BLE-STACK

Bluetooth 低エネルギ・ソフトウェア・スタック

BLE-STACK

ダウンロード

概要

CC26xx と CC13xx の各 SimpleLink™ ワイヤレス・マイコン向け BLE-STACK

テキサス・インスツルメンツ (TI) のロイヤルティ・フリー BLE-Stack ソフトウェア開発キット (SDK) は、TI の SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy ファミリに属する Arm® Cortex®-M3 ベースの各種ワイヤレス・マイコン (MCU) を対象としており、これらに該当するのは、SimpleLink Bluetooth Low Energy CC2642R ワイヤレス・マイコンSimpleLink Bluetooth Low Energy CC2640R2F ワイヤレス・マイコンSimpleLink Bluetooth Low Energy CC2640R2F-Q1 ワイヤレス・マイコンSimpleLink Bluetooth Low Energy CC2640 ワイヤレス・マイコンSimpleLink マルチスタンダード CC2650 ワイヤレス・マイコンSimpleLink マルチバンド CC1352R ワイヤレス・マイコンSimpleLink マルチバンド CC1352P ワイヤレス・マイコン、および SimpleLink デュアル・バンド CC1350 ワイヤレス・マイコンです。この SDK は、フル機能の Bluetooth 4.2 と Bluetooth 5 認証済みスタックを収録しており、必要なソフトウェアすべて、サンプル・アプリケーション、およびシングル・モード Bluetooth Low Energy (BLE) アプリケーションの開発を迅速に開始するためのドキュメントで形成されています。

開発中の Bluetooth Low Energy アプリケーション向けに最善の SimpleLink ワイヤレス・マイコンを選定する方法を含め、TI の Bluetooth Low Energy ソリューションの詳細については、https://www.tij.co.jp/ble にアクセスしてください。

最新の BLE-Stack SDK バージョンをダウンロードするには、開発中のデバイスまたは開発キットに対応する上記の特定のバージョンを選択してください。

特長

  • Bluetooth 5 で、2Mbps 高速モード、長距離モード (LE 符号化 PHY)、アドバタイズ拡張機能 (AE)、Privacy 1.2.1、チャネル選択アルゴリズム #2 をサポートしています。(BLE5-Stack のみ)
  • Bluetooth コア仕様 4.2 の機能すべてをサポート:LE セキュア接続、LE データ長拡張機能、LE Privacy 1.2。
  • 以下のような BLE デバイスのすべてのロールに対応するサンプル・アプリケーション:集中型、ペリフェラル、ブロードキャスト機能 / ビーコン、オブザーバ。
  • ペリフェラルとビーコンの各構成で、32kHz 水晶振動子を使用せずに動作する能力。
  • TI の Over-the-air Download (OAD) サービスとツールを使用する、デバイス・ファームウェアのアップグレード。
  • マスター / スレーブのマルチロール同時動作のような先進的なトポロジと、最大 8 つの同時接続のサポート。
  • CC2650 リモート・コントロール・キットで Voice-over-BLE をサポート。
  • スタンドアロン・システム・オン・チップ (SoC) とネットワーク・プロセッサ・ソフトウェアの構成
  • 一般的に使用されている Apple iBeacon® と Google Eddystone™ の各形式を含め、ペリフェラルとビーコンのような各種アプリケーションで、超低消費電力のアドバタイズメントと接続状態の維持に対応。
  • TI-RTOS フレームワークを土台として構築済みであり、ペリフェラル・ドライバと先進的なパワー・マネージメント・ライブラリが付属。
  • 開発と IoT (モノのインターネット) プロトタイプ製作キットに関する幅広い選択肢。該当するのは、CC2640R2 LaunchPad™ 開発キットCC2650 LaunchPad 開発キットCC1350 LaunchPad 開発キットCC2650 SensorTag キット、CC2650 音声リモート・コントロール・キット、および CC2650 モジュール・ブースタパック。
  • 開発期間の短縮を目的とした、認証済みプロファイルを使用する多様なサンプル・アプリケーション
  • Bluetooth 4.2 認定のテスト時間短縮を目的とした、Bluetooth 認定済み設計の一覧。
  • フレキシビリティの高いプロトコル・スタック構成オプションにより、アプリケーションのメモリを最大限確保。
  • IAR Embedded Workbench for Arm と Code Composer Studio™ の各統合開発環境 (IDE) ツール・チェーンでサポート済み。

CC2640R2F 向けに Bluetooth 5.0 / 5.1 をサポート

SimpleLink™ CC2640R2 ソフトウェア開発キット (SDK) は、TI のロイヤリティ・フリー Bluetooth Low Energy (BLE) ソフトウェア・プロトコル・スタックを収録しています。Arm Cortex-M3 ベースの SimpleLink Bluetooth Low Energy CC2640R2F ワイヤレス・マイコンと車載認証済み SimpleLink Bluetooth Low Energy CC2640R2F-Q1 ワイヤレス・マイコンで、シングル・モード Bluetooth LE アプリケーションを開発する際に、この SDK を活用することができます。これらの Bluetooth LE プロトコル・スタックには、シングル・モード Bluetooth Low Energy アプリケーションの開発を迅速に開始するために必要なすべてのソフトウェア、サンプル・アプリケーション、資料が付属しています。この SDK には、2 つの Bluetooth 認定済みプロトコル・スタック・コンポーネントも付属しています。1 つは、先進的な Bluetooth 5 (BLE5-Stack) 機能を使用する開発向け、もう 1 つはメモリ最適化済み Bluetooth 5.1 アプリケーション (Bluetooth 4.2 仕様で定義済みの機能を使用する BLE-Stack ) の開発向けです。どちらのスタックも、組込み構成とネットワーク・プロセッサ構成をサポートしており、従来の Bluetooth 4.2 およびそれ以前の Bluetooth 仕様に対する後方互換性があります。この SDK で利用できる機能の詳細については、付属の SDK リリース・ノートをご覧ください。

CC2640 と CC2650 向けの BLE-Stack 2.2.3 (Bluetooth 5.1)

このリリースは、以前の BLE-Stack 2.2.2 ソフトウェアに対するメンテナンス・アップデートであり、Bluetooth 認定をバージョン 5.1 に更新します (Bluetooth 4.2 仕様で定義済みの LE 機能と、それ以前の BLE-Stack 2.2.x リリースがサポートしていた機能を使用)。この BLE-Stack 2.2.x SDK は、TI の CC2640 および CC2650 という Bluetooth Low Energy ワイヤレス・マイコンを使用しているお客様をサポートするほか、従来の Bluetooth 4.2 とそれ以前の Bluetooth 仕様に対する後方互換性があります。BLE-Stack 2.2.x SDK は、以下の TI 開発キットでもサポートされています。TI の SimpleLink SensorTag キット (CC2650STK)、SimpleLink CC2650 LaunchPad™ 開発キット (LAUNCHXL-CC2650) および SimpleLink CC2650 のリモート・コントロール開発キット (CC2650RC)。
BLE-Stack 2.2.x SDK を使用して生成したすべてのコードは、同じデバイス・パッケージ構成を採用している CC2640 と CC2650 の各ワイヤレス・マイコンに対するバイナリ互換性があり、互いに交換可能です。CC2650 ワイヤレス・マイコンに対応している開発キットを使用して、CC2640 ベースの開発とプロトタイプ製作を実施することができます。BLE-Stack 2.2.3 SDK のインストールと、この SDK を使用してアプリケーションを開発する方法の詳細については、リリース・ノートをご覧ください。SimpleLink academy for CC2640/CC2650 (英語) で、Bluetooth Low Energy の基礎と、カスタム・プロファイルの開発方法を習得できます。これは、TI の自習形式のラーニング・プログラムであり、ステップごとの説明、動作の理論、対話形式の設問などで構成されています。

CC2540 と CC2541 向けの BLE-STACK 1.5.1

TI の Bluetooth® Low Energy BLE-Stack™ 1.5.1 ソフトウェア開発キット (SDK) は CC2540/CC2541 の各ワイヤレス・マイコンを対象としており、Bluetooth 5.0 認定のソフトウェア・プロトコル・スタックを提供しています。このスタックは、シングル・モード・アプリケーションと、ネットワーク・プロセッサ Bluetooth Low Energy アプリケーションの開発を開始するために必要なソフトウェアすべてを収録しています。BLE-Stack 1.5.1 SDK は、TI の CC2540/41 Bluetooth Low Energy システム・オン・チップ (SoC) ファミリを使用しているお客様にロイヤリティ・フリーで提供されるほか、CC2541 ミニ開発キットと CC2540 評価モジュール・キットのような各種開発キットをサポートしています。IAR Embedded Workbench for 8051 で、この SDK を活用したアプリケーション開発が可能になります。

BLE-Stack 1.5.1 は、以前の BLE-STACK 1.5.0 ソフトウェアに対するメンテナンス・アップデートであり、Over-the-air Download (OAD) ソフトウェアやシンプルなペリフェラル・アプリケーションに対するバグの修正を収録しています。

BLE-Stack 1.5.x は、最新かつ最も堅牢性の高い Bluetooth 5.0 SW プロトコル・スタックを提供すると同時に、以前の BLE-Stack 1.4.2 リリース向けに Bluetooth 4.0 が定義しているのと同じ機能セットと API 機能を維持します。継続中および新規の開発プロジェクトすべてを更新し、最新の BLE-STACK 1.5.x リリースに移行することをお勧めします。この更新の詳細については、BLE-Stack 1.5.x SDK インストール・フォルダ内のリリース・ノートと移行ガイドをご覧ください。

BLE-Stack 1.5.x に付属しているプロトコル・スタック・ライブラリは BLE GAP のすべての役割をサポートしており、ペリフェラル、複数の接続を使用する集中型、ブロードキャスト機能 / ビーコン、およびオブザーバがこれに該当します。また、この SDK には Bluetooth GATT の包括的なプロファイル・セットを網羅するサンプル・アプリケーションのほか、これらのサンプルに対応する参照用ソース・コード、BTool、および BLE アプリケーションをワイヤレスでテストするための Windows® PC アプリケーションも付属しています。これらのソフトウェアに加えて、この SDK には、ソフトウェア・デベロッパー・ガイド、API リファレンス、サンプル・アプリケーション・ガイド、およびファームウェアのワイヤレス・アップデートを実施するためのワイヤレス・ダウンロード (OAD) ガイドのようなフルセットの資料も付属しています。

 

プロトコル・アナライザ

SmartRF Packet Sniffer は、Bluetooth Low Energy リンク経由で送信されたパケットを分析するための使いやすい無償のツールです。パケットをキャプチャするには、CC2540 USB ドングルまたは SmartRF05EB + CC2540EM (CC2540DK に付属) を使用します。このツールは、こちら (https://www.tij.co.jp/tool/jp/PACKET-SNIFFER) で入手できます。

TI は Perytons とも協力し、Bluetooth Low Energy 向けの先進的なプロトコル・アナライザを提供しています。Perytons BLE Protocol Analyzer (Peryton-Smart) は、TI の CC2540 USB ドングルもサポートしています。このドングルは、CC2540EMK-USB キットという形でご注文になれます。Perytons は、複数のビュー、機能、アドオンで構成されたプロトコル・アナライザを提供しており、Bluetooth Low Energy のセッションに関する詳細な分析を示します。また、こちらのオンライン・コンバータ (英語) を使用すると、Perytons BLE Protocol Analyzer で、TI SmartRF Packet Sniffer BLE のキャプチャ・ファイル (.psd) を表示することもできます。

 

認証

開発した Bluetooth Low Energy 製品の認定を取得するための情報とガイドについては、www.ti.com/ble-qualification (英語) をご覧ください。

 

リリースのアーカイブ

改良や新機能を追加した最新リリース製品をぜひご活用ください。従来の BLE-Stack リリースは、こちら (https://www.tij.co.jp/tool/jp/BLE-STACK-ARCHIVE) で見つかります。

ダウンロード

ドライバまたはライブラリ

BLE-STACK-2-X BLE-STACK V2.2.5(CC2640/CC2650 用サポート)

サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

CC26X0
ハードウェア
BOOSTXL-CC2650MA TI SimpleLink™ Bluetooth® low energy CC2650 Module BoosterPack™ Plug-in Module CC2650RC SimpleLink™ Bluetooth® low energy/ZigBee® RF4CE™ CC2650 remote control CC2650STK SimpleLink™ Bluetooth low energy/Multi-standard SensorTag LAUNCHXL-CC2650 SimpleLink™ CC2650 wireless MCU LaunchPad™ Development Kit
ダウンロード・オプション

ダウンロード・オプション

ドライバまたはライブラリ

BLE-STACK-2-X
BLE-STACK - V2.2.5 (Support for CC2640/CC2650)

バージョン: 2.02.05.02
リリース日: 31 8 2020
SIMPLELINK SDK INSTALLERS
SIMPLELINK SDK TI IDE
lock = エクスポートの承認が必要 (1 分)
ドライバまたはライブラリ

BLE-STACK-1-X II. BLE-STACK(CC2540 / CC2541 のサポート)

サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

CC254x
ダウンロード・オプション

ダウンロード・オプション

ドライバまたはライブラリ

BLE-STACK-1-X
II. BLE-STACK (Support for CC2540/CC2541)

バージョン: 1.05.01.01
リリース日: 30 1 2020
SIMPLELINK SDK INSTALLERS
lock = エクスポートの承認が必要 (1 分)
ソフトウェア開発キット (SDK)

SIMPLELINK-CC2640R2-SDK SimpleLink CC2640R2 ソフトウェア開発キット

ステップ 1:LaunchPad を購入
ステップ 2:SDK のダウンロード
ステップ 3:SimpleLink Academy を活用した開発を開始

重要な注意事項:

SimpleLink SDK は定期的に更新されています。最新のリリース更新を入手するには、上記の「Alert Me」 (アラートを受け取る) をクリックしてください。

 

SimpleLink™ CC2640R2 ソフトウェア開発キット (SDK) は、TI (テキサス・インスツルメンツ) のロイヤリティ・フリー Bluetooth® Low Energy (BLE) ソフトウェア・プロトコル・スタックを収録しています。Arm® Cortex®-M3 ベースの SimpleLink Bluetooth Low Energy CC2640R2F wireless MCU, SimpleLink Bluetooth Low Energy (...)

サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

CC26X0
ハードウェア
LAUNCHXL-CC2640R2 SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy CC2640R2 wireless MCU LaunchPad™ development kit
ダウンロード・オプション

ダウンロード・オプション

ソフトウェア開発キット (SDK)

SIMPLELINK-CC2640R2-SDK
SimpleLink CC2640R2 Software Development Kit

バージョン: 4.40.00.10
リリース日: 01 2 2021
SIMPLELINK SDK INSTALLERS
EXPLORE IN THE CLOUD
SIMPLELINK SDK TI IDE
lock = エクスポートの承認が必要 (1 分)
ソフトウェア開発キット (SDK)

SIMPLELINK-CC13X0-SDK SimpleLink™ CC13x0 ソフトウェア開発キット

CC1350 LaunchPad または CC1310 LaunchPad を購入
ステップ 2:CC13x0 SDK をダウンロード
ステップ 3: SimpleLink Academy を活用した開発を開始

重要な注意事項:

SimpleLink SDK は定期的に更新されています。最新のリリース更新情報を入手するには、上記の「Alert Me」(アラートを受け取る)をクリックしてください。
このリリースの新機能の詳細については、 こちらをクリックしてください。


SimpleLink Sub-1GHz CC13x0 ソフトウェア開発キット(SDK)は、Sub-1GHz CC1310 と デュアル・バンド CC1350 の各ワイヤレス・マイコン向けの包括的な Sub-1GHz ソフトウェア・パッケージを提供しています。ソフトウェア・パッケージには以下のものが含まれています:

  • TI 15.4-Stack - Sub-1GHz ISM バンド(868MHz、915MHz、433MHz)に対応した IEEE 802.15.4e/g ベースのスター・トポロジ・ネットワーク・ソリューション
  • 独自ソリューションのサポート - RF ドライバと EasyLink アブストラクション・レイヤをベースとする Sub-1GHz 向け独自 RF のサンプル
  • Bluetooth Low Energy – Bluetooth コア仕様 4.2 の機能すべてをサポートするスタックと、 (...)
サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

CC13X0
ハードウェア
CC1350STK Simplelink CC1350 SensorTag Bluetooth and Sub-1GHz Long Range Wireless Development Kit LAUNCHXL-CC13-90 SimpleLink™ Sub-1 GHz CC1310-1190 Wireless Microcontroller (MCU) LaunchPad™ Development Kit LAUNCHXL-CC1310 SimpleLink™ Sub-1 GHz CC1310 wireless MCU LaunchPad™ development kit LAUNCHXL-CC1350 SimpleLink™ Dual-Band CC1350 Wireless MCU LaunchPad Development Kit LAUNCHXL-CC1350-4 CC1350 Dualband Launchpad for 433MHz/2.4GHz Applications
ダウンロード・オプション

ダウンロード・オプション

ソフトウェア開発キット (SDK)

SIMPLELINK-CC13X0-SDK
SimpleLink™ CC13x0 Software Development Kit

バージョン: 4.10.03.10
リリース日: 11 2 2021
SIMPLELINK SDK INSTALLERS
EXPLORE IN THE CLOUD
lock = エクスポートの承認が必要 (1 分)

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 10
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* ユーザー・ガイド CC2540/41 Bluetooth Low Energy Software Developer’s Guide (Rev. I) 2020年 1月 27日
* ユーザー・ガイド CC2640/CC2650 Bluetooth low energy Software Developer’s Guide (Rev. E) 2018年 3月 14日
技術記事 The secret to moving faster with Bluetooth® 5 2017年 5月 8日
技術記事 High performance and low power…The original dynamic duo 2016年 11月 9日
技術記事 Easily add Bluetooth® low energy to your existing MCU with a new certified module 2016年 10月 18日
技術記事 Top 5 reasons why TI’s CC2640 wireless MCU will differentiate your Bluetooth® low energy product 2016年 10月 17日
その他の技術資料 CC2650 Quick Start User's Guide 2016年 3月 8日
ホワイト・ペーパー A guide to SensorTag Hackathons: Resources 2016年 3月 8日
ユーザー・ガイド CC2540/41 Bluetooth Low Energy Software Developer’s Guide (Rev. G) 2015年 9月 4日
ユーザー・ガイド CC2540 Bluetooth Low Energy Sample Application Guide (Rev. C) 2013年 5月 2日

関連する設計リソース

設計ツールとシミュレーション

計算ツール
PACKET-SNIFFER SmartRF プロトコル Packet Sniffer

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン
CC2540EM-RD CC2540EM リファレンス・デザイン CC2540KEYFOB-RD CC2540 キーフォブ・リファレンス・デザイン CC2540USB-RD CC2540 USB ドングル・リファレンス・デザイン CC2541SENSORTAG-RD CC2541 SensorTag Reference Design TIDC-CC2650STK-SENSORTAG SensorTag TI デザイン

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ