トップ

製品の詳細

パラメータ

Vin (Min) (V) 3 Vin (Max) (V) 17 Vout (Min) (V) 3.3 Vout (Max) (V) 3.3 Iout (Max) (A) 1 Iq (Typ) (uA) 17 Switching frequency (Min) (kHz) 2250 Switching frequency (Max) (kHz) 2250 Features Enable, Light Load Efficiency, Output Discharge, Power Good, Synchronous Rectification, Tracking, Voltage Margining Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog Regulated outputs (#) 1 open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)

パッケージ|ピン|サイズ

WSON (DSG) 8 4 mm² 2 x 2 open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)

特長

  • DCS-Control™トポロジ
  • 入力電圧範囲: 3V~17V
  • 最大1Aの出力電流
  • 出力電圧を0.9V~6Vの範囲で調整可能
  • 固定出力電圧バージョン
  • シームレスなパワーセーブ・モード移行
  • 静止電流17µA (標準値)
  • パワー・グッド出力
  • 100%デューティ・サイクル・モード
  • 短絡保護
  • 過熱保護機能
  • TPS62170およびTPS62125とピン互換
  • 3.00mm×3.00mmの8ピンVSSOPパッケージおよび2.00mm×2.00mmの8ピンWSONパッケージで供給
  • WEBENCH® Power Designerにより、TPS62160を使用するカスタム設計を作成

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)

概要

TPS6216xデバイス・ファミリは使いやすい同期整流降圧型DC/DCコンバータで、電力密度の高いアプリケーション用に最適化されています。スイッチング周波数が標準値で2.25MHzと高いため、小型のインダクタを使用でき、高速な過渡応答が実現されるとともに、DCS-Control™トポロジの使用によって出力電圧の高い精度が得られます。

3V~17Vの広い入力電圧範囲で動作するため、このデバイスはリチウムイオンや他のバッテリ、および12Vの中間電源レールで動作するシステムに最適です。0.9V~6Vの出力電圧で、1Aまでの出力電流を連続的にサポートします(100%デューティ・サイクル・モード時)。

イネーブル・ピンおよびオープン・ドレインのパワー・グッド・ピンの構成により、電源シーケンシングも可能です。

パワーセーブ・モードでは、このデバイスはVINから約17µAの静止電流を消費します。負荷が小さい時には自動的かつシームレスにパワーセーブ・モードへ移行するため、負荷範囲全体にわたって高い効率が維持されます。シャットダウン・モードではデバイスがオフになり、シャットダウン時の消費電流は2µA未満です。

このデバイスには出力電圧が可変と固定のバージョンがあり、2.00mm×2.00mmの8ピンWSONパッケージ(DSG)、または3.00mm×3.00mmの8ピンVSSOPパッケージ(DGK)に封入されています。

open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 20
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPS6216x 3V~17V、1A降圧型コンバータ、DCS-Control™搭載 データシート (Rev. E 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.E) 2017年 6月 16日
技術記事 Minimize the impact of the MLCC shortage on your power application 2019年 3月 29日
アプリケーション・ノート Performing Accurate PFM Mode Efficiency Measurements 2018年 12月 11日
アプリケーション・ノート QFN and SON PCB Attachment 2018年 8月 24日
アプリケーション・ノート Understanding 100% mode in low-power DC/DC converters 2018年 6月 22日
アプリケーション・ノート A Topical Index of TI Low Power DC/DC Application Notes 2018年 1月 17日
アプリケーション・ノート Achieving a clean startup by using a DC/DC converter with a precise enable‐pin t 2017年 10月 24日
アプリケーション・ノート Testing tips for applying external power to supply outputs without an input volt 2016年 10月 24日
アプリケーション・ノート Understanding frequency variation in the DCS-Control(TM) topology 2015年 10月 30日
アプリケーション・ノート Basic Calculation of a Buck Converter's Power Stage 2015年 8月 17日
アプリケーション・ノート Optimizing the TPS62130/40/50/60 Output Filter 2015年 7月 15日
アプリケーション・ノート Five steps to a great PCB layout for a step-down converter 2015年 1月 29日
アプリケーション・ノート Step down converter with input overvoltage protection 2014年 9月 4日
アプリケーション・ノート High-efficiency, low-ripple DCS-Control offers seamless PWM/pwr-save transitions 2013年 7月 25日
アプリケーション・ノート Using the TPS6215x in an Inverting Buck-Boost Topology.. 2012年 12月 19日
アプリケーション・ノート How to Measure Control Loop of the TPS62130/40/50/60/70DCS-Control(TM) Devices 2012年 8月 9日
アプリケーション・ノート Understanding the Absolute Maximum Ratings of the SW Node 2012年 1月 13日
アプリケーション・ノート Powering the MSP430 from a High Voltage Input using the TPS62122 2012年 1月 12日
アプリケーション・ノート Choosing an Appropriate Pull-up/Pull-down Resistor for Open Drain Outputs 2011年 9月 19日
アプリケーション・ノート IQ: What it is, what it isn’t, and how to use it 2011年 6月 17日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
25
概要

The TPS62160EVM-627 (HPA627-001) uses the TPS62160 adjustable version and is set to a 3.3-V output. The EVM operates with full-rated performance with an input voltage between 3.7 V and 17 V. The TPS62160 is a 1-A, synchronous, step-down converter in a 2x2-mm, 8-pin WSON package. Both fixed and (...)

ドーター・カード ダウンロード
499
概要

The K2G Audio Daughter Card is designed to work in conjunction with the K2G General Purpose EVM (EVMK2G) or EVMK2GX and the EVMK2G or EVMK2GX is required for Audio Daughter Card operation.  The Daughter Card allows users to develop multichannel audio applications such as A/V receivers (...)

特長
  • Audio expansion compatible with the K2G General Purpose EVM
  • Eight channels of analog input
  • Sixteen channels of analog output
  • S/PDIF input (optical or coaxial)
  • S/PDIF output (coaxial)
  • I2S header for external I/O (HDMI, etc.)
開発キット ダウンロード
概要

ステップ 1: C2000 MCU F28379D LaunchPad を購入
ステップ 2:「設計を開始」を参照

LAUNCHXL-F28379D はさまざまなプラグオン BoosterPack と互換性のある TI のマイコン LaunchPad エコシステムの F2837xD、F2837xS、F2807x シリーズ向けの低コスト評価 / 開発ツールです。 LaunchPad の拡張バージョンであり、2 個の BoosterPack の接続をサポートします。  LaunchPad はアプリケーション開発の際に、標準化された使いやすいプラットフォームを提供します。

特長

ハードウェアの特長

  • USB 接続の絶縁型 XDS100v2 JTAG デバッグ・プローブにより、リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミング(書き込み)に対応
  • 4 個の 20 ピン・ヘッダ/コネクタ
  • プログラマブル・ボタンと LED
  • TMS320F28379D:200MHz デュアル C28xCPU とデュアル CLA、1MB フラッシュ、16 ビット/12 ビット ADC、コンパレータ、12 ビット DAC、デルタ・シグマ Sinc フィルタ、HRPWM、eCAP、eQEP、CAN など
  • C2000 Delfino Position Manager 対応 TMS320F28379D マイコンはアブソリュート・エンコーダ、リゾルバ、SINCOS トランスデューサとのインターフェイスを実現
  • 2 個の BoosterPack をサポート
  • 2 個のエンコーダ・インターフェイス・コネクタ
  • 絶縁型 CAN トランシーバ・コネクタ
  • ハードウェア・ファイルは boards\LaunchPads\LAUNCHXL_F28379D の C2000Ware に搭載

ソフトウェアの特長

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVM430A.ZIP (44 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVMA48.ZIP (53 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVMA49.ZIP (43 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
Grid IoT リファレンス・デザイン:Wi-Fi® を使用してサーキット・ブレーカーとセンサを他の機器に接続
TIDA-010007 — This reference design showcases integrating Wi-Fi® capability to enhance connectivity in grid equipment for asset monitoring using the CC3220 device, SimpleLink Wi-Fi and IoT, single chip wireless MCU with integrated network processor and applications processor. The design enables  the (...)
document-generic 回路
リファレンス・デザイン ダウンロード
サーボ・ドライブ向け、スマート・ゲート・ドライバ搭載 48V/500W 3 相インバータのリファレンス・デザイン
TIDA-01629 — Efficiency, protection, and integration are important design factors for compact DC-fed drives up to 60VDC. This reference design shows a three-phase inverter with nominal 48-V DC input and a 10-ARMS output current.  The 100-V intelligent three-phase gate driver DRV8350R with integrated buck (...)
document-generic 回路
リファレンス・デザイン ダウンロード
EMC 耐性の高い Tamagawa(多摩川精機)エンコーダ向け RS485 インターフェイスのリファレンス・デザイン
TIDA-01630 — EMC immunity, especially immunity against inverter switching noise, is important for positioning encoder feedback systems of industrial drives. This design demonstrates a high EMC immunity RS485 transceiver solution which can be used on both the drive and encoder, such as Tamagawa™, EnDat 2.2 (...)
document-generic 回路
リファレンス・デザイン ダウンロード
EMC 耐性の高いアブソリュート・エンコーダ向け RS-485 インターフェイスのリファレンス・デザイン
TIDA-01401 — EMC 耐性が高く、 ドライブと EnDat 2.2、BiSS®、Tamagawa™ などの各種エンコーダ内で使用する RS-485 トランシーバのリファレンス・デザインです。EMC (...)
document-generic 回路

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
WSON (DSG) 8 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ