを供給可能
  • CCデッド・バッテリ抵抗の内蔵により、モバイル・デバイスでのデッド・バッテリ状況に対応
  • TPD6S300と比較した利点
    • デッド・バッテリ性能の向上
    • IEC 61000-4-2 ESD衝撃時にUSB Type-Cポートが接続状態を維持
  • 3mm×3mmのWQFNパッケージ

TPD6S300Aは、シングル・チップのUSB Type-Cポート保護デバイスで、20VのVBUSへの短絡過電圧およびIEC ESD保護を行います。

USB Type-Cコネクタのリリース以降、USB Type-C用でありながら、USB Type-Cの仕様を満たしていない多くの製品やアクセサリがリリースされました。このような例の1つは、USB Type-C電力供給アダプタで、VBUSライン上にしか20Vを印加しないものです。USB Type-Cに関する別の懸念として、小さなコネクタのピンが互いに近接して配置されているため、コネクタの機械的なねじれや水平方向のずれによってピン間が短絡することがあります。これによって、20V VBUSがCCおよびSBUピンと短絡するおそれがあります。また、Type-Cコネクタのピンが互いに近接して配置されていることから、破片や湿気により20V VBUSピンがCCおよびSBUピンと短絡する危険も高まっています。

これらの理想的でない機器や機械的事象が存在するため、CCおよびSBUピンは5V以下の電圧でのみ動作するにもかかわらず、20V許容にする必要があります。TPD6S300AはCCおよびSBUピンの過電圧保護を行うため、通常の動作に影響することなくCCおよびSBUピンを20V許容にできます。このデバイスは、SBUおよびCCラインと直列に高電圧FETを配置します。OVPスレッショルドを超える電圧がこれらのラインに検出された場合、高電圧スイッチが開き、システムの他の部分を、コネクタに存在している高電圧の状況から絶縁します。

最後に、ほとんどのシステムでは外部ピンについてIEC 61000-4-2システム・レベルのESD保護が必要です。TPD6S300Aには、CC1、CC2、SBU1、SBU2、DP、DMピンのIEC 61000-4-2 ESD保護が内蔵されているため、コネクタの外部に高電圧TVSダイオードを配置する必要がありません。

TPD6S300Aは、シングル・チップのUSB Type-Cポート保護デバイスで、20VのVBUSへの短絡過電圧およびIEC ESD保護を行います。

USB Type-Cコネクタのリリース以降、USB Type-C用でありながら、USB Type-Cの仕様を満たしていない多くの製品やアクセサリがリリースされました。このような例の1つは、USB Type-C電力供給アダプタで、VBUSライン上にしか20Vを印加しないものです。USB Type-Cに関する別の懸念として、小さなコネクタのピンが互いに近接して配置されているため、コネクタの機械的なねじれや水平方向のずれによってピン間が短絡することがあります。これによって、20V VBUSがCCおよびSBUピンと短絡するおそれがあります。また、Type-Cコネクタのピンが互いに近接して配置されていることから、破片や湿気により20V VBUSピンがCCおよびSBUピンと短絡する危険も高まっています。

これらの理想的でない機器や機械的事象が存在するため、CCおよびSBUピンは5V以下の電圧でのみ動作するにもかかわらず、20V許容にする必要があります。TPD6S300AはCCおよびSBUピンの過電圧保護を行うため、通常の動作に影響することなくCCおよびSBUピンを20V許容にできます。このデバイスは、SBUおよびCCラインと直列に高電圧FETを配置します。OVPスレッショルドを超える電圧がこれらのラインに検出された場合、高電圧スイッチが開き、システムの他の部分を、コネクタに存在している高電圧の状況から絶縁します。

最後に、ほとんどのシステムでは外部ピンについてIEC 61000-4-2システム・レベルのESD保護が必要です。TPD6S300Aには、CC1、CC2、SBU1、SBU2、DP、DMピンのIEC 61000-4-2 ESD保護が内蔵されているため、コネクタの外部に高電圧TVSダイオードを配置する必要がありません。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
2 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPD6S300A USB Type-Cポート・プロテクタ: VBUSへの短絡過電圧およびIEC ESD保護 データシート 英語版をダウンロード 2018年 6月 21日
技術記事 The problem with short-to-VBUS protection integrated into your USB Type-C™/USB Power Delivery controller 2019年 1月 22日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TPS65987DJEVM — TPS65987DEVM is a reference design for single port USB Type-C PD application

在庫あり
制限: 2
評価ボード

TPS65987EVM — TPS65987 シングル・ポート USB Type-C とパワー・デリバリ (PD) コントローラの評価基板

開始に必要な要素

ステップ 1:TPS65987EVM を注文し、『user's guide』 (英語) をダウンロード
ステップ 2:EVM tutorial (英語) のビデオを視聴
ステップ 3:TPS6598X GUI ツールのビデオを視聴
ステップ 4:TPS6598X GUI をダウンロード

TPS65987EVM の設計は、USB Type-C と Power Delivery (PD) の各アプリケーションを対象にしています。この EVM は、基板レイアウトを最適化し、BOM (部品表) コストを最小化する目的で、TPS65987D の統合型パワー・パスと、TPD6S300A (...)
在庫あり
制限: 2
評価ボード

TUSB1044RNQEVM — 最大 10G 対応、USB Type-C 代替モード・リドライバの評価モジュール

The TUSB1044 is a USB Type-C Alt Mode redriver switch supporting data rates up to 10 Gbps. This protocol-agnostic linear redriver is capable of supporting USB Type-C Alt Mode interfaces including DisplayPort.
在庫あり
制限: 1
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI design and simulation tool

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

リファレンス・デザイン

PMP40801 — パーソナル・エレクトロニクス・アプリケーション向け、ドッキング USB Type-C® パワー・デリバリ (PD) のリファレンス・デザイン

This reference design is the USB Type-C® power delivery for personal electronics or automotive applications, where a USB power delivery (USB PD) supported buck-boost converter is used to generate a wide range output voltage. The TPS55288 is a synchronous buck-boost converter used to convert 12-V (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-050016 — Type-C ポート向けスマート保護機能のリファレンス・デザイン

This USB Power Delivery (PD) reference design is a TPD6S300A integrated chip set into a USB Type-C passthrough board. This design simulates the application where two Type-C ports with short protection circuit are connected and offers an easy way to manually short VBUS to the CC and SBU pins. To (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
WQFN (RUK) 20 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ