BOOSTXL-ULN2003

ULN2003 と CSD17571Q2 NexFET™ を使用したデュアル・ステッパ・モーター・ドライバの BoosterPack

BOOSTXL-ULN2003

購入

概要

BOOSTXL-ULN2003 は、2A のステッパ・モーター・ドライバ・キットで、TI の ULN2003A バイポーラ・トランジスタ・アレイと CSD1751Q2 NexFET を搭載しています。この BoosterPack™ は、最大 2 個のステッパ・モーターまたは 8 個のチャネルを、最大 30V で駆動するのに必要なすべてのコンポーネントを搭載しているほか、シリアル / パラレル・インターフェイスをサポートしています。この BoosterPack は、SN74HC595 シフト・レジスタによりシリアル通信を実現し、 GPIO 数を低減します。オンボード・スイッチにより、パラレル・インターフェイスから、モーター 1 またはモーター 2 に対応する各チャネルを直接制御することができます。BOOSTXL-ULN2003 は、ステッパ・モーターの駆動や、高電圧を供給する設計を学びたい方に最適です。このキットは、LaunchPad のピン配置標準に準拠したすべての TI LaunchPad と互換で、MSP430G2553 搭載 MSP-EXP430G2 LaunchPad 向けの主要なソフトウェア / ファームウェアに対応しています。このキットは、TI の CC3100BOOST SimpleLink™ Wi-Fi® ブースタパックとも互換で、IoT プロジェクトに最適です。

特長
  • アナログとマイコンへの電力供給用に、3.3V または 5V ~ 30V の分割レール電源を選択可能
  • 最大 2.5A の合計ピーク電流をサポートし、最大 8 個のチャネルに対してチャネルあたり最大 500mA を供給
  • チャネルごとの直接インターフェイス、またはシリアル・シフト・レジスタを使用して複数の入力をアドレス指定可能
  • 包括的なステッパ・モーター・ドライブ段を超小型フォーム・ファクタ(17.46mm x 22.23mm)で実装
  • 複数の TI プロセッサ(MSP430G2、MSP432P401、MSP430FR、CC3200、CC2650 など)に対応した Launchpad や Lauchpad XL と動作
ローサイド・スイッチ
ULN2003A -20℃ ~ 70℃、50V、7 チャネル・ダーリントン・トランジスタ・アレイ ULN2803A 50V、8 チャネル・ダーリントン・アレイ

 

N チャネル・トランジスタ
CSD17571Q2 2mm x 2mm のシングル SON 封止、29mΩ、30V、N チャネル NexFET™ パワー MOSFET

 

シフト・レジスタ
SN74HC595 3 ステート出力レジスタ搭載、8 ビット・シフト・レジスタ

購入と開発の開始

開発キット

BOOSTXL-ULN2003 – BOOSTXL-ULN2003:ULN2003 と CSD17571Q2 NexFET™ を使用するデュアル・ステッパ・モーター Boosterpack

在庫あり
制限: 5
TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 4
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* ユーザー・ガイド BOOST-ULN2003A User's Guide 2016年 4月 12日
データシート ULN200x、ULQ200x 高電圧、大電流ダーリントン・トランジスタ・アレイ データシート (Rev. P 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.P) 2020年 4月 24日
証明書 BOOSTXL-ULN2003 EC Declaration of Conformity (DoC) (Rev. A) 2019年 1月 2日
その他の技術資料 BOOSTXL-ULN2003 BoosterPack QSG Insert 2016年 9月 14日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ