熱画像処理カメラ

熱画像処理カメラ・システム向け IC / リファレンス・デザイン

設計上の考慮事項

赤外線カメラは、低光量環境での動作や、視野の制限への対処など、各種機能の採用を進めています。この種のカメラは、小型設計、低消費電力、軽量化と同時に、高性能を必要とします。TI の IC とリファレンス・デザインは高画質カメラの設計の差別化を可能にします。

赤外線カメラの一般的な設計要件:

  • 低ノイズで直線性の優れた高画質。
  • フレーム間のパターン・ノイズを抑止する、超低フリッカ (ちらつき) ノイズ。
  • 周囲から放射される外来 IR (近赤外線) エネルギーに起因する背景放射からの干渉を最小化する、低消費電力のアナログ・フロント・エンド・エレクトロニクス。
  • アナログ・シグナル・チェーンが、QQVGA から XGA までの広いセンサ解像度と、冷却型および非冷却型の LWIR (長波長赤外線) 検出器の両方をサポート。
View more

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (1)

タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 22.06 MB 2018年 11月 2日

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (1)

タイトル 種類 サイズ (MB) 日付 英語版
PDF 784 KB 2019年 5月 23日

技術記事

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください