透過式ウィンドウ・ディスプレイ

シースルー・ウィンドウ・ディスプレイ向け IC / リファレンス・デザイン

設計上の考慮事項

プロジェクタ・ベースの透過型ウィンドウ・ディスプレイを構成するのは、自動車内に取り付ける 1 個の小型プロジェクタと、1 枚の透明フィルムです。通常はこのフィルムはサンドイッチ構造またはラミネート (積層) 構造であり、自動車のサイド、リア、場合によってはフロント・ウィンドウに取り付けます。透過型ウィンドウ・ディスプレイの用途として、従来型または自動運転車のライドシェア (自家用車を使用する配車サービス) や近距離輸送、広告、車内エンターテインメント、自動車の診断、ドライバーへのあいさつや情報提供、自動車搭乗時のタッチスクリーン操作などを挙げることができます。

透過型ウィンドウ・ディスプレイ設計の要件:

  • 昼間も輝度を確保するための大きい光学系出力電力。
  • 波長 405nm または RGB のプロジェクタから放射された光を映し出す、蛍光体または多色のフィルム。
  • 車載対応 DLP 405nm または RGB のチップセット。
View more

技術資料

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (1)

タイトル 種類 サイズ (MB) 日付 英語版
PDF 687 KB 2019年 3月 25日

技術記事

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください