3V ~ 15V のレギュレータ搭載、抵抗で設定可能な I/O 比、電圧/電流コンバータ / トランスミッタ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Vs (Min) (V) 8 Vs (Max) (V) 40 Offset voltage (+/-) (Max) (uV) 1500 open-in-new その他の 4 ~ 20mA シグナル・コンディショナ

パッケージ|ピン|サイズ

HVSSOP (DGQ) 10 15 mm² 3 x 4.9 VSON (DRC) 10 9 mm² 3.00 x 3.00 open-in-new その他の 4 ~ 20mA シグナル・コンディショナ

特長

  • 設計しやすい入力/出力範囲:0mA~20mA、4mA~20mA、5mA~25mA、および電圧出力
  • 非直線性: 0.002%
  • 低いオフセット・ドリフト:1µV/°C
  • 精度: 0.015%
  • 単電源動作
  • 広い電源範囲:7V~44V
  • 出力エラー・フラグ(EF
  • 出力ディスエーブル(OD)
  • 可変電圧レギュレータ:3V~15V
  • APPLICATIONS
    • ユニバーサルな電圧制御電流源
    • 3線式センサ・システムの電流または電圧出力
    • PLC出力によるプログラマブル・ドライバ
    • 電流モードのセンサ励起

open-in-new その他の 4 ~ 20mA シグナル・コンディショナ

概要

XTR111は、標準の0mA~20mAまたは4mA~20mAアナログ信号向けに設計された高精度の電圧- 電流コンバータであり、 最大で36mAを供給できます。入力電圧と出力電流の比は、1個の抵抗RSETによって設定されます。また、電圧出力用に回路を 変更することもできます。

外付けのP-MOSFETトランジスタにより、高出力抵抗と、電源電圧VVSPより2V下からGND以下の十分低い電圧まで、幅広 い追従電圧範囲が確保されます。

調整可能な3V~15Vのサブレギュレータ出力により、追加回路に対して電源電圧を供給できます。

XTR111は、MSOPおよびDFNの表面実装パッケージで供給されます。

open-in-new その他の 4 ~ 20mA シグナル・コンディショナ
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能は同じだが、ピン配列、またはパラメーターが同等ではない比較製品
XTR110 アクティブ 10V のリファレンス搭載、選択可能な入出力範囲、電圧/電流コンバータ / トランスミッタ 本製品は 2 つの電圧入力範囲(0V ~ 5V 、0V ~ 10V)向け電圧リファレンス(10V)で、抵抗を内蔵しています。
類似しているが機能が同等ではない比較製品
XTR300 アクティブ 産業用アナログ電流/電圧出力ドライバ 本製品は電流(-/+24mA)または電圧出力(-/+17.5V)、故障検出機能、過電流保護回路を提供します

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート 高精度、電圧-電流コンバータ/トランスミッタ データシート (Rev. A 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.C) 2009年 8月 7日
アプリケーション・ノート How to Select an Amplifier for Pressure Transmitter Applications 2017年 10月 27日
技術記事 Industrial DACs: An evolution of 3-wire analog outputs 2014年 5月 23日
ユーザー・ガイド XTR111 Evaluation Module User's Guide 2013年 4月 17日
アプリケーション・ノート 4Q 2012 Issue Analog Applications Journal 2012年 9月 25日
アプリケーション・ノート Harnessing wasted energy in 4- to 20-mA current-loop systems 2012年 9月 25日
ユーザー・ガイド XTR111 Evaluation Module User's Guide 2009年 5月 13日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
8499
概要

 

DLP NIRscan は、高性能で手頃な近赤外線分光計を設計するための評価モジュール(EVM)です。設計者が DLP ベースの分光器の開発をすぐに開始するために必要なものがすべて含まれています。この評価モジュールは、近赤外(NIR)光用に最適化されている初の DLP チップセットとなる DLP 0.45 WXGA NIR チップセットが特長です。DLP テクノロジーにより、食品、製薬、石油/ガス、他の新興産業で使用されている分光器で、ラボ・レベルの性能を工場や現場でも実現できるようになります。

 

 

特長

 

  • 1350nm ~ 2450nm の波長範囲を提供
  • >30,000:1 の信号対雑音比(標準)
  • GUI のダウンロード不要(Web ブラウザ経由で接続するだけ)
  • シンプル/カスタム・スキャン・モードでは 1 秒足らずでスペクトルを取得
  • USB、イーサネット、I2C インターフェイス
  • スペクトル・スキャン・データの保存とダウンロード
  • 反射モジュールやファイバーベースのサンプリング・モジュールに対応

 

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
49
概要

The XTR111-2EVM is used for the basic functional evaluation of the XTR111.The XTR111-2EVM is initially configured to a basic setup for 0 mA to 20 mA operation with a 0-V to 5-Vinput. Note that although the accuracy of the gain setting resistor, RSET, used in the EVM is 0.1%, the XTR111 device has (...)

特長
  • Easy handling of the small DFN package.
  • Easy access to all device pins.
  • Easily-configurable digital inputs (OD and EF) to disable the output, modify the output circuit forvoltage output, or apply a 4-mA signal shift.
  • LED indicator for the error flag
  • Output protection and filtering circuitry

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
シングル・チャネル、絶縁型、3 線式電流ループ・トランスミッタのリファレンス・デザイン
TIDA-01536 This single-channel, input-isolated, three-wire current loop transmitter reference design provides a current range of 0 mA to 20 mA while operating on a 24-V supply. The design features a precision digital-to-analog converter (DAC) with an internal reference voltage, integrated three-wire current (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
PLC アナログ入力向け IEPE 振動センサ・インターフェイスのリファレンス・デザイン
TIDA-01471 — 工業振動センシングは、予測に基づく保守に必要な条件監視において重要な技術です。内蔵の電子圧電性(IEPE)センサは、工業環境で使用される最も一般的な振動センサです。このリファレンス・デザインは、IEPE センサ・インターフェイス用のフル・アナログ方式フロントエンドであり、消費電力と実装面積の低減と同時に柔軟な高解像度、高速変換を実現します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
PLC 向けマルチプレクス・シングル・チャネル DAC を搭載したマルチチャネル・アナログ出力モジュールのリファレンス・デザイン
TIDA-00760 この TI Design リファレンス・デザインはマルチチャネルのアナログ出力モジュールで、プログラマブル・ロジック・コントローラ向けに、単一の D/A コンバータ(DAC)をマルチプレクス形式で使用しています。シーケンシャルにマルチプレクス形式で切り替えが行われるサンプル/ホールド・バッファをベースとして、低コスト、高速、小型フォーム・ファクタで高分解能の PLC アナログ出力モジュールの設計を可能にします。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
HVSSOP (DGQ) 10 オプションの表示
VSON (DRC) 10 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ