トップ

製品の詳細

パラメータ

Frequency (Max) (kHz) 1000 UVLO thresholds on/off (V) 4.5/4 Features Proportional gate drive Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の 同期整流(SR)コントローラ

パッケージ|ピン|サイズ

SOT-23 (DBV) 5 5 mm² 2.9 x 1.6 open-in-new その他の 同期整流(SR)コントローラ

特長

  • アクティブ・クランプ・フライバック、QR、DCM、CCMフライバック、LLCなどのトポロジをサポート
  • 最大230VのMOSFET VDSセンシング
  • 最高1MHzの動作周波数
    • UCC24612-1で1MHz
    • UCC24612-2で800kHz
  • VDD範囲が広いため、5V~28Vの出力システムからダイレクト・バイアスが可能
  • 4Aシンク、1Aソースの比例ゲート駆動能力を備えたゲート・ドライバ
  • 適応型最小オフ時間制御によりノイズ耐性が向上
  • サイクル制限プリターンオフによりCCMの効率が向上
  • ハイサイド/ローサイドの構成が可能
  • 軽負荷/スリープ・モードを自動的に管理、スタンバイ電流320µA
  • ターンオフ伝搬遅延: 16ns (標準値)
  • 9.5Vのゲート駆動クランプにより駆動損失を低減

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 同期整流(SR)コントローラ

概要

UCC24612は、標準および論理レベルNチャネルMOSFETパワー・デバイス向けの高性能同期整流コントローラ/ドライバです。ほぼ理想的なダイオード・エミュレーションを実装しているため、出力整流器の損失を低減し、間接的に1次側の損失を低減することができます。ドレイン-ソース間(VDS)センシング制御方式により、アクティブ・クランプ・フライバック、QR/DCM/CCMフライバック、LLCなど、複数のトポロジを使用できます。

内蔵された機能により、設計が簡単な上、さまざまなアプリケーションや周波数で優れた性能を発揮します。動作VDDおよびVD電圧範囲が広いことから、28Vまでの出力のシステムに簡単に実装でき、適応型最小オフ時間制御により、効率性およびノイズ耐性も向上しています。UCC24612-1とUCC24612-2では、ノイズ耐性の向上をもたらす最小オン時間が異なります。比例ゲート駆動およびCCMサイクル制限プリターンオフにより、連続導通モード(CCM)での安定動作もさらに向上しています。

UCC24612には、効率性を高めるさまざまな機能が搭載されています。伝搬遅延が短い高速コンパレータによりスイッチング損失が低減され、9.5Vのゲート駆動クランプによりMOSFETの駆動損失が低減されます。周波数に依存するスタンバイ・モードでは、スタンバイ消費電力をさらに削減できます。このような機能を備えたUCC24612を採用することで、DoE (米国エネルギー省)のレベルVIやCoC (欧州委員会の行動規範)のティア2といった厳しい効率基準を満たす優れたシステムを構築できます。

UCC24612はSOT23-5パッケージで供給されます。

open-in-new その他の 同期整流(SR)コントローラ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート UCC24612 高周波同期整流コントローラ データシート (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2018年 5月 21日
技術記事 Gain ultra-high power density for 100-W USB Power Delivery adapters 2019年 3月 5日
技術記事 How topology selection can help improve reliability in industrial AC/DC power supplies 2019年 2月 14日
技術記事 Intelligently control an active clamp flyback 2018年 3月 1日
技術記事 TI empowers design engineers at APEC 2018年 2月 16日
アプリケーション・ノート UCC24610 and UCC24612 SR Range Extension Guide 2017年 12月 18日
ユーザー・ガイド Using the UCC24612EVM 2017年 5月 16日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要
UCC28780EVM-002 評価モジュール(EVM)は、ハーフ・ブリッジ GaN MOSFET モジュールで UCC28780 アクティブ・クランプ・フライバック・コントローラを使用して高周波で動作させる、45W のオフライン・アダプタ向けの高効率で高密度のパッケージを示します。  また、この EVM は、2 次側で UCC24612-1 同期整流器コントローラも使用しています。85Vac ~ 265Vac の入力電圧範囲にわたって、出力は 20Vdc に安定化されます。  UCC28780 ACFB コントローラは、複数のアダプティブ・モードで動作し、ライン電圧範囲と負荷範囲の全体で電力損失を最小に抑えます。
特長
  • アクティブ・クランプ・フライバック・コンバータと同期整流器を使用する、45W、20V の AC/DC コンバータ
  • 94% 以上の平均効率と 20W/インチ 3(1.22W/立方 cm)以上の電力密度を示す EVM
  • EU Code of Conduct(EU 行動規範)と US Department of Energy(米国エネルギー庁)の効率要件を上回る EVM
  • UCC28780 コントローラのアダプティブ昇圧モード機能により、軽負荷時手も高い効率を維持
  • この評価モジュールはテスト済みで、ご注文可能であるほか、ユーザー・ガイド(英語)が付属
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
149
概要

The UCC28780EVM-021 is a 45-W evaluation module (EVM) for evaluating an off-line active-clamp flyback adapter for notebook charging and other applications. The EVM meets CoC Tier 2 and DoE Level 6 efficiency requirements. It is intended for evaluation purposes and is not intended to be an end (...)

特長
  • 45-W, 20-V AC-to-DC converter using active-clamp flyback controller, Si MOSFET Power IC, and synchronous rectification.
  • High Efficiency (> 93%), High Power Density (> 20W/in3), Low Standby Power (55mW), and High Switching Frequency (300kHz).
  • Exceeds EU Code of Conduct and US Department of Energy (...)
ドーター・カード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要
UCC24612-1EVM 評価モジュール(EVM)を使用して、フライバック・コンバータの出力整流をダイオードから同期整流(SR)FET に切り替え、整流ダイオードの代わりに SR を使用する場合の効率上の利点を調査および評価することができます。
特長
  • 小型の SR コントローラ・ドーター・カードを使用して、ダイオードを置き換えた場合の性能を容易に評価可能
  • CCM / DCM / QR フライバック、LLC、アクティブ・クランプ・フライバックなどのトポロジをサポート
  • ハイサイドとローサイズの SR をサポート
  • 4V ~ 28V 出力のアプリケーションを直接サポート
  • 業界標準パッケージに SR MOSFET を搭載

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLUM597A.ZIP (491 KB) - SIMPLIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 UCC24612 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBV) 5 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ