BEAGLEBOARD-X15

開発プラットフォーム、Sitara AM57x プロセッサ用

概要

BeagleBoard-X15 は、Sitara™ AM57x プロセッサ(AM5728AM5726AM5718AM5716)を対象とした、低コスト、オープンソース、コミュニティ・サポートの開発プラットフォームです。  BeagleBoard-X15 は、ユーザー・インターフェイスやビデオ/グラフィックス・アクセラレータとして使用する 2 個の 1.5GHz Arm® Cortex®-A15 コアをに加え、2 個の 750MHz C66x DSP コア、クワッド・コアの PRU、リアルタイム制御向けデュアル・コア Cortex-M4 コアを搭載しており、製品開発向けのハードウェア・プラットフォームを設計者に提供します。  BeagleBoard-X15 は USB 3.0/2.0、eSATA、HDMI、2 個の 1Gb イーサネット、オーディオ入出力、ペリフェラル拡張機能を搭載しており、統合とコネクティビティを最適化できます。

特長
  • ハードウェア
    • AM5728 プロセッサ
    • 2GB DDR3L
    • 4GB eMMC
    • Micro SD カード
    • TPS659037 電源 IC
  • ソフトウェア
    • Linux
  • コネクティビティ
    • USB 3.0(3)
    • Micro USB 2.0(スレーブ)
    • eSATA
    • HDMI
    • Gb イーサネット(2)
    • オーディオ入出力
    • ペリフェラル拡張機能

  • 1 BeagleBoard-X15
  • Getting Started DVD

Important note
Request a quote for this board at https://beagleboard.org/x15

ダウンロード

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

BEAGLEBOARD-X15 開発プラットフォーム、Sitara AM57x プロセッサ用

サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

Arm ベースのプロセッサ
AM5706 Sitara プロセッサ:セキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP AM5708 Sitara プロセッサ:マルチメディア機能とセキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP AM5716 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP AM5718 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP、マルチメディア AM5718-HIREL AM5718-HIREL Sitara™ プロセッサ、シリコン・リビジョン 2.0 AM5726 Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP AM5728 Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP、マルチメディア AM5746 Sitara プロセッサ:ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP AM5748 Sitara プロセッサ:マルチメディア機能、ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP AM5749 Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP、マルチメディア、ECC 搭載 DDR、セキュア・ブート、ディープ・ラーニング

技術資料

結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
アプリケーション・ノート Enabling Android Automotive on Your TI Development Board 2019年 7月 12日
アプリケーション・ノート High-Speed Interface Layout Guidelines (Rev. H) 2018年 10月 11日
アプリケーション・ノート AM574x, AM572x, and AM571x Compatibility Guide (Rev. E) 2018年 4月 26日
ホワイト・ペーパー Mainline Linux™ ensures stability and innovation 2014年 3月 27日
ホワイト・ペーパー Linaro Speeds Development in TI Linux™ SDKs 2013年 8月 27日
ホワイト・ペーパー The Yocto Project:Changing the way embedded Linux software solutions are develop 2013年 3月 14日

関連する設計リソース

ソフトウェア開発

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ
CCSTUDIO Code Composer Studio™ 統合開発環境(IDE)

設計ツールとシミュレーション

計算ツール
CLOCKTREETOOL Clock Tree Tool for Sitara™ ARM® Processors PINMUXTOOL ピン・マルチプレクサ・ユーティリティ、ARM MPU プロセッサ(AM389x、AM35x、AM/DM37x、C6A816x、DM816x、OMAP35x)用

サポートとトレーニング

サードパーティーのサポート
TI は、このソフトウェアに対する直接的な設計サポートを提供していません。設計に関するサポートを希望する場合、次の場所にお問い合わせください。 BeagleBoard.org Foundation.

ビデオ

免責事項

(TI 以外のサイトへのリンクを含め) 上記の特定の情報とリソースは、サード・パーティーのパートナーから提供されていることがあり、利用者の便宜を図る目的で掲載しています。TI は、かかる情報や資料の提供者ではなく、それらの内容に責任を負うこともありません。利用者は、意図している用途との適合性について、かかる情報や資料を自分自身で注意深く評価するものとします。かかる資料やリソースのここへの掲載は、TI による任意のサード・パーティー企業の承認を暗黙的に意味するものではなく、単独、もしくは TI のいかなる製品やサービスとの組み合わせにおいて、サード・パーティーの製品またはサービスの適合性に関する保証または表明として解釈してはならないものとします。