電力品質分析器

電力品質 - 電力品質分析器

設計上の考慮事項

電力品質分析器の用途は、安定的な電力供給の妨げや電力グリッドの接続先装置の損傷を招く可能性がある電力線の外乱を、継続的に監視および分析することです。電力品質の外乱に該当するのは、電圧の低下や上昇、過渡、高調波歪、電圧/電流の不均衡などです。

    最新の電力品質分析器の設計要件:

  • ANSI C12.20 と IEC-62053 の各規格に適合する、多相の電力測定と課金対応のエネルギー測定で使用する電流センシングと電圧センシング。
  • 高調波歪など電力品質指標の分析。
  • 電源設計、デジタル入出力、リアルタイム・ネットワーキング、ワイヤレス通信。
View more

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (2)

タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 1.04 MB 2019年 10月 31日
PDF 225 KB 2017年 10月 16日

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (1)

タイトル 種類 サイズ (MB) 日付 英語版
PDF 960 KB 2016年 3月 21日

技術記事

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください