マニュアル・リセット付き小型電源電圧スーパーバイザ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of supplies monitored 1 Threshold voltage 1 (Typ) (V) Adjustable, 1.71, 2.25, 2.64, 2.93, 4, 4.55 Features Active-low enable, Manual reset Reset threshold accuracy (%) 2 Output driver type/reset output Active-low, Push-pull Time delay (ms) 200 Rating Catalog Watchdog timer WDI (sec) None Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の 監視 / リセット IC

パッケージ|ピン|サイズ

SOT-SC70 (DCK) 5 4 mm² 2 x 2.1 open-in-new その他の 監視 / リセット IC

特長

  • Small, 5-Pin SC-70 (SOT-323) Package
  • Supply Current of 9 µA
  • Power-On Reset Generator With Fixed Delay Time
    • TPS3800 = 100 ms
    • TPS3801 = 200 ms
    • TPS3802 = 400 ms
  • Precision Supply Voltage Monitor 1.8 V, 2.5 V,
    2.7 V, 3 V, 3.3 V, 5 V, and Adjustable
  • Manual Reset Input (Except TPS3801-01)
  • Temperature Range:  –40°C to +85°C
  • APPLICATIONS
    • Applications Using DSPs, Microcontrollers, or Microprocessors
    • Wireless Communication Systems
    • Portable/Battery-Powered Equipment
    • Programmable Controls
    • Intelligent Instruments
    • Industrial Equipment
    • Notebook/Desktop Computers
    • Automotive Systems

All other trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 監視 / リセット IC

概要

The TPS380x family of supervisory circuits monitor supply voltages to provide circuit initialization and timing supervision, primarily for DSPs and other processor-based systems.

These devices assert a push-pull RESET signal when the SENSE (adjustable version) or VDD (fixed version) drops below a preset threshold. The RESET output remains asserted for the factory programmed delay time after the SENSE or VDD return above its threshold.

The TPS380x devices, except the TPS3801-01, incorporate a manual reset input (MR). A low level at MR causes RESET to become active.

The TPS380x uses a precision reference to achieve an overall threshold accuracy of 2%—2.5%. These devices are available in a 5-pin SC-70 package, which is only about half the size of a 5-pin SOT-23 package.

The TPS380x devices are fully specified over a temperature range of –40°C to +85°C.

open-in-new その他の 監視 / リセット IC
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート Ultra-Small Supply Voltage Supervisors データシート 2010年 10月 29日
ホワイト・ペーパー Voltage Supervisor and Reset ICs: Tips, Tricks and Basics 2019年 6月 28日
ユーザー・ガイド PMP15014 Test Results 2016年 5月 12日
技術記事 Don’t underestimate the power of an LDO 2013年 10月 19日
技術記事 How to optimize your DSP power budget 2013年 10月 3日
技術記事 "X" Marks the spot - 7 Treasures in a pirate engineer's treasure chest 2013年 9月 19日
技術記事 Power Tips: How to be discrete 2013年 9月 17日
ユーザー・ガイド PMP4742 REVE1 Test Results 2010年 11月 12日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

設計ツールとシミュレーション

組立図面 ダウンロード
TIDRLS4.PDF (121 KB)
部品表(BOM) ダウンロード
SLVR551.PDF (33 KB)
部品表(BOM) ダウンロード
TIDRLS3.PDF (181 KB)
CAD/CAE シンボル ダウンロード
TIDRLS6.ZIP (29 KB)
ガーバー・ファイル ダウンロード
TIDCC68.ZIP (423 KB)
PCB レイアウト ダウンロード
TIDRLS5.PDF (817 KB)
回路図 ダウンロード
SBVR002.PDF (117 KB)
回路図 ダウンロード
SBVR003.PDF (121 KB)
回路図 ダウンロード
SLVR311.PDF (127 KB)
回路図 ダウンロード
SLVR312.PDF (134 KB)
回路図 ダウンロード
SLVR552.PDF (384 KB)
回路図 ダウンロード
TIDRLS2.PDF (260 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
車載向けインフォテインメント電源システムのリファレンス・デザイン
PMP15014 — このソリューションは、インフォテインメント・システム向けに車載バッテリ直結のフロント・エンド電源を実現する目的で設計されています。高電圧入力への対応を必要とするシステム向けに 1 段構造の電源システムを使用しており、負荷のニーズがさまざまに異なる複数の出力レールに対して低電圧を供給します。また、このシステムは過渡保護と逆極性保護も実現しています。入力電圧範囲(Vin)の広い降圧段は、2.1MHz の周波数で動作し、AM バンドを回避しているほか、CISPER 25 に対応する差動型 EMI フィルタを使用して、優れた EMI 特性を発揮します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
通信アプリケーション向けリファレンス・デザイン(0.9V@0.5A)
PMP4742 PMP4742.1 は、TPS40210 を使用して、負の入力(-10.8V ~ -13.2V)を受け入れ、正の出力(12V@1A 平均)を供給する反転型昇降圧コンバータです。TPS2420 を使用したホット・スワップ回路は、出力電流を 2A というピーク値に迅速に制限します。
設計ファイル

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SC70 (DCK) 5 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ