過電圧と低電圧の監視向け、高精度ウィンドウ電圧ディテクタ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of supplies monitored 1 Threshold voltage 1 (Typ) (V) 1, 1.2, 1.8, 3.3, 5 Features Undervoltage and overvoltage monitor, Wide input voltage, Dual output Reset threshold accuracy (%) 0.9 Output driver type/reset output Active-low, Open-drain Time delay (ms) 0 Rating Catalog Watchdog timer WDI (sec) None Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の 監視 / リセット IC

パッケージ|ピン|サイズ

SOT-23-THN (DDC) 6 5 mm² 2.9 x 1.6 open-in-new その他の 監視 / リセット IC

特長

  • Input Voltage Range: 2 V to 18 V
  • High Threshold Accuracy:
    • 0.25% (typ)
    • 0.9% (–40°C to 125°C)
  • Fixed Window Thresholds Optimized for Nominal Rails Between 1 V and 5 V
  • Open-Drain Outputs for Overvoltage and Undervoltage Indication
  • Internal Glitch Immunity
  • Threshold Adjust Using the SET Pin
  • Low Quiescent Current: 7 µA (typ)
  • Internal Threshold Hysteresis: 0.55%, 1.0%
  • SOT-6 Package
open-in-new その他の 監視 / リセット IC

概要

The TPS3702 is an integrated overvoltage and undervoltage window detector in a small SOT-6 package. This highly accuracy voltage monitor is ideal for systems that operate on low-voltage supply rails and have narrow margin supply tolerances. Low threshold hysteresis options of 0.55% and 1.0% prevent false reset signals when the monitored voltage supply is in its normal range of operation. Internal glitch immunity and noise filters further eliminate false resets resulting from erroneous signals.

The TPS3702 does not require any external resistors for setting overvoltage and undervoltage reset thresholds, which further increases overall accuracy and reduces solution size and cost. The SET pin is used to select between the two available threshold voltages designed into each device. A separate SENSE input pin and VDD pin allow for the redundancy sought by safety-critical and high-reliability systems. This device also features independent reset outputs for the OV and UV pins; as a result of the open-drain configuration, UV and OV can be tied together.

This device has a low typical quiescent current specification of 7 µA and is qualified for use over the industrial temperature range of –40°C to 125°C.

open-in-new その他の 監視 / リセット IC
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能は同じだが、ピン配列、またはパラメーターが同等ではない比較製品
新製品 TPS3703 アクティブ 低消費電力、デュアル電圧検出器、小型 µSON パッケージ 時間遅延のプログラミングが可能な0.5Vまでの固定スレッショルド電圧オプションを実現。

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 9
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPS3702 High-Accuracy, Overvoltage and Undervoltage Monitor データシート 2015年 1月 27日
アプリケーション・ノート Voltage Supervisors (Reset ICs): Frequently Asked Questions (FAQs) 2020年 3月 17日
セレクション・ガイド Voltage Supervisors (Reset ICs) Quick Reference Guide 2020年 2月 28日
ホワイト・ペーパー Voltage Supervisor and Reset ICs: Tips, Tricks and Basics 2019年 6月 28日
ユーザー・ガイド TPS3702CX33EVM-683 Evaluation Module User's Guide 2019年 2月 11日
技術記事 Tips and tricks for optimizing your voltage supervisor 2017年 3月 7日
技術記事 Oh yes! My FPGA application is safe 2015年 10月 26日
技術記事 Don’t underestimate the power of an LDO 2013年 10月 19日
技術記事 How to optimize your DSP power budget 2013年 10月 3日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
30
概要
この LaunchPad を使用した開発手順:
ステップ 1:C2000 MCU F280049C LaunchPad を購入
ステップ 2:下記の「設計を開始」を参照
LAUNCHXL-F280049C はさまざまなプラグオン BoosterPack と互換性のある TI のマイコン LaunchPad エコシステムの F28004x シリーズInstaSPIN-FOC 機能搭載)向けの低コスト評価 / 開発ツールです。LaunchPad の拡張バージョンであり、2 個の BoosterPack の接続をサポートします。LaunchPad はアプリケーション開発の際に、標準化された使いやすいプラットフォームを提供します。
特長

ハードウェアの特長

  • TMS320F280049C:FPU と TMU 搭載の 100MHz C28x CPU、256KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC 対応、3 個の 12 ビット ADC、CAN、エンコーダ、FSI、UART など
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミングのためのオンボード XDS110 デバッグ・プローブ
  • BoosterPack エコシステムを使用した 80 ピン LaunchPad
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミング向けに電力ドメインを絶縁
  • 絶縁型 CAN トランシーバ
  • 2 個のエンコーダ・インターフェイス・コネクタ
  • FSI インターフェイス・コネクタ
  • ハードウェア・ファイルは boards\LaunchPads\LAUNCHXL_F280049C の C2000Ware に搭載

ソフトウェアの特長

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
20
概要

The TPS3702CX33EVM-683 evaluation module (EVM) helps designers evaluate the operation and performance of the TPS3702, which is a low power, high accuracy over-voltage and under-voltage detector that is available with fixed threshold options. The EVM circuit is configured to be a reference design for (...)

特長
  • 1% overall accuracy
  • Internal hysteresis options of 0.5% and 1%
  • Low supply current (8 uA typ)
  •  Open drain outputs
  •  SET pin to select ±5% and ±10% thresholds
ドーター・カード ダウンロード
概要

この controlCARD を活用した開発のためのステップ:
ステップ 1:controlCARD のご購入
ステップ 2:下記の「設計を開始」を参照
TMDSCNCD280049C は、HSEC180 controlCARD をベースとする、C2000™ F28004x シリーズのマイコン製品向けの評価 / 開発ツールです。controlCARDは、初期評価とシステムのプロトタイピングに最適です。controlCARD は包括的なボードレベル・モジュールで、2 種類の標準フォーム・ファクタ(100 ピン DIMM または 180 ピン HSEC)を使用し、低プロファイルのシングルボード・コントローラ・ソリューションを実現します。初めて評価を行う場合、通常、controlCARD を TMDSHSECDOCK ベースボードとのバンドル形式で購入するか、またはアプリケーション・キットにバンドルされた形式で入手することになります。

特長

ハードウェアの特長

  • USB から JTAG への絶縁型オンボード XDS100v2 デバッグ・プローブにより、リアルタイムのインシステム・プログラミングとデバッグが可能
  • 標準 180 ピン controlCARD HSEC インターフェイス
  • アナログ I/O、デジタル I/O とカード上にある JTAG 信号とのインターフェイス
  • ハードウェア・ファイルは、C2000Ware の boards\controlCARDs\TMDSCNCD280049C に保存

ソフトウェアの特長

設計を開始

ドーター・カード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
159
概要

To get started developing with this controlCARD:
Step 1: Buy the controlCard
Step 2: Follow the get started section

TMDSCNCD28379D is an HSEC180 controlCARD based evaluation and development tool for the F2837xD,  F2837xS, and F2807x series in the TI MCU. controlCARDs are ideal to use for (...)

特長

Hardware Features

  • TMDSCNCD28379D: TMS320F28379D HSEC180 based controlCARD
    • Isolated XDS100v2 USB-to-JTAG Debug Probe enables real-time in-system programming and debugging
  • Standard 180-pin HSEC interface
  • Analog I/O, digital I/O and JTAG signals at card interface
  • USB Host connector
  • SDCard Slot
  • Hardware Files (...)
開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
219
概要

TMDSDOCK28379D は、HSEC180 controlCARD をベースとする、C2000™ Delfino™ F2837x シリーズのマイコン製品向けの評価 / 開発ツールです。このドッキング・ステーションは、controlCARD に電力を供給するほか、プロトタイプ製作に利用できるブレッドボード領域を確保しています。一連のヘッダー・ピンを使用する方法で、主なデバイス信号へのアクセスが可能です。

特長

ハードウェアの特長

  • TMDSCNCD28379D: TMS320F28379D HSEC180 ベース controlCARD
    • USB から JTAG への変換を行う絶縁型 XDS100v2 USB デバッガ・プローブにより、リアルタイムのイン・システム・プログラミングとデバッグが可能
  • HSEC180 controlCARD のメス型コネクタを搭載した、ブレッドボードに似たベースボード
    • ヘッダー・ピンを使用して、マイコンの主な信号へのアクセスが可能
    • カスタマイズ可能な配線取り回しとプロトタイプ製作に活用できるブレッドボード領域
    • ボードへの電力供給に、付属の USB ケーブルまたは 5V バレル電源を使用可能

ソフトウェアの特長

設計を開始

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SBVM438A.ZIP (91 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI PSpice® for TI は、各種アナログの機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けのツールです。  さまざまな機能を持ち、設計とシミュレーションに適したこのツールは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償でご使用いただけます。アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象に、業界でも有数の大規模な PSpice モデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。 

はじめに

  • PSpice for TI ツールへのアクセスの申請
  • ツールのダウンロードとインストール
  • シミュレーション方法説明ビデオのご視聴

PSpice for TI ツールを使用すると、内蔵のモデル・ライブラリを使用して、複雑な設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの PSpice モデルで構成されたライブラリ全体に加えて、ツール内で各種 TI 製品情報に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。  コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。
特長
  • 電源とシグナル・チェーンに関する TI の製品ラインアップを網羅する、各種 PSpice モデルで構成された事前インストール済みライブラリ
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業に対応し、柔軟性のあるスタンドアロン・ツール
計算ツール ダウンロード
SBVC045.ZIP (20 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
Safety power supply for motor drives reference design
TIDA-010052 — このリファレンス・デザインは、2 個のマイコン (MCU) を採用した単一アーキテクチャで各マイコンを安全に起動するための電源を実装します。このデザインは、過電圧保護や短絡保護のような複数の保護機能を搭載しており、マイコンが損傷する事態を防止します。DC/DC である LMR36515 と LMR36015 は、5V と 12V のレールを 3.3V に変換します。TPS3703 と TPS3702 の各電圧モニタは変換後の電圧を監視します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
Delfino 上の電圧レール監視、リファレンス・デザイン付き
TIDA-00392 The C2000 Delfino microcontrollers' demand for a tight tolerance on both of its supply rails; this supervisory topology is designed to monitor the two voltage rails and assert a reset when either rail is not within its threshold. The two supervisors will monitor for both undervoltage and overvoltage (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23-THIN (DDC) 6 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ