Advantech 社 Sitara SOM と SBC
ADVAN-3P-SITARA-SOMS
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

注文情報



概要

Advantech はコンピュータ・オン・モジュール、シングルボード・コンピュータ、ボックス・コンピュータなどの Sitara™ ベース組込みコア・コンピューティング・ソリューションを提供しています。Advantech の小型、低消費電力、高コスト効率のArm® ベース・プラットフォーム・ソリューションはより容易なシステム統合、優れた開発環境、開発期間短縮を可能にします。

Advantech の詳細については www.advantech.com. をご覧ください。


注文
型番 サード・パーティーからご購入 供給状況

UBC-330:
Sitara AM3352 Cortex-A8 RISC ボックス



To  Advantech
ACTIVE

ROM-7510:
Sitara AM5728 Cortex -A15 1.5GHz Qseven モジュール



To  Advantech
ACTIVE

RSB-4220:
Sitara Arm AM3352 Cortex-A8 3.5



To  Advantech
ACTIVE

RSB-4221:
Sitara Arm AM3358 Cortex-A8 3.5



To  Advantech
ACTIVE

TI デバイス (16)

型番 名前 製品ファミリ
AM3351  Sitara プロセッサ  Sitara プロセッサ 
AM3352  Sitara processor: Arm Cortex-A8, 1Gb Ethernet, display, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3354  Sitara processor: Arm Cortex-A8, 3D graphics, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3356  Sitara processor: Arm Cortex-A8, PRU-ICSS, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3357  Sitara processor: Arm Cortex-A8, EtherCAT, PRU-ICSS, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3358  Sitara processor: Arm Cortex-A8, 3D graphics, PRU-ICSS, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3359  Sitara processor: Arm Cortex-A8, EtherCAT, 3D, PRU-ICSS, CAN  Sitara プロセッサ 
AM5706  Sitara プロセッサ:セキュア・ブート機能搭載のコスト最適化 Arm Cortex-A15 / DSP  Sitara プロセッサ 
AM5708  Sitara プロセッサ:マルチメディア機能とセキュア・ブート機能搭載のコスト最適化 Arm Cortex-A15 / DSP  Sitara プロセッサ 
AM5716  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP  Sitara プロセッサ 
AM5718  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP、マルチメディア  Sitara プロセッサ 
AM5726  Sitara プロセッサ: デュアル Arm Cortex-A15 と DSP  Sitara プロセッサ 
AM5728  AM572x ES1.0 データ・マニュアル  Sitara プロセッサ 
AM5746  Sitara プロセッサ:ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP  Sitara プロセッサ 
AM5748  Sitara プロセッサ:マルチメディア機能、ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP  Sitara プロセッサ 
AM5749  Sitara プロセッサ:マルチメディア機能、ECC @ DDR、セキュア・ブート / ディープ・ラーニング機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP  Sitara プロセッサ 


技術記事

免責事項

(TI 以外のサイトへのリンクを含め)上記の特定の情報とリソースは、TI のデベロッパー・ネットワークに属するサード・パーティー・メンバーから提供されていることがあり、利用者の便宜を図る目的で掲載しています。TI は、かかる情報や資料の提供者ではなく、それらの内容に責任を負うこともありません。利用者は、意図している用途との適合性について、かかる情報や資料を自分自身で注意深く評価するものとします。かかる資料やリソースのここへの掲載は、TI によるそれらサード・パーティーの承認を暗黙的に意味するものではなく、単独であれ、TI のいかなる製品やサービスとの組み合わせであれ、サード・パーティーの製品またはサービスの適合性に関する保証または表明として解釈してはならないものとします。