低静止電流、250mA、低ドロップアウト電圧レギュレータ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Output options Adjustable Output, Fixed Output Iout (Max) (A) 0.25 Vin (Max) (V) 10 Vin (Min) (V) 2.7 Vout (Max) (V) 5.5 Vout (Min) (V) 1.2 Fixed output options (V) 1.5, 1.8, 2.5, 2.8, 3, 3.3, 5 Noise (uVrms) 200 Iq (Typ) (mA) 0.03 Thermal resistance θJA (°C/W) 176 Approx. price (US$) 0.40 | 1ku Load capacitance (Min) (µF) 10 Rating Catalog Regulated outputs (#) 1 Features Enable, Power Good Accuracy (%) 3 PSRR @ 100 KHz (dB) 38 Dropout voltage (Vdo) (Typ) (mV) 140 Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 SOIC (D) 8 19 mm² 3.91 x 4.9 open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)

特長

  • 250-mA Low Dropout Voltage Regulator
  • Available in 1.5 V, 1.8 V, 2.5 V, 2.7 V, 2.8 V,
    3.0 V, 3.3 V, 5.0 V Fixed Output and Adjustable Versions
  • Dropout Voltage to 140 mV (Typ) at 250 mA (TPS76650)
  • Ultralow 35-µA Typical Quiescent Current
  • 3% Tolerance Over Specified Conditions for Fixed Output Versions
  • Open-Drain Power Good
  • 8-Pin SOIC Package
  • Thermal Shutdown Protection

All other trademarks are the property of their respective owners

open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)

概要

This device is designed to have an ultralow quiescent current and be stable with a 4.7-µF capacitor. This combination provides high performance at a reasonable cost.

Because the PMOS device behaves as a low-value resistor, the dropout voltage is very low (typically 230 mV at an output current of 250 mA for the TPS76650) and is directly proportional to the output current. Additionally, since the PMOS pass element is a voltage-driven device, the quiescent current is very low and independent of output loading (typically 35 µA over the full range of output current, 0 mA to 250 mA). These two key specifications yield a significant improvement in operating life for battery-powered systems. This LDO family also features a sleep mode; applying a TTL high signal to EN (enable) shuts down the regulator, reducing the quiescent current to less than 1 µA (typ).

Power good (PG) is an active high output that can be used to implement a power-on reset or a low-battery indicator.

The TPS766xx is offered in 1.5 V, 1.8 V, 2.5 V, 2.7 V, 2.8 V, 3.0 V, 3.3 V and 5.0 V fixed voltage versions and in an adjustable version (programmable over the range of 1.25 V to 5.5 V). Output voltage tolerance is specified as a maximum of 3% over line, load, and temperature ranges. The TPS766xx family is available in an 8-pin SOIC package.

open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能は同じだが、ピン配列、またはパラメーターが同等ではない比較製品
TPS7A25 アクティブ パワー・グッド機能搭載、300mA、18V、超低静止電流(IQ)、低ドロップアウト(LDO)リニア・レギュレータ An 18-V, 300-mA LDO regulator with power-good and ultra-low IQ (2.5 μA)

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 10
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート Ultra Low Quiescent Current 250-mA Low-Dropout Voltage Regulators データシート 2009年 1月 8日
技術記事 LDO basics: capacitor vs. capacitance 2018年 8月 1日
技術記事 LDO Basics: Preventing reverse current 2018年 7月 25日
技術記事 LDO basics: introduction to quiescent current 2018年 6月 20日
アプリケーション・ノート LDO Noise Demystified 2017年 8月 9日
アプリケーション・ノート LDO PSRR Measurement Simplified 2017年 8月 9日
技術記事 LDO basics: noise – part 1 2017年 6月 14日
その他の技術資料 Журнал по применению аналоговых компонентов 2кв. 2010 2011年 8月 8日
アプリケーション・ノート 2Q 2010 Issue Analog Applications Journal 2010年 5月 6日
アプリケーション・ノート Discrete design of a low-cost isolated 3.3- to 5-V DC/DC converter 2010年 5月 6日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$1,999.00
概要

DLP® LightCrafter™ 6500 は DLP テクノロジーを広範なライト・ステアリング・アプリケーションに組み込むための高性能でフレキシブルな評価モジュールです。競争力のある価格で高い解像度、光スループット、輝度を必要とするソリューションの開発を容易にします。

DLP LightCrafter 6500 のコアとなっているのは以下の DLP チップセットです。

  • DLP6500FYE:デジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)
  • DLPC900:DMD デジタル・コントローラ

DLP6500FYE は真の HD (...)

特長
  • ディスプレイの画像またはビデオの最大解像度は 1080p(1920x1080 の配列)
  • DLPC900 を使用する高速パターン
    • 最大 9,523Hz のバイナリ・パターン・レート
    • 最大 247Hz の 8 ビット・グレースケール・パターン・レート
  • カメラ、センサなどのペリフェラルとの同期のための 2 つのコンフィギュラブル I/O トリガ
  • USB 1.1、HDMI、I2C インターフェイス
  • USB ベースの API とホスト GUI
  • リモート DMD ボードとのフレックス・ケーブル接続により、光学/機械式インターフェイスが容易
  • DLPC900 は DLP6500FYE 向けの制御信号を生成
  • 最大 20Gbps のデータ伝送をサポート
  • 高速 2xLVDS データ / 制御インターフェイスを提供
  • DLPC900 は DLP6500 へのミラー・リセット / タイミング情報を駆動
  • メイン EVM コントローラ・ボードのサイズ:145mm(5.7 インチ) x 125mm(4.9 インチ)

DLP LightCrafter 6500 EVM リファレンス・デザイン: このリファレンス・デザインには DLP LightCrafter 6500 の回路図、ガーバー・レイアウト・ファイル、BOM が付属しています。

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$5,749.00
概要

DLP® LightCrafter™ 9000 は DLP テクノロジーを広範なライト・ステアリング・アプリケーションに組み込むための高性能でフレキシビリティの高い開発キットです。解像度、光スループット、輝度を最大化するソリューションの開発を容易にします。

DLP LightCrafter 9000 のコアとなっているのは、以下の DLP チップセットです。

  • DLP9000:デジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)
  • DLPC900:DMD デジタル・コントローラ(2 個のコントローラが必要)

DLP9000 は真の HD 解像度である 2560 x 1600、すなわち 400 万超のプログラマブル・マイクロミラーを提供します。  

DLPC900 は最大 (...)

特長

主な機能

DLP9000

DLP9000X

開発

LightCrafter 9000 EVM

TI Design リファレンス・デザイン

最大帯域幅

>40Gbps

>60Gbps

最大バイナリ・パターン・レート

9.5kHz

15kHz

DLP デジタル・コントローラ

DLPC900

DLPC910

DLP PROM

DLPR900

DLPR910

波長範囲

400 ~ 700nm

マイクロミラー・アレイ・サイズ

2560 x 1600

ディスプレイ解像度

WQXGA

マイクロミラー・アレイ(対角)

0.9 インチ

マイクロミラー・ピクセル・ピッチ

7.6µm

  • ディスプレイの画像またはビデオの最大解像度は WQXGA(2560x1600 の配列)
  • ネイティブ DLPC900 を使用する高速パターン
    • 最大 9,523Hz のバイナリ・パターン・レート
    • 最大 247Hz の 8 ビット・グレースケール・パターン・レート
  • カメラやセンサなどと同期するための 2 つのコンフィギュラブル I/O トリガ
  • USB 1.1、HDMI、I2C インターフェイス
  • USB ベースの API とホスト GUI
  • リモート DMD ボードとのフレックス・ケーブル接続により、光学/機械式インターフェイスが容易
  • DLPC900 は DLP9000 への制御信号を生成
  • 最大 40Gbps のデータ伝送をサポート
  • 高速 2xLVDS データ / 制御インターフェイス
  • DLPC900 は DLP9000 へのミラー・リセット / タイミング情報を駆動
  • メイン EVM (...)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
AM572x 向け OPC UA データ・アクセス・サーバのリファレンス・デザイン
TIDEP0078 — OPC UA は、接続された機械間の相互運用性と通信を実現する Industry 4.0 向け産業用 M2M(マシン・ツー・マシン)プロトコルです。TIDEP0078 は、設計プロジェクトで採用される組込み OPC UA (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
Ethernet/IP 通信開発プラットフォーム
TIDEP0003 Ethernet/IP スレーブ通信を対象としたこの開発プラットフォームにより、設計者は幅広い産業用オートメーション機器で使用される Ethernet/IP 通信標準を実装できます。外付け部品を減らし、基板面積を小さくすると同時にクラス最高の低消費電力性能を実現できます。
document-generic 回路
リファレンス・デザイン ダウンロード
イーサネット Powerlink 開発プラットフォーム
TIDEP0028 TIDEP0028 Ethernet Powerlink は、テキサス・インスツルメンツ(TI)の AM335x Sitara プロセッサ・ファミリと Powerlink オープン・メディア・アクセス制御(MAC)層を単一のシステム・オン・チップ(SoC)ソリューションとして統合した開発プラットフォームです。TIDEP0028 のターゲットは Ethernet Powerlink スレーブ通信です。このプラットフォームを使用して、多種多様な産業用オートメーション機器向けのリアルタイム通信規格である Powerlink を実装できます。設計のベースは TMDSICE3359 産業用通信エンジン(ICE)です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
EtherCAT 通信開発プラットフォーム
TIDEP0001 EtherCAT スレーブ通信を対象としたこの開発プラットフォームにより、設計者は幅広い産業用オートメーション機器で使用されるリアルタイム EtherCAT 通信標準を実装できます。外付け部品点数を減らし、基板面積を小さくしながら、クラス最高の低消費電力性能を実現します。
document-generic 回路
リファレンス・デザイン ダウンロード
サブステーション・オートメーション向け並列冗長プロトコル(PRP)イーサネットのリファレンス・デザイン
TIDEP0054 スマート・グリッド送配電ネットワークのサブステーション・オートメーション機器向けに、高信頼性で低レイテンシのネットワーク通信を実現する TI Design リファレンス・デザインです。 このリファレンス・デザインは、PRU-ICSS を使用して、IEC 62439 の PRP(Parallel Redundancy Protocol、並列冗長性プロトコル)仕様をサポートしています。このソリューションは、FPGA を使用するアプローチに比べて低コストでフレキシビリティと性能が高く、追加コンポーネントなしで、IEC 61850 サポートなどの機能の追加が可能です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
3 相 e メーター向け AC ワイド入力電圧 AC/DC 電源(12V@0.5A)
PMP4303 — simple nonSR buck w/ TPS54140 for various output voltages (1.8V, 2.5V, 3.3V, 5.0V) up to 1Amp load out of 16V to 36V
設計ファイル
リファレンス・デザイン ダウンロード
PROFINET 通信開発プラットフォーム
TIDEP0008 PROFINET スレーブ通信を対象としたこの開発プラットフォームにより、設計者は幅広い産業用オートメーション機器で使用される PROFINET 通信標準を実装できます。外付け部品点数を減らし、基板面積を小さくしながら、クラス最高の低消費電力性能を実現します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
マルチ・プロトコル産業用イーサネット検出、産業用オートメーション・リファレンス・デザインのための PRU-ICSS 付き
TIDEP0032 産業用オートメーション向けイーサネットの業界標準は、30 以上に達しています。EtherCAT、EtherNet/IP、PROFINET、Sercos III、PowerLink などの広く普及している業界標準のリアルタイム・イーサネット・プロトコルは、FPGA や ASIC などの専用 MAC ハードウェア・サポートを必要とします。Sitara プロセッサ・ファミリ内のハードウェア・ブロックの PRU-ICSS(Programmable Real-time Unit inside the Industrial Communication Subsystem)は、シングルチップ・ソリューションで FPGA や ASIC の代替を可能にします。PRU-ICSS 内ファームウェアは、産業用イーサネット・プロトコルのタイプを検出し、動作時に適切な産業用アプリケーションの Sitara プロセッサへのロードを可能にします。この TI Design は、PRU-ICSS で使用するマルチプロトコル産業用イーサネット・プロトコル検出ファームウェアを実現するリファレンス・デザインです。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
Sercos 3 通信開発プラットフォーム
TIDEP0010 TIDEP0010 Sercos III は、テキサス・インスツルメンツ(TI)の AM335x Sitara プロセッサ・ファミリと Sercos III メディア・アクセス制御(MAC)層を組み合わせて単一のシステム・オン・チップ(SoC)ソリューションにした通信開発プラットフォームです。TIDEP0010 のターゲットは Sercos III スレーブ通信です。設計者はこのプラットフォームを使用して、多種多様な産業用オートメーション機器向けのリアルタイム通信標準仕様である Sercos III を実装できます。設計のベースは TMDSICE3359 産業用通信エンジン(ICE)です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
SPI マスタ、シグナル・パス遅延補償リファレンス・デザイン
TIDEP0033 産業用通信システム内のプログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU-ICSS)は、FPGA、CPLD、ASIC を使用せずに、リアルタイム処理が重視されるアプリケーションのサポートを可能にします。
この TI design は、PRU-ICSS での信号路遅延補償を実施して、SPI マスター・プロトコルを実装する方法を示します。ADS8688 の 32 ビット通信プロトコルと、最大 16.7MHz の SPI クロック周波数をサポートしています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
高性能パルス・トレイン出力(PTO)、産業用アプリケーション用 PRU-ICSS 付き
TIDEP0027 産業用アプリケーション向け TIDEP0027 高性能パルス・トレイン出力(PTO)、PRU-ICSS 付きは、TIの AM335x Sitara プロセッサ・ファミリと PTO モジュールを組み合わせて単一のシステム・オン・チップ(SoC)ソリューションにしたものです。このリファレンスは TMDSICE3359 産業用通信エンジン(ICE)をベースにしていますが、他の PRU-ICSS 対応開発ボードと一緒に使用することもできます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
設計ファイル

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示