ロボット通信モジュール

産業用ロボット通信モジュール・システム向け IC / リファレンス・デザイン

設計上の考慮事項

設計者は TI の IC とリファレンス・デザインを活用すると、ロボット向け通信モジュールを製作できます。この種のモジュールは、EMI (電磁干渉) と EMC (電磁適合性) に対する弾力性を強化した PHY を使用して、バックプレーンとフィールドバスの間で双方向の変換を実施すると同時に、リアルタイム通信を実現できます。

ロボット向け通信モジュールの一般的な設計要件:

  • マルチプロトコル産業用イーサネット向けのスケーラブルなプラットフォーム。
  • 苛酷な環境での結合ノイズに対処する強化保護機能。
  • 包括的なイーサネット・ケーブル診断機能。
View more

技術資料

技術記事

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください