リニア・モーター位置センサ

リニア・モーター・位置センサ

設計上の考慮事項

TI の IC とリファレンス・デザインは、広い温度範囲にわたって分解能が高く、コンパクトで高性能なリニア・モーター位置センサの製作に貢献します。高速インターフェイスを採用した結果、リニア・モーター・セグメント・コントローラへのデータ伝送で低レイテンシを実現できます。

リニア・モーター位置センサ・システムの一般的な要件:

  • 直線性が高く、帯域幅が広い磁気センサまたは誘導性センサ。
  • 高い分解能、短い待ち時間、時刻同期型のリニア位置デコード能力。
  • 高い EMC (電磁適合性) 耐性のある、低レイテンシで高速なシリアル・インターフェイス。
View more

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (4)

タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 1.35 MB 2021年 5月 21日
PDF 4.24 MB 2020年 10月 5日
PDF 10.87 MB 2018年 11月 8日
PDF 740 KB 2018年 8月 23日

技術記事

設計および開発

名称 型番 会社名 ソフトウェア/ツール・タイプ
Code Composer Studio™ 統合開発環境(IDE) CCSTUDIO Texas Instruments IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ
C2000™ マイコン向けモーター制御ソフトウェア開発キット(SDK) C2000WARE-MOTORCONTROL-SDK Texas Instruments ソフトウェア開発キット (SDK)
DRV5055 / DRV5056 / DRV5057 リニア・ホール効果センサの評価モジュール DRV5055-5057EVM Texas Instruments 評価ボード

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください